クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お金を払いたくない人は払ってもらえない

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

お金を払いたくない人は払ってもらえない

 

お金を払いたくない人は払ってもらえない

 

今日は、

お金を払いたくない人は払ってもらえない

というテーマでお話します。

私のところに相談に来る人の中には、

「なかなかお金を払ってもらえません」

という人がいます。

なぜ、
お金を払ってもらえないのかというと、
いろいろな理由があります。

値段を提示しない
商品内容に不安がある
商品が高いとコーチ自身が思っている

こんな理由が考えられます。

しかし、
一番大きい理由は、

「自分自身がお金を払いたくないから」

です。

自分自身がお金を払いたくないとしたら、
無意識に、相手にも
払ってほしくないような行動をします。

クロージングのときに
商品の値段を提示したときに、

相手がちょっと考えると、

「高いよね」

と断られるような
言葉を出したりします。

お客さまは、
支払い方法とか、
別のことを考えているかもしれないのに、
自分自身がお金を払いたくないので、

相手も同じように

「お金を払いたくない」

と思い込んでしまうのです。

このような、
思考の癖が、
ビジネスがうまくいかないよう
妨げています。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

お金に執着していると払ってもらえない

 

まず、
一番大きな要因としては、

「お金に執着しているかどうか」

です。

お金に執着していると、
相手にはお金を払ってもらいにくくなります。

なぜなら、
「お金がない」

を引き寄せ続けるからです。

お金に執着している状態というのは、
どういう状態かというと、

「お金がなくなる恐怖があるので、
お金を持っておきたい」

と思っています。

今の時期も
新型コロナウイルスで
先行きの不安から、

どうしても
お金を持っておきたいという
心理が働きますね。

そうなると
お財布の紐は
きつくなります。

このときに
考えていることは

「お金がなくなったらどうしよう」
「お金がなくなったら困る」

と思うわけですが、

潜在意識はそうは受け取りません。

「お金がなくなった方が良いんだよね」

と受け取るので、

お金が無い状況を作りやすくなるのです。

「お金がない」

といつも言っている人が
お金がないのは、

「お金がない」ほうが良いと

自分自身に
言い聞かせているのと同じなのです。

あなたは
日常生活で

空気がほしいとか
空気がない

とは言いませんよね。

それはなぜかというと

空気が無くならないことを
知っているからです。

じゃあ、
同じように、
お金が無くならないことを
知っているとしたら、

お金がほしいとか
お金がない

とは言わないはずです。

これは
お金があると理解できて
初めてできることです。

お金がある状態になるためには

まず、

「お金がない」

と言わないことから始めなければなりません。

「お金がない」

と一度言うことで、

潜在意識が
そのほうがいいと勘違いするからです。

だから、
今の時点ではお金がなくてもいいので、

お金がないとか
お金がほしい

と言わないことです。

これは、
成功者があまり言わない
成功法則です。

たとえ、
私がこんな事を言ったところで
あまり信用する人がいないので、
ネット上に発信することができます。

情報を発信すること自体は
価値がないからです。

これを実践しようとしても
ほとんどの人はできません。

「そうはいってもお金がないやん」

というからです。

つまり、
お金がないと言わないことが
お金を連れてくることになることを
信用していないので、
実践し続けることができないのです。

これが
多くの労働者が
お金持ちになれない理由です。

そして、
お客さまがあなたにお金を払わない理由も

あなたが

「お金がない」

と思っているので

お金が回ってこないように自らがしている

ことになります。

「お金がない」

と思っていると
お金に執着します。

お金に執着すると
相手もお金に執着していると思うので、

「お金を払いたくない」

と勝手に感じるわけです。

そう感じてしまうと、
クロージングでうまくいくはずがありません。

それが
相手に払ってもらえない理由です。

 

自分自身がお金を払いたくない

 

もう一つの理由としては、

自分自身が

「お金を払いたくない」

と思っていることです。

例えば、
私のような高額商品を提示されたら
どう思いますか?

仮に商品の値段が100万円だとしたときに、

あなたは、
この商品に対して

100万円を払いたいと思いますか?

払いたくないと思いますか?

私の商品でなくてもいいですが、
例えば本田健さんの商品が100万円だとして
払いたいと思うのか、
払いたくないと思うのか、

どちらでしょうか?

このときに

「払いたくない」

と思ったとしたら、

あなたの商品に対しても
払ってもらえることはありません。

なぜなら、
罪悪感が働くからです。

あなたが
100万円の商品に対して
払いたくない

と感じた感情が、

そのまま、
あなたが商品を売るときに
相手の気持に反映されます。

あなたが
誰かの商品に払うことができないのに、

お客さまが、
あなたの商品に対して
100万円払うことは、

「悪いことをしているような感覚」

になるはずです。

多くの稼げないコーチは、

「悪いことをしてまで、稼ぎたくない」

と思っています。

これが
罪悪感が出る部分です。

では、
あなたの商品は100万円ではなく、

「いくらならお客さまに
罪悪感を感じずに払ってもらえるのか」

という値段が、

ほとんどのコーチが設定している
5000円とか1万円、

という価格になってしまうのです。

そもそもは、
あなたが、

「100万円を払いたくない」

というところから来ていることに

ほとんどの稼げないコーチは
気づいていません。

だから、
高額商品を買ったことのある人しか
稼げないのです。

高額商品の内容はともかく、

100万円以上の商品を買ったことがある人しか
100万円の商品を
売ることができません。

なぜなら、
100万円以上払ったことがある
心の痛みを経験しなければ、

100万円以上の商品を
売ることができないのです。

この経験をしていなければ、

自分が悪いことをしてまで
金儲けはしたくない

というブレーキは、外れません。

だからこそ
100万円を払うことのほうが
先にあるわけです。

お金を受け取る金額は
払った金額に比例します。

払った金額以上の金額を
受け取ることは
必ず罪悪感を感じるからです。

この罪悪感がなければ、
いくらでも稼げるようになるでしょう。

真面目な人が
稼げないのは、

罪悪感を外すことができないからです。

せっかく真面目に生きてきたのに
悪いことをしてまで
金持ちになりたくない

と思っています。

言い方が悪いですが、
詐欺師などは、
罪悪感がないから
稼ぐことができるのです。

罪悪感を持っている人は、
詐欺とか悪いことができないので、
まっとうに稼ごうとします。

しかし、
そもそもビジネスは
悪いことをしているわけではありません。

いつも書いている通り、
お客さまの悩みを解決し、
理想の未来に連れて行った対価を
いただくわけです。

理想の未来に行きたい人にとって、
理想の未来に行ける方法を知ったとしたら、
その値段は、どれぐらいになるでしょう。

それが
本当に人生が変わるほどのことなら
いくらでも払うでしょう。

だから、
価値が高いものは、
高い値段なわけです。

この流れの中で
何一つ、
悪いことは出てきません。

お客さまも幸せになるし、
コーチも幸せになります。

契約するときに

「契約しなければ、殺すぞ」

と脅したわけでもないわけです。

クロージングのときに、
お客さまが

「お願いします」

という内容にサインをしてもらい、

お金を受け取るだけの話です。

お客さまが
理想の未来に行きたいと思ったから
100万円をいただくだけの話です。

どんな商品でも、
無理やり契約していないはずです。

しっかりと
商品を説明してもらい、

不安をなくしたあとに、
金額に納得して
契約しているはずです。

これを
悪いことをしているとしたら、

まずいお寿司を売っている寿司屋は
全て悪いことをして
金儲けしていることになります。

お寿司なんて、
食べてみるまでわからないですよね。

だから、
普通の人なら
値段を書いていない寿司屋には
入らないわけです。

100円寿司なら
安心して食べられますよね。

安心感で
回転寿司は流行っているのです。

誰も
回転寿司に味は
求めていません。

タイが100円やそこらで
出てこないことを知っているから
タイみたいな味のする魚を
食べているのです。

回転寿司にいって

「これタイちゃうやんけ」

という人はいません。

これと同じで、
コーチングの商品も
みんな納得して契約しているのです。

これに
悪いことはないので、

稼げないコーチが勝手に
罪悪感を持っているだけなのです。

罪悪感を持っている人は
ビジネスができません。

お金を受け取ること自体が
悪いことだと思ってしまいます。

このブレーキを外すには、
まずは、自分自身が
高額商品にお金を払ってみることです。

そうすれば、
受け取れるようになります。

このことを理解すれば、
コーチングでも稼げるようになります。

あなたも
しっかり理解して、
稼げるようになってくださいね。

いかがでしょうか?

お金を払いたくない人は
お金を払ってもらうことができません。

お金がないと思っているか、

それとも
お金に執着しているのか、

罪悪感があるのか、

このいずれかです。

この全てのブレーキを外さなければ、
ビジネスが成功することはありません。

ビジネスのスキルが以外のことで
稼げないコーチもたくさんいます。

このことに気がついて、
さっさとブレーキを外して
稼げるようになってくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP