クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

「お客さまのニーズ』に合わせること

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

「お客さまのニーズ』に合わせること

 

今日は、

「お客さまのニーズ」に合わせること

についてお話します。

ビジネスで稼げない人の多くは

自分の

「やりたいこと」
「できること」

をビジネスにしています。

それは、
「お客さまのニーズ」とは少し違います。

ビジネスがうまくいかないのは、

自分の
「やりたいこと」
「できること」
に対して、

お客さまに合わせてもらうように
もっていこうとするからです。

お客さまは
あなたの「やりたいこと」や
「できること」に合わせてまで
商品を買いたいとは思っていません。

お客さまが本当に

「してほしいこと」
「助けてほしいこと」

を理解し、商品化することが
ビジネスを回す基本です。

うまくいかない人は

「こんなこともできる」
「あんなこともできる」

と自慢のように商品説明しています。

しかし、
それでは、
お客さまには響きません。

今日は、
そんな内容で進めていきます。

 

「お客さまのニーズ」とは

 

「お客さまのニーズ」とは

どんなものでしょうか?

「お客さまのニーズ」は

簡単に言うと、

「悩みを解決する」ことか

「理想の未来を手に入れる」ことです。

コーチングビジネスは
その両方を解決できますね。

「お客さまの悩みを解決し、
理想の未来を手に入れてもらう」

ことができます。

お客さまの悩みを細分化して、

差別化することで

ビジネスが上手く回ります。

私の場合は、

「稼げないコーチ」のために

「コーチングで稼げるようになる」

商品を用意しています。

お客さまの悩みである

「コーチングで稼げない」
という悩みを解決し、

理想の未来である
「コーチングで稼げるようになる」

というところまで
連れて行くことができます。

ほとんどのコーチは
「コーチングで稼ぐ方法」を
知りません。

コーチングの資格をとっても
「稼ぎ方」まで教えてくれないからです。

なので、
私のところに相談に来る人の多くが

「コーチングを続けたいけれど、
お金が続かない」

という悩みを持ってきます。

そして、
そのほとんどが
「お金のブロック」を持っていて

値段をどんどん下げてでも
セッションを取ろうとします。

1万円以下のセッションを続けたところで、
稼げるようにはなりません。

1ヶ月で100万円稼ごうとすれば、
1万円のセッションであれば
100回のセッションが必要ですね。

月に2回としても
50人の集客ができるかというと
私でもそう簡単ではありません。

お客さまがコーチングの商品を買うのは、
なにも「安いから買う」わけではありません。

エルメスのバーキンの新品のカバンが
1万円ならあなたは買いますか?

そんなに安ければ
「にせもの?」
「盗難品?」

というような想像をしますね。

それと同じで、
本当に人生を変えたい人は、
1万円のセッションに参加したところで

「本当に効果があるの?」

と思っているわけです。

そうなると、
いくらがんばっても
売れないのです。

しかし、
「お金のブロック」を持っている人は、

コーチングの商品が売れないのは、
「値段が高いから」と思いこんでいます。

このギャップが
ビジネスを苦しくしているのです。

お客さまは

「本当に人生を変えることが出来るコーチング」

を望んでいます。

決して
「金額が安いコーチング」
を望んでいるわけではありません。

つまり、
「お金を稼ぎたい」という気持ちから
「値段を下げている」だけなのです。

そうすると、
お客さまからは
効果がない商品は「いらない」
思われてしまうのです。

お客さまのためにというのであれば、

30万円以上の高額商品を作り、

「あなたの人生を変えます」

としっかり覚悟を持って

お客さまに提供する必要があります。

このように、
「お客さまのニーズ」からずれているので、
商品が売れないのです。

 

「お客さまのニーズ」に合わせて提供する

 

お客さまのニーズに合わせて提供すると、
商品が売れます。

「本当に人生を変えることができる」
商品であれば、

「いくらでも出す」

という人がいます。

あなたが普通にやっていることでも

「つらい」
「しんどい」
「たいへん」

な思いをしている人はいるのです。

例えば
「過去に自信がなかった」人が

コーチングによって
「自信がもてた」人がいたとします。

過去に自分自身が「自信がなかった」
経験があるので、

「自信がない人」の気持ちがよくわかります。

今は、コーチングで
ポジティブな感情でいられるかもしれませんが、

昔はとてもネガティブだった人は
結構いると思います。

そんな人が

「私はこういう方法で
ネガティブからポジティブになれた」

としたら、

今、自信がない人は、
コーチングを依頼するかもしれませんよね。

自分が経験したことは、
ビジネスになります。

ただ、ほとんどに人は、
「当たり前」に思っているので、

そんなことに「お金を出す人」がいるなんて
思いません。

でも、
世の中には誰にも相談できずに
悩んでいる人はたくさんいます。

そんな悩みほど、
ネットで検索されるので、
ネット集客はとても有効になります。

もう一つ例を出すと、

すでに結婚している女性が、
結婚できない人向けに

「結婚できる方法」を
コーチングすることもできます。

結婚している人にとって
「結婚」は当たり前かもしれませんが、

どんなに美人でも、
どんなにモテても

結婚できない人はいます。

気がついたら
30歳を過ぎてて、
そろそろと思った時には

周りに素敵な男性がいない、

そんな人もいます。

いくら美人でも
結婚したいと思っているのであれば、
「悩み」としてありますね。

それも
「お客さまのニーズ」です。

お客さまの悩みを解決する方法は、
「お客さまのニーズ」に合わせることが
大事です。

婚活は儲かりそうと思ってやっても
「お客さまのニーズ」にあっていない
「婚活コーチ」は稼げません。

ポジショニングがあっているように見えても
「お客さまのニーズ」に
あっていなければ、稼げないのです。

 

「お客さまのニーズ」に合わせる方法

 

では、

「お客さまのニーズ」に合わせるには

どうしたらいいでしょうか?

「お客さまのニーズ」に合わせるには、

「直接、お客さまに聞く」ことです。

お客さまに対して

「私にサポートしていほしいことはなんですか?」

と聞くことで、

「お客さまのニーズ」を知ることができます。

稼げないコーチのほぼ全員が
「お客さまに聞く」ことをしていません。

先生ポジションを取らないと
という意識が強すぎて
「お客さまには聞けない」という人が
ほとんどです。

なので、
稼げないコーチは
「お客さまのニーズ」を想像で合わせようとします。

そうするとお客さまからは
「もうちょっとこうしてくれたらな」
という商品になってしまうのです。

いくら高額商品を作っても売れないのは
「お客さまのニーズ」に
ぴったりとあっていないからです。

逆に
「お客さまのニーズ」に
ピッタリあっているものなら

高額商品でも売れます。

商品づくりの時に

「お客さまのニーズに合わせること」は

ビジネスを組み立てる上でとても重要です。

私の場合は
「コーチングで稼ぎたい人」だけを
見込み客として集めています。

「コーチングを習いたい人」

「コーチングのスキルを上げたい人」

は見込み客ではありません。

「コーチングで稼ぎたい人」であれば、
スキルは必要ありません。

「クライアントの人生を変える」
ことができれば
手法はなんでもいいからです。

コーチングの型通りに
コーチングしたところで、

結果が出なければ、お客さまは満足しませんし、

コーチングを説明しても
コーチングをわからない人がほとんどなので、

コーチングそのもののスキルを上げても
あまり意味がありません。

コーチングでも
ティーチングでも
コンサルティングでも
カウンセリングでも

あなたのお客さまが満足すれば
いいわけです。

「コーチングでは
ティーチングしたらダメと習った」

という人がいました。

しかし、
ビジネスで稼ぐためには
「ネット集客のスキル」が必要だとしたら

コーチングだけでやっていても
クライアントは結果を出せません。

コーチングは
「相手の心の中に答えがある」と
定義していますが、

そもそも「ネット集客のスキル」なんて
「心の中に答えがある」はずがないのです。

お客さまのためを思えば、
ティーチングしてでも
結果が出るほうが良いに決まっています。

ビジネスで稼ぐには、
問題を解決する手法は
コーチングだけを使っても難しいです。

お客様が求めているニーズに
合わせることが重要なのです。

そのためには、
「お客さまにニーズを聞く」ことが
ビジネスで成功する早道です。

あなたの役目は

「お客さまの悩みを解決し、
未来を手に入れてもらうこと」

です。

もし、

「お客さまにニーズを聞けない」としたら、

「お客さまのためになっていない」わけですから

稼げなくても当たり前の話です。

あなたが稼ぐために
ビジネスをしているのなら
あなたが勝手に稼げばいいと思います。

しかし、
ビジネスの本質は、

お客さまに価値を与えた結果、
対価として「お金」をいただく

ということを忘れてはいけません。

どうやったら
「お金を稼げるのか」ばかり考えていても
ビジネスはうまく周りません。

お客さまが満足した結果、
お金をいただく

ということを忘れてはいけないのです。

そのためには、

「お客さまに直接ニーズを聞いて
お客さまがして欲しいことをする」

ようにしていかなければなりません。

「自分ができること」
「自分がやりたいこと」は

稼げていない時に
やるべきことではないのです。

あなたが豊かになって
お金の不自由がなくなれば

「自分のできること」
「自分のやりたいこと」を

自由にしてください。

しかし、
もし、現状稼げていないとしたら

「お客さまのニーズ」に合わせることで
稼げるようになります。

しっかりと
「お客さまのニーズ」に合わせて
ビジネスを作ってくださいね。

いかがでしょうか?

ビジネスは
「自分のやりたいこと」をするために
始める人もいます。

しかし、それは、
稼げても、稼げなくても
仕方ないということです。

ビジネスが回るまでは、
「お客さまのニーズ」に合わせることで
お客さまは
あなたの商品を買ってくれます。

ある程度、
ビジネスが回りだしたら、
「自分のやりたいこと」に
寄せていくことが大事です。

「自分のやりたいこと」で
ビジネスを始めても

お金が回らないと、
続けていくことは難しいでしょう。

そうなれば、
何のために、ビジネスをしているのか
わからなくなります。

そうならないためにも
しっかりと
「お客さまのニーズ」に合わせた商品を
提供していくことが
稼げない時には必要です。

しっかりと
「お客さまのニーズ」にあった商品を
提供してくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP