クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

やりたいことで稼ぐためにはどうしたらいいのか

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

やりたいことで稼ぐためにはどうしたらいいのか

 

やりたいことで稼ぐためにはどうしたらいいのか

 

今日は

やりたいことで稼ぐためには
どうしたらいいのか

というテーマでお話します。

やりたいことで
稼ぐには
どうしたらいいと思いますか?

多くの稼げないコーチは
やりたいことを
そのまま商品にしていまうから
稼げないわけです。

やりたいことで稼ぐためには、

やりたいことを
そのまま商品にするのではなく、

お客さまのニーズに合わせることが
とても大事です。

なぜなら、
商品を買う理由は、

「お客さまがしてほしいこと」

だからです。

コーチングの商品を買う理由は、

お客さまの悩みを解決するか、

お客さまの理想の未来につれていけるか、

このどちらかです。

もちろん、
両方満たしている方が
買ってもらいやすいですが、

どちらかだけでも
お客さまに買ってもらえます。

しかし、
自分自身がやりたいことを商品にして、

お客さまが

「選ぶ理由」

を満たしていることは
ほとんどありません。

お客さまが
「選ぶ理由」
を作るために、

お客さまのしてほしいことを
商品にする必要があります。

今日は
そんな話をしていきます。

 

お客さまが選ぶ理由

 

お客さまにとって、

「あなたの商品を選ぶ理由」

がなければ、
商品を買ってくれません。

なので、
必ず、あなたの商品を

選ぶ理由を明確にする必要があります。

あなたが、
やりたいことで稼ぎたいのは
わかりますが、

そのまえに、

あなたのやりたいことと
お客さまのニーズを合わせなければ、

「選ぶ理由」

が出来上がらないのです。

これが、
多くのコーチが稼げない理由です。

では、
お客さまのニーズに合わせるためには
どうしたらいいのでしょうか?

お客さまのニーズに合わせるには、

悩みを聞き出すことと
どうなりたいかを聞き出すことです。

この2つが揃えば、

「悩みも解決できるし、
理想の未来にもいけますよ」

と言えるので、
商品を買ってもらえます。

多くの稼げないコーチは
これをお客さまに聞かずに、

思い込みでクロージングをしようとします。

もちろん、
思い込みが一致していれば
商品を買ってもらえますが、

ほとんどの場合は、
思い込みがずれているので、
商品を選んでもらえないのです。

私が教えているクロージングでは、

「どんなサポートをしてほしいですか?」

というパートがあります。

この部分を聞かなければ、
いくら商品が細かくできていても
お客様がしてほしいサポート内容がなければ、
商品を買いません。

私の場合は、
コーチングで稼ぐことが目的なので、

私の商品には、
コーチングで稼ぐためのメニューが全て入っています。

しかし、中には、

パソコンができないから商品を買えない、

という人もいるわけです。

そのときに、
先程の

「どんなサポートをしてほしいですか」

と聞いておけば、

「パソコンも教えてほしいです」

と言われれば、
商品説明のときに

「パソコンのサポート」

という記載がなくても、
口頭で、

「パソコンもサポートしますよ」

ということで、
商品を買ってもらえます。

このちょっとしたところが、
コーチングで稼げるかどうかを
大きく分けているのです。

この場合のお客さまは

商品の中身よりも
パソコンができなくて稼げない

と思い込んでいるわけです。

だったら、
パソコンのフォローをしてあげることで
契約してもらい、

それでコーチングが稼げるようになれば、
私も嬉しいわけです。

コーチングで稼げない理由は、
いろいろあります。

多くの稼げないコーチは
契約をとってから
なんとかしようとしますが、

体験セッションの時点で
しっかりと傾聴し、

相手の悩みを解決するために
全力でサポートすることが
とても大事です。

体験セッションの時点から
親身になって相手のことを考えなければ
決まる契約も決まりません。

相手を成功させるためには、
契約しなければ、始まらないのです。

このことを理解しなければ、
いくら体験セッションをしても
契約は取れません。

 

契約した後、やりたいことをする

 

体験セッションで、
しっかりと傾聴すれば、
契約がほとんど決まるはずです。

体験セッションには来てくれるけれど、
契約が決まらないとしたら、
傾聴のスキルを改めたほうがいいです。

契約が決まらなければ
コーチングも役に立たないからです。

お客さまの悩みを聞いて
理想の未来を聞き出せば、
あとは、あなたがやりたいように
理想の未来につれていけばいいだけの話です。

契約が決まらないうちに、
やりたいことを商品にしてしまっては、
全く意味がありません。

多くの稼げないコーチは、

こんなにコーチングが素晴らしいんですよとか、
コーチングを受ければ、こんな結果になりますよ、

と言ってしまうので、

そんなコーチの商品を
買ってくれることはありません。

お客さまが聞きたいのは、

「で、私はどうなるの?」

ということです。

お客さまが商品を買った後、
お客さまがどうなるのかを
しっかりと説明し、

お客さまが自身が
どうなるのかをイメージできなければ、
商品は買ってもらえません。

このお客さま自身に

「どうなるのか」

という理想の未来がイメージできなければ、
商品を買わないのです。

お客さまは
商品がほしいのではなく、

「理想の未来が欲しいだけ」

だからです。

なので、
できるだけ現実的に

「理想の未来をイメージさせること」

ができなければ、

商品を買ってもらえないのです。

多くの稼げないコーチは、

こんなセッションをしますよとか
こんなふうに進めていきますよ

ということしか
言いません。

しかし、それで本当に
お客さま自身が
理想の未来をイメージできるのかと言うと
できないでしょう。

だから
商品が売れないのです。

私は
体験セッションで、
見込み客に、
どんなビジネスをしているのかを聞き出した後、

半年後、
1年後のビジネスモデルをその場で作ります。

見込み客がそれを聞き、

具体的にどう進めていくのかを
お話しします。

その時点で、
見込み客は

できそうにないところ、
むずかしいところ、
わからないところを

私に質問するわけです。

私は、
見込み客ができないことを
言っているわけではないですが、

質問される内容で、
見込み客がどう受け取ったのか、
理解できるのです。

そして、
見込み客が全て受け取ったとき、

見込み客にとっても、
1年後に理想の未来に行けるイメージが
できています。

そうなると、

一緒にやってください、

と言うはずなのです。

1年後に行ける理想の未来が
くっきりはっきり、イメージできたら
行きたいに決まっているからです。

しかし、
自分1人ではいけそうにないからこそ、

私に

「お願いします」

と言うことになります。

これができるようになれば、

やりたいことで稼げるようになります。

あなたも一度、
体験セッションを見直して、
お客さまがイメージできるように
してくださいね。

いかがでしょうか?

やりたいことで稼ぐためには

お客さまのニーズに合わせる必要があります。

お客さまのニーズは
何もやり方だけではなく、

いかに

「理想の未来をイメージさせることができるか」

だけなのです。

これが
できれば、
ほとんどの場合、契約が決まります。

そんなクロージングが
できるようになるからこそ、
私のクライアントも
契約が取れようになるのです。

あなたも
しっかり理解して、
お客さまから

「お願いします」

と言われるクロージングを身につけてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP