クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

なぜ、ホームページを作るのか

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

なぜ、ホームページを作るのか

 

今日は、

「なぜ、ホームページを作るのか」

というテーマでお話します。

昨日、ある方から
質問を受けました。

「なぜ、ホームページを作るのですか?」

という質問です。

あなたは、
なぜ、ホームページを作るのか
理解していますか?

実は
ホームページは
2種類の使い方が存在します。

1つめは
「集客に使うホームページ」です。

集客に使うホームページは、
SEO対策を施した
ホームページのことですね。

私がいつもおすすめしているワードプレスは、
ブログの機能も、はホームページの機能も
兼ね備えているので、
集客に適しています。

2つ目は
コーポレイトサイトと呼ばれる
ホームページです。

大企業などが公式サイトとして、
企業イメージ作りのために使っています。

理念や事業内容を公開したり、
投資家や関連企業を集めたり、
顧客や取引先、雇用募集などを
行うために作ります。

私が経営している中小企業や
個人事業主は、

「集客に使うホームページ」
を作ることがほとんどです。

雇用募集や投資家を集めるようなことは
ほとんどないからです。

なので、
大企業のように
かっこいいホームページや
洗練されたホームページを作る必要はありません。

しかし、
ほとんどの人が
ホームページに
かっこよさや洗練されたデザインを求めます。

これが
集客できないホームページになってしまう原因です。

かっこいいデザインや洗練されたデザインは

どうしても
文字が少なくなります。

ということは、
現状のSEO対策の中心である
コンテンツSEOを施すことができません。

写真やグラフィックばかりで構成されたサイトは
どんな目的でどのような内容なのか、
グーグルが判断しようがないからです。

大手企業はそれなりに
グーグルが上位表示してくれますが、
中小企業や個人事業主の場合は
そうはいきません。

かっこいいホームページや
洗練されたホームページを作れば作るほど、
アクセスが集めにくくなるのです。

今日はそんな話をしていきます。

 

集客するためのホームページとは

 

では、

集客するためのホームページとは

どんなホームページなのでしょうか?

集客するためのホームページを作るには、
「コンテンツSEO」が今のSEO対策の主流です。

「コンテンツSEO」とは
「充実したコンテンツ」を使ったSEO対策です。

「充実したコンテンツ」とは、
検索した人に役立つ情報が載っている
ページのことになります。

グーグルがどのように
「充実したコンテンツ」だと
判断しているのでしょうか。

例えば、
ある人が「コーチング 集客」と
検索したとしましょう。

そうすると
最上部にはPPC広告が表示されますが、

その下には
検索結果の1位から順番に表示されます。

このときに、
ある人が1位のページからアクセスしていったときに、

1位のページに1分
2位のページに2分
3位のページに5分

かけて読んだとしましょう。

すると、
今回の「コーチング 集客」の検索結果のうち
3位のページに一番長くとどまった
という結果が出ます。

そのときに、
グーグルはどう考えるかというと

「長くとどまったのなら、キーワードとの関連性が深い」
と判断するわけです。

それにともない、
「コーチング 集客」のキーワードでの検索結果を

以前の3位を1位、
以前の2位を2位
以前の1位を3位

と入れ替えてみるわけです。

そのときに別の人が
「コーチング 集客」と検索し
1位が一番長く滞在し、
3位が一番短くなれば、

この順番が関連性が高いと判断します。

このように、
検索結果の順位は、刻々と入れ替わっています。

厳密には滞在時間だけではないですが、
たくさんの要素をいろいろと考えて

できるだけキーワードと検索結果の
関連性が高いものを
上位に表示していくのです。

あなたもよく検索すると思いますが、
クリックして表示された瞬間、

「これは違うわ」

と思ってすぐに閉じることがありますよね。

いくら上位に表示されても
すぐに閉じられるということは、
キーワードと関連性が低いと判断されます。

この説明とは少し違いますが、
クリックしてもなかなか開かないサイトもありますよね。

あまりに待ちきれないときは閉じてしまうと思います。

グーグルは
クリックされてから開くまでの時間も
測定しているので、

ホームページビルダーなどで作ったサイトは、
汎用性をもたせすぎているので、
なかなか開きません。

すると、
ホームページのソースの関係で
開かないにもかかわらず、
関連性が低いと判断されます。

ワードプレスを推奨している理由でもありますが、
ワードプレスは比較的早く表示させることが
できるのです。

表示速度も早くしようとしたら
それだけ手作業が増えます。

ホームページ作成料は
ピンきりですが、
30万円、50万円かかるものは、
それだけの価値があるということです。

安いホームページ作成業者は
テンプレートを使ったり、ツールを使ったりして
人件費を削減しているから安く作れます。

安くできたからと言って
集客できなくても保証してくれませんよね。

高いからと言って
集客できなくても保証はしてくれませんが、

表示速度が早いだけでも
上位表示される可能性が上がるので、
無駄な費用ではないのです。

もちろん
ホームページ作成業者は
ホームページ作成のプロであり、
集客のプロではありません。

なので、
あなたがSEO対策を知らずに

「こんなふうに作ってください」と
依頼すると
たぶん同じようなホームページを作ってくれます。

しかし、
依頼した注文通りに作れるのであって、

あなたがもし
「集客したくてホームページを作る」のであれば、

ネット集客ができる業者に依頼しなければ、
まったく集客できないホームページが
出来上がってしまいます。

そうなると、
無駄なお金を使ったということになります。

本来ホームページは
2種類あると最初に書きました。

オーダーの中に
「集客できるホームページ」と
言わなければ、

集客できるホームページは
出来上がってきません。

あなたがオーダーしたとおりの
かっこいいホームページが出来上がってしまいます。

そうなるとどうなるかというと
集客ができないホームページができあがり、

ビジネスがうまくいかないということに
なるわけです。

 

集客できるホームページとは

 

では、
集客できるホームページとは
どのようなホームページを指すのでしょうか?

本来、ホームページの必要な要素は
とても少ないものです。

会社の理念から始まり、
あなたのプロフィール
事業内容
会社の所在地
会社概要
プライバシーポリシー
問い合わせ

ぐらいが基本的な要素になります。

私のようなコーチングを仕事としている場合は、

コーチングメニューやお客さまの声
は必要になりますが
それでも10ページにもなりません。

10ページのホームページで
SEO対策しろと言われても
これは無理というわけです。

なぜなら、
今の時代、ブログが存在するからです。

ブログというのは、
元々は毎日書く日記のようなものでした。

それが
ビジネスの集客目的に使われるようになりました。

そうするとどうなるかというと
私のように
毎日5000文字以上の記事を
アップする人が現れてきました。

その結果
年間365記事がアップされているわけです。

グーグルからしてみれば、
10ページのホームページと
365ページあるブログ
どっちを評価するかというと

当然、365ページのブログを評価します。

なぜなら、
コンテンツの量が圧倒的に
ブログのほうが多いからです。

このような理由から
ホームページは10ページでも
ブログを併設し、

ブログから
ホームページに巡回させる構造が
主流になっています。

この構造こそが
ワードプレスだと思ってください。

ワードプレスには、
固定ページと呼ばれるホームページ部分と
投稿ページと呼ばれるブログ部分を同時に
かつ簡単に設置することができます。

ワードプレスを使用することにより、
私が運営しているホームページは、
先程の基本的なホームページに加え
5000文字の記事が毎日投稿されています。

するとどうなるかというと
次第に記事数が増え、

300記事、500記事、1000記事と
増えていきます。

その結果、グーグルは
コンテンツが多い私のサイトを評価し、
検索結果から、
ブログに誰かがアクセスします。

ブログにアクセスされることで、
サイドバーや上部のグローバルナビをクリックし、
ホームページに書かれている
プロフィールや会社概要、コンサルメニューを
見るわけです。

そして、
気に入ってくれた人は、
メルマガに登録してくれます。

メルマガに登録してくれることが
「ブログ集客」の目的なので、

メルマガに登録してくれれば
目的は達成します。

集客できるホームページは、
単体のホームページでは
なかなか難しいです。

なので
ワードプレスを使って
ブログを併設することで、
ホームページへの流れを作り、

中身を見てもらった後で
メルマガに登録してもらうことが
とても重要なことです。

この流れを理解していないと、
安く作ってくれるホームページに飛びついて

半年たっても1年経っても
集客できない
ということはとてもよくあることです。

「ホームページ作成」といっても、
中身が全く一緒と思ってはいけません。

安いホームページは中身まで安物なので、
グーグルには評価されません。

このことはしっかり理解してください。

中には、
ホームページの費用を安くして、

月々の維持費を高くとって
5年縛りで何百万円も払い続けることになる
契約もあります。

しかも
ホームページ作成費用が安いので
集客さえもできないという
最悪な結果になる可能性もあるので、

ホームページを作る場合は、
信頼できる人に目的を話し
相談するようにしてください。

そうしないと
ビジネスどころではなくなります。

 

ホームページもブログもワードプレス一択

 

このような理由から
ホームページもブログも
ワードプレスで作ることが

一番、今の時代に合っている
ということになります。

ブログはアメブロで
ランディングページがペライチ
という選択は、一番まずいです。

どちらも無料のツールで
はたからみれば

「儲かってなさそう」ということが
一発でわかります。

儲かってないということは、
何かが悪いと想像できるので、
頼めないということですよね。

ビジネスをするためには
多少の経費が必要です。

そのためには、
独自ドメインが年間で1500円程度、
レンタルサーバーが年間で12000円程度なので、
これぐらいの経費は使ったほうが
ビジネスも早く回るということです。

月々平均1500円程度の費用を
かけられないとなれば、
ビジネスで稼ぐことは難しいでしょう。

そういう理由から
私は最初から
ワードプレスを設置して、
メルマガまで誘導する仕組みを提案し、
構築しているわけです。

ビジネスを成功させるためには
ホームページが必要です。

今の時代
ホームページを必ず見に来るからです。

ホームページはしっかりと
作ってあるほうが契約は決まりやすいです。

できるだけ
無料のツールは使わずに、

費用をどこにかけるのか考えて
投資することで
ビジネスが前に進み始めます。

ぜひ、
その点を理解して
ホームページを作ってくださいね。

いかがでしょうか?

今日は、
ホームページの重要性を話しました。

ブログとの関連性も話しましたが、
ワードプレスが何故優れているのかも
なんとなく理解できましたか?

ワードプレスを使うことで
ホームページへの流れを作り
最終的に納得した人が
メルマガに登録するわけです。

ブログだけで
納得させるページを作ることもできますが、

いろいろと
気をつけなければならないことがあるので、
ワードプレスで作るほうが簡単なのです。

せっかくワードプレスが重要だと聞いても
やらないのでは意味がありません。

私のメルマガの読者には
しっかりと理解してもらって
ビジネスに役立ててくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP