クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

できない理由を言い訳にすると都合のいい理由

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

できない理由を言い訳にすると都合のいい理由

 

今日は

できない理由を言い訳にすると都合のいい理由

というテーマでお話します。

私のところに相談に来るコーチの中には、

「集客ができません」
「セールスができません」
「このスキルが無いから商品が売れると困ります」

というような相談をする人がいます。

できない理由を並べて
自分を正当化したい理由はわかります。

しかし、
正当化している時点で、

「自分の都合のいいこと」

を引き寄せています。

例えば、

「集客できない」

と思っている時点で

「集客できない」

を引き寄せています。

集客できないほうが都合がいいわけです。

ビジネスを本気でしているなら

「集客できない」

と言ったところで何も変わらないわけです。

「今はこうしているけれど、
ここがうまく集客できません、
どうしたらいいのでしょうか?」

ならわかります。

しかし、

「集客できません」

と言ったところで、

「集客できない」ように
引き寄せをおこします。

商品が売れてしまうと
お客さまの面倒を見ないといけないので、

めんどくさいから
集客できないようにしよう、

と潜在意識が思っているかもしれません。

また、
もっと学びたい理由がほしいので
集客できないようにしよう、

と潜在意識が思っている可能性もあります。

いずれにしても、

「集客できないから
ビジネスが上手く行かないんです」

という言い訳には
とても都合がいいわけです。

稼げないもの同士なら、
それでも

「がんばれ」とか

「やり続ければ大丈夫」

という話になるかもしれませんが、

稼げている人から見れば

「また言い訳してるわ」

と思われるだけです。

今日はそんな話をしていきます。

 

「集客ができない」という言い訳

 

では、なぜ、集客ができないという
言い訳が出てくるのでしょうか?

それは、

できるようにするよりも
できないことを見つけるほうが簡単だからです。

できないことを見つけるのは
簡単です。

しかし、
多くのコーチが稼げないのは、
できないことは見つけられても、
できるようにはできないからです。

できないことを見つけることは
簡単なので、
どんどんできないことは見つけられます。

しかし、
できないことを見つけた後に、
できるようにすることはしません。

できるようにスキルをあげようとはしますが、
できるようにすることはしません。

なぜなら、
できるようにスキルを上げても
また、できない理由を見つけるからです。

コーチングのスキルでも
集客のスキルでも
セールスのスキルでも
ビジネスのスキルでも
何でも同じですが、

はじめはできないことを見つけて
スキルをあげようとします。

しかし、
学びはするけれども
実践するとうまくいきません。

できない理由を探すからです。

真面目な人や頭の回転が速い人ほど、
できない理由を探すのがうまいです。

なぜなら
劣等生にはなりたくないからです。

劣等感を感じ始めると、
スキルを上げたくなります。

これが負のスパイラルとなり、

ノウハウコレクターやセミナージプシーを
作り出すわけです。

スキルをお金に変えるスキルを持っている人は、
あえて、負のスパイラルを作り出すような
ビジネスモデルを作っています。

負のスパイラルにはまり込むと
できないことばかり考えてしまいます。

それが
「できない」という言い訳になっていくわけです。

 

なぜ、先に売れる商品を作れというのか?

 

なぜ、
私が先に売れる商品を作りなさいというか
理解していますか?

売れる商品を作る過程で、
必要なスキルが身につくからです。

売れる商品を作り、
実際に商品を買ってもらえるところまで来ると、
ビジネスの仕組みはほぼ理解できます。

ビジネスの仕組みが理解できれば、

スキルをお金に変えるスキルが理解できます。

そうすると、
お金の問題を解決できるようになります。

お金があれば、
95%の問題を解決できるので、

お金の問題を解決できるようになれば、
ほとんどの人の欲求を
叶えることができるのです。

なので、
ビジネスは
お金を生み出すビジネスが
一番簡単です。

お金を作ることさえできれば、
投資しようとする人がたくさんいるからです。

お金を作るために、
どうしたらいいのかというと

スキルをお金に変えるスキルを手に入れる
ということになります。

スキルをお金に変えるスキルの
一番最初にすることが

「売れる商品を作る」

ということになります。

売れる商品を作ってから
集客やセールスを
勉強すればいいだけだからです。

売れる商品を作る過程で
実は集客やセールスも
スキルが上がります。

なので
売れない商品を
集客やセールスでなんとかしようと
する前に、

売れる商品を作るということが
とても大事なのです。

売れる商品ができてから、
売上目標に届かないから
集客やセールスをやり始めればいいぐらいです。

売れない商品を
売ろうとするから
ビジネスがどんどん難しくなるわけです。

これも、
「できない」という言い訳から
どんどん学びに向かってしまいます。

人間はだんだん大人になる過程で
勉強は嫌いになっていきます。

できないところが増えてくるからです。

しかし、
大人になってからの学びは
気持ちいいものに変わります。

興味があるものに対して
学ぶからです。

自己啓発やビジネス、
スピリチュアルなどは、
学べば学ぶほど、楽しいです。

学ぶことが楽しいので、
「できない理由」を見つけ出し、

学ぶ正当な理由を見つけて
お金を出して学ぶわけです。

学びが悪いとは言いません。

ただ、
ある程度学んだら、
稼いだお金で学ぶようにしないと

いつまでたっても
自分のお金を持ち出して学びます。

お金が尽きたら
それ以上は学ぶことができなくなります。

なので、
ビジネスで稼いで、
利益の中から学ぶようにしなければ、
お金がいずれ尽きてしまうわけです。

それでは、
何のために
学んでいるのかわからなくなります。

お金が尽きる前に、
ビジネスで利益を出せるようにしなければ、
いずれ、ビジネスができなくなります。

だから

「売れる商品を先に作れ」

というわけです。

 

売れる商品を作る方法

 

では、
売れる商品を作る方法です。

一番早いのが、

「友達に聞く」

ということです。

稼げないコーチの多くは

友達に聞いてみてくださいというと

「そんなことはできない」

といいます。

なぜ、
友達に

「この商品、どうやったら買ってくれる?」

と聞けないかというと

友達には

「売れないから」
「悪いから」

といいます。

では、
そんな商品を赤の他人に売ってもいいのか
という話です。

何か悪いことを
友達に売りつけるのは嫌で

知らない人だったらいいと考えていることこそ
悪いことをやっているわけです。

そんなことをしていても
商品が売れるはずがありません。

友達にどうどうと
「買って」といえる商品でなければ、
他人にも売れないでしょう。

売れる商品を作るということは

誰が見ても「買いたい」と
思う商品が理想です。

もちろん、
あなたの商品が欲しい人のほうが
いいわけですが、

集客できないのに、
あなたの周りにあなたの商品が欲しい人が
いる可能性も少ないです。

だから
友達に買いたくなるような商品かどうかを
聞いてみて、
改善点を見つけることです。

3人ほど聞いてみたら
ほぼ改善点はなくなるので、

改善したら、実際に
売っていくとかなり確率があります。

稼げないコーチは
そんなテストもしないうちから
ネットで集客しようとするから
売れないわけです。

商品を売るためには、
売れる商品を作り、
成約率を50%以上にすることが
最初のステージです。

集客やセールスは
その後で大丈夫です。

友達でも
「買いたい」と思うような商品まで
作り込むことができれば、
売れないほうがおかしいわけです。

そんなこともせずに、
あわよくば、
知らない人が買ってくれたらいいな
なんてビジネスをしているから
いつまでたっても稼げないわけです。

そんな宝くじが当たるまで待つような
ビジネスをしていると
続けていくことができません。

 

できない理由を言い訳にしない

 

最後に、
できない理由を言い訳にしない
ということです。

できない理由を言い訳にする前に

「どうやったらできるようになるのか」

考えてみることです。

そして、
行動して失敗してみることです。

失敗は決して悪いことではありません。

失敗することで初めて改善点が見つかります。

できない理由を探していて
行動しないのが一番悪いことです。

行動して、失敗して、改善して、
また行動する、

この繰り返しで
すこしずつ成功に近づくわけです。

なぜ、集客できないのか?

どんなことをして、
どういう結果が出たのかを
私に、教えてもらえれば、
改善点を教えることができます。

また、間違っている場合は、
一から正しい方法を教えることができます。

しかし、
どんなことをして
どういう結果が出たのかを
教えてもらえない限り、

「集客ができない」

と言われても、

「それは当たり前」

と言うしかありません。

何をして
どういう結果を得たのか

からしか
成功するヒントは見つけられないのです。

そうすると
できないという言い訳は
できなくなります。

誰でも
最初は行動するのが怖いです。

真面目な人や頭の回転が速い人ほど
劣等感を味わいたくないからです。

しかし、
失敗しても、改善し続ければ、
必ず成功につながるのです。

この経験をしなければ、
成功することができません。

そのためには
言い訳をやめることです。

言い訳をやめて
行動し続ければ、
いずれ成功できます。

あなたももし
今稼げていないのなら、

言い訳する前に
行動してください。

そして
失敗した結果を教えて下さい。

そうすれば、
次の行動を教えることができます。

ぜひ、
言い訳よりも行動してくださいね。

いかがでしょうか?

できない理由は、
自分の行動を止めています。

行動を止めて学びに行くことが
ビジネスにとって一番最悪なことです。

学び続けても、行動に移さなければ
ビジネスで結果が出ることはありません。

どうしたら行動できるか
考えてみてください。

そうすれば、
結果が出るようになり、
稼げるようになりますよ。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP