クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

コピーライティング講座が流行る理由

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

コピーライティング講座が流行る理由

 

コピーライティング講座が流行る理由

 

今日は

コピーライティング講座が流行る理由

というテーマでお話します。

最近、「コピーライティング講座」の案内を
よく見かけます。

コピーライティングで
商品が売れていくのは理想的ですよね。

しかし、
コピーライティングを学んだからと言って
商品が売れていくわけではありません。

集客ができても
稼げないのと同じで、
コピーライティングを学んでも
稼げるようにはなりません。

なぜなら、
お客さまは、

商品を買ったら
「自分がどうなるか」
に興味があるのであって、

いい商品やいいサービスには
興味がないからです。

コピーライティングで興味付できるのは、
何年も文章を書き続けて、
稼げるようになってからの話です。

小手先だけの
コピーライティングを学んだところで、

お金を払う側から抜け出せるわけではありません。

「コピーライティングを学んだら稼げる」

と思っている
情報弱者向けの商品です。

情報弱者は、
スキルやテクニックがあると
稼げると信じています。

しかし、
そんなことで稼げるのであれば、
もっと成功している人がいるはずです。

ほとんどの人が
スキルにお金を支払って終わります。

今日は、
そんな話をしてきます。

 

楽して稼げるという言葉に騙される

 

まず、情報弱者は、

「楽して稼げる」

という言葉に騙されます。

ビジネスでは

「楽して」
「簡単に」
「今すぐ」

といった言葉の商品がよく売れます。

それは、

人間誰しも、

楽して、簡単に、今すぐに

稼ぎたいからです。

自分のことだけを考えているなら
それでも構いませんが、
ほとんどの人が

「誰かを助けたい」

とも言います。

しかし、
結果的には
「自分だけが稼げればいい」

となっているわけです。

自分だけが稼げる商品を売ると
どうなるかというと、

「長く売れることはない」

わけです。

起業や副業を長くしている人なら、
わかると思いますが、

最近、ビジネスを始めたり、
起業や副業を始めた人なら、

「稼げればいい」

と思っている人もいるかも知れません。

そんな、
ビジネスの経験が浅い人向けの商品が
たくさんあります。

ビジネスの経験が浅い人は、

「楽して」
「簡単に」
「今すぐ」

というキーワードに弱いです。

しかし、
よく考えるとわかりますが、

これらのキーワードは、

ビジネスをする上では
NGワードです。

そんな言葉に騙されるようでは、
お金を支払う側にはなれません。

ビジネスは、

楽ではないし、
簡単でも
すぐ完成するものでも
ないです。

まずは、
その点を理解してください。

 

楽して稼げるビジネスはない

 

先程も書いたように、

「楽して稼げるビジネス」は
ありません。

楽して稼げるビジネスが存在するなら、
あっという間に、
廃れます。

お客さまが一定数いるなら
楽して稼げてもすぐに
稼げなくなります。

全員が買ってしまったら
買う人がいなくなるからです。

私の商品がなぜ、売れ続けているかというと、

難しいことやできないことを

「教えているから」

です。

難しいことやできないことを
教えることで、

できるようになれば、

「お客さまのニーズ」

に応えることができます。

お客さまのニーズに応えることが
ビジネスだからです。

情報弱者向けの商品も
お客さまのニーズに応えるから
売れるわけです。

この場合のお客さまのニーズとは、

「楽して稼げるスキルが知りたい」

というニーズです。

先程も書いたように、
人間誰しも
楽して稼ぎたいという感情があるので、

「お金を出してでも知りたい」

というニーズに
応えているわけです。

しかし、
ニーズには応えていますが、
本当に楽して稼げるということは
ありません。

楽して稼げると思いこんでいるから
楽して稼げるニーズに応える商品を
買ってしまうのです。

自分が楽して稼げると思っていると、
そんな商品を買ってしまい、

「騙された」
「詐欺だ」

というようになります。

そもそもは
自分自身のニーズがあったから
商品を買ったことを後悔しないためにも

自分のニーズが、
コピーライティングで間違っていないか、
確認することがとても大事です。

 

コピーライティングは簡単ではない

 

コピーライティングは簡単ではありません。

ただ単に、
好きなことを書けばいいわけではないからです。

ブログを書くことが、
難しいと感じている人は、
コピーライティングを学ぶことは
時期尚早です。

ブログが1時間で
1000文字もかけないようでは、
コピーライティングを学んでも
意味がありません。

ランディングページをみてもわかると思いますが、
本格的なランディングページだと、
何万字という文字量が必要です。

そんなランディングページのセールスレターを書くとしたら、
どれぐらいの時間がかかるでしょうか?

私なら
一気に書いてしまうので1日もあれば、
書き終えることができます。

むしろ、
1日ぐらいで書けないと、
感情が変わってしまって
なかなか完成することがありません。

一気に書いて、
後で読んで、書き直すという作業をしていきます。

1時間に1000文字も書けないとすると、
まずは、

「書き慣れる」

という練習が必要です。

私も
今でこそ1時間で5000文字程度の
文章をかけるようになりましたが、

始めた頃は
1時間に500文字が精一杯でした。

なぜ、
今、これができているかというと、

「書き慣れた」

からです。

書き慣れれば、
文章を書くのは早くなります。

文章を書くことが早くなってから
コピーライティングを学んでも遅くありません。

書くスピード、パソコンなら打つスピードが
早くならないと、
コピーライティングを学んでも意味がないのです。

そこはしっかり理解してください。

 

コピーライティングがうまくなる方法

 

では、最後に、
高いコピーライティング講座を買わずとも
コピーライティングがうまくなる方法を教えます。

私も実は
コピーライティング講座をいくつか受けました。

何十万もする講座も受けたことがありますが、
教えてもらったことはそんな多くはありません。

その中でも一番効果があることを
お伝えします。

コピーライティング講座で教えてもらえる内容で
一番効果があるのは、

「写経」

です。

写経とは、何かというと、

効果があるランディングページを

「全て紙に書く」

という作業をします。

パソコンで打ち込むのではなく、

「紙に書く」

のです。

効果があるランディングページというのは、
何万字もありますが、
これを書き写すことで、

「言い回し」

を覚えます。

この言い回しを覚えることで

「どんなときに」
「どのような文章を書くのか」

が分かるようになります。

効果があるランディングページがわからない場合は、

私のランディングページを
紙に書いてみてください。

https://mindcoach.jp/coachingh/

このランディングページで、
私は、月商300万円を稼ぐことが
できています。

それ以上の効果がほしいならば、
効果があるページを探してください。

このページを
ノートでも紙でもいいので、
上から順番に一言一句飛ばさないで、
書き移してください。

これを
何度も何度も繰り返すことで
コピーライティング講座に行かなくて済みます。

そうすれば、
お金を失わずにすみます。

私のメルマガを読んでいるのに、
お金をドブに捨てるようなことは
してほしくありません。

コピーライティングなど
学ばなくても
稼げるようになります。

コピーライティングを学ぶよりも
1時間で1000文字書けるようになることが
先です。

しっかりと
書き慣れてください。

書き慣れれば、
稼げるようになります。

稼げないコピーライティングを学ぶのではなく、
文章を書き慣れてくださいね。

いかがでしょうか?

コピーライティングが見直されているようですが、

売れる商品がないから、
次はコピーライティング

という感じです。

なので、
情報弱者にとって気になる商品を
どんどん売り込んできます。

しかし、
実際に稼げるようになるためには、
そんなことよりも
やるべきことがたくさんあります。

それをしっかりやっていかないと
スキルだけ学んでも稼げるようにはなりません。

ぜひ、
そのことを理解して、
稼げるようになってくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP