クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

【ポジショニング】お客さまのニーズに応えるのは当たり前

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

今日は、

「お客さまのニーズに応えるのは当たり前」

というテーマでお話します。

お客さまのニーズの応えることは
当たり前のことです。

多くの稼げないコーチは
お客さまのニーズよりも
コーチができることを
商品にしています。

コーチングなんてできても
あまり意味がありません。

お客様は
コーチングをしてほしいわけでは
ないからです。

この部分を理解しなければ、
ビジネスで稼げることはありません。

まずは、
お客様は
してほしいことをすることです。

この大前提があり、
どうやったらビジネスとして
成り立つかを考えていきます。

私の場合は、
お客様がどうやったら稼げるようになるのか
を考えます。

稼げないコーチが稼ぐには、
お客さまのニーズに合わせることが
最優先なので、
まずは、お客さまのニーズを
考えていきます。

そして、
お客さまのニーズを探した後に、
今度は、

「お客様のニーズに対して、
お客様がお金を支払うのか」

を考えるわけです。

多くの稼げないコーチは
1万円以下のボランティアで
コーチングをしています。

1回のセッションで
1万円もらっても、
毎月、30万円稼ぐには、
30セッション必要です。

この30セッション必要で、
30セッションの予定を埋めることが
いかに大変なのかを
理解していません。

30セッションの予定を埋めるより、

「いらない」
「値段が高い」

と言われる方が嫌だから

高い値段のセッションを
提案しないのです。

つまり、
自分が嫌なことは
やりたくないのです。

しかし、
もし本当にビジネスで稼ぎたいのなら、
毎月、30万円を稼げる方法を
見つけるしかありません。

断られるのが嫌でも
30万円の商品を
毎月一つ売れるようにしなければ、
ビジネスとして成り立たないのです。

ビジネスの本質を理解しなければ、
1万円の商品を薄利多売で売るしか
できないビジネスになってしまいます。

この薄利多売のコーチングビジネスでは、
コーチングを本業にすることはできません。

毎月、30セッションの予定を埋めることが
不可能だからです。

もし、
本当に30セッションの予定がうまるなら、
30万円の商品を売ったほうが
早いです。

多くのコーチは
1万円のセッションを1回やったところで、

「次はいいです」
「自分でやります」

といわれるのです。

ということは、
継続セッションになるはずもなく、
毎回新規のお客様を集め続けなければならない
ということになります。

これが
稼げない最大の原因です。

この原因を解消しない限り、
コーチングを本業でやることはできません。

このことを理解して、
稼げるようになってくださいね。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP