クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

やり方よりもあり方が重要

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

こんにちは、
稼げるプロコーチ育成の専門家

株式会社マインドコーチの安達です。

いつも
You Tubeを見ていただいて、
ありがとうございます。

今日のテーマは

やり方よりもあり方が重要

という話をしていきます。

多くの稼げないコーチは

やり方ばかり追い求めています。

ノウハウやスキルばかりを
見つけてみては試してみて、
の繰り返しです。

しかし、
多くの場合は、
途中でできなくなって諦める、

こんな状態ではありませんか?

ビジネスで成功するためには、

やり方よりもあり方のほうが
重要です。

なぜなら、
やり方は、なんとでもなるからです。

稼げない理由を
やり方に求めているうちは
稼げるようにはなりません。

例えば、
子供が目の前の川で
溺れていたとしたら、
どうしますか?

助けようとしますよね。

このときに、
やり方を学ぼうとしますか?

必死になって
最善の方法を探して
行動するはずです。

泳げなくても
飛び込んでしまう人も
いますね。

なぜ、
子供を助けようとするのかと言うと

あり方が

「子供を助けないと」

と思うからです。

泳げないなら、
電話をしたり、
周りの人に協力を呼びかけたり

必死になって行動するはずです。

もし、あなたが稼げないとしたら
必死になって行動していますか?

このときの必死というのは、

自分の考えている必死ではありません。

考えている以上の
必死さがでなければ、
成功できないのです。

稼げない人はよく

「集客ができない」

といいますよね。

私からしてみれば、

「集客をやっていない」

だけです。

何人に声をかけましたかと聞くと

「10人ぐらいには声をかけました」

と答えます。

ひどい人になると2,3人
というわけです。

正直
そんな人数で契約が取れるなら
誰でもコーチングで稼げます。

私も、
ここまで来るまでは
何百人も断られています。

それを
たった10人で集客できない

と言うなんて

やってないに等しいです。

集客をまともにやっていないから
稼げていないだけなのに、

あたかも
「集客は必死にやりました」

という態度でいるから
いつまでも稼げないのです。

ブログ集客も同じです。

最低、毎日1記事1000文字以上を
書かなければなりません。

書けないのなら
集客をしていないのと同じです。

あなたがもし、
会社に勤めていて、

仕事が
「毎日ブログを1万字書くこと」

と言われたら

「書けません」

と言えますか?

書けなかったら、
給料はもらえませんよね。

ビジネスは自分で稼ぐしかありません。

書けなかったら
スキルを学ぶのではなく、

「書くしかない」

わけです。

そこまで思っている人は
あまりいません。

ブログの記事を書けないから

「書けるようになるにはどうしたらいいのか」

探すわけです。

しかし、
そこにビジネスの成功の答えは
ありません。

ブログの書き方を教えている人に
お金を払って終わりです。

お金を払う側から
できるだけ早く抜け出さなければ
いつまでたっても
稼げるようにはならないのです。

ビジネスで稼ぐためには
やり方はどうでもいいのです。

いかに必死になって、
本気で稼ぎたいのか

だけの話です。

人に声をかけて
10人断られたら、
じゃあ50人に声をかけよう

と思えなければ、
稼げるようにはなりません。

それが
あり方の話です。

あなたも
しっかり理解して、
やり方よりもあり方を
重要にしてください。

最後まで見ていただいて
ありがとうございました。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP