クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

コーチングでなぜ、集客がうまくいかないのか?

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

コーチングでなぜ、集客がうまくいかないのか?

 

今日は、

コーチングでなぜ、集客がうまくいかないのか?

というテーマでお話します。

よく
「集客がうまくいかないんです」
という相談がきます。

原因は、
「ポジショニングが曖昧」という場合が
ほとんどです。

集客がうまくいかないという人には、

「どんな人を集めていますか?」

と質問しますが、

ほとんどが答えることができません。

私の場合だと
「コーチングで稼げない人」
だけを集めています。

コーチングで稼ぐためには
5つのポイントがあります。

・マインドセット
・ポジショニング
・ビジネスモデル
・マーケティング
・セールス

です。

この5つのポイントに関することしか
メルマガには書きません。

コーチングのスキルは、
コーチングで稼ぐためには
必要ないので、
ほとんど書きません。

コーチングのスキルを書くと、
「コーチングのスキルを学びたい人」が
集まるからです。

私のメルマガに、間違って
「コーチングのスキルを学びたい人」
が登録しても、

内容が一致しないので、
メルマガ解除されるか、

それとも
メールを開けてもらえないか、
どちらかになります。

しかし、
それでいいのです。

私の商品は
「コーチングで稼ぐための商品」
です。

コーチングのスキルを上げる商品ではないので、
その人に必要な商品ではありません。

つまり、
クロージングしても
「いらない」と言われるわけです。

それならば、
メルマガの時点で
「いらない」と言われる方が
マーケティング的には正しいのです。

マーケティングでは
できるだけ「いらない」を
早く言われることが必要です。

そこを理解していないと、
目の前の
あなたの商品を必要としていない人にまで
「なんとか契約してもらおう」
と、説得や売り込みをしてしまうだけなのです。

今日はそんな話をしていきます。

 

集客がうまくいかないのはポジショニングが原因

 

集客がうまくいかないのは、
「ポジショニング」が原因です。

あなたは、
「誰に」「何を売るのか」が
しっかり決まっていますか?

集客をする場合は、
「見込み客」を集めることです。

見込み客は、
「あなたの商品が必要な人」のことなので、

集客とは
「あなたの商品を必要な人を集める」
ことになります。

集客ができないそもそもの原因は、

「あなたの商品を必要な人が誰なのか?」

がわかっていないことにあります。

そのために、
「あなたの商品を必要な人」が
欲しい情報が
何なのかがわからず、

適当にブログ記事を書くので、
「集客ができない」

ということになるのです。

コーチングでもテーマはいろいろありますよね。

婚活コーチなら、
婚活に関する悩みを記事にする必要がありますし、

私のように
ビジネスコーチなら
ビジネスに関すること、

スピリチュアル系なら
スピリチュアルに関することを
発信しなければ、

興味がある人は集まりません。

つまり、
集客がうまくいかないということになります。

ここまでは
世の中の理屈の話ですが、
本当は、心の中にブレーキが存在しているのです。

実は、
心の中のブレーキが
集客を妨げている人もいます。

次は、
心の中のブレーキのことを書きます。

 

集客を妨げている心の中のブレーキ

 

では、
集客を妨げている心の中のブレーキとは
どんなことを指すのでしょうか?

それは
「思いやり」です。

普通、友人同士とか、
パートナー同士での思いやりは
ありますよね。

しかし、
見込み客に対しての
「思いやり」の部分は
あまりないと思います。

この思いやりの部分が足らない場合、
集客は、うまくいきません。

あなたは、
コーチングで助けたい人に対して
本当に「思いやり」をもって
接しようとしていますか?

クライアントになら
思いやりを持てると思います。

しかし、
見込み客に対して
本当に思いやりを持っていますか?

この部分が足らないと
適当にブログを書いたり、
適当にメルマガを書いたりしてしまいます。

すると
受け取る側の見込み客が、
「思いやりが足らない」と感じてしまうと、
なかなか心を開きません。

実は、
思いやりが足らないのではなく、

ネットが原因で
「思いやりが足らない」と感じてしまうだけなのです。

次は思いやりが欠落する
「ネットの落とし穴について」書きます。

 

思いやりが欠落する、ネットの落とし穴

 

では、
なぜ、ネットとなると、
思いやりが欠落するのでしょうか?

それは、
今のネット環境が原因です。

あなたは、なぜSNSが流行ると思いますか?

それは、
1対1で会話することにより、
「人となり」がわかるからです。

その人がどんな人なのか、
どんなことが好きなのか、
どんなことが嫌いなのか、
どういう事を考えているのか、

そんなことがソーシャルメディアではわかります。

しかし、
ブログやメルマガはどうでしょうか?

発信者が好きなことを書いて、
配信しているので、一方通行ですよね。

それだと、
受け取った側の想像でしか
その人を判断できません。

私もクライアントにはよく言われます。

「印象とは違う」

「もっときついことを言われると思ってました」

「こんなに先を考えてアドバイスしてくれる人はいません」

「今まで習ったコンサルトとは比べ物にならないぐらいサポートしてくれます」

「これだけ簡単に成功法則を教えてくれる人はいません」

「意外に話しやすいので安心しました」

こんなことをよく言われます。

つまり、
これがネットの落とし穴です。

あなたは私のことを
どういう風に想像していますか?

いつもきつめのメルマガなので、
怖いと思っているかもしれません。

しかし、
体験セッションで話してみると、
私の印象が
ガラリと変わる人がほとんどです。

ネット集客を仕事にしている私でさえ
こんな感じです。

コーチングが本業で
集客を仕方なくしている人であれば、

見込み客がどう思っているのか、
意識したことがないと思います。

これがネットの落とし穴です。

ネットを使えば、
全国どこからでも集客できます。

しかし、
実際のあなたとは、違うイメージに
なっている可能性が高いです。

これが思いやりが足らなくなる理由です。

つまり、
めちゃくちゃ思いやりを持って接しても、

相手は半分程度しか受け取っていないことを
理解してください。

そして、

本当に助けたい人はだれなのか?

その助けたい人に対して、
思いやりを持って接しているのか?

それが、
心の中のブレーキになって
集客を妨げています。

もちろん、
意識していなかっただけかもしれません。

しかし、
集客ができない理由になっていることは確かです。

思いやりを表現するには、
ペルソナ像が必要です。

あなたの理想のクライアントである
ペルソナ像はどんなことを悩んでいるのか、
どんなことをしてほしいのか、

そのペルソナに対して、
どんな言葉をかけてあげればいいのか

それを考えることが、思いやりです。

この部分を一度見直してみてください。

 

他にも思いやりが欠けている部分はありませんか?

 

他にも思いやりが欠けている部分はありませんか?

例えば、
「顔出しNG」にしている人です。

最初は顔出しNGでもかまいません。

しかし、
逆にあなたは、
「顔出しNG」の人に
コーチングを頼みますか?

「私は顔出しNGでも
コーチングを頼むかもしれません」

というのであればいいのですが、

心の中はというと

「絶対怪しい」

と思っているはずです。

これも心の中の思いやりの部分です。

「自分はいいけど、相手はだめ」

「自分は顔出しNGでもいいけど、
相手は顔を出していないとだめ」

そんなことを思っているうちは、
相手に対して思いやりがない証拠です。

あなたは誰を助けたいのでしょうか?

「顔出しNGはだめ」だと思っている人でも、
助けたいのではないでしょうか?

理想のクライアント像というのは、
あなたが思い描いているクライアント像です。

つまり、
あなたがしてほしくないことは、
見込み客もしてほしくないのです。

「顔出しNG」の人に
コーチングを頼まないのなら、

あなたが顔出しNGにしている時点で
コーチングを頼まれません。

これが集客できない
本当の理由です。

あなたがもし、
コーチングを頼むとしたらどんな人に頼みますか?

その人にあなた自身がならないと
コーチングの依頼がありません。

「私は顔出しNGだけど、
私がセッションを頼むなら
顔出しNGの人は無理」

そういう人がたくさんいます。

それで
「集客ができない」と言われても

「当たり前ですよね」

というしかありません。

それが
相手に対する「思いやり」です。

最後に、
「ネットの落とし穴を払拭する」
唯一の方法をお話します。

 

ネットの落とし穴を補う唯一の方法

 

あなたは、
ネットの落とし穴である、
「相手の想像」を払拭する方法を知っていますか?

その方法は
「リアルで会う」ということです。

私はメルマガを配信しています。

しかし、
私に会ったことがない人は、
私の人物像を想像しているだけです。

私は、
本気で世の中をコーチングで変えていきたいと
思っています。

そのためには、
偶然でも私のメルマガに登録してくれた人すべてに
協力してほしいのです。

協力してもらうためには、
まずは、あなたが成功してもらわなければなりません。

成功していない人が、
コーチングで世の中を変えることは
できないからです。

なので、まずは、
無料セッションや3000円の個別コンサルに
申し込んでほしいのです。

私の商品を買う、買わないは別にして
私と1時間でも喋って欲しいのです。

そうすれば、
きっとメルマガに書いてあることも
理解できます。

そして、
成功する道がひらけます。

別に商品を買って貰う必要はありません。

成功するきっかけだけを掴んでもらえれば
それでいいわけです。

そのためには、
実際に話をするということが
とても重要です。

そういう意味では
ネット集客も
リアル集客も
お互いの顔を見ながら話をすることになります。

見込み客は実際に話をして、
不安を取り除かなければ
商品を買うことはありません。

そのために、
お互いの顔を見ながら話しをして、
不安を安心に変えてもらいます。

今はスカイプよりも簡単な
「ZOOM(ズーム)」というソフトがあります。

ボタン一つでテレビ会議ができます。

このソフトを利用すれば
無料で対面セッションが自宅にいて
可能になります。

クリックするだけで繋がるのですから
とても簡単です。

このソフトが復旧したからこそ、
コーチングで成功させることが
できるようになりました。

簡単に顔を合わせることが
できるからです。

もちろん、
対面セッションが一番いいですよ。

エネルギーが直接伝わりますからね。

しかし、
稼げていないコーチに対して
東京や大阪まで出てきてもらうのは
とても難しいことです。

ズームがあれば、
時間になればクリックひとつで繋がります。

そしてお互いが自宅から出ずに
セッションができます。

この仕組みを使えば、
あなたがもし、
大都市にいなくても
セッションすることは可能です。

ということは、
場所に関係なく
「コーチングで稼ぐことができる」
ということになります。

コーチングの契約を取るためには、
最終的には顔を合わせることになります。

そうしないと
私もそうですが、
ネットからの情報だけで想像した人では
ないからです。

実際に話をしてみて、
相性を確認して、
この人なら助けてもらえると感じるから
契約が決まります。

集客がうまくいかない原因は、
ポジショニングですが、

その先には、
おもいやりが足らないという原因があり、
最後には、
顔を見て話をする必要がある

ということです。

集客ができない人は
このどれかに原因があります。

ぜひ、どこに原因があるのか
一度、見直してみてください。

そうすれば、結果が変わってきますよ。

いかがでしょうか?

ポジショニング、
思いやり、
顔を見て話をする

この3つはクリアできているでしょうか?

どれかがかけても
うまくいきません。

集客が自分よがりになってませんか?

顔出しNGにしてませんか?

相手の気持ちになると
それがわかりますよね。

あなたも、コーチングを断る理由に
してますよね。

だから
顔出しNGなのですよ。

心の中のブレーキを見つけるのは
わかっているなら簡単です。

わからないから
当たり前のようにやってしまいます。

当たり前のようにやっていることが
集客を妨げています。

それが
集客できない原因です。

自分ではわからないですよね。

なので
私のようなコーチが必要です。

自分でやらない理由を作らずに、
前に進みませんか?

今の集客できないポジションに居続けても
つらいだけですよ。

一日も早くそんなあなたが、
今のつらい状態を抜け出せるように
祈っています。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP