クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お客さまに何を提供できるのか

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

お客さまに何を提供できるのか

 

お客さまに何を提供できるのか

 

今日は、

お客さまに何を提供できるのか

というテーマでお話します。

あなたは

「お客さまに何を提供できるのか」

が明確ですか?

お客さまに提供できるものが
明確でなければ、
ビジネスで稼ぐことは難しいです。

そしてもう一つ大事なこととしては、

お客さまに提供できるものと
お客さまのニーズがあっていると
ビジネスで稼ぐことは簡単です。

しかし、
稼げないコーチのほとんどが、

お客さまに提供できるものと
お客さまのニーズが
ほんの少しずれています。

これが
稼げない原因になります。

お客さまが求めているものが
あなたが提供しているものと
ずれているから、
商品を買ってもらうことができないわけです。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

いい商品なんて売れない

 

まずは、

「いい商品は売れない」

ということを理解することです。

一昔前なら
いい商品であるだけで売れていました。

しかし、今は、
いい商品だからといって
売れるものではありません。

いい商品が売れるのであれば、
パナソニックやソニーが
業績不振になることはないからです。

今は、
いい商品が売れるのではなく

「お客さまのニーズに合った商品」

が売れる時代です。

あなたの商品が売れない理由は、
いろいろあります。

存在を知ってもらっていないとか
信頼関係がないとか、

そんな理由もありますが、

もし、お客さまに

「いらない」

と言われる機会があれば、

「どうしたら買ってもらえますか?」

と聞いてみることです。

つまり、
いらない理由を聞くことで、
ひょっとしたら、
商品が売れてしまう可能性があるからです。

例えば、

あなたの商品が
3ヶ月6回セッションで
30万円の商品だったとしましょう。

お客さまに

「いりません」

と言われました。

その後で、

「どうしたら買ってもらえますか?」

と聞いてみてください。

「商品が高い」もしくは
「お金がない」

という理由なら諦めてください。

しかし、
お客さま自身が、
セッション回数が少なく感じて、
目標達成することに
不安があったとしたらどうでしょうか。

「ちょっとセッション回数が少なくて不安です」

という回答があったとしたらどうでしょう。

「では、特別にセッション回数を倍にしますが
いかがでしょうか?」

と提案することができます。

お金の問題ではなく、
商品の問題だったというわけです。

その他にも
セッション時間が短いとか
サポート内容が説明不足の場合もあります。

もし、
あなたが、稼げないコーチだとして、
このフォローをしていないとしたら、
いつまでたっても
稼げるようにはなりません。

なぜなら、
商品の欠点を直せないからです。

商品の欠点を直すためには、

お客さまに聞く、

つまり
お客さまからフィードバックをもらうことが
一番早いです。

商品が売れない理由が

集客でも
セールスでも
信頼関係でもない場合があります。

商品の内容は、
早い段階で直さなければ、
いつまでもゴミを売っている状態です。

ゴミを集客やセールスでなんとか売ろうとしても
稼げないコーチには無理です。

だから稼ぐことができません。

自分がいくらいい商品だと思っても

お客さまが
不安を抱えているうちは、
商品が売れません。

不安を解消するためには、

お客さまに聞くしかありません。

いずれ、
商品の欠点はなくなります。

そうすれば、

「是非お願いします」

と言われるようになります。

それまでは、
断られる理由を
改善していくしかありません。

商品を改善できないから
いつまでも
売れない商品を売っているわけです。

それでは、
稼げるはずがないわけです。

 

売れる商品を作る

 

コーチングで稼ぐためには、

「売れる商品を作る」

ことが必要です。

いきなり、
売れる商品を作れない場合は、

モデリングすることが一番早いです。

モデリングとは、

真似をすることです。

あなたの商品に近い商品を
扱っている

「稼いでいるコーチの商品を真似すること」

からはじめてください。

もちろん、
丸パクリだと、
クレームになりますので、

あくまで真似てみることです。

もちろん、
しっかり稼いでいる人の
商品にしてくださいね。

あなたが稼げてそうな人と思うのではなく、

しっかりと
会社にしているとか
ワードプレスをやっていて
メルマガもしている人にしてくださいね。

それ以外の人を選んでも
再現できないので
稼げるようにはなりません。

あくまで
稼げている人のモデリングが必要です。

商品の価格や商品の構成を
一度、すべてを真似してみてください。

ただし、
そのまま、その商品を出しては駄目ですよ。

同じ商品なら、
確実に稼いでいる人の商品を
買われてしまうからです。

なので、
同じ商品、同じ価格で
商品を作ったあとに

必ず、

「あなたしかできないことをプラスすること」

です。

稼いでいる人の商品をそのまま真似しても
売れないですが、

あなたしかできないことをプラスすることで

商品の差別化ができます。

この差別化をしないので
いつまでたっても稼げるようにはなりません。

稼いでいる人と
同じ商品を売ろうとしても、
稼いでいる人の商品を買います。

値段を下げても
安物買いの銭失いと思う人は、
あなたの商品を選ぶことはないでしょう。

つまり、
同じ商品、同じ価格で
あなたしかできないサービスをプラスすることで、
オリジナルになります。

そうすれば、
あなたの商品を選んでくれる人も
現れるでしょう。

稼いでいる人の商品というのは、

お客さまのニーズに合っているから
稼げているわけです。

お客さまのニーズに合わすことができないから
稼げていないとしたら、

稼いでいる人の商品を参考に、
ベースを作り、
あなたしかできないサービスを
プラスすればいいわけです。

それで
あなたしかできない商品が
出来上がります。

ここまでくれば、
あとは、
集客やセールスを改善すれば、
売れる仕組みが出来上がるはずです。

そうすることで、
お客さまがあなたを選んでくれるようになります。

 

お客さまのニーズプラスあなたしかできないこと

 

お客さまのニーズプラス、
あなたしかできないこと

イコール差別化

です。

そもそも稼げないのは、

あなたができることを
売ろうとするからです。

しかし、
あなたができることと
お客さまのニーズが
少しずれていることがほとんどなので、

まずは、
お客さまのニーズに合わせてから
あなたしかできないことをプラスすることで
差別化しやすくなります。

もし、
お客さまのニーズに合わせたあと、
あなたしかできないことをプラスした商品なら、

この世の中に一つしかない商品かもしれません。

そうすると、
あなたの商品を選ぶしかないわけです。

あなたの商品を選ぶしかないとしたら
売れないはずがありません。

買わないほうがおかしいからです。

私の商品が売れる理由としては

これだけの商品内容を
マンツーマンでセッションしている人が
いないからです。

集客を教える人やセールスを教える人、
ポジショニングを教える人や
ビジネスモデルを教える人は
たくさんいます。

しかし、
これらの人は、
スキルのバラ売りをしているだけです。

ビジネスが完成するには、
いつも言ってる5つはセットです。

マインドセット
ポジショニング
ビジネスモデル
マーケティング
セールス

この5つは
すべて必要です。

この5つが揃わないと
稼げるようにはなりません。

マーケティングだけ勉強しても
商品が売れないのです。

セールスだけ学んでも
集客できません。

つまり、
この5つのパーツ全てを

しかもマンツーマンで教えている人がいないから
私の商品が売れるわけです。

私と同じような商品を扱っていても

スクール形式だったり、
株式会社にしていない人は
たくさんいます。

しかし、
それは
私の商品とは違います。

マンツーマンセッションでないと嫌だとか、
わからないところを徹底的に教えて欲しい

という人なら、
私を選ぶでしょう。

だから
私は、選んでくれた人を助けることができ、
その対価を頂いて、
ビジネスを安定させて続けることが
できているわけです。

私が商品を作ったときも
お客さまのニーズから作りはじめ

塾にはせずに
マンツーマンの商品にしたから
差別化ができました。

差別化さえできれば、
商品は売れます。

ほとんどのコーチが
見様見真似で
同じ商品にして売ろうとするので、
差別化ができず、
選んでもらえないだけなのです。

このことに気がつけば、
商品は勝手に売れます。

あなたの商品を買うしかなくなるからです。

あなたの商品が
この世に誰も売っていないとしたら
簡単に売れるのはわかると思います。

いかに
そんな商品に
仕上げるかだけの話です。

そのためには、
まずは、お客さまにフィードバックをもらい
商品の欠点を直すところから
はじめなければなりません。

稼げないときのクロージングというのは、
クロージングと言うよりは

「交渉力」

です。

「どうしたら買ってもらえますか」

という交渉力があれば、
いくらでも契約が取れるでしょう。

あなたが
望んだ形ではないかもしれませんが、

最初は、
そんなことをしてでも
30万円の契約をとってみるところから
始めることです。

それが、
できるようになれば、
自然と

「お願いします」

と言われるようになります。

それまでは、
交渉力を磨いてくださいね。

そうすれば
いずれ、
クロージングは必要なくなります。

それが
最終形です。

ぜひ、
あなたも
クロージングが必要ない
セールスにしてみてくださいね。

いかがでしょうか?

お客さまに何を提供できるのか
理解できていますか?

まずは、
お客さまのニーズに合わせることです。

その後で
あなたしかできないことを
プラスすることで差別化できます。

差別化できれば、
後は、
徐々に商品が売れるようになります。

ぜひ、
あなたもしっかり差別化して
商品が売れるようになってくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP