クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お金を出さない人ばかりを集める理由

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

お金を出さない人ばかりを集める理由

 

今日は、

「お金を出さない人ばかりを集める理由」

というテーマでお話します。

私はいつも

「お金を受け取りなさい」

と言っています。

しかし、それは、相手が
「お金を払う」といっているのに

「いやいや、いいです」

と自分から断ることで、

お金の流れを止めていることを
防ぐためです。

一方で、
「お金を出さない人」ばかりを
集めている人もいます。

私のところに相談に来る人の半分以上は、

「お金を出さない人」
「お金を払うつもりがない人」

を集めてしまっています。

その手の人を集めてしまうと、
「あなたの商品が必要な人」でも

「無料であなたの商品が必要な人」
を集める結果になってしまいます。

それだと、
クロージングのときに
「いりません」
と言われる可能性が高くなります。

実は、

「お金を出さない人」
「お金を払うつもりがない人」

を集めない方法があります。

この方法を知ることで、

「お金を出さない人」
「お金を払うつもりがない人」

は集まらなくなります。

今日はそんな話です。

 

価値のない情報を欲しがる

 

まずは、基本的な話からです。

「無料」という言葉が好きな人がいます。

情報が「ただ」ならもらっておこう
と思う人です。

この人達は、
「情報には価値がない」と思っています。

なので、
いつまでたっても成功できません。

携帯電話でもらえる
「ドーナツ無料」や「アイスクリーム無料」
に群がる人たちを考えてください。

「無料でもらえるならもらっておこう」
と思っています。

しかし、
携帯会社はそれで、
儲けているのです。

つまり、無料だけど
しっかりとお金を払っているわけです。

さっさと豊かになって、
無料に群がる行列に並ばなくても、
空いているときに

「お金を払って買えばいい」

のに、損得勘定で物事を考えるので、
本質を理解していません。

そういう人に限って、

「あの商品は高い」
「あそこの食べ物はまずい」

と偉そうにします。

大した仕事もできないのに、

「給料が安い」
「会社選びを失敗した」

というわけです。

そんなことをしていても
お金が流れてくることはありません。

それと同じで、
無料の情報を受け取ったからと言って、
無料の情報を有料に変える力がありません。

なので、
無料の情報しか発信できず、

結局

「ただで情報が欲しい人」

ばかりが集まります。

「ただで情報が欲しい人」
ばかり集めてもビジネスにはなりません。

そのことをまずは理解してください。

 

私も稼げないときは無料の情報ばかり集めていた

 

私も実は、稼げないときは、

「無料の情報」ばかり集めていました。

無料の情報でも
ビジネスは成功すると思っていたからです。

しかし、
あるメンターに言われた、

「お金を払ったら、それ以上のお金が返ってくる」

という言葉で変わりました。

無料の情報を手に入れているうちは、
無料の価値しかないのです。

「お金を払って初めて、価値のある情報が手に入る」

そして、

「価値のある情報を発信するから、お金が入ってくる」

と順番に気が付きました。

いま、「無料の情報を集めている人」は

「無料で成功できる」

と思っているかもしれません。

しかし、いずれ、
「無料では成功できない」
と気がつく時が来るでしょう。

それまでは、
時間を使って頑張るしかありません。

その人自身が、
「お金を出さないと成功できない」と
気付くまでは、
「お金を払う」ことがないからです。

稼げないほとんどの人が、
「お金を稼ぐためにビジネスをする」と
思っています。

しかし、
無料の価値を提供しているうちは、
お金が流れてきません。

なので、
お金を投資して、
有料の価値を手に入れることで、

はじめて、
お金が流れてくるようになるのです。

「お金がないからビジネスをする」
というのは、
先程の、携帯会社と同じです。

「ビジネスをすれば稼げるようになりますよ」
と宣伝し、

無料で入り口まで連れていき、
本当に稼ぐためには
「お金がいる」という仕組みになっています。

無料のものをバラまいて
他社へ移るのを防いでいるだけです。

つまり、
「ただほど高いものはない」
という典型的な例です。

しかし、
ビジネスをするには
「お金がいる」という意味では
それは正しいです。

株式会社を作るのに
資本金がいりますよね。

ラーメン屋をするにも、
開業資金がいります。

コーチングを始め、
コンサル、カウンセラー、セラピストは
開業資金はいりません。

なので、
無料ではじめることはできます。

しかし、
ビジネスがうまくいくかというと、
お金がなければうまくいきません。

なぜなら、
お金を使っている人には、
勝てないからです。

あなたの顧客をお金で集客して
どんどん奪っていきます。

そういう理由があり、

最初からお金があったほうが
ビジネスは成功しやすいのです。

無料の情報でも
ビジネスの形を
知るところまではいけるでしょう。

しかし、
実際にビジネスをするとなると、

「お金」があったほうが
成功しやすいです。

私は運良く、
本質を教えてくれるメンターに出会うことができ、
いまのポジションまで
引き上げてもらえました。

ビジネスで成功するには、
自分ひとりの力では成功できません。

なぜなら、

「成功している人に引き上げてもらう必要がある」

からです。

私は、
メンターの喜ぶことをして、
気に入ってもらい、
ここまで引き上げてもらいました。

いまは、
クライアントを順番に引き上げていく
ポジションです。

あなたがもし、
ポジションを引き上げてもらいたければ、

あなたの選んだメンターが喜ぶことを
することです。

 

有料級の価値を発信する

 

では、

「お金を出さない人」
「お金を払わない人」

を集めないようにするには、
どうしたらいいのでしょうか?

「お金を出さない人」
「お金を払わない人」に対して、

「有料ですよ」

と宣言しておくことです。

私のメルマガでも、
課題は出すけれども、
体験セッションに申し込まない人は
半分ぐらいいます。

体験セッションに申し込まない人は、
いまは何らかの理由で

「お金を払うことができない人」です。

コーチングで稼ぎたいと思っていても、
「お金を出せない」ので、
体験セッションには申し込みません。

もしくは、
「レベルが高すぎる」と思う人もいます。

しかし、
体験セッションは、
「わからないところをわかるようにする」
という意味もあるので、

私としては
とりあえずは、申し込んでほしいわけです。

「私の商品が必要でない」ならば、
クロージングはしませんし、
商品説明もしません。

私も相手も時間の無駄だからです。

無理に契約してもらっても
結果が出にくいので、
こちらから断る場合もあるわけです。

そんな理由もありますが、

「有料ですよ」とメルマガでいっているので、
無料でもらえる情報までもらって、
体験セッションには進まない
選択をしています。

でも、
それでいいんですよ。

無料のくれくれ君ばかり集めても、
有料の商品は買ってくれません。

料金が
「高いですよ」と言うぐらいで
ちょうどいい感じです。

「それだけの価値がある」と
思ってもらえるわけです。

そのほうが
「本気の人」が申し込んでくれます。

これが
マーケティングです。

「あなたの商品が必要な人」だけが
集まるように仕組みを作ることが重要です。

 

発信した情報と同じ種類の人が集まる

 

「有料ですよ」と言っておくと、
自然に無料の情報が欲しい人は、
集まらなくなります。

あなたの周りにも、
あなたと価値観が同じ人が集まることを
知っていますか?

金儲けの話が好きな人は、
金儲けの話が好きな人が集まる

愚痴が好きな人は、
愚痴が好きな人が集まる

年収が1000万円なら
1000万円程度の人が集まります。

なぜなら、
コンフォートゾーンが同じだからです。

例えば、
年収1億円の人は、
回転寿司には行きません。

あなたが年収300万円ぐらいだとして、
値段も書いてないような寿司屋さんに行くと、

「いくらぐらいするのか?」
「いくら払わないといけないのか?」

といったお金の恐怖がやってきます。

お寿司の味を味合う余裕はないと思います。

つまり、
「居心地が悪い」
と感じるでしょう。

だとしたら、

あまりまた行きたいとは思いませんよね。

これと同じで、
あなたの価値観と同じような人と一緒にいたら
居心地は良くなり、

価値観が違うと
居心地が悪くなります。

これが
同じような価値観の人を
集める理由です。

あなたがもし、

「お金を出せない人」
「お金を払わない人」

を集めてしまっていると感じるなら、

「お金を出せない人」
「お金を払わない人」

の価値観と一致した発信をしている
ということです。

無料の情報が好きなことを発信し続けていると、

「お金を出せない」
「お金を払わない人」

が寄ってきます。

それが
あなたの有料商品の契約が取れない理由にも
なってしまうのです。

Facebookを集客に使おうとしているのに、

「安いランチの情報」や
「割引情報」ばかり

発信している人をよく見かけます。

この情報に「いいね」がつくということは、
「価値の低い情報を好んでいる」
人を集めてしまいます。

すると、
いざ、商品を売ろうとしても、

「高い」
「必要ない」

といわれるわけです。

キラキラ女子が一時期はやりましたが、
あの方法も一理あるのです。

リッツカールトンで普通に食事をするイメージを
作り出せば、いずれ食事ができるようになります。

その状態をFacebookに公言することで、
自分がそこに行けるようになります。

リッツカールトンで普通に食事したいと思う人が
集まるので、
ブランディングは出来上がっていきます。

本当の引き寄せの法則は、
「あたかもその状態になったように想像すること」
です。

先程の
時価の寿司屋が緊張しなくなれば、
当たり前になります。

そうすると
きっと年収もそれにともなっていることでしょう。

これが本当の引き寄せの法則です。

普通の人がつかっている
なんちゃって引き寄せの法則は、

「いい結果だけ引き寄せた」と自慢します。

しかし、
本当にそうなると思えば、いずれそうなるのです。

それを信じることができないので、

いつまでたっても

「お金」は引き寄せられないのです。

月収100万円になりたければ、

月収100万円になったら

「どんな生活をしているのか?」
「どんなカバンを持っているのか?」
「どんな車を持っているのか?」
「どんな人間関係なのか?」

理想の姿を想像することです。

いまはほとんどの場合
「お金が理由」でできないことばかりですよね。

でも
月収100万円になればできることを
いかにも叶ったように想像するのです。

コーチングをしているのに
月収100万円になったら、
マクドナルドやファミレスでは
セッションしないと思います。

普段着でもセッションしないと思います。

自己投資も出来るようになっていると思います。

この想像をできるだけ細かいところまで
イメージできることで、引き寄せます。

月収100万円になったら、
どんな人と付き合っていますか?

どんな家に住んでいるでしょうか?

どんな車に乗っていますか?

やりたいことはなんですか?

すべて紙に書いてみてください。

半年後、1年後に、
紙に書いたことがかなっていますよ。

 

私がセッションの時間を無制限にしている理由

 

では、ここで、

なぜ私がセッションの時間を無制限にしているのか?

理由を説明します。

先程の、
「同じような価値観の人を集める」

というところに理由があります。

私のクライアントは、
全員、目標に向かってビジネスを進めています。

その目標はいろいろですが、
最低月収100万円に到達してもらうことです。

そのためには、
「月収100万円の人と一緒に過ごすこと」で
クライアント自身も月収100万円にふさわしい人に
近づいていくわけです。

私は、
今の所月収100万円以上あるので、
私と時間をともにすることで、
クライアントを月収100万円まで
引き上げることが出来るのです。

そのためには、
できるだけ私と長い時間一緒にいることが
月収100万円の近道です。

同じ時間を共有することで、
いずれ、月収100万円が普通になり、
その上を目指せるようになります。

私もいまは、
月商1000万円を目指しています。

一緒にビジネスをするようなる人もいますし、
別々の道を選ぶ人もいるかも知れません。

月収300万円までは、
引き上げることができます。

それができるのも、
私ができるだけ一緒にいることで、
私の価値観をエネルギーに変えて
渡しているからです。

私と一緒にいることで、
価値観が同じようになれば、
いずれ月収は近づいていきます。

そのことを理解しているので、
できるかぎり、
時間を長い時間のセッションを
しているのです。

最初は居心地が悪いかもしれません。

しかし、
できるだけ長い時間、
私と一緒にいたいと思うことで、
次のポジションにいけるようになります。

それは、
私のメンターが私にしてくれたことです。

私のメンターが時間をたくさん作ってくれたので、
私が稼げるようになりました。

なので、
私をメンターに選んでくれた人には、
できるだけ時間を使い、
一緒にいるようにしているのです。

 

もし、あなたがコーチングで稼ぎたいのであれば、

 

もし、あなたがコーチングで稼ぎたいのであれば、
稼いでいるコーチと
できるだけ長い時間一緒にいることです。

あなたが居心地が悪い、
もしくは、
稼いでいるコーチが居心地が悪ければ、
長時間一緒にいることができません。

しかし、
相手はともかく、
あなたができるだけ一緒にいようすると、
いずれ、居心地が良くなっていきます。

そうなれば、
波動が合ってきているということになり、
価値観が近づいた証拠です。

ほとんどの場合、
稼いでいるコーチと
長時間一緒にいようとすると、

そのコーチに
メリットが有ることをしなければなりません。

セッションを有料で受けたり、
商品を買ったり、
時間を使ってコーチを助けたり、

しなければなりません。

しかし、
それをすることで、
そのコーチも時間を使ってくれるようになります。

あなたがしてほしいことばかり望んでも、
相手にメリットがなければなかなか難しいです。

この価値観を教えてくれたメンターには、
商品もたくさん買いましたし、
時間も使いました。

イベントが有るたびに、
私のスケジュールを変更してまで
イベントに参加しました。

そうすることでメンターは
私を助けたいと思い、
いろいろとしてくれるようになりました。

ほとんどの人は、
自分のスケジュール優先で、
メンターのスケジュールを
自分に合わせようとしてしまいます。

そうなると、
「その程度か」と
メンターも思うわけです。

あなたがメンターに助けてもらいたいと思ったら、
まずは、メンターにメリットが有ることを
あなた自身が差し出すことです。

お金かもしれませんし、
時間かもしれません、
スキルかもしれません。

しかし、
メンターが本気であなたのことを助けたいと思ったとき、
一気にポジションを引き上げてもらえます。

あなたがコーチングで稼ぎたいのであれば、
コーチングで稼げている人を見つけてください。

そして、
その人に助けてもらえるように、
メリットが有ることを差し出してください。

そうすれば、
メンターもあなたを引き上げようとしてくれます。

その時は
あっという間に次のステージにいけるでしょう。

お金を出さない人ばかり集めても、
あなたの商品が売れることはありません。

あなた自身がお金を出さない人ならば、
お金を出さない人ばかり集まります。

価値観が同じだからです。

ということは、
あなたの価値観を変えなければいけません。

あなたの価値観が
「お金を出さない人」なのか、

それとも
「お金を出さない人を集めている」のか、

それは私にはわかりませんが、

どちらにしても、
あなたの商品が売れることはありません。

あなたの商品が売れていないとしたら、
あなたの価値観を変えることが必要です。

ぜひ、
一度考えてみてくださいね。

いかがでしょうか?

あなたの発信する内容によって、
あなたの価値観に近い人を集めてしまいます。

ぜんぜん価値観が違う人は、
共感しないからです。

そのことに気がつくと、
集めた人たちを分析することで
自分の行動がわかります。

ぜひ、あなたも一度
どんなふうに考えているのか、
しっかり考えてみてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP