クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

クライアントをどこに連れて行くのか宣言する

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

クライアントをどこに連れて行くのか宣言する

 

今日は

クライアントをどこに連れて行くのか宣言する

というテーマでお話します。

あなたは、
「クライアントをどこに連れて行くのか」
宣言していますか?

「クライアントをどこに連れて行くのか」
が明確でなければ、集客はできません。

クライアントが
「どこに連れて行かれるのかわからない」
のでは、
コーチングはお願いできません。

なので、
あなたが
「クライアントをどこに連れて行くのか」
明確にできているかが、
集客するための重要なことです。

税理士のように、
税理業務ができるであれば、
ゴールが明確ですが、
コーチングはゴールが曖昧です。

お金を稼ぎたいのか、
幸せになりたいのか、
結婚したいのか、
彼氏が欲しいのか、
成功したいのか、

クライアントのゴールと
あなたのコーチングのゴールが
一致しないことには、
契約してもらえません。

 

「やりたいことが見つからない」という言い訳

 

「やりたいことが見つからない」
という人がたまにいますが、

労働者に対していう言い訳としては最適です。

しかし、
「やりたいことが見つからない」
のは、

できないことを
避けて通っているだけで、
本当はやりたいことは決まっています。

やりたいことは決まっているけれど、
口に出してしまうと、

やらないといけなくなる、

もしくは
やりたいけれど、できない、

から
「やりたいことが見つからない」
と言っているだけです。

本当にやりたいことが見つからなければ、
やりたいことを
無理に見つけることはありません。

むしろ
そんなことを見つけようと思っても、
見つかりません。

本当にやりたいことが見つからないとしたら

「引き出しに答えがないから」からです。

「やりたいことが見つからない」と
言っている人は、
実は「お金」で解決できます。

「お金がない」から
やりたいことが見つからないだけです。

なので、
「やりたいことが見つからない」
と言っている人は

「稼げない」ので見つからないだけです。

「やりたいことが見つからない」としたら

「1000億円あったら、どんなことがしたい?」
と質問していけば、
やりたいことが見つかります。

「やりたいことを見つけようとしない」のは、
ほとんどが「稼げない」理由からです。

なので、
「やりたいことが見つからない」人には

稼ぎ方を教えると、
「やりたいことが見つかります」

しかし、
ほとんどの労働者は
「稼ぎ方」を教えることができないので、
この言い訳はとても都合がいいのです。

 

あなたはクライアントをどこに連れていきますか?

 

では、
今日の本題です。

あなたはクライアントをどこに連れていきますか?

私は、
コーチングをしているクライアントに
稼ぐ方法を教えて
「月収100万円を安定的に稼げるようにします」
と言い続けています。

月収100万円を安定して稼げるようになれば、
クライアントの周りの人にも
豊かさを与えることができるようになります。

私が、豊かになり、
クライアントが豊かになり、

そして
クライアントの回りも豊かになる

これが私の今のミッションです。

そのために、
私は、私のところに相談にくる
「本気でコーチングで稼ぎたい」
という人だけを
豊かにしていきます。

何らかの理由で
私のところに相談に来ない人は、
私は豊かにすることができません。

それは、
引き寄せの法則を使っているからです。

理由はわかりませんが、
体験セッションに申し込まないということは、
「私を信用していない」ということです。

私を信用してくれなければ、
私は助けることができません。

信用するかどうかの判断は、
その人自身がしています。

その人の判断が労働者思考の判断なので、
うさんくさくみえているのかもしれません。

しかし、
現にこれだけのクライアントが
成功しているのにもかかわらず、
体験セッションにも申し込まないとしたら、
他に成功する方法がないと思います。

私も今は、
門を開いて、クライアントを
受け入れていますが、

いつまでも、
クライアントを取るわけではありません。

この先は、
塾という形を考えているので、
マンツーマンで教えるということは
だんだん少なくなっていきます。

そして、協会で代表をするようになると、
直接教えることは、もうしないでしょう。

つまり、
チャンスは今しかありません。

私はいつも
「稼いでから考えたらいい」
と言っています。

稼げてもいないのに、
先のことを考えても
選択肢が限られます。

もし、
あなたが、
安定して100万円が
入ってくるようになったとしたら
どんなことができるのでしょうか?

毎月100万円が
口座に振り込まれるとしたら、
どんな生活に変わりますか?

私のところに相談をして、
私と一緒にビジネスをしている人は、
どんどん理想に近づいています。

月収100万円はただの通過点ですから、
月収300万円、1000万円までは
行こうと思えばいけます。

なぜなら、
私が月収1000万円までは、
行くことができるからです。

私がたどった道は、
教えることができます。

今のメンターは、
1億円企業をいくつも持っているので、
そこまでは私も行くことができます。

なので、
今、クライアントになってくれている
仲間とは、
一緒にそんな世界に行くつもりです。

それが
私がクライアントを連れて行く場所であり、
役目です。

では、
あなたは、クライアントを
「どこに連れていきますか?」

一度考えてみてください。

「コーチングをしたら、
時間の分だけお金をもらう」

という考えをしているうちは、
クライアントには
お願いされません。

そんな
時間の切り売り的なコーチングでは

クライアントを
「理想の未来」に連れていけないからです。

あなたのコーチングを受けたら
クライアントは
「どんなふうに変わるのでしょうか?」

あなたは
「どんなふうに変えることができるのでしょうか?」

「私は、こんなふうに変えることができる」
とあなた自身が宣言しなければなりません。

「いや、コーチングで引き出しから引っ張り出すんです」

そんなあまっちょろいことを言っているから
いつまでたってもクライアントが取れないのです。

そんなあまい考えでコーチングをしていても、
信頼できません。

「1時間分コーチングをしたから」

そんなの、
全くクライアントのためにはなりません。

クライアントはぶっちゃけ、
どんな方法を使ってでも構わないので、

「悩みを解決し、理想の未来を手に入れたい」のです。

あなたが、
「絶対理想の未来に連れて行く!」
と宣言無しで、
あなたのコーチングを受けることがありません。

コーチングは
「結果が全て」です。

クライアントと契約するということは、

クライアントの結果を保証するということです。

「クライアントが結果を手に入れられる」
とイメージできなければ、
結果が出ることはありません。

のらりくらりと
言い訳しながら、
クライアントを集めても、
いい結果が出るはずはないのです。

そのためには、
あなた自身が
「クライアントをどこに連れて行くのか?」
をしっかり宣言しなければなりません。

あなたが
「クライアントをどこに連れて行くのか?」
明確に宣言する必要があるのです。

 

クライアントと契約するのは覚悟を決めること

 

クライアントと契約するのは、
あなた自身が「覚悟を決めること」です。

クライアントと契約したら、
絶対にクライアントを
理想の未来に連れて行く

絶対に
結果を出させる

と覚悟を決めなければなりません。

クライアントから
「お金」という対価を受け取るのも
「覚悟」です。

金額が大きければ、大きいほど
「覚悟」も大きくなります。

3000円、5000円、1万円といった
金額でセッションをしているときは、
覚悟も小さいです。

30万円以上の商品を
契約できないのも、

「自分自身の覚悟が足りないから」です。

高額になればなるほど、
「受け取る覚悟」が大きくなるので、

「受け取れない」

というメンタルブロックが
ブレーキを踏むだけなのです。

では、
「覚悟」とは
どういうイメージでしょうか?

あなた自身が絶対に
クライアントを成功させると
思い込むだけです。

江戸時代のように
「覚悟を決めたから」といって
腹を切るということまでは
しませんよね。

つまり、
「覚悟」というのは、

今のスキルを使って
「全力でクライアントをサポートする」
ということなのです。

それを、

「できなかったらどうしよう」
「目標達成しなかったらどうしょう」

と考えるから、前に進めなくなります。

私はいつも
「まずは契約をとりなさい」
と教えています。

「契約を取る」ということは、

クライアントが商品を
「売ってください」と思っている
ということです。

つまり、
今の価値でいいので、
「売ってください」とお願いされているわけです。

それをコーチが勘違いして
「今のスキルではこの金額は申し訳ない」
と勝手に思い込んでいるだけです。

契約が取れるようになると
たぶん
「こんなカンタンでいいの?」
と思うはずです。

でも、
クライアントは
「ありがとうございました」
と言ってくれて、元気になります。

ビジネスはそんなものです。

自分自身が持っている価値観で
ビジネスをしようとするから、
うまくいかないだけです。

「契約をとった後、
うまくいかなかったらどうするの?」

と思っているかもしれません。

もし、
クレームになっても
大丈夫です。

契約しているのですから、
あなたが悪いわけではありません。

それでも
収まらないとしたら

「全額返金」すれば、
ほとんどの場合は納得します。

私も
最初からうまくいっていたわけではありません。

クレームもありました。

そのときは、
メンターに相談したら、
「さっさと返金したら解決する」
とアドバイスをもらいました。

その後は、
何の問題も発生したことはありません。

もちろん、
「死んでお詫びをしろ」
と言われたこともありません。

なので、
契約して失敗したらどうしよう

と失敗する前に
考えても意味がないのです。

 

私のコンサルティングは「全額返金保証」付

 

私のコンサルティングも
成果が出ない場合は、
「全額返金保証」をつけています。

体験セッションに申し込んでもらって、
私のサポートが必要だと感じてくれた人には、
説明しています。

しかし
ネットで私の商品を見つけた人には、
「全額返金保証」はつけていません。

なぜなら、
「できなくても当たり前」
「スキルだけ教えてもらって返金してもらったらいい」
という態度で来る人がいるからです。

体験セッションを受けてもらい、
少し話せば、本気かどうかは一目瞭然です。

なので、
本気の人は、
商品を説明させてもらい、
私のサポートが必要ならば、
「全額返金保証」もつけさせてもらい
契約します。

本気でない人は、
クロージングをしないので、
この話を聞くことはありません。

私も
本気の人だけを成功させてきました。

ビジネスは、
「本気」というパッションがあれば、
成功できます。

「本気」というパッションがあれば、
足らない部分は私がサポートで
補えるからです。

「ビジネスで成功する方法」は
私が全て教えます。

なので、
「本気で成功したい」
と思ってくれてさえすればいいのです。

クライアントのリスクは
「時間的リスク」だけです。

もし、
うまくいかなければ、
頂いた費用は全額お返します。

「お金的リスク」はありません。

「お金的リスク」がないのにもかかわらず、
挑戦しないのは、
他にどんな理由があるのか、
私にはわかりませんが、
きっとなにか理由があるのだと思います。

その理由を引き出すメンタルブロックを
開放するだけでも前に進みます。

自分で前に進めなくする理由を探すより、
前に進んでから考えたほうが
早いのです。

あなたが、
「成功する覚悟」をきめるだけで、
物事は前に進みます。

ぜひ、一度
自分自身で、「覚悟」を
決めてみてくださいね。

いかがでしょうか?

「クライアントをどこに連れて行くのか」

を宣言することで、「覚悟」が生まれます。

覚悟が生まれると、
ビジネスは回り始めます。

ビジネスが上手く回らないのは、
「覚悟」が足りません。

ぜひ、
クライアントをどこに連れて行くのか、
覚悟を決めてみてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP