クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

お金を払わないと払ってもらえない理由

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

お金を払わないと払ってもらえない理由

 

お金を払わないと払ってもらえない理由

 

今日は、

お金を払わないと払ってもらえない理由

というテーマでお話します。

高額商品を買ってもらうためには、

「高額なお金を支払ったことがある」

必要があります。

なぜかというと、

安い商品ばかり購入していたら、
自分が高額商品を作ることが
できないからです。

実は、
高額商品が売れない理由は
「高額商品を買ったことがない」
ことが原因だからです。

高額商品を買ったことがない人は
まず、自分の高額商品を
売ることができません。

なぜなら、
商品の価値を

「値段の高い、安い」

で決めているからです。

本来は、
「商品の価値」で

値段は決まっています。

価値が高い商品には
高い価値があります。

稼げない人の多くは、

値段で買う商品を決めています。

欲しい物があっても、
まずは、値札を見て、

「高いから買わない」
「安かったら買う」

ということを繰り返しています。

高額商品の場合も同じで、

「値段が高いからやめる」

ということをしていると、

実際に自分が高額商品を売るときに

「高いから買ってくれないのでは」

と思っていしまい、

高額商品を売ることができなくなるわけです。

この事に気がついている
稼げないコーチはあまりいません。

「スキルが上がれば稼げる」とか
「集客できれば稼げる」

といった間違った思い込みで
行動しています。

だから
いつまでたっても
稼ぐことができません。

今日は、
こんな話をしていきます。

 

なぜ、高額商品を買うことができないのか?

 

では、まず、

「なぜ、高額商品を買うことができない」

のでしょうか?

理由は

「お金がなくなると思っている」

からです。

高額商品を買ってしまうと
手元からお金がなくなると感じてしまいます。

100万円の商品があるとしたら、

「この商品を買うと100万円が手元からなくなる」

と感じているのです。

このような感情でいる場合、

実際に100万円の商品を作ったとしたときに、

相手が
「100万円なくなると申し訳ないな」

という感情になります。

だから、
値段を下げて、
相手が払いやすいようにしようとするわけです。

これはすべて

「お金がなくなる」

というマインドセットから来ています。

ビジネスはそうではありません。

100万円の商品には、
100万円の価値があり、

「物々交換」

です。

100万円の商品と
100万円というお金とを
交換しているだけです。

100万円払った人は、
お金はなくなりますが、
100万円の価値を手に入れるわけです。

100万円の商品は、
100万円の車を買うのと
同じですが、

形がないので、

「100万円がなくなる」

とイメージする人も多いでしょう。

そう感じる人は、
自分の商品も相手がそう感じると
思ってしまうので、
高額商品が売れないわけです。

100万円の商品には、
100万円以上の価値があります。

まずは、
100万円を払って
100万円の価値を受け取れると
信じることから始めなければなりません。

それができないと、
100万円がなくなると
思ってしまいます。

まずは、
物々交換だということを
しっかり理解することです。

 

高額商品を買っても結果が出ない理由

 

物々交換が理解できていないと、

高額商品を買っても結果が出ません。

「100万円払ったけど、何も得られなかった」

という人は、
物々交換を理解していない人です。

この物々交換を理解していない人が
高額商品を買ってしまうと、

「価値を受け取ること」

ができません。

価値を受け取ることができないので、

「騙された」
「詐欺だ」

というわけです。

しかし、
売っている側にとって
100万円の値段をつけているということは、
100万円以上の価値を提供しているはずです。

私も、
これまでに1000万円を超えるお金を払って
学んできました。

つまり、
1000万円以上の知識を

「仕入れている」

わけです。

1000万円以上の仕入れをしているとしたら、
物販で考えると
1億円以上の売上が必要です。

1億円だと
100万円でも100人の人に買ってもらわないと
ビジネスでは成り立ちません。

なぜ、
タピオカが流行るのかというと

儲かるからです。

原価10円から50円で、
1杯300円から500円で売れるわけです。

儲からないほうがおかしいのです。

これと同じことを、
コーチングの世界でやっているだけの話です。

タピオカのビジネスと比較すると
1000万円で仕入れた知識を
100万円で売るなんて
安すぎるわけです。

なので、
私は物々交換を理解している人にしか
商品を売ることはしません。

あとから
「価値を受け取れなかった」
というからです。

100万円を出すからには、

「100万円の価値を受取る努力」

をする必要があります。

私の場合も、
私がコーチングのクライアントを見つけてきて、
クライアントにお客さまを紹介するなんてことは
していません。

稼ぎ方は教えていますが、
クライアントを見つけて
斡旋しているわけではないので、

クライアント自身が
稼げるようにならなければ、
ビジネスが回りません。

しかし、
価値を受け取る努力さえしてもらえれば、
稼げるわけです。

それを
価値を受け取る努力をせずに、

「できません」
「やりません」

では、
結果が出るわけがないのです。

私が
「こうやってみて」
と指示をしたときに、

やってみた結果

「こうなりました」

とフィードバックをもらうことで、

前に進んでいきます。

正しい結果が出ていれば、
正しく理解したことになります。

しかし、
ほとんどの場合は、
正しい結果が出ません。

そのときにはじめて

このクライアントは

「ここが難しいのか」
「これができないのか」

ということを
私が理解します。

そこを改めて教えることで
ようやく正しい理解ができるわけです。

私が教えたことが
簡単にできることはありません。

クライアントのレベルよりも
高いことを要求するからです。

ここで、
ブレーキを踏んで、

「できない」
「やらない」
「難しい」

を選択すると、
マインドセットのやり直しです。

心のブレーキを外す必要があります。

ブレーキを踏まずに
やってみたけれど失敗したのであっても、

それでいいわけです。

心のブレーキはなく、
うまくできなかっただけなので、

うまくできなかったことを
私にフィードバックしてくれることで、
できるようにしていくわけです。

人間は

「できないこと」
「難しいいこと」
「わからないこと」

に対しては
なんらかのブレーキが働くようになっています。

これが
「心のブレーキ」や
「メンタルブレーキ」
と呼ばれているものです。

危険を回避するために、

「経験したことがなければ、一旦やめてみる」

というブレーキが、誰にでも
「脳の記憶」として刻まれています。

それがブレーキです。

「これやって」

といわれても、
スイスイできる人はあまりいません。

ほとんどが躊躇して止まってしまいます。

ビジネスの場合は、
稼いだことがないから、
稼げる方法を教えても
辞める理由を探して止まってしまうのです。

これが
稼げないコーチが稼げない理由です。

私は辞める理由を探し始めたら、
辞める理由をどんどん潰していきます。

いずれ、
本当に稼ぎたいことが目的ならば
稼げるようになります。

しかし、中には、
稼ぐことはどうでもよくて
コーチングをしたいだけの人がいます。

そうなると、
稼ぐようになるのは困るわけです。

だから
稼げないように、
セッション単価を低く設定してしまいます。

それが
ノウハウコレクターや
セミナージプシーと呼ばれる人です。

彼らは
稼ぎたいと言いながら
稼ぎたいのではなく

「学びたい」

わけです。

稼げてしまうと
「学べなくなる」ので、

稼げないようにブレーキを踏んでいるだけなのです。

ノウハウコレクターをお客さまにしている人たちは、
その本心に気づかないようにしているだけです。

NLPなんかは、
学んでも稼げるようにはならないので
一番都合がいいお客様なのです。

意識は高いからお金はどんどん払ってくれます。

しかも
稼げるようにはならないので、
どんどん上のスキルを学んでくれます。

稼げるようになると、
お客さまではなくなるので、
稼げないようにしていることが
NLPトレーナーやコーチの役目なのです。

結婚相談所も同じですよね。

結婚できる人、
モテる人は
どんどん結婚してやめていきます。

結婚相談所を支えている人は、
結婚できない人です。

結婚したいけれど、
結婚できない人が
多くいるところが儲かります。

いつまでたっても
お金を払ってくれるわけですからね。

このように、
心のブレーキをばれないように
うまく使ったビジネスが実は儲かります。

しかし、
全員がこのビジネスができるかというと
そうではありません。

罪悪感が邪魔をするからです。

 

お金に罪悪感があると稼げない

 

実は、
お金に罪悪感があるとビジネスでは稼げません。

「あの人からお金をもらうと悪い」
「こんな商品で、こんな金額をもらうと悪い」
「私にはそんなスキルのがないのに、お金をもらえない」

といった
「お金をもらう罪悪感」
がある人は、
ビジネスでは稼げません。

「お金をもらうことが悪いこと」

になってしまっているからです。

なので、
お金に「罪悪感」を持っている人は、

「自分が苦労しても、相手を助けられればいい」

と考えるので、

「稼げない」という結果になっているわけです。

お金に「罪悪感」がある人は、
別に自分が苦労してもいいので
助けてあげたい

と思っています。

お金に「罪悪感」を持っている人は

貧乏コーチです。

貧乏コーチの人は
「お金に罪悪感を持っている」

と思ってください。

稼げていない人は、
すべてお金に罪悪感を持ち合わせています。

だから私は、最初に

お金の「罪悪感」を外すセッションを
するわけです。

「お金をもらう罪悪感」をなくさなければ
ビジネスで成功することはありません。

「お金を払ってもらえない」

のは、
「お金をもらう罪悪感」
があるからです。

もし、
高額商品を買ったことがあり、
稼げていないとしたら、

「お金の罪悪感」さえ外すことができれば
稼げるようになります。

集客やセールスが
稼げない理由ではないことが
ここでもわかると思います。

「お金の罪悪感」を外さない限り、
どんなスキルを勉強しても
稼げるようにはならないわけです。

むしろ
稼げないほうが都合がいいのです。

もし、
あなたが
稼ぎたいと思っているけれど、
稼げないとしたら、

「お金をもらう罪悪感」を外すために
セッションを受けてみてください。

そうすると
あっという間に稼げるようになります。

お金をもらって人助けすることは
悪いことではないのです。

金額も
高い安いは関係ありません。

「お金の罪悪感」が邪魔をして
稼げないように
ブレーキを踏んでいるだけのことなのです。

このことを理解すれば、
あっという間に稼げるようになります。

なぜなら、
スキル不足で稼げない人は、
ほとんどいないからです。

お金を受け取ることができれば
簡単に稼げます。

お金を受け取ることができないから
稼げないだけなのです。

そのためには、
あなたがお金を払って、
お金を受け取れるようになることです。

それができれば、
誰でも稼げるようになります。

そんな簡単なことでさえ、
気が付かないわけです。

それが
労働者思考だということになります。

あなたがもし、稼ぎたければ、
さっさとお金を受け取れるようになってください。

そうすれば
あっという間にビジネスは簡単になりますよ。

いかがでしょうか?

お金を払わないのは、

値段の高い安いで決めているからです。

価値が高いとわかれば
値段が高いのは当たり前です。

そして、
意識が高い人は、
高い価値のものを求めています。

なので、
あなたが高い価値を提供すれば、
高額商品が売れるわけです。

そのためには、
あなたが高い価値を買ってみることです。

どんなものが高い価値なのか
理解することです。

そうすれば、
あなたが持っているスキルも
高い価値があることに気がつくでしょう。

その高い価値を商品にするだけなのです。

最後は、
あなたが提供する高額商品を買ってくれる人が
現れたときに、

「お金を受け取れるかどうか」

です。

お金を受け取れれば、
稼げるコーチになれます。

それが、ビジネスです。

あなたもしっかりこのことを理解して、
ビジネスに取り組んでくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP