クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

うまくお金を受け取る方法

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

うまくお金を受け取る方法

 

今日は、

「うまくお金を受け取る方法」

というテーマでお話します。

稼げないコーチには、

「お金を受け取るのが苦手」

というコーチがたくさんいます。

相手がお金を払う気満々なのに、

「いやいや、こんなにいただけません」

とか、

「こんなにもらうと悪いです」

といった感情を持っているコーチがいます。

日本人特有の「遠慮」という感情があり、

このような感情を持っているコーチは、

お金を受け取ることを
「悪いこと」をしていると思いこんでいます。

なので、
「悪いこと」はしたくないので、

「お金を受け取ることが苦手」

ということに結びつきます。

私もお金を受け取ることが
苦手でした。

「うまくお金を受け取る方法はないものか」
とよく悩みました。

しかし、
これは自分の考え方一つで
克服できるようになります。

今日はそんな話です。

 

お金を受け取れない原因

 

お金を受け取れない原因は、

「罪悪感」です。

「お金を受け取ることは悪いこと」

と思っている感情が、

受け取ることを拒否します。

特に、
提供している価値とお金の価値が
大きく乖離すると、
「もらいすぎ」と思ってしまい、
受け取れません。

例えば、
あなたのセッションの価格が
1万円が妥当だと思っているのに、

相手から
「いいセッションだったから5万円払う」
と言われても
たぶん、1万円しか受け取れないでしょう。

あなた自身が
1万円の価値しか無いと思っているのに

4万円も余分に受け取ることは
悪いことをしている

と思ってしまうからです。

この悪いことをしている感情が
「罪悪感」となります。

真面目な人や優等生は特に
「罪悪感」が強く出ます。

小さい頃から両親や先生に

「悪いことをしてはいけない」と

刷り込まれています。

法的に悪いことはもちろんだめですが、

ビジネス的に詐欺ではない限り、
利益を取るのは当たり前のことです。

なので、
1万円の価値しか無いセッションなら、
どうやったら10万円の価値になるのか、
考えることはとても重要です。

しかし、
間違ってはいけないのが、
1万円の価値しか無いから
「スキルをあげようとする」ことです。

本来は、
先程5万円払おうとした人のように

セッションを受けた側が
「価格を決める」のです。

決してコーチ側が
決めるものではありません。

なぜなら、
あなたが1万円のセッションと
言ったところで、
必ず「高い」という人がいるからです。

これは、どんなもの、
どんな値段でも同じです。

10万円でも100万円でも1000万円でも
価値を感じるから買う人がいます。

時計や車などは、
1000万円以上するものでも
売れますよね。

時計であれば、スマホで十分ですし、
車も軽自動車でも十分ですが、
1000万円の車が売れます。

つまり、
買う側が納得してはじめて
価値が決まるのです。

ということは、
まずは、あなたが希望価格をつけてみて、
それで売れれば、正解だということです。

そのときに、あなたが
1万円の価値しか無いと決めることは
必要ではないのです。

1万円だと、
「そんなに安くていいの?」
と言われるかもしれません。

「10万円払っても良かったのに」と
言われて、
受け取らずに喜んでいるだけのうちは、
まだまだ、自分を責めている状態です。

コーチングでセルフイメージを高めることは
とても重要ですが、

「10万円払っても良かったのに」と言われて
受け取れないのは、
セルフイメージに問題があります。

 

自分で自分の価値を下げている

 

「10万円を受け取れない」のは
セルフイメージを下げていることが原因です。

例えば、
ユニクロばかり着ているとします。

ユニクロが悪いとは言いませんが、

「ユニクロで十分」と思っているのなら

コーチングで成功するのは難しいです。

なぜなら、
自分自身で
「ユニクロで十分」と
自分の価値を下げているからです。

本当にコーチングで成功しているとしたら、
生活が変わります。

もし、月収1000万円もらっているとしたら、

ユニクロを着てますか?
回転寿司に行きますか?
サンダルでウロウロしますか?
100円ショップに行きますか?

ということです。

もちろん、
これらが悪いというわけではありません。

プライベートではかまわないでしょう。

あなたがコーチングで成功したら
「何が欲しいのか」
明確になっているかどうかです。

私の課題にも、
「稼げるようになったら何をしたいですか?」
という項目があります。

それはなぜかというと、

成功した後にどうなりたいのかが
明確になればなるほど、

ゴールに辿り着くことが早いからです。

もし、
ユニクロで十分と思っていたら、
今の生活環境と比べても
それほど、大きく成功する必要はありません。

ということは、
それほど頑張らないということです。

しかし、
来月支払いにどうしても100万円いるとしたら
今月頑張るしかありません。

そうするとどうするかというと
何でもやってみるはずです。

どんなことでもやらないということは、
まだ余裕があるということです。

1週間で100万円稼がないと死ぬとしたら
多分頑張ると思います。

キャッシュで払える人は頑張りませんが、
もし、100万円ないと死ぬとしたら、
頑張ると思います。

それが人生を変えるチャンスだということです。

自分で自分の価値を下げ続けると
いつまでたっても稼ぐことができません。

それでいいと受け入れてしまっているからです。

ユニクロで十分と思えば、
今のままで十分だと思います。

「自分のセッションの価値が1万円しか無い」
と思えば、

「1万円しか自分の価値がない」
と受け入れてしまっているのです。

そうすると、
いつまでたっても自分の価値は
1万円でしかありません。

自分の思考は自分でしか変えることができません。

1万円の商品価値しか無い、
私の価値は1万円だ、

と思い続けている時点で、

潜在意識に

「1万円の価値しか無いように指示している」

ことになります。

潜在意識は思ったとおりに行動するので、

「1万円の価値でいたいんだ」と考え

その状態にとどまるように脳に指示するのです。

そうすると、
1万円でいい状態がずっと続くようになります。

もし、このとき
「いやいや私は10万円の価値がある」

と思えれば、

潜在意識が10万円の価値があるように
脳に指示し、それに向かって進み始めます。

これが引き寄せの法則です。

どんなことでもそうですが、
自分の価値を上げ続けることができれば、
どんどんステージが上がります。

これは自分でできることなので、
今すぐにでもやったほうがいいですよ。

 

私がクライアントにさせていること

 

私がクライアントに
セルフイメージを上げるように
させていることがあります。

もし、月収300万円になったら
どんな生活をしていますか?

というワークです。

今、30万円の生活をしているとしたら
10倍の月収になれば、
あなたならどんな生活に変わりますか?

現状稼げていないとしたら
お金の制限で、好きなことをしていませんよね。

好きな服、
好きな食べ物
好きな時計
好きなブランド
好きな車
好きな家
好きな家具

何を我慢していますか?

この我慢している感情を開放させることで
月収300万円の世界に近づきます。

月収300万円になっても、

ユニクロですか?
回転寿司ですか?
ドトールですか?
マクドナルドですか?

それだと
30万円の生活と変わりませんよ。

もし、変わらないとしたら、

「変わらなくてもいい」という許可を出している
ということです。

30万円の生活でいいのであれば、
なにも無理して成功する必要はありません。

サラリーマンで、パートで
今までどおり、給料をもらうほうが幸せです。

そうじゃないですよね。

コーチングでたくさんの人を助けたいのですよね。

たくさんの人の人生を変える代わりに
あなたも豊かさを手に入れるんですよね。

いくら凄腕のコーチと自分で言ったとしても、
ぼろぼろのTシャツと短パンでは、
信用してもらえないでしょう。

あなたは、月収300万円になったら
どんな生活をしたいですか?

そして、
生活環境はどのように変化しますか。

この月収300万円の生活を
イメージできるようになれば、
だんだん環境が整います。

もし、
月収300万円の生活にはなりたくないと
思ったとしたら、

「お金のブレーキ」があり、
「お金持ちが悪いこと」という認識が
あるということです。

その部分で、ブレーキを外す必要があります。

あなたのセルフイメージを上げるためにも、

月収300万円になったら
どんな生活をしてるのか、

イメージしてください。

それが一つ一つ叶うイメージを
持つことで、

あなたのセルフイメージが上がります。

ぜひ、試してください。

 

ものにしゃべらせる

 

私の昔のメンターで
ネットワークのトップリーダーに
言われたことがあります。

「物にしゃべらすんや」

ということです。

人間は、
お金持ちや権威のある人の言うことは聞きます。

しかし、
本当のお金持ちや権威がある人は、

自分から

「お金を持っている」とか
「権威がある」とは言いません。

それのほうが胡散臭いですよね。

でも、
「オーラが出ている」とよくいいますよね。

それはどういうことかというと

身なりや立ち居振る舞いのことです。

で、

「物にしゃべらせる」とは、

どういうことかというと

初対面のときに

ベンツやレクサスのキーを机の上に置くのです。

そうすると、

相手は勝手に

「ベンツ乗っているんや」と想像し、

お金持ちという認識に変わります。

すると、
つながっておいたほうがいいとか、
話は聞いておいたほうがいい
と勝手に想像するわけです。

信頼関係ができていない状態で、
「物にしゃべらせす」ことは
とても重要です。

そうすることで、
相手に聞いてもらえる状態になり、
こちらのペースで話を進めることができます。

体験セッションでも
あなたのペースで話ができるということは
とてもメリットがあります。

ぜひ、試してください。

いかがでしょうか?

うまくお金を受け取る方法は、

あなたのセルフイメージを上げることで
可能になります。

あなたの価値は、100万円でも安いことに
早く気がついてください。

そうすれば、

1万円の単価で
セッションをしていることがおかしく感じます。

そうすると、
だんだんお金を受け取っても
大丈夫になります。

お金を受け取ることは
悪いことではありません。

お金を受け取ることが悪ければ、
たとえ100円でも悪いことになります。

100円は良くて10万円はだめと思っているのは、
あなたの勝手な価値観なのです。

ぜひ、セルフイメージをあげて
お金を受け取れるようにしてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP