クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

コーチングで稼げる仕組みを作る

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

コーチングで稼げる仕組みを作る

 

今日は、

「コーチングで稼げる仕組みを作る」

についてお話します。

今日の朝、
問い合わせメールが来ました。

開けてみると
「コピーライターからのオファー」でした。

「貴社のランディングページは
そこそこ書けているけれど、
この部分が弱いです。

お手伝いできますよ」

という内容でした。

ありがたいオファーですが、
断るつもりです。

なぜなら、私はすでに、
稼げる仕組みを完成させているからです。

コピーライターは、
自分がライティングすることで、
稼げるようになると思ったかもしれません。

しかし、
このコピーライターが
いくらすごいスキルを持っていても
「スキルをお金に変える仕組み」は
持ち合わせていないのです。

つまり、
稼げる仕組みを持っていないから
ターゲットになりそうなサイトの
問い合わせフォームから
集客しようとしているのです。

本当に稼げるコピーライターなら、
自分で仕組みを作って
いくらでも、稼げるはずです。

しかし、
自ら営業しないと稼げないコピーライターなら
その程度だということです。

大手G◯Oが
「SEO対策しますよ」と
よく電話で営業をかけてきます。

この時点で「SEOできてないやん」と
思うわけです。

本当に「SEO対策」できるのであれば、
自社サイトをまずするべきでしょう。

なのに、

「SEO対策して
あなたのサイトにアクセスを集めます」

というのは、

自分はSEOできていないから
電話営業しているわけです。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

自動でクライアントを獲得する仕組みを作る

 

では、
コーチングビジネスで
クライアントを獲得するには、
どうすればいいでしょうか?

今、一番標準的な方法は、

「体験セッションから契約」という流れです。

数年前までは、
「セミナーから契約」という方法がありました。

しかし、
現状は「セミナーから契約」という流れは、
大きい塾やコミュニティに誘導する以外は
あまり使えません。

動画マーケティングが当たり前になり、
最後にクロージングタイムが始まると、
「またそれ」という感覚に
なってきているからです。

なので、現状は、
「体験セッションから契約」とする流れが
一般的です。

では、
体験セッションに申し込んでもらうためには
どうすればいいでしょうか?

これは、
方法はいろいろあります。

私のように、
メールマガジンから
申し込んでもらう方法もありますし、

セミナーやお茶会といった
フロントエンド商品からの流れもあります。

フロントエンド商品とは、
「お試し商品」的な位置づけの商品で、

一度、有料で商品の良さを知ってもらう
商品です。

バックエンド商品とは、
本当に売りたい商品のことで、
30万円以上の高額商品のことになります。

ビジネスモデルとしては、
無料からフロントエンド商品、
そしてバックエンド商品という流れを作ります。

私は、
無料のメルマガから
無料の体験セッションを受けてもらい、
バックエンドのコンサルティングへと
誘導しています。

フロントエンド商品を挟まないのは、
体験セッションで
圧倒的な価値を提供しているからです。

それができない場合は、

3000円程度のセミナーを開催し、
前半をセミナー、
後半を説明会にして、
説明会を受けた人に対して、
体験セッションに申し込んでもらって
個別に相談、契約

という流れをおすすめします。

では、次に、
「なぜ体験セッションをするのか」
ということを説明していきます。

 

なぜ、体験セッションをするのでしょうか?

 

なぜ、体験セッションをするのかと言うと、

マンツーマンでセッションする必要が

あるからです。

セミナーやお茶会だと、
講師側からの一方的な進行になります。

聞きたいこともあまり聞けなかったり、
悩みを解決できなかったります。

そうすると見込み客は、
「本当にこの人でいいのか?」
という不安を解消できません。

この不安は、
「体験セッションを経験する」ことで、
解消できるのです。

それと同時に、
あなたと見込み客との相性も確認できます。

コーチングの場合、
クライアントとの相性はとても大事です。

相性が悪いと
エネルギーの流れが悪くなり、
いいセッションができなくなります。

なので、
クライアントを成功させるためには、
できるだけ相性のいい人を
クライアントにする必要があるのです。

その他にも
体験セッションを行うことで
「見込み客のニーズ」を確認することができます。

この
「見込み客のニーズ」がずれていると
あなたの商品を必要としていないので、
契約に、いたりません。

最初のうちは、
体験セッションでも契約にはならないでしょう。

それは
「お客さまのニーズ」と
あなたの商品が少しだけずれているからです。

この少しずれている「お客様のニーズ」を
正しく調整するためには、

体験セッションで
お客さまに「ニーズを直接聞く」
ということで改善できます。

稼げない人は、
「お客様のニーズ」を聞かないので、

自分が作った商品を
「どうやったら契約できるのか?」
ばかり考えてしまいます。

しかし、
「お客様のニーズ」を聞くことで、
合わせることができれば、
「お願いします」となるわけです。

この少しのズレは
「言葉の表現の違い」ということも
多々あります。

私が
「あなたのビジネスを全力でサポートします」
と言っても

相手は、
「そんなのはどうでもいいから
売上を伸ばしてくれ」

と言われたこともあります。

同じことを言っているつもりですが、
相手は「売上」にフォーカスしているので、
「ニーズがずれている」と
感じているだけなのです。

その場合は、
言葉でフォローを入れれば、
契約が取れるわけです。

このように、
ブログやランディングページで伝えきれないことも
マンツーマンの体験セッションなら
フォローできるのです。

今の時代
ブログやホームページから
コーチングの契約が決まることはありません。

必ず、体験セッションを
挟まないと決まらないのです。

ブログやホームページから
「体験セッションのご案内」と
書いても、
そこからの申込みもありません。

信頼関係がないからです。

なので、
仕組みづくりをする上で、
必ず「メールマガジン」が必要となるわけです。

 

メールマガジンが必要な理由

 

コーチングで稼げる仕組みを作る上で
必ず必要なものが

「メールマガジン」

となります。

安定して稼いでいるコーチは
「メールマガジン」を使っています。

安定して稼いでいるコーチで
メールマガジンを使っていない人を
見たことはありません。

もちろん、有名になり、
協会を運営している人や
セミナーで稼いでいる人は
メールマガジンを使っていない人もいます。

稼げる人は、稼げる仕組みを持っているからです。

しかし、
このメールマガジンを読んでいる多くの人は、
安定して稼ぐことができていません。

理由は1つです。

「メールマガジンを使っていない」からです。

しっかりとしたステップメールを作り、
毎日メルマガを配信することができれば、
安定して稼げるようになります。

もちろん、
体験セッションを申し込むような
ステップメールを作るとか、

開封率が高いメルマガを
毎日発行するといった
日々の運用ができなければなりません。

開封率が高いメルマガというのは、
アクセスが集まるブログ記事と同じなので、

「開封率が高い」イコール
「アクセスが集まる記事が書けている」
という証明にもなります。

ただ単に、日々あったことを
メルマガに書き続けて配信しても、

芸能人や有名人ではないので、
いずれ開封してくれなくなります。

重要なのは、
メルマガ読者が
「気になる内容を配信する」
ということです。

ここでも
「読者のために何を書けば良いのか?」
ということがとても重要になります。

「何を書けば良いのかわからない」
という感情がでるのであれば、
読者の気持ちになれていないということに
なりますね。

そのような感情のままだと
まだまだ自分矢印なので、

クライアントを成功させることは
難しいでしょう。

「メルマガを読んだ読者が少しでも
成長して欲しい」
と考えることができれば、

おのずと書く内容は決まってくるはずです。

しかし、
「何を書けば良いのかわからない」というのは

「読者の気持ちがわからない」

つまり
「お客さまのニーズ」がわかっていない
ということにもなります。

まだまだ、
「お客さまのニーズ」を把握できていないから
メルマガを毎日書くことができないわけです。

「お客さまのニーズ」がわかれば、

お客さまが

「どんなことを悩んでいるのか?」
「どんな未来に行きたいのか?

わかるはずです。

私はいつも
「ポジショニングが大事」
と言っています。

ポジショニングは

「誰に」「何を提供するのか?」

ということですが、

「何を提供するのか?」の部分は
「お客様のニーズ」をしっかりと
把握していないと、

「何を提供すればお客様が喜ぶのか?」
がわかりません。

ビジネスを作る上では

「マインドセット」と
「ポジショニング」が重要と言っています。

この2つが決まらないと
土台が固まりません。

土台が固まらないということは、
木造2階建ての土台に
高層ビルが建たないように、

ビジネスもうまくいかないのです。

 

稼げる仕組みをしっかりと作る

 

メルマガに、ある程度の登録があり、
開封率も上がってくれば、
安定してクライアントを獲得できるでしょう。

そうなると、
PPC広告でメルマガを宣伝したり、
ブログにアクセスを集めたりして、
どんどんメルマガリストを増やしていきます。

この流れが
コーチングビジネスで稼げるようになる仕組みの
流れです。

稼げない人は、

アメブロやFacebookで
クライアントを取ろうとしたり、

交流会でクライアントを取ろうとしたりします。

そんなことをしても
「信頼関係ができていない」ので、
契約にはなりません。

もし、
そのような流れでクライアントが取れたとしても
先程のコピーライターのように
常に営業しないとクライアントが取れないのです。

それでは、
セッションに加え、
営業の時間を作らなければならなくなります。

そうすると
稼げるようになっても、
時間がないというコーチになってしまうのです。

それでも稼げればいいというのであれば、
かまいませんが、
私がクライアントに目指してもらいたいのは

「豊かさを手に入れること」です。

「お金」も「時間」も「仲間」も「健康」も
不自由なく生活できることです。

このどれか1つ書けても
「豊かさ」は手に入りません。

「お金」がなければ、
好きなものは買えません。

「時間」がなければ、
お金をつかうこともできません。
仲間と愉しむこともできません。

「仲間」がいなければ、
お金があっても孤独です。

「健康」がなければ、
寝たきりだとお金があっても意味がないのです。

「豊かさ」を手に入れるためには、

安定した収入を手にすることと
時間をコントロールできること

そして、
志の高い目標があること

そして、
健康であることです。

豊かさを手にれるためには、
「安定してクライアントを獲得できる仕組み」が
必ず必要です。

「今月は売上目標を達成したけれど、
来月はどうなるだろうか?」

では、ダメなのです。

そんな心の不安をいつも抱いているようでは、
お金を引き寄せることができません。

だから、
いつまでたっても稼げないのです。

あなたは、偶然、ここまで読み進めました。

そして、
なぜ、仕組みが必要なのかも
気がついたはずです。

気がついたなら、
しっかりと仕組みを作ることが必要だと
わかったはずです。

先程のコピーライターと
同じ人生を歩まないようにしなければ、
スキルがいくらあっても
ビジネスはうまく回らないのです。

あなたは今、反対側から
物事を見ることができています。

もちろん、コピーライターの人は、
営業トークなので、
そんなことは気がついていないでしょう。

しかし、
稼げている人から見れば、
「稼げてないな」というのは、
丸わかりです。

私のメルマガ読者には、

そんなポジションは出来るだけ早く
抜け出してほしいのです。

自分で仕組みを作ってもいいので、
できるだけ早く仕組みを作り、

いまの稼げないポジションを
抜け出してくださいね。

また、
いち早く抜け出したいのであれば、
私に相談してください。

相談フォームは下に設置しています。

体験セッションに申し込んでいただければ、
あなたのビジネスを形にして
提案させてもらいます。

その形を自分で実現するか、
それとも私がサポートするか、

体験セッションを受けてから
考えてもらえればいいと思います。

それだけでも
大きく前に進むはずです。

ぜひ、
あなたからの相談をお待ちしております。

いかがでしょうか?

コーチングで稼ぐ仕組みは
一度作ってしまえば、
あなたがやめない限り、
可動し続けます。

あなたが
「クライアントはもう必要ない」
というところまでは
働き続けるのです。

もう、
集客に困ることはありません。

あなたは、
成約率を上げる改善を
し続けるだけです。

簡単にはできませんが、
簡単にできないからこそ、
ライバルがマネをできないのです。

そこまでいけば、
ライバルは指をくわえて見ているだけになります。

そんな世界の話です。

ぜひ、あなたも
稼げる仕組みを手に入れてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP