クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

「稼いでもいい」と自分に許可を出す

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

「稼いでもいい」と自分に許可を出す

 

今日は、

「稼いでもいい」と自分に許可を出す

というテーマでお届けましす。

最近、私のクライアントからの相談で、

クライアントのクライアントが、

「コーチングで稼ぐことが不安です」とか

「できるかどうかわかりません」といった発言が

セッション中に出る

という内容がありました。

セッション中にこのような発言が出るのは、

クライアントのクライアントに
ネガティブな感情が残っている場合に
できない理由を探そうとするからです。

本気で稼ぐモード、いわゆる
「やる気スイッチ」が入っている場合は、

「ワクワクしてたまらない」
「行動したくてしょうがない」

と感情になっているはずです。

やる気スイッチが完全に入っていない場合は、
やる気スイッチがオンになるまで
セッションをしないとなかなか難しいです。

人間は

 

「コンフォートゾーンを出ようとしたときに
ブレーキを踏む」

 

性質があります。

つまり、
現状のポジションから抜け出したくないのです。

今のポジションというのは、
良くも悪くも、自分自身が判断した
最良のポジションです。

成功したくても成功できないというのは、
いつも

 

「どこかで間違った選択をしている」

からですが、

その選択も、自分が正しいと思っている方を
選びます。

成功したければ、
本当は間違っている方を選ばなければなりませんが、

思考の癖で、「自分が正しい」と思う方を選んでしまい、
間違った方には進めません。

なので、成功者はコーチを付け、
判断に迷ったときに、
正しい方向に導いてもらうのです。

なので、
今のコンフォーゾーンは

「自分が正しいと選択した結果」

作られているポジションということになります。

この自分が正しいと選択したポジションから抜け出すには、
どうしたらいいのでしょうか?

次でもう少し詳しく説明していきます。

 

今のポジションを抜け出すには

 

では、
今のポジションを抜け出すには
どうしたらいいのでしょうか?

まずは、
環境を変える必要があります。

環境を変えると結果が変わります。

環境を変えるとは、

付き合う人を変えるとか
いつもと違う選択をするとか

結果が変わることで環境が変わります。

私がやる気スイッチを入れるのは、

「ポジションを抜け出す」

ことを
セッションで行っています。

理想の未来を想像することで、
理想の未来が手に入るということが
「確信」にかわったときに、
人間は爆発的に行動します。

10億円の宝くじの当たり券があれば、
どんな障害でも、乗り越えていくでしょう。

それは、
10億円が確実に手に入ると
「確信」しているからです。

稼げない人が、稼げないのは
「稼げる確信がない」からです。

「稼げたらいいな」から始まり、
ネットで稼げるかどうかわからないノウハウを手に入れて
自分の知識でやろうとする、

この時点では、
「確信」がないので、
成功までたどり着けません。

また、少し発展して、
塾やセミナー、コンサルをつけたとしても、
「稼げる確信」に変わらなければ、
いくら学んでも成功できないでしょう。

私は、クライアントの
「理想の未来」を見せることで、
確信にかえさせて、行動させるので
クライアントが成功します。

もちろん、
成功までの道のりは、
壁の連続ですが、

万全のサポートで、壁を乗り越えることができ、
安心して、目標を達成してもらっています。

6ヶ月のコンサル期間がありますが、
概ね3ヶ月で結果が出てしまうのも、

私がすごいわけではなく、

クライアントが理想の未来を確信に変えることが
できているからです。

確信に変えることで
クライアントが爆発的に行動し、
結果まで一直線で進み始めるからです。

そうなると、
今のポジションを自然に抜け出すことができます。

コンフォートゾーンを抜け出すには
「理想の未来を確信に変えること」が必要です。

 

やる気スイッチが入らない場合

 

今のポジションを抜け出すことで
成功できますが、

すべての人が、
やる気スイッチが入るかというと
そう簡単ではありません。

私は、成功者思考を使って、
会話の中から、

労働者思考が持っているブロックを外し、
やる気スイッチを入れます。

労働者思考が持っている
「メンタルブロック」が

やる気スイッチを入れることを
邪魔するからです。

メンタルブロックを外すには、
ちまたで言われている
「ブロック外し」みたいなものではなく、
根本原因を見つけなければなりません。

根本原因を見つけて改善しなければ、
すぐにもとに戻ってしまうからです。

それは、
コンフォートゾーンを抜け出していないからです。

コンフォートゾーンを抜け出さないと、
すぐに居心地のいい元のポジションに
もどってしまいます。

なので、
コンフォートゾーンを
抜け出すようなセッションを
しなければなりません。

しかし、
稼げない、カウンセラーやセラピストは、
安い金額で、

「今のポジションにとどまらせながら、
感情だけを楽にさせるセッション」

をしてしまいます。

なので、
いつまでたっても、成功へは向かいません。

1週間もすれば元のポジションにいるからです。

なので、
今のポジションで、

「なぜやる気スイッチが入らないのか」

の原因を探す必要があります。

では、なぜ、すべての人が
簡単にやる気スイッチが入らないのでしょうか?

次で詳しく説明していきます。

 

やる気スイッチが簡単に入らない理由

 

やる気スイッチが入らない理由は、

「自分に自信がない」ことです。

自分に自身がなければ、
結果が出るか不安になりますし、

できるかどうかわからないという
感情になってしまいます。

そして、
自信がないことで、

コンフォートゾーンから
引きずり出そうとしたときに、

「できない理由」を探し始めます。

このできない理由や言い訳が出てくると、
ほとんどの場合は、

「自信がない」と思って間違いありません。

なので、
やる気スイッチが入らない場合は

少し戻って

「なぜ自信がないのか」を
把握する必要があります。

自信がないというのは、
「本人が勝手に自信がない」だけなのです。

 

先日お会いしたクライアントのクライアントの場合

 

「他人と会話できない」
という方がクライアントのクライアントに
いました。

ややこしいので、ここではAさんとしますね。

Aさんは、
長い間、他人としゃべることも苦手で
なかなか自分を出すことができませんでした。

そのことを解消するためにコーチングを学びました。

そして、克服できました。

私は、そのときに
「克服したスキルを使ったら
大勢の人を助けることができるよ」

とセッションで言いました。

するとAさんは、

「そんなちっぽけなことが
スキルになるとは思っていなかった」

と話しました。

自分が他人と会話できないほど、
自分を出せなかったのに

だせるようになったことが
ちっぽけだと思っていたわけです。

しかし、
よく考えてくださいね。

Aさんのような人、
世の中にはたくさんいますよね。

Aさんと同じように悩んでいる人が
Aさんと出会うことで、
悩みが解消し、人生が変わる、

そんな人をたった
10人見つけるだけでビジネスになるんですよ。

というと、

心のブロックが外れたのか、

「あの人もいるし、あの人もそうだ」

と見込み客を語り始めました。

つまり、
自分がちっぽけなことを認めてあげて、
評価することで、自信に変わりました。

「たったそれだけでいいの」

「それならできる」

という自信に変わったわけです。

私のクライアントが成功する理由は、

この
「自信がない人を
自信がある人に変える」ことで
やる気スイッチが入ります。

セッションでは
ただそれだけのことをしているかもしれません。

しかし、
理想の未来を手に入れることが確信に変わると、
行動が止まらなくなります。

やりたくて、やりたくてしょうがなくなります。

それが
成功への第一歩です。

後は、壁にぶつかったときに、
いかに早くフォローして、
壁を超えさせるか、

そこを意識するだけで、
クライアントが
勝手に成果を出していくだけなのです。

稼げないほとんど人が、

自分が持っているのは、
「ちっぽけなスキル」と思っています。

しかし、その「ちっぽけなスキル」を
成功者思考によって見方を変えることで、

想像つかない未来が現れます。

その想像つかない未来を想像させることで
「自分にもできる」と確信に変わった瞬間、

成功への扉が完全に開くのです。

ネット上にある情報をいくら集めても
「確信」まではいきません。

それが
稼げない人が稼げない理由です。

そして、
もう一つ、原因があります。

 

「稼いでもいい」と自分に許可を出すこと

 

稼げない人の多くは

「稼いでもいい」という自分への許可が

だせていません。

成功者の中には
1時間のセッションフィーが
100万円以上の人がいます。

そんな人のことは、たぶん
「いけなことをして稼いでいる」と
認めないでしょう。

つまり、労働者の世界では
「何時間、真面目に働いていくらもらう」

といった労働の図式が
思考に刷り込まれているからです。

なので、
商品パッケージで
30万円の商品といった途端、

「そんなの無理」

と思ってしまうのです。

この場合は、2つブロックがあります。

「お金のブロック」と

「罪悪感」です。

お金のブロックは、

「私には30万円をもらう価値がない」

と思ってしまっていることです。

それを外すには、逆に

30万円の商品が売れなかったのは、

相手が受け取る器がなかったから

と説明しています。

30万円の商品を提示して、
何らかの理由で断られたとしたら、

お金がなかったのか、
時間がなかったのか
自信がなかったのか、

わかりませんが、

相手が受け取る器がなかったからです。

30万円の商品を買えるようになるまで
相手が器を大きくしなければなりません。

なので、あなたが悪いわけではないのです。

それをお金のブロックのせいで

「商品が高かったから売れなかった」
と勝手に思い込み、

値段を下げ、
価格競争に巻き込まれてしまうのです。

「あなたの商品が必要な人」を探すだけで
商品が売れます。

その見込み客の中には、
あなたの商品価値を受け取れる人
という条件もあります。

30万円は高いというのは、

あなたが悪いわけではなく、
相手が受け取らないだけなのです。

逆に、あなたが商品を買う場合に、

「30万円が高い」というときは、
あなた自身の器を大きくする必要があります。

あなたは
「30万円の商品は高い」と思っているので、
自分の商品を30万円で売ろうとしても
売れるはずがありません。

あなたが30万円の商品を買える器だからこそ、
あなたの30万円の商品を買ってくれる人が
いるのです。

では、もう一つ罪悪感の話です。

お金のブロックを持っている人は
罪悪感のブロックも持っている場合が多いです。

「罪悪感」というのは、
自分が持っている価値通りに生活しているのに

目の前で、価値を破り、のうのうとされることに
腹が立つ感情です。

ネット上のニュースでよく炎上しますよね。

あれは罪悪感の固まりが投稿するからです。

何か事件があったとき、それに対して、
いかにも正当な意見を言う人がいます。

当事者でもないのに、
外野がうるさく言う必要は無いのですが、

罪悪感があるので、
匿名をいいことに投稿しまくります。

この話はまた別の機会にするとして、
30万円の商品の場合の罪悪感は、

「たった6回のセッションで
30万円なんて高すぎる」

「お金は真面目に働いて稼ぐべき」

という価値観を持っているので、

周りに
「真面目に働かずに稼いでいる」
と思われたくないのです。

つまり、
周りに

「あいつは悪いことをして稼いでいる」

ようには見られたくない

という感情が心の底にあります。

なので、
自分が考えているまっとうな値段でないと、
商品を売ることができないのです。

どっぷりと労働者思考にハマっている
感情ですね。

この「お金のブロック」と
「罪悪感」をはずさなければ、

30万円の商品を売ることは難しいでしょう。

なぜなら、
クロージングのときに

申し訳なさそうに
「商品の価格は30万円なんですが」
と提示しても、

相手にはこの申し訳ないという感情が伝達し、
買ってもらえません。

心の何処かに
「こんな高い値段では買ってもらえないだろうな」
と思っていると

「買ってもらえない」を引き寄せるので、
結果的に売れません。

「絶対に買ってくれる」
「買わないほうが馬鹿だよな」

ぐらいな態度でクロージングしないと、
相手も信用してくれないからです。

この2つのブロックを外すには

「自分は稼いでもいいんだよ」と

自分自身に許可を出すことです。

この自分自身に許可を出せる人は、
30万円以上の高額商品を普通に契約してきます。

私のクライアントが
すぐに結果が出るのも、

自分自身に「許可を出している」からです。

稼げない人は、

「お金のブロック」か「罪悪感」をもったまま
ビジネスをしようとしています。

しかし、このいずれか、もしくは両方があると
稼げるようにはなりません。

「自分に許可を出す」というのは、
今すぐにもできます。

自分自身の心に向かって
「稼いでもいいんだよ」
といってみてください。

稼げない人は、胸のあたりがもやもやして
嫌な感じになると思います。

それが、ブロックがあるかないか
見極める簡単なコツです。

このメールマガジンを読んでいる人には
成功してほしいので、
ぜひやってみてくださいね。

いかがでしょうか?

私が多くの人とセッションする中で、
「自分自身に許可を出していない人」
が多くいます。

なので、
私はまず、自分が稼いでもいいんだよという
セッションを行います。

そうすれば、
だんだんブロックが外れていきます。

稼ぐことは悪いことではありません。

稼ぐことで、更に成長し、
より多くの人を助けることができるのです。

生活もしなければいけません。

自己投資も必要です。

ビジネスも回さなければなりません。

綺麗事を並べても、
ライバルが見込み客を
自分のクライアントにするだけです。

あなたは、
あなたの目の前にいる見込み客を助けることで、
稼ぐことができます。

ビジネスは物々交換です。

相手は差し出すスキルがないので、
「お金」というツールを差し出しているだけなのです。

そのあたりしっかり理解して、
ビジネスを成功させてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP