クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

なぜ、コーチングで稼ぐ力がないのか

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

なぜ、コーチングで稼ぐ力がないのか

 

なぜ、コーチングで稼ぐ力がないのか

 

今日は、

なぜ、コーチングで稼ぐ力がないのか

というテーマでお話します。

コーチングで稼げない本当の理由は、

稼ぐ力がないからです。

稼ぐ力があれば、
簡単に稼ぐことができますが、

ほとんどの稼げないコーチは

稼ぐ力がありません。

稼ぐ力というのは、

覚悟だったり、
必死さだったりします。

もし、
本当にコーチングで稼げないといけないとしたら、
どうしますか?

稼げないコーチのほとんどが

稼げなくても特に
困るわけではないわけです。

困らないとしたら、
稼ぐ力がなくても
大丈夫です。

もし、
本当にコーチングで稼がないと
殺されるとしたら、

なんとかしようと必死になると思います。

この必死さがないから
結局は稼げないのです。

つまり
稼ぐ力が身につかないわけです。

今日は、
そんな話をしてきます。

 

コーチングで稼がなければならない理由

 

まず、
稼ぐ力を身につけるためには、

「コーチングで稼がなければならない理由」

が必要です。

コーチングでなくても
ビジネスでも構わないのですが、

稼がなければならない理由が必要です。

そうしなければ、
稼げるようにはなりません。

何度も書いている通り、

別に稼げなくても
生活できるとか、
苦にならないとしたら、
稼げるようにはならないわけです。

例えば、
会社から給料をもらいながら
コーチングを副業としている場合、

別にコーチングで稼げなくても
給料で生活できます。

そうなると、
必死になって稼ごうとは
思わないわけです。

ましてや、
私にお金を投資してまで
稼ぎたいとは思わないですよね。

そうなると、
ちんたら、
稼げるまでゆっくり時間を使います。

結果的に
3年経っても、5年たっても
稼げるようにはならないわけです。

これも

「稼げたらいいな」

と思っているかもしれません。

引き寄せの法則が働いていて、

「稼げなくてもいいよ」

という

「思考が現実化しているだけ」

の話です。

稼げなくても仕方がないとか
稼げなくてもしょうがない、

と思っていると
本当に稼げなくなります。

稼げないほうが都合がいいからです。

もし、
運悪く、
契約が取れてしまったら、

セッションのスキルがないのに、
セッションしないといけなくなります。

クライアントが結果ができるように
しないといけないかもしれません。

もっと苦手なことを言われたり、
質問に答えられないかもしれないわけです。

そうなると、

契約が取れないほうが
いいわけです。

これが
稼げたらいいな、

と思う理由です。

本当に、
あと一週間で
食べるものもなくなり、
家賃も払えなくなり、
電気を止められるとしたら、

どうしますか?

たぶん、
必死になるはずです。

この必死になることができなければ、

コーチングで稼ぐことができないとしたら、
どうでしょうか?

そこまでして、
稼げなくてもいいよ、

と半分以上のコーチが
思うはずです。

だから
稼げないわけです。

稼ぐためには、
最初は必死にならなければ
稼げるようにはなりません。

これが
稼げない原因です。

 

ほとんどの稼げないコーチは本気ではない

 

私のところに相談に来るコーチのほとんどが、

「本気で稼ぎたいとは思っていない」

わけです。

「稼げたらいいな」

ぐらいでビジネスを始めてしまっています。

ビジネスを始めるのは簡単です。

誰にも許可はいらないし、
資格も必要ありません。

自分の価値を
お金に変えることができれば
ビジネスが成り立ちます。

しかし、
最初から、
自分の価値を
お金に変えることができる人は
ほぼいません。

「商品が売れない」

という経験をします。

ほとんどの稼げないコーチは
自分の商品が売れないから
稼ぐことができないのです。

もし、
あなたの仕事が、

「自分のコーチングの商品が一つ売れるまで
1日仕事が終われない」

としたら、
必死になると思います。

もし、
一ヶ月30個の契約が取れないと
給料がもらえないとしたら、
頑張るはずです。

しかし、
「稼げたらいいな」

と思っているうちは、

別に稼げなくても
問題ありません。

生活にも困っていないとしたら
なおさらでしょう。

それが
稼ぐ力を身に着けられない
原因です。

もし、本気なら、
電車の隣の人に
声をかけるでしょう。

スターバックスのカウンターに座っている
パソコンを触っている人に
セールスすればいいわけです。

100人ぐらいに声を変えれば、
1人ぐらい契約してくれるでしょう。

しかし、
そこまでする人は、

稼げないコーチの中には
いません。

つまり、
必死さが足りないから
稼げていないだけです。

そこまでして
稼ぐ理由が見つからないからです。

もし、
明日まで、
お金を用意しなければならないとしたら、
それぐらいはするでしょう。

そんな必死さがないのなら
稼げなくても当たり前ですが、

稼げないコーチは、

「なぜ、稼げないのか」

と悩むわけです。

答えは簡単で、

必死さがないことと
圧倒的な行動料が足らないからです。

もし、
この2つがあれば、
必ず稼げるようになります。

しかし、
稼げないコーチは
そこまで必死にはしません。

だから稼げないのですが、

自分は必死にやっているつもりなわけです。

稼げていないということは、
そこまで行動できていないから

というしかありません。

いくら頑張っても
自分基準で頑張ったところで
結果が出なければ意味がないわけです。

「これだけ頑張っても結果が出ない」

と相談する人もいますが、

それは自分基準で頑張っているだけです。

1日、1記事で結果が出なければ、
1日、3記事書いてみたらいいわけです。

それでも結果が出なければ
1日5記事書けばいいのです。

確かにスキルは必要ですが、
最後は、
必死さと行動量が
結果に繋がります。

そのためには、
本当に自分が稼ぐ必要があるかどうかです。

そのことを理解しないと

「なぜ稼げないんですか?」

とクライアントでない人に聞かれても

「行動量が足らないですね」

としかアドバイスしようがありません。

本当に正しいことをやり続けているのか、
行動量は足りているのか、

という項目はありますが、

そもそも
本気かどうかのほうが
大事だったりします。

本気かどうかが
稼げるかどうかであり、

稼げるかどうかというのは、
稼ぐ力を身に着けているかどうかなのです。

この事に気が付かないと
いつまでたっても、
稼げるようにはなりません。

あなたがもし、
頑張っているのに稼げていないとしたら、

圧倒的な行動量が足らないか、
正しいことをしていないか、
それとも
稼ぐ力がないか、

このいずれかです。

スキルはあまり関係ありません。

このことを早く理解して、
稼げるようになってくださいね。

いかがでしょうか?

コーチングで稼ぐ力がないと、
これからますます、稼げなくなります。

時代の流れに乗るためには
稼ぐ力がないと難しいです。

今月稼げたけれど、
来月稼げなくなるのは、
稼ぐ力がないからです。

5年前と稼ぎ方が違うように、
コロナウイルスの影響で、
これから先の稼ぎ方が変わります。

稼ぎ方が変わったときに
対応できなければ、
取り残されて稼げなくなります。

その部分をしっかり理解して、
稼げるようになってくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP