クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お金がないのに引き寄せられない人へ

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

お金がないのに引き寄せられない人へ

 

お金がないのに引き寄せられない人へ

 

今日は

お金がないのに引き寄せられない人へ

というテーマでお話します。

「お金がない」と思っている人は、

常に

「お金がない」
「お金がない」

と言っています。

毎回のように

「お金がない」

ということで、

潜在意識が

「お金がない方がいいんだね」

と勘違いしてしまい、

常に

「お金がない状態」

を作ろうとします。

コンフォートゾーンが

「お金がない方が心地よい状態」

になるからです。

お金がないと思い込んでいる人は、
臨時収入が入っても、

お金がないほうがいいので、
すぐにお金が出ていってしまいます。

お金がほしいにもかかわらず、
お金がない人は、

「お金がない状態が心地良い」

わけです。

お金がある方が
居心地が悪いとしたら、

お金がある状態を保つことができません。

これが
お金がない状態を
無意識に作っている状態です。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

お金がない状態のほうが心地よい

 

お金がないと言っている人は、

「お金がない状態のほうが心地よい」

わけです。

「そんなことないよ」

というかもしれませんが、

行動を見ていると
無意識にお金がない状態を
作り出そうとしています。

この状態から
抜け出そうとしなければ、

常にお金がない状態のほうが、
いいわけです。

例えば、

「お金」に対して、
どんなイメージを持っていますか?

お金に対して、

「嫌い」
「汚い」
「悪い」
「不吉な感じ」
「お金があると不幸になる」

こんなイメージを持っているとしたら
どうでしょうか?

もし、あなたが
嫌いな友達と一緒にいるとしたら、
長時間一緒にいることができますか?

できるだけ
離れようとしますよね。

汚い格好の友達と
歩くとしたらどうでしょうか?

嫌な感じがしませんか?

これと同じで、
お金に対して
悪いイメージとか
嫌いなイメージを持っているとしたら、

「あなた自身がお金と長くいられない」

わけです。

そうするとどうなるかという

「お金がすぐに出ていってしまう」

つまり、

「お金がない状態になる」

ということです。

この状態を無意識で作り出していると、

お金が嫌いなので、
そばに置きたくない

となり、

お金のない状態を
作り出すわけです。

お金が入ってきても

大きな出費が起こるとか、
衝動買いをしてしまうという場合は、

お金を出すほうがいいと
無意識に思っているから、

お金が出ていくことが
自然と起こります。

これが

お金がない状態

というわけです。

 

お金を稼ぎたいのにお金が来ない人

 

次に、

お金は稼ぎたいと思っているのに
お金が来ない人がいます。

それは何が原因なのでしょうか?

お金を稼ぎたいのも関わらず、
お金が来ない人は、

「お金のブロック」

があります。

自分の価値を認めずに

「私の商品は100万円です」

と言えない人です。

こんな人は、
稼ぎたいと言いながら、

「お金を受け取るのは悪い」
「相手がお金がなくなって困る」
「相手に悪い」

と罪悪感を抱えてしまいます。

あたかも
お金を受け取ることが
悪いことだと思ってしまっています。

そうなるとどうなるかというと、

稼ぎたいと口で言いながら
潜在意識では

「悪いことをしてまでお金を受け取りたくない」

と思ってしまうので、

「お金を受け取れない方向に物事が進む」

わけです。

お金を受け取りたくないと思っていると

クロージングで断られたり、

ひどい人になると
体験セッションに時に
病気になったり、
都合が悪くなったりします。

体験セッションそのものを
できなくしてしまう人もいます。

引き寄せ力が強い人は、
それぐらい物事を思い通りに動かします。

お金を受け取らなくてもいい方向に
物事を動かしてしまうのです。

そうなってくると

稼ぎたいと思っていても
お金が来ることはありません。

お金を稼ぎたいと思っているということは、

「お金がないから」

稼ぎたいわけです。

あなたは、
「空気がほしい」

と思いますか?

人間が生きていくために必要なものですが、
空気がないとは言いませんよね。

空気がほしいとも思いません。

これはなぜかというと

十分に空気が満たされているからです。

十分に満たされているものに対しては
「欲しい」とは思いません。

これは
お金でも同じです。

「稼ぎたい」

と思う時点で

「お金がない」

と認めているわけです。

これも
お金がやってこない理由になります。

本当に稼ぎたいのであれば、

いつまでにこれだけ稼ぐ、

と自分と約束することです。

この覚悟が足らないと
いつまでたっても
お金はやって来ません。

多くの人が
イメージしたら
何でも引き寄せると思っていますが、

それは、
成功者が引き寄せの法則で
儲けたいだけの話です。

成功者は本当のことを話さないので、
労働者は引き寄せることができないのです。

労働者が引き寄せることができないことを知っているので、

あえて、
何でも引き寄せると説明しているだけのことです。

その事に気が付かなければ、
いつまでたっても
お金がやって来ることはありません。

 

宇宙銀行からお金が降ってくることはない

 

最後に

よく、
引き寄せの法則で、

「宇宙銀行からお金が降ってくる」

といいます。

しかし、
宇宙銀行からお金が降ってくることは
ありません。

では、
なぜ、そのような言い方になるのでしょうか?

宇宙銀行から降ってくるのは、

「直したほうがいい方法」や
「間違っている事柄」

が降ってくるわけです。

この直したほうがいい方法や、
間違っている事柄を
直すことによって、

お金が流れてくるようになります。

ビジネスでも、
できないことや難しいことに
ぶつかることがあります。

できないことや難しいことを
できるようにすることにより

お金が流れてくるきっかけを
宇宙が教えてくれているわけです。

しかし、
労働者は、

「ついてないな」
「またできないわ」

といって

そのことを避けて通ろうとします。

宇宙は
そこを直したら
前に進むよと言ってくれているのに、

自分では、
「違うことを探したり」
「避けて通ろうとしたり」
します。

そんなことをしても、
ビジネスが成功することはありません。

宇宙から降りてくるメッセージは、

良いことも悪いことも
ありません。

悪いと思っているのは、
自分自身だけなのです。

成功者は
悪いことが起これば起こるほど、
次に良いことが来ることを知っています。

悪いことが起こるのは
自分が直せばいいところを
教えてくれているだけだからです。

労働者は

良いことが起きたときだけ

「引き寄せた」

と、とても恥ずかしいメッセージを
Facebookに投稿したりしています。

成功者が見れば、

「まだまだだ」

思われているわけです。

それを
労働者が集まってきて

「すごいね」とか
「いいね」とか

いうわけです。

そんな人が成功しているかというと
1年経ってっも
変わらない人がほとんどです。

そんなことをしていても
一向にお金がやって来ることはありません。

もし、
あなたが本気で
お金を稼ぎたいのであれば、
潜在意識にアプローチするセッションがあります。

このセッションを受けていただくことで、
お金を受け取れるようになります。

まずは、
お金を受け取れるようにならなければ、
いくらビジネスで頑張っても、
お金を受け取れない方向に
物事が動いてしまいます。

本当にお金を受け取りたいという状態に
先にならなければ
お金がやって来ることはありません。

もし、
あなたが本気ならば、
一度私に相談してください。

きっと
ビジネスが大きく進むはずです。

あなたから相談をお待ちしています。

いかがでしょうか?

お金がないというのは、

「お金がない状態を引き寄せ続けている」

だけです。

そんな状態では
お金がやって来ることはありません。

ほとんどの労働者が
お金を引き寄せられずに
生活しています。

それも、
お金が無い状態を
当たり前のように作り出していることさえ
知らないと思います。

それを必死になって
働いてお金を稼ごうとするわけです。

労働者でいる限り
お金を引き寄せることはできません。

その事に気がついた人から
成功していきます。

あなたもぜひ、
早く気がついて、
お金を引き寄せられるようになってくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP