クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お金がないというコーチの方へ

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

お金がないというコーチの方へ

 

お金がないというコーチの方へ

 

今日は

お金がないというコーチの方へ

というテーマでお話します。

あなたは

「お金がない」

ですか?

お金がない人は
お金持ちにはなれません。

本当にお金がなければ
家もありませんし、
食べることもできません。

服も買えないので裸です。

もしかしたら、
このメールも誰かのパソコンか
スマホを盗んで見ているのかもしれません。

本当にお金がない人は
そんな生活です。

たぶん、
そんなことはないですよね。

お金がある状態なのに
なぜ

「お金がない」

と言うのか。

それは、
子供の頃の
親からの刷り込みからです。

やりたいことをしたいけれど、
できないときに

「お金がない」

と言う癖がついています。

つまり、
「お金がない」
というのは本当は
やりたい時に言うわけです。

「お金がない」
といえば無料で、
もしくは
割引価格でできることもあり、
とても便利な言葉になっています。

しかし、
「お金がない」
と言い続けると、

労働者社会ではいいですが、
成功者社会では
相手にされません。

「お金がない」
という人は、
お金を引き寄せないからです。

そんな人が周りにいると
成功者は嫌がります。

だからできるだけ、
そんな人に時間を使いたくありません。

あなたの周りにもし
成功者がいないとしたら、

「お金がない」を
連発しているからかもしれません。

コーチングで成功するためには
成功者に引き上げて貰う必要があります。

なぜなら、
労働者の考えだけでは
成功できないからです。

なのである程度のところまで行くには
成功者と仲良くしないと
なかなか行くことができません。

お金はあるにもかかわらず
「お金がない」と言う癖がある限り
成功者には相手にされないでしょう。

今日は
「お金がない」と言ってしまう人に対しての
話をしていきます。

 

お金がないという便利な言い訳

 

労働者社会では

「お金がない」
と言うのは便利な言い訳です。

「お金がない」
と言えばたいていのことは断れます。

嫌な誘いでも
嫌な売り込みでも

「お金がない」

と言えば諦めてもらえます。

しかし、
これを成功している人に使ってしまうと
もう一つの部分が現れます。

「こいつはまだまだだな」

という部分です。

先ほどの書いたように、

あなたがもし本当にお金がなければ
家も、食べるものも、服も持っていないはずです。

しかし、
「お金がない」
と言う人に限って

立派な家に住んでいたり、
まあまあいい車に乗っていたり、
ルイビィトンのカバンを持ち歩いていたりします。

つまり、
そういうものを買うお金はあるわけです。

ということは、

「お金がない」
のではなく

「何にお金を使うか選んでいる」

ということになります。

もし、成功者が何かを提案し、

「お金がない」と言ったときに

ルイビィトンのカバンを持っていたら
どう思われるかわかりますか?

「ルイヴィトンのカバンを買うお金があるのに
私の商品を買うお金はないのか

私よりもカバンが大事なのか」

と思われるわけです。

せっかく「仲良くしてもいいよ」
と成功者が思っていても
それで台無しですよね。

せっかく成功するチャンスだったとしても
ぶちっと切れてしまいます。

もちろん、
その人は、そんなつもりで言ったわけでもなく
仲良くしてもらいたかったかもしれません。

しかし、
会話の中で成功者は

「この人と仲良くする価値があるのか」

と見極めているわけです。

つまり、
「お金がない」と言った時点で
面談では失格というわけです。

成功者に会ってもらえるとわかり
高級ホテルを指定されました。

そんなところに
ボロボロのTシャツ、短パン、ビーチサンダルでは
行きませんよね。

たぶん、
それなりの服装や小物を持って
行くと思います。

にもかかわらず、
何かを提案されたときに
「お金がない」と言うのは、
おかしいですよね。

それなりの服装や小物は
どうやって用意したのでしょうか?

成功者は
自分がどれ位成功しているのか
モノにしゃべらせます。

それと同時に
相手もどんなモノを持っているのかで
判断しているのです。

それを知らなければ、
なかなか成功できないのです。

 

お金がないをビジネスで使ってしまうと

 

今度は
ビジネスの話です。

私の体験セッションでも

「お金がない」

と言う人はいます。

しかし、
いろいろな支払い方法を提案すると

「やります」

という人がほとんどです。

私はできるだけ
体験セッションまで来た人には
成功させてあげたいので、
助け舟を出します。

いきなり、
「そうですか、残念ですね」

という人はいません。

もし、
そうだとしたら、
商品説明がなかったはずです。

商品説明がない人は、
私とは合わないと判断した人です。

しかし、そんな人は
あまりいないので、
商品説明まではしているはずです。

そして誰でも通る道が

「支払いの問題」

です。

支払いの問題だけは、
なあなあでは通り抜けることはできません。

なので、
「お金がない」と言われても
成功させたいと思ったら
助け舟を出して
支払いやすくしてあげます。

それで
成功してから払ってくれれば
いいわけです。

最近では
半分払っていただいて、
残り半分は契約が取れてから
という提案もあります。

完全返金保証をつけているので、
もしうまくいかなかったら、
返金するからです。

全額無理に払ってもらっても
返金するなら
半金だけいただいて、
残りは契約が取れてからも
いいわけです。

だから
一括割引という扱いで
2回の分割でいただくこともあります。

コーチングで稼げる方法は
それほど難しくはありません。

方法さえわかれば誰でもできます。

しかし、
この方法を順番に、正しく実践できるためには
いくつかのハードルがあります。

このハードルを超えられないので
ほとんどのコーチが稼げないわけです。

私はそのハードルがどこにあり、
どこが難しいのかがわかっているので、

それを先にクライアントに伝えるから
クライアントはその部分をうまく乗り越えるわけです。

乗り越え方が分かれば

コーチングで食べていく人と
コーチングで食べれるようになる方法を教える人と
2つのスキルが手に入ります。

そうすることで、
稼げるようになれば

「どちらがいいのか」

を選ぶことができるわけです。

どちらも選択してもいいので、

「楽な方」
「楽しい方」

を選びます。

それでいいわけです。

しかし、
稼げないコーチは

「どこができていないのか」
がわからないので

「スキル不足」を感じ

スキルを教えてもらう人には

「お金がない」のに
支払うわけです。

ビジネスの稼ぎ方は
「コーチングのスキル」ではないので

いくらその方々にお金を支払っても

「稼げない」

ということになります。

それが稼げない理由です。

稼ぐことができないスキルに
いくらお金を投資しても
稼げるようにならないのは
当たり前ですよね。

稼げないスキルとわかっているのにもかかわらず

「このスキルを身に着けたら稼げるようになる」

と妄想するのは、

ほとんどが「稼げないコーチ」です。

稼げないコーチの思考で
考えたとしても
稼げるようにはなりません。

必ず、
稼げない方を選ぶからです。

だからいいつまでたっても稼げないのです。

稼げるようになるには
自分の頭で考えず

「コーチングで稼いでいる人に教えてもらうこと」

が一番正しい選択なのです。

この選択をしない限り
稼げるようにはなりません。

 

お金がないを学ぶ

 

では、
「お金がない」という状態は、
どうしたら変えることができるのでしょうか?

実は
「お金がない」という状態で
ビジネスをするのは時期尚早です。

仮に
お金がない状態でビジネスが成功しても、
いずれ、ビジネスを続けていけなくなります。

それは
ビジネスではお金が必要だからです。

稼げないコーチのほとんどが
稼げていないのでコーチで生活していないでしょう。

ということは、
コーチングで稼げるようになったら
本業にしたいという人がほとんどです。

しかし、
それは一生実現しません。

なぜなら、

「お金がないから」です。

お金がない状態というのは

「ビジネスに回すお金がない」

というのが正確な意味です。

コーチングで稼げていなくても
生活ができているとすれば
生活できるお金はどこからか
流れてきています。

これがもし、
コーチングでお金が流れてくるようになったとしても

今まで流れてきたお金が
コーチングから流れてくるお金に変わるだけです。

ということは

コーチング稼いだお金=生活費

となってしまいます。

これだと
ビジネスが大きくならないし、

いざというときに
コーチングを続けていけなくなります。

今は
「お金がない」というのは
ビジネスを続けていくための勉強をしている時期です。

コーチングで稼げるようになり、
会社を作るのも

いざというときのために
銀行から融資を受けたり、
助成金をもらったりするためです。

いざというときがないほうがいいですが、
ビジネスは山あり谷ありです。

いつ何時
そんなことがやってくるのかは
誰にもわかりません。

だから
「お金がある」状態にしなければ
ならないのです。

お金を儲けて
広告費を使って
ビジネスを安定させることも
重要です。

すべてを生活費にしていると
ビジネスが安定しません。

安定しないということは
資金がショートしたときに
ビジネスをやめなければならないということです。

そんなことにならないように
今はお金の勉強をしっかりとしなければならない
ということなのです。

お金のことを理解しないと
ビジネスもなかなかうまく行きません。

「お金がない」
というテーマだけでも
いろいろあります。

「お金がない」
と言っているだけで

毎回潜在意識に

「お金がない方がいいんだよね」

と暗示をかけているわけです。

それだけで
お金が流れてきにくくなります。

もしそれが
本当ではないとしても、
「お金がある」
と言い続けるだけで
お金が流れてくる可能性があるとしたら
やる価値はないですか?

「お金がない」を

「お金がある」と思うだけで

お金が流れてくるわけです。

無料でやれますよ。

そんな無料でやれることは
あんまり続けませんよね。

だから成功できないんです。

あなたが
「お金がない」と言い続けている限り
成功者に相手もされませんし、
お金が流れてくることもないでしょう。

それだけ
「お金がない」
というコンフォートゾーンが幸せだということです。

なぜ、
「お金がない」のか

今一度自分で考えてみてくださいね。

「お金がない」と思っているから
稼げないだけなのです。

しっかりと

「お金がある」

部分を認めてみてください。

きっと何かが変わり始めますよ。

いかがでしょうか?

あなたは、何かあるたびに、

「お金がない」

と言ってませんか?

それだけで
お金が流れてきにくくなります。

「お金がない」

というのを何回言っていますか?

そのたびに
お金が流れてこなくなるとしたら
どうでしょうか?

「お金がない」を

「お金がある」に変えていくだけで

お金の流れが徐々に変わり始めます。

実はそれだけで
成功する人もいるぐらい
強力なアファメーションです。

ぜひ、
やってみてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP