クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お客さまがコーチングを契約したくなる方法

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

こんにちは、

稼げるプロコーチ育成の専門家

株式会社マインドコーチの安達です。

いつも
YouTubeを見ていただいて、
ありがとうございます。

今日は

お客さまがコーチングを契約したくなる方法

というテーマでお話します。

稼げないコーチの中には、

「なかなか契約が取れません」

というコーチがたくさんいます。

どうやって契約を取ればいいのか、とか
どうやってお客さまを集めればいいのか、
どうやってセールスすればいいのか

というような
悩みを持ったコーチもたくさんいるわけです。

契約が取れるようになれば、
集客からセールスまで、
しっかりできていることになりますが、

稼げない状態では、

「どこが間違っているのか?」
「どういうふうにすればいいのか」

わからないと思います。

しかし、残念ながら、
やり方を教えても
ビジネスの本質を理解していないと
いつまでたっても契約が取れません。

ほとんどの稼げないコーチが

自分が契約を取りたいために

行動しているからです。

なので、
本当に考えるべきことは、

「お客さまがどうしたら商品が欲しくなるか」

ということであって、

あなたが
「どうやったコーチングの契約が取れるのか」

ではありません。

こう書くと、

「同じことではないですか?」

と思うかもしれません。

しかし、
お客さまのために情報を発信し、

お客さまが
悩みを解決するにはどうしたらいいのか、

理想の未来に行くには
どうしたらいいのか、

を考え続けることです。

この段階では、

どうやったら契約できるのか、
どうやったら商品が売れるのか

という考えはありません。

どうやったら契約できるのか、
どうやったら商品が売れるのか

という以前に、

やるべきことをしっかりとやれていないから、
契約が取れないだけの話なのです。

このときに、主語が

「私が」

になっていては、契約は取れません。

必ず、主語は、

「お客さまが」

にならなければなりません。

お客さまが
どうやったら契約が取れるのか 

なんて言いませんよね。

私が
どうやったら契約が取れるのか

という文章が正しいわけです。

つまり、「私が」ということは、

「自分のために」ということになります。

お客さまは、
コーチ自身が、自分のためにやっていることには
興味がありません。

お客さまが
「どうやったら悩みを解決できるのか」

お客さまが
「どうやったら理想の未来に行けるのか」

を考えなければ、
お客さまには響かないのです。

まずは、

お客さまのために、何をしていくのか

を考えることがとても重要なのです。

では、
お客さまが契約したくなる状況とは
どんな状況なのでしょうか?

大前提として、
「信頼関係ができていること」です。

信頼関係がないと
コーチングの契約は取れません。

あなたも同じだと思いますが、

信頼できるコーチからしか
セッションを受けたいと思わないはずです。

あなた自身はそうなのに、
自分の商品になると
信頼関係のない人にまで
セールスしてしまいます。

それでは、
売れるものも売れません。

まずは、
信頼関係があることが大前提です。

信頼関係がある前提で、

次にすることは、

「お客さまの理想の未来がどこなのか?」

を聞き出すことです。

例えば、
成功したいと言ったお客さまがいたとしたら、

「成功とはどんなことですか?」

と必ず聞かなければなりません。

成功の定義が
人それぞれ違うからです。

お金持ちになりたいのか、
時間を自由に使いたいのか、
パートナーが欲しいのか、
名誉や権威がほしいのか、

人それぞれ違うので、

まずは、

「何を成功だと思っているのか」

を正しく聞き出すことです。

この
何を成功だと思っているのか、

ということが「ゴール設定」になります。

このゴール設定が
できるだけ遠いことが重要です。

できるだけ遠いゴールに設定できれば、
商品単価は高くなります。

ゴール設定が遠いということは、
セッションの価値が高い
ということを理解することです。

価値の高いものを提供しているからこそ
商品の単価も高くなるのです。

ここを間違えると、
低価格セッションになり、
稼げないコーチのままにとどまります。

稼いでいるコーチは
ゴール設定が遠くて、
大きなテーマを扱います。

そうしなければ、
高額商品が売れないのです。

高額商品が売れないということは、
ビジネスが成り立っていないことになります。

多くの稼げないコーチは
契約が取れませんが、

契約が取れる人でも
安いセッション単価でやっている人は、
ビジネスが成り立っていません。

毎月30万円稼ぐために
セッション単価5000円なら
60人と契約が必要です。

毎月60人も契約することができるなら
とっくに稼げているはずです。

それぐらい、
集客が難しいのにも関わらず、
稼げないコーチほど、
低価格セッションをやりたがります。

それでは、
いつまでたっても稼げません。

稼ぎたければ、
できるだけ高いセッションフィーの
商品を作ることです。

そして、
稼げないコーチがやっていないことが
もう1つあります。

それは、
「結果を約束しないこと」です。

結果を約束しなければ、
誰も契約しません。

コーチングを学んだ人は、
真面目な人や頭が賢い人が多いので、

こういうと、

「そんなこと約束できません」

と言います。

しかし、
よく考えてみてください。

結果なんて、
正直、やってみないとわからないわけです。

もちろん、
手を抜いてやれというわけではないですよ。

全力でサポートすればいいだけの話です。

お寿司屋さんが、
「このお寿司、美味しいかどうかわからない」
と言ったとしたら、
そんなお寿司食べたいですか?

食べたくないですよね。

必ず、「美味しいですよ」

と言うはずです。

でも、
本当に美味しいかどうかは
食べるまでわからないはずです。

あなたが今まで
食べてきたものすべてが
美味しかったですか?

まずいものや
口に合わないものもあったはずです。

つまり、
このお寿司屋さんで言う

「美味しいですよ」というのと

「コーチングで結果が出ますよ」

は同じことです。

これが
できなければ、
ビジネスが成り立たないわけです。

こんなことをいうと、
稼げないコーチは必ず、

結果が出るかどうかわからないのに

「嘘ついている感じがする」

というわけです。

この
嘘をついている感じこそが
ビジネスの成功を妨げているわけです。

コーチングをしている人が
真面目な人や頭がいい人が多いと
私は先程言いました。

つまり、
真面目な人は、

「嘘をつく」だったり、
「裏切る」

というようなことが嫌なはずです。

この嫌なことをしてまで

「稼ぎたくない」

ということが本音にあります。

だから、

「結果が出るようにスキルを上げたい」

と思うわけです。

この嫌いなことをしてまで
という罪悪感を外さなければ、
ビジネスはうまくいきません。

そしてもう1つ、

結果が出るようにスキルを上げたい

というところにも落とし穴があります。

結果が出るようにスキルを上げたければ、
なおのこと、

「高額なお金をもらって、
覚悟を持ってセッションをする」

ということをしなければ、
スキルは上がらないのです。

学びだけでスキルが上がるなら
もっと多くのコーチが稼げているはずです。

しかし、
ほとんどのコーチが稼げない理由は、

「高いセッションをしないから」です。

高いセッションをしなければ、
ビジネスが成り立たないことは
何度も言っています。

もう1つの理由としては、
高い値段でセッションしなければ、
スキルが上がらないということもあるのです。

先程の、
「嘘をついてまでお金を受け取りたくない」
という罪悪感があるから、
この罪悪感を取り去る必要があります。

しかし、極端な話、
ビジネス初心者の頃のお客さまは

言い方が悪いですが

「実験台」です。

これを乗り越えない限り、
稼げるようにはならないのです。

だから
コーチングで稼ぐためには

「高額商品を売る」

しかありません。

高額商品を売るためには、

嘘になるかもしれないという罪悪感を外し、
お金をたくさん受け取るという許可を出すことです。

これがまず最初にあります。

その後で
契約を取り、実験台を使って
スキルを上げていき、
更に単価も上げていく

という順番を理解することです。

これができなければ、
スキルは上がらないし、
結果も出ないのは当たり前です。

この当たり前ができるようになるためには、
お寿司屋さんのように

「美味しいですよ」

とはっきり言えるようにならなければなりません。

コーチングでも、

「結果が出ますよ」

といえなければ、
誰もコーチングの商品を買わないのです。

もし、あなたが堂々と

「結果が出ますよ」

と言えるようになれば、

相手も

「挑戦してみよう」

と思うはずです。

「結果が出るかどうか、やってみないとわからないですね」

というようなコーチにお金を払わないのです。

結果が出そうにない人との
契約を取らないのは、

稼げるようになってからすることです。

最初のうちは、
スキルを上げるためにも、
結果が出そうにない人とでも契約し、
まずは、セッションをやってみることです。

それでもし、
相手に文句を言われたら
延長のセッションをしてもいいし、

それでも納得しないのであれば、
返金させてもらって謝ればいいわけです。

そうすることで
有料でセッションをしたスキルを
はじめて手に入れることができます。

これができない人は、
いつまでたっても
稼げるコーチにはなれません。

このことを理解して、
お客さまが契約したくなるように
体験セッションをしてみてください。

そうすれば、
いずれ、契約が取れるようになり、
稼げるようになりますよ。

最後まで見ていただいて
ありがとうございました。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP