クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

なぜ、コーチングビジネスで起業してもうまくいかないのか

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

なぜ、コーチングビジネスで起業してもうまくいかないのか

 

なぜ、コーチングビジネスで起業してもうまくいかないのか

 

今日は

なぜ、コーチングビジネスで起業しても
うまくいかないのか

というテーマでお話します。

私のところに相談に来るコーチの多くは

「コーチングビジネスがうまくいかないんです」

という人たちです。

コーチングビジネスはとても難しいです。

私もいきなり、
コーチングビジネスで稼げるように
なったわけではありません。

いろいろと辛い思いをしてきました。

売上が伸びずに、
家賃を滞納したり、
電気が止められそうになったりしました。

いろいろな人に助けてもらったからこそ、
今があります。

私は今でこそ、
稼げるようになりました。

しかし、
稼げなかったときのつらい思いは
忘れていません。

なので、
一人でも多くのコーチが
稼げるようになるために、
全力でサポートしています。

ではなぜ、コーチングビジネスは
難しいのでしょうか?

それは
コーチングをビジネスとして
考えていない人が多いからです。

昨日のグループセッションの中でも
こんなテーマが出ました。

「売上を伸ばすにはどうしたらいいのか?」

こんなテーマが出ました。

このときに、

売上=客単価×人数

ということさえもわからない人がいました。

私は、

「商品単価30万円を1人売れば
30万円の収入があり、生活できますよね」

と言ってます。

まさに、
売上=30万円×1人

ということを言っています。

生活するのに30万円で良ければ
一人が商品を買ってくれればいいわけです。

集客がなぜ後回しなのかというと、
この1人は別に新規顧客でなくてもいいからです。

ずっと継続してくれる人がいれば、
集客は必要ありません。

もちろん、
1人の顧客では生活していけませんよね。

しかし、
3ヶ月のコーチングの商品であれば、
3人いれば、いいわけです。

3人が、3ヶ月で終了します。

4ヶ月目に継続してくれれば、
また30万円の収入が得られます。

つまり、
1人目が1ヶ月目
2人目が2ヶ月目
3人目が3ヶ月目

に契約してくれれば

4ヶ月目は1人目が継続契約してくれれば
新規集客は必要ありません。

しかし、
ほとんどの稼げないコーチの作った商品は、

単発セッションあるいは
商品パッケージを作っても
一回の契約で終わる商品ばかりです。

それでは
常に「新規顧客が必要」になり、
ずっと集客しないといけなくなります。

そうなると
集客がしんどいですよね。

これが
コーチングビジネスが上手くいかない理由です。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

コーチングがビジネスだということを理解すること

 

まず、最初に

「コーチングがビジネスだ」

ということを理解することです。

コーチングでお金を稼ぎたければ、

「コーチングがビジネスだ」
ということ理解することが必要です。

もし、

「コーチングは人助けだ」

と思っているなら、

コーチングビジネスはできません。

コーチングはできるようになっても
ビジネスで稼ぐことはできません。

なぜなら、

「お金をもらうことが悪いこと」

になるからです。

ビジネスはお金をいただくことで
続けていくことができます。

私も

「コーチングで稼げない人を助けたい」

ということで、

しっかりと対価をいただきます。

そうしなければ、
ビジネスが続けていけないからです。

何度も書いている通り、
ビジネスは

「利益」が出なければ続けていけません。

あの百均でも
利益が出るから続けていけるわけです。

ユニクロでもなんでもそうですが、

薄利多売でも利益が出るから
続けていけるわけです。

コーチングも同じです。

ビジネスとしてコーチングをするなら

「どうやって利益を出すのか」

が、まず最初になければなりません。

コーチングをして、
結果的に利益が出た、

と考えているうちは、
利益なんか出るはずがありません。

なので、先程の数式以外にも
考えることがあります。

売上=客単価×客数

と、書きました。

次は

利益=売上ー経費

と考えます。

例えば

売上が30万円で経費(生活費)が30万円なら
30万円ー30万=0円になり
利益がありません。

だったら

売上が40万円で経費が30万円なら
利益は10万円です。

この10万円をPPC広告に回せば、
売上が増えたりします。

また、
自己投資してスキルを上げてもいいですよね。

スキルを上げるのがなぜいけないのかというと

「自腹で払うから」

です。

今回のように利益の中から
スキルに投資するようにすれば、

自腹で払わないので、
どんどん投資していくことで
成長できます。

それが、
クライアントのためにもなるわけです。

クライアントが成長するのに
あなたが成長しなければ
継続契約にはなりません。

クライアントも成長するし、
コーチも成長するから
継続契約になります。

ということは、
ビジネスでしっかりと利益を出し、

利益から投資することで、
ビジネスが大きくなるということです。

この数式を理解して、
売上目標を立てながら、
利益を出していくことができないから、
コーチングビジネスが上手くいかないのです。

この公式を理解せずに
ビジネスを進めていくと、

「今月も売上がなかったな
来月頑張ろう」

となってしまいます。

そうではなくて、

「どうやって売上を作るのか」

と毎月考えてビジネスをしなければ

いつまでたっても稼ぐことができない
ということです。

コーチングをビジネスにしたいなら、
しっかりと売上を作り
利益を出していくことが重要です。

 

コーチングをビジネスとして考える

 

では、実際
にコーチングをビジネスとして考えると
どうなるのでしょうか?

コーチングをビジネスとして考えると、

いつも言っているように、

1ヶ月に10件のメルマガ登録があり、
体験セッションに2名きて、
1人と契約する、

というビジネスモデルを
まずは完成させることです。

10件のメルマガ登録が獲得できれば、
ブログ集客でもSNS集客でも
LINE@でもかまいません。

知ってもらえる媒体を用意し、
メルマガ登録を増やすことができれば
大丈夫です。

私はブログ集客が一番簡単で
効率がいいと思っているので
ブログ集客をおすすめしています。

もし、
この段階で、

メルマガを作ることは難しい、
集客媒体がない、
体験セッションはできない

といったブレーキがあるとしたら、
ビジネスをするのは時期尚早です。

まずは、
コーチングをビジネスだという
思考になるように思考を書き換えてください。

この思考を書き換えずに始めてしまうと
コーチングがボランティア化してしまい
利益を出すことができません。

先程も書いたように
コーチングは人助けだと思っている人は、
コーチングで稼ぐことができません。

コーチングはビジネスだと思っている人だけが
コーチングで稼げる可能性があります。

このコーチングで稼げる可能性がある人の中から
売れる仕組みを手に入れた人だけが、
稼ぎ続けることができるようになります。

あなたがコーチングで
人助けしただけなのか、

それとも
しっかりとお金を稼ぎたいのか、

この考え方で
稼げるかどうかが決まるわけです。

 

お金を出してでも助けて欲しい人だけを相手する

 

コーチングはビジネスなので、
物々交換です。

つまり、
あなたのコーチングという価値と
お客さまのお金を交換します。

そのときに、
コーチングの価値よりも
お客さまが持っているお金のほうが
「価値が高い」と思うなら、
お金を払うことはないでしょう。

逆に言えば

あなたのコーチングの価値を
低く評価しているわけ

です。

あなたのコーチングの価値を
低く評価している人まで
助ける必要はありません。

あなたがやるべきことは、

「あなたのコーチングの価値を
しっかりと理解してくれる人」

だけを助けていけばいいわけです。

あなたがいくらお人好しでも、

「あなたの価値が低い」

もしくは
「あなたのことを嫌いだ」

と思っている人を助けたいでしょうか?

あまり気持ちがいいものではありませんよね。

だったら、
気持ちよく、お金を払ってくれる人、

つまり、
あなたのコーチングの価値を理解してくれている人に
価値を提供するほうが、
お互いのためなのです。

この理屈がわかっていないと、

「なんとか契約してもらわないと」

となってしまいます。

別に、
商品の価値を理解していない人と
契約しても、結果が出ません。

そう割り切って、

契約しない人は

「私の商品の価値が分かってないのね」

ぐらいでいいわけです。

そうすると
クライアントは
あなたの商品の本当の価値を理解した人だけに
なるはずです。

そうすると
継続契約が簡単になり、
集客が必要なくなります。

これが
「お金を出す人だけを助ける」
という本質です。

あなたのコーチングの価値を
低くみている人まで
あなたが全力を出して
助ける必要はありません。

そんなことをしている時間はないからです。

あなたが持っている時間は、

本来、

「あなたの好きなことに使う」

べきなのです。

しかし、
生活もしなければなりませんよね。

だから仕方なく

「時間の切り売りをしている」

わけです。

1時間いくらと時間単価を決めて、
バイトしたり、会社に勤めたりしています。

コーチングと同じで、
1時間いくらという単価を決めて、
価値を提供しています。

この1時間の単価が高いのは、
コーチングの価値が高いからです。

「値段が高い」
と言ってくる人は、

その人が出せる金額のコーチに
いってもらえればいいのであって、

値段を下げてまで、
あなたが相手をする必要がありません。

価値がわからない人に
セッションしたところで、
相手は受け取ることはできないからです。

1万円のセッションには
1万円の価値しかありません。

どう見積もっても、
10万円のセッションの価値には
なりません。

それがわかっているから、
10万円のセッションを買う人が
いるわけです。

あなたが
高額商品を買ってもらえないのは、

ただ単に、

「高額商品を買いたいと思っている人に
見つけてもらっていないだけ」

なのです。

高額商品を買いたいと思っている人に
見つけてもらうには、

「情報を発信する」

以外にはありません。

だから、
ブログをしたり、
Facebookをしたりするわけです。

ブログで商品が売れたり、
Facebookで商品が売れたりすることは
ありません。

それで、商品が売れると思っているので、
やっているかもしれませんが、
それでは、商品は売れないのです。

ブログやFacebookをする目的は

あくまで
「知ってもらう」ということだけです。

ここを理解しておかないと、
いつまでたっても商品が売れません。

商品が売れるためには
メルマガを作り、

メルマガで信頼関係を作り、

体験セッションまで来てくれた人が
ようやく商品を買って貰える人なのです。

ブログだけ、
Facebookだけ、
やっても商品が売れることはありません。

なぜ、
コーチングビジネスが上手くいかないのかを
しっかり理解して、

うまく行っていないところを改善していくことで、
ビジネスが出来上がります。

このことをしっかり理解して、
ビジネスとしてコーチングをしてくださいね。

いかがでしょうか?

コーチングを
ビジネスとして理解していない人が
たくさんいます。

かと思えば、
「コーチングだったら儲かりそう」
という人もいます。

しかし、
そんなにコーチングビジネスは甘くありません。

コーチングをビジネスとしてしっかりと考えて、
ビジネスを作っていくことがとても重要です。

ぜひ、
あなたも本気でコーチングで稼ぎたければ、
ビジネスとしてコーチングを考えてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP