クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お金に対する罪悪感を捨てなければ稼げない

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

こんにちは、

稼げるプロコーチ育成の専門家

株式会社マインドコーチの安達です。

いつも
YouTubeを見ていただいて、
ありがとうございます。

今日は、

お金に対する罪悪感を捨てなければ稼げない

というテーマでお話します。

ビジネスで稼ぐためには、

お金に対する罪悪感を捨てなければ、
稼ぐことができません。

ビジネスというのは、
利益を最大化しなければ
続けていくことができませんが、

お金に対する罪悪感があると
利益を最大化することができません。

稼げないコーチは、
何らかの形で、
サラリーマンなどの他の仕事でお金を受け取り、
副業で、ほそぼそとコーチングをしているはずです。

会社で言う赤字状態で、
銀行から借金するなどして、
別のところからお金を調達し、
経営を続けている状態です。

この状態を続けていうちは、
コーチングビジネスで
稼ぐことは難しいです。

では、どうやったら赤字経営の
コーチングビジネスを
抜け出すことができるのでしょうか?

結論から言うと、

「お金に対する罪悪感を捨てる」

ということです。

お金に対する罪悪感があると、
お金をたくさん受け取ることができません。

お金をたくさん受け取ることができれなければ、
利益を最大化できず、
コーチングビジネスがうまくいきません。

なので、
コーチングビジネスを成功させるには、

集客やセールスよりも
実績やコーチングのスキルよりも

お金に対する罪悪感を捨てることが
一番重要なのです。

このことに気がついている稼げないコーチは
ほとんどいないので、
スキルばかりに目が行くわけです。

成功できない理由というのは、
自分が気が付かないところにあります。

なぜなら、
自分が気がついているところは、
自分で直すことができ、

本当に正しければ、
半年や1年で成功できるはずだからです。

もし、1年以上、ビジネスを頑張っていて、
稼げていないとしたら、

稼げない理由は、

「お金に対する罪悪感があるから」です。

この、
お金に対する罪悪感が
ビジネスの成功を大きく妨げているのです。

では、
どんなことが
お金に対する罪悪感に当たるのでしょうか?

まずは、
たくさんのお金を受け取れないことです。

例えば、
30万円の商品を売ることができないとしたら、

30万円を払ってもらうことが悪いとか、
30万円を受け取っても結果が出なかったらどうしよう、

という感情から、
お金を請求したり、
受け取ったりできないことが多いはずです。

このときに、
30万円を受け取ることが

「悪いことをしている」

という感覚になると、
30万円を受け取ることができません。

この悪いことをしている感覚が
「罪悪感」です。

コーチングビジネスをしている限り、

コーチングという価値を提供し、
お金を受け取ることは悪いことではありません。

もし、このときに、
自分が売る商品の値段が高いと感じるなら、

ビジネスをすること自体が
まだ早いかもしれません。

ビジネスというのは、
先程も書いたように、
利益を最大化することです。

つまり、
できるだけ値段を高く売ることが
ビジネスです。

そうしなければ、
利益は最大化できません。

このことを理解しなければ、
稼げなくても当たり前なのです。

このときに重要なことが
もう1つあります。

稼げないコーチは

「商品は、安いほうがいい」

と考えていることです。

稼げているコーチは

「商品は、高いほうが価値が高い」

と考えているので、
高い商品を売ることができます。

しかし、
稼げないコーチは
安い商品のほうが、
相手にとっては喜ばれると
勘違いしてます。

この勘違いを直さなければ
なりません。

商品が安いほうがいいと考えるコーチは、
自分自身が払う値段も

「安いほうがいい」

と考えています。

例えば、
テレビのように、
パナソニックの50インチのテレビで、
型番が同じなら

「安いほうがいい」

のは当たり前です。

しかし、
コーチングセッションのように

「同じものではない」としたら

「高い値段のほうが価値が高い」

ことに気が付かなければなりません。

この部分を勘違いすると

値段が高いから商品が売れない

となり、

どんどん単価を安く設定してしまいます。

これが
稼げない原因です。

稼いでいるコーチは

「高い値段ほど価値が高い」

ことを知っているので、

高い値段を設定し、
価値が高いセッションをして欲しいクライアントに
商品を売るわけです。

安いほうがいいというお客さまは、

質よりも値段で商品を決めています。

そうなると、
安い値段にすると
セルフイメージの低い人しか
集まらないようになり、

ますます、コーチングビジネスが難しくなるのです。

この状況を解消しない限り、
コーチングで稼げるようにはなりません。

コーチングに限らず、
ビジネスというのは
できるだけ高い値段で売れるようにしなければ、
続けていくこともできないのです。

このことを理解しなければなりません。

コーチングビジネスを長く続けていくには、
30万円以上の商品を売ることです。

これができなければ、
なかなかコーチングビジネスを
続けていくことができません。

そのためには、
お金の罪悪感を捨て、
「高い値段ほど、価値が高い」
と理解することです。

そして、
高い値段でも買ってくれるお客さまを
集める努力をすることです。

この考え方を理解しなければ、
いつまでたっても、
安い値段でセッションを提供し、

「稼げない」

ということになります。

しっかり理解して、
コーチングビジネスを成功させてくださいね。

最後まで見ていただいて
ありがとうございました。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP