クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

なぜ、メルマガができないのか?

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

なぜ、メルマガができないのか?

 

なぜ、メルマガができないのか?

 

今日は

なぜ、メルマガができないのか?

というテーマでお話します。

メルマガをやらないと
コーチングで稼げない、

とわかっていても、
なかなかメルマガができない、

というコーチも多いと思います。

私も最初から、
こんなにスラスラ書けたわけではありません。

最初は1時間で500文字も書けませんでした。

しかし、
なぜ、書けるようになったのかというと、

「メルマガができれば稼げるようになる」

とわかったからです。

わかったというよりは、
確信に変わったからです。

メルマガを書くだけで
コーチングで月収100万円以上稼げるなら、
誰でもやると思います。

しかし、
ほとんどの稼げないコーチは、

「メルマガをしても稼げない」

と思っているから
本気でメルマガをやらないだけです。

ほとんどの稼げないコーチは、

「なぜ、メルマガをしたら稼げるのか」
「本当にメルマガで稼げるようになるのか」

がわからないので、
メルマガを書けません。

例えば、もし、私が、
10億円の宝くじの当たり券を持っていたとします。

あなたに、

「私が換金にいけないので、
言ってくれたら半分の5億円を上げる」

と言ったとしたらどうしますか?

本当に当たり券なら、
予定を全部キャンセルしてでも
換金に行くと思います。

それはなぜだかわかりますか?

理由は、
「絶対に5億円がもらえるから」

です。

つまり、
5億円が手に入る確信に変わったから
行動できるわけです。

メルマガも同じです。

メルマガを書くだけで
月収100万円を達成できるなら
必死に頑張ると思います。

ただそれだけですが、
いくつかの問題点があるので、
確信に変えることができないだけです。

今日はそんな話をしていきます。

 

メルマガの始め方がわからない

 

まずは、よくある、

「メルマガの始めたかがわからない」

という悩みです。

確かにメルマガは難しいです。

しかし、
一度覚えてしまえば、
ブログを書くのとほぼ変わりません。

メルマガを始めるのに一番の壁は

「メルマガスタンドの設定」

です。

メルマガスタンドは、
システムチックな構造で、

最初は、
何をどうしたらいいのかわからない、

という印象です。

なので、
できれば、最初のセッティングを
専門家に教えてもらうほうがいいです。

そのほうが時間も短縮できて、
より成功に近づくからです。

ある程度セッティングできたら、
後は、中身を書いていくだけなので、
中身を書くのはブログと同じで大丈夫です。

ブログは誰でも読めますが、
メルマガは登録した人にしか
読めません。

なので、
ブログの内容と
メルマガの内容が同じということは、
メルマガ読者にしかわからないからです。

そして、
メルマガ読者は、
ブログとメルマガが同じ内容なら、
わざわざブログに行かずに、
メルマガを読むようになります。

毎日来るメルマガを開けてもらえるようになれば、
商品の告知をすると、
読んでもらえるようになります。

そうなると
そのうち客が商品を買ったりするので、
売上が安定するというわけです。

メルマガを読んでいる人は、
「見込み客」です。

しかし、見込み客がメルマガを読むことで、
勝手に悩みが解決し、
理想の未来に行けることは、
決して悪いことではありません。

あなたがすることは、
見込み客がクライアントになったときに、
全力でサポートすることです。

本気で
理想の未来を手に入れたい人、
そして、
あなたの商品に興味がある人にだけ
商品を提供すればいいだけの話です。

そのためには、
メルマガをしっかりと
運営することが大事になります。

 

メルマガで何を発信すればいいのかわからない

 

次に多いのが、

「メルマガで何を発信すればいいのかわからない」

という悩みです。

メルマガでは
何を発信すればいいと思いますか?

実は、
メルマガでは、あなたが好きな内容を
発信すればいいのです。

自分の商品に関することでなくてもいいの?

と思うかもしれませんが、

時代がだんだん変化してきているので
別に自分の商品に関すること以外でも大丈夫です。

それはなぜかというと、

「何を買うか」よりも

「誰から買うか」

に変化してきています。

なぜそうなるかというと、

インターネットが発達したからです。

インターネットが発達したので、
知りたい情報は、
検索でいくらでも出てくるようになりました。

ということは、
商品の内容を発信し続けても、
他のところでも誰かが
同じようなことを発信しているわけです。

そうなると、
あなたのところでも

「同じような内容だ」

と思われた時点で、
他に行ってしまいます。

そうではなくて、
あなた自身を知ってもらうことが、
メルマガでは重要になってきています。

あなた自身を知ってもらうことが重要なので、
あなたの好きなことを書けばいい、
ということになるわけです。

これは、
あなた自身が好きなことだけでなく、
嫌いなこともしっかりを発信することです。

好きなこと、
嫌いなこと、
考えていること、

すべてが
お客さまが共感してくれたときに、
お客さまがあなたの商品を買ってくれます。

なぜメルマガをするかというと

お客さまに共感してもらうためにするのです。

それが
メルマガのメリットです。

ブログだと、
1回で共感してもらえることは
まずありません。

メルマガで何度も何度も
メールを読むから共感してもらえるわけです。

メルマガで共感してもらえれば、
高い商品でも
買ってもらえます。

その状態を作れるのが
メルマガしかないわけです。

それが理解できると、
メルマガをやらない理由がなくなります。

そうなると
メルマガをやれば
稼げるという確信に変わるわけです。

 

相手にどう思われるか、気になる

 

最後に、

メルマガの内容が、

「相手にどう思われるか、気になる」

という悩みです。

記事の内容や、
伝えたい思いが伝わるのか、

そのときに、
相手にどう思われるか

という不安はあると思います。

しかし、実際は、

「あなたに興味を持ってもらった人だけ」

をクライアントにすればいいので、

あなたに興味がない人のことまで
考える必要はありません。

あなたに助けて欲しい、
あなたと一緒に理想の未来に行きたい、

そういった人が
メルマガを読んであなたの目の前に
やってくるだけの話です。

あなたがすることは、
目の前に来た人に、

商品に興味があるか確認して、
興味がある人にだけ、
クロージングすればいいわけです。

もし、
商品に興味がないと言った場合は、
クロージングをしないようにすれば、
断れたときのショックもありません。

あなたの商品を要らないという人にまで、
クロージングして断られる必要は
ないのです。

稼げないコーチは、
目の前に来た人を
なんとかクライアントにしたいがために、

必死に説得したり、
売り込んだりします。

そんなことをするから、
相手はどんどん距離を取り、
嫌なムードで体験セッションが終わるわけです。

メルマガを使えば、
そんなこともなくなります。

あなたのことに興味がない人や、
あなたの商品に興味がない人は、
メルマガに登録しても、
メルマガを読まなくなるからです。

だから、
あなたの商品に興味がない人まで
体験セッションにはやってきません。

それが、

「いらない」

と言われることを防げる理由です。

メルマガを運営すると、
いろいろなことが有利になります。

そして、
コーチングで稼げるようになります。

それは、
メルマガを運営した人にしかわかりません。

あなたが、

なぜ、メルマガをしないのか、

という本当の理由はわかりませんが、

メルマガをしないことは、

コーチングで稼げる確率を
下げていることだけは間違いありません。

ということは、
メルマガをするだけで、
コーチングで稼げるようになる確率が
上がります。

少なくとも
メルマガをやっていないコーチよりは
有利になります。

それだけでも
稼げる可能性がかなり上がるわけです。

メルマガをやれば、
稼げるようになります。

そのことを信じて、
メルマガを始めてください。

メルマガをしている人なら
しっかりと運営してください。

そうすれば、
コーチングで稼げるようになりますよ。

いかがでしょうか?

あなたが
メルマガができない理由はなんでしょうか?

メルマガが苦手な理由はなんでしょうか?

そこを潰せば、
メルマガができるようになり、

コーチンでも稼げるようになるのだとしたら、
どうでしょうか?

本当にやりたいことは
コーチングのはずです。

そのコーチングを

「お願いします」

と言われるとしたらどうでしょうか?

そんな状態になりたくないですか?

相手からお願いされる状態を作るには、

メルマガしかありません。

ぜひ、あなたも
メルマガをしっかり運営して、
たくさんの人を助けてあげてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP