クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

コンテンツSEOの重要性

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

コンテンツSEOの重要性

 

今日は、

「コンテンツSEOの重要性」

についてお話していきます。

ネット集客をする上で、
「コンテンツSEO」は
主流のSEO対策です。

SEO対策とは
「検索エンジン最適化」のことです。

検索エンジンを自分のサイトに対して
最適化を行うことで、
アクセスを集めることができます。

最適化とは、
狙ったキーワードで上位表示させる
ということになります。

現在は、
有益なコンテンツを用意することで、
SEO対策となると言われていて、

いかに有益なコンテンツを提供できるのか
が重要です。

今日は、
コンテンツSEOについて
お話していきます。

 

なぜ、コンテンツSEOなのか

 

なぜ、コンテンツSEOが重要なのでしょうか?

有益なコンテンツを作ることで、
Googleが評価してくれるようになるからです。

有益なコンテツとは、
以下のような条件があります。

・ユーザーに対して、有益な情報が
提供されている

・最新の情報である

この2つがとても重要になります。

次からは、
この2つの内容を
もう少し詳しく説明していきます。

 

ユーザーに対して、有益な情報とは

 

ユーザーにとって有益な情報とは、

ページの「滞在時間」によって

判断されています。

検索したユーザーが
サイトに訪れて、
ページを上から読んでいきます。

開いた瞬間に、
「これは違う」と思うと
ユーザーはページを閉じますね。

つまり、
滞在時間は0秒です。

しかし、
訪れたページが有益な情報で、
ユーザーのためになるとしたら、
何分もそのページにとどまるわけです。

Googleは

どんなキーワードで検索し、
どのページをユーザーが開いたのか?

を把握しているので、

このキーワードで滞在時間が長ければ、

このキーワードで
有益な情報が提供されているページ

という判断をしていきます。

逆に0秒と閉じられたということは、

Googleが
このキーワードで検索結果で表示したけれども
ユーザーには有益な情報ではなかった

と判断し、順位を落としていくわけです。

これが検索エンジンの仕組みになります。

この仕組みを理解することで、
コンテンツを投稿し、
アクセス解析を分析することで、

「Googleがどのようにしたいのか?」が

ある程度わかるわけです。

それが
SEO対策ということになります。

ある程度、
コンテンツを積み上げると

アクセス解析から、

どんなキーワードでアクセスされているのか?
滞在時間はどれぐらいなのか?
検索結果は何位ぐらいなのか?

がわかるので、

もう少し頑張れば、10位以内に入るのか?

50位だけども
たくさんアクセスが集まっているなら、
キーワードを強化するのか?

逆に
いらないキーワードで来ているのなら、
リライトするのか?

といったことを判断しながら
SEO対策をしていきます。

ここまでが
「ユーザーに有益な情報を提供しているのか」
の話になります。

 

最新な情報とは

 

では、
最新な情報とは
どんな情報を指すのでしょうか?

最新な情報とは、
字のごとく
「新しい情報」のことです。

例えば、
あなたが30記事を
ブログに用意したとしましょう。

これを
毎日投稿するのと、
一気に30記事投稿するのでは、
どちらが評価が高いと思いますか?

これは、
毎日投稿したほうが、
評価が高くなります。

1ヶ月を見ればわかるのですが、

1ヶ月後の記事数は
ともに30記事ずつです。

しかし、
一気に投稿した記事は
すでに1ヶ月前に投稿されたものになります。

つまり、
1ヶ月前の情報だと判断されます。

毎日投稿すると、
前日に1記事投稿されているのですから

1日前の情報だ
と判断されるので、
最新情報とGoogleが判断します。

この理由から
私は、
「毎日1000文字以上を投稿してください」

とクライアントにはお願いしているわけです。

毎日投稿するほうが、
Googleの評価を得やすいということになります。

もちろん、
コンテンツがユーザーにとって
「有益な情報」ということは、はずせません。

この場合のユーザーというのは、
もちろん、あなたの見込み客です。

あなたがターゲットにした見込み客が
有益な情報と判断する情報を
毎日書き続けなければなりません。

それが、
コンテンツSEOとなって評価されるのです。

 

あなたの見込み客はどんな情報が欲しいですか?

 

では、実際に有益な情報とは、
どんな情報でしょうか?

先程、私は
「見込み客に対して有益な情報」と
書きました。

あなたは
見込み客に対して有益な情報を
発信していますか?

今回の内容は、
ブログやホームページに対する
SEOの内容を書いていますが、

見込み客に対して有益な情報という意味では、
ソーシャルメディアでも同じことです。

見込み客に対して
有益な情報を発信しないと、
なかなか見込み客が
アクセスしてくれません。

見込み客がどんな情報がほしいのか
しっかり把握して記事を書く必要があります。

そのためには、
見込み客が

どんな悩みを抱えていて、
どのように解決したいのか

知る必要があります。

その内容を知った上で、
しっかりと見込み客に対して
有益な情報を発信していくことが
とても重要です。

見込み客がどんな悩みを持っていて
あなたが見込み客の悩みを
どのように解決するのか?

解決方法を発信していけば、
解決方法に納得した見込み客は

あなたに「お願いする」という流れに
なるはずです。

見込み客の悩みが
深ければ深いほど、
いろんなキーワードで、
解決策を検索して探そうとします。

悩みを解決する方法が
そのページでイメージできれば、
見込み客は、
あなたに悩みを解決してほしいと
思うでしょう。

欲しい情報を提供することで、
見込み客はあなたを見つけ、

メールマガジンに登録してくれて
信頼してくれると
体験セッションに申し込みます。

体験セッションでは、
本当に悩みが解決できるのかを
確認できれば、
契約するでしょう。

そんな流れを作ることができれば、
安定してクライアントを獲得できる
ということになりますよね。

この流れを
戦略的に作ることが
ビジネスには必要です。

私の場合は
メルマガの読者に対して

「マインドセット」
「ポジショニング」
「ビジネスモデル」
「マーケティング」
「クロージング」

といった
見込み客やクライアントが
悩んでいるだろう内容を
情報発信しています。

そして、
この情報によって
少しでも悩みが解決し
理想の未来に近づけるように
有益な情報を配信しているのです。

その結果、

私を見つけてくれた人が
私のことを少しずつ信頼してくれて
問題を解決しようと
体験セッションに申し込んでくれます。

この流れを
戦略的に作ることができれば、
安定してクライアントを獲得できることに
なります。

それが
コンテンツSEOになり、
ビジネスモデルにもなるのです。

あなたもしっかりと
見込み客に対して
「有益な情報」を発信してください。

そうすれば、
ネット集客も
できるようになりますよ。

いかがでしょうか?

コンテンツSEOは
SEO対策の基本的な考え方です。

コンテンツSEOをマスターすれば、

ネット集客が完成し、
安定してクライアントも
獲得できるようになる

ということです。

ぜひ、あなたも意識して、
見込み客に有益な情報を発信して、
コンテンツSEOをしてみてください。

そうすれば、
ブログやホームページに
アクセスが集まり、

結果を解析することで、
グーグルが評価してくれるようになりますよ。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP