クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

コーチングの集客の仕組み

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

コーチングの集客の仕組み

 

コーチングの集客の仕組み

 

今日は

コーチングの集客の仕組み

というテーマでお話します。

ビジネスは
「成約率」がとても大事です。

売れるか売れないかわからないものを
売り続けても意味がないからです。

売れる商品ができたら
今度は集客やセールスが重要になります。

商品に興味がある人を集めて
セールスすることで売上になるからです。

セールスする段階で
成約率を高めていくことで
ビジネスが安定します。

この流れをしっかり理解しておかないと

「商品が売れないのは集客が原因だ」

と思い込んでしまう人が多いからです。

それでは
いつまでたってもビジネスが軌道に乗りません。

商品が売れるかどうかわからないのに
集客をしたところで
うまくいかないでしょう。

それぐらい売れる商品かどうかが重要です。

集客は売れる商品ができてからですが、
今日はあえて集客の話をしていきます。

 

集客の基本

 

では、最初に

「集客の基本」からお話します。

集客とは
何を指すのでしょうか?

集客とは

「見込み客を集めること」

です。

コーチングの場合は、

新規顧客を獲得する前に
見込み客を集めて信頼関係を作ってから
クロージングします。

クロージングで
「お願いします」と言われれば
新規顧客獲得ということになりますね。

なので、
見込み客を集めることが
集客になります。

見込み客とは

「あなたの商品に興味がある人」

のことなので、

集客とは

「あなたの商品に興味がある人を集めること」

となるわけです。

あなたの商品に興味がある人を集めて
信頼関係を作り、

体験セッションやセミナーで、
商品を買ってもらうわけです。

稼げないコーチは、

集客とは、
ただ単に「人を集めること」

と、よく勘違いしています。

あなたの商品に興味がない人を
いくらたくさん集めても
商品は売れません。

ましてや
高額な商品を扱うわけですから

興味がない人に

売り込んだり、
説得したりしても、

売れるわけがありません。

なので
集客の時点で

「興味のある人」だけを集めるようにしなければ

クロージングのときに

断られることが多くなるわけです。

このように、
集客を勘違いすると
断られることが多くなり

「もっと集客のスキルを上げないと」

と、思ってしまいます。

しかし、
根本原因は、

「商品に興味がない人」を
集めていることがほとんどです。

売れない商品を扱っていないとすれば、
「商品に興味がない人」を
集めていることになります。

このことに気がつかないと
いつまでたっても、
商品が売れないことになります。

まずは、
集客の基本を理解してください。

 

コーチングの集客の方法

 

では、コーチングでは
どのように集客していくのでしょうか?

あなたの商品に興味がある人を集めるには
どうすればいいと思いますか?

あなたの商品に興味がある人を集めるには、

「あなたがクライアントを
理想の未来に連れて行く方法」

を発信していくことです。

あなたのクライアントになる人は、
あなたに理想の未来に
連れて行ってほしいわけです。

なので、
理想の未来にへの行き方が
イメージできれば、
あなたの商品に興味を持ちます。

理想の未来への行き方が
現実的であればあるほど、
行けそうなイメージになりますよね。

この理想の未来に
「行けそうなイメージ」
というのがとても大事です。

ほとんどの場合、
事細かく説明したところで、
理想の未来に行ける人はいません。

どこかが間違っているか、
どこかで、できないことが
あるからです。

もし、
行けそうなイメージだけで
理想の未来に行けてしまう人は

そもそもあなたのクライアントには
ならない人です。

ほぼ、
理想の未来が手に入っていて
あと一歩のところで止まっている人なら
そんな人もいるでしょう。

しかし、
9割以上の人は、
いくら詳しく教えてもらったとして
理想の未来に行くことはできません。

なので、
理想の未来に行く方法を
あなたが持っている知識のすべてを出し切って
発信してみてください。

よく相談されるのは、

「そんなことしたら
全員が成功してしまって
クライアントがいなくなる」

という不安です。

しかし、
安心してください。

私が毎日これだけの情報を発信しても
クライアントになる人は絶えません。

ということは、
あなたの商品に興味がある人や
必要な人は世の中にはいくらでもいるわけです。

重要なのは
出し惜しみすることなく
すべての情報を出し切ることです。

その情報を読んでも
読んだ人は

「自分に都合よく内容を解釈」

します。

都合よく内容を解釈するので、
できる部分だけ読んで、

できない部分は、
自分の都合の良いアレンジをするわけです。

それでは、
今までと何も変わりません。

私のメルマガでも
これだけやれば成功できる方法を
配信し続けていますが、

質問や相談はというと、
メルマガに全て書いてある内容です。

つまり、
読んでもできない人のほうが多いわけです。

だったら、
出し惜しみして
「この程度のコーチか」
と思われるよりも

「このコーチすごそう」

と思われる方がいいわけです。

すごそうと思ってもらうことから
興味を持ってもらって、

信頼関係を作っていけば
いいのです。

情報を出し続けることで、
相手が興味を持ってくれることが
集客には重要なことになります。

 

相手に興味を持ってもらうためには

 

では、

相手に興味を持ってもらうには
どうしたらいいでしょうか?

相手に興味を持ってもらうには、

「相手に見つけてもらうこと」

が必要です。

あなたの商品に興味がある人が
あなたの存在を知らなければ、

あなたに興味を持ってもらうことができません。

ネットで集客したい場合は

「あなたの存在を知ってもらうこと」

からはじめます。

それが、
ブログであり、
ソーシャルメディアであり、
YouTubeです。

どんな媒体でもいいですが、
どんどん情報発信することで
あなたに興味持ってくれる人が
あなたを見つけてくれます。

もし、
集客ができないとというのなら、

ほとんどの場合は

「圧倒的な行動量が足らないから」

です。

よく
「ブログで集客できません」

という相談が来ます。

ブログで集客できないのは
どんな理由ですか?

と聞くと、

ほとんどが

「アクセスが集まりません」

といいます。

原因がわかっているのであれば
アクセスを集める方法を
行動すればいいわけです。

今ブログに記事がどれぐらいありますか?

「30記事ぐらいです」

話になりませんよね。

それで集まるなら
ほとんどの人が成功してしまいます。

30記事書くのが大変だから
もっと楽な方法を教えてほしい
というわけです。

楽な方法はありますよ。

広告を出すことです。

しかし、
「お金はがない」と
大抵の場合は言います。

だったら時間を使って
集めるしかありませんよね。

1000文字で100記事を1ヶ月で書けば
アクセスが集まりますよ、

とアドバイスしても
ほとんどの場合はやりません。

つらいことをしてまで
アクセスを集めたくないわけです。

つまり、
ビジネスで成功する気がないわけです。

そういうと
「成功したい」といいますが、

「楽して成功する方法を探しているだけ」

なのです。

そんな方法を探すから

詐欺まがいのコーチコンサルの
商品を買ってしまうわけです。

ビジネスには順番があります。

ビジネスモデルはその順番の設計図です。

設計図通り組み立てないと
うまく仕組みが出来上がりません。

高層ビルを立てたいのに、
2階建ての木造の設計図では
無理なのはわかるでしょう。

月収100万円を
安定して稼ぎたいのであれば

月収100万円を
稼げるビジネスモデルが必要なのです。

見よう見まねで作ろうとしても
自分の頑張った行動量では
どうにもできません。

30記事でなぜアクセスが集まらないのですか?

と真面目に聞いてくる人もいます。

お金のツールが使えなければ、
自分が頑張るしかありません。

それもできないなら
残念ですが
ビジネスは諦めたほうが幸せです。

サラリーマンで時間を切り売りし、
給料をもらうほうが幸せなのです。

起業は一見、幸せそうに見えますが、
成功するまでどれだけの苦労があるのか
考えたことがないと思います。

たくさんの人が成功を夢見て
起業しますが、

成功するのは1%もいないと思います。

99%の人が途中で諦めていく世界です。

しかも
1%の成功者から
何年も業界に残れる人は
その1%程度なので、

1万人に1人ぐらいしか
業界には残れないと思います。

そんな世界です。

そこまで残るには
覚悟がないと無理です。

だから
覚悟を決めてもらって

私が成功するまで引っ張り上げることで
時間を節約してもらうわけです。

1人で成功しようとしても
3年、5年はあっという間にかかります。

それでも成功すればいいほうです。

そんな世界なので、
しっかりとした集客システムを作ることが
売れる仕組みを作る一部になります。

もし、
集客が難しいと思っているなら、
まずは、行動量をうたがってみてください。

最低100記事は必要です。

文字数も必要です。

そうしないと
Googleに認識されないので、
検索されても検索結果に表示してもらうことができません。

それでは、
そもそもあなたのサイトにたどりつくことができないわけです。

そうなると
あなたに興味を持ってくれる人に
存在を知ってもらうことができません。

あなたの業界があなただけなら
30記事でも集客できるでしょう。

しかし、
あなたの業界には
無数のライバルが居るわけです。

そのライバルたちに勝ち続けなければ
なりません。

すでに儲けている人たちの顧客を
奪い取らなければならないこともあります。

そうなると
儲けている人が持っている
売れる仕組みに
勝てる仕組みを作らなければなりません。

儲けている人も
仕組みを維持することで必死です。

そんな仕組みに勝てる仕組みを作るには
稼いでいる人以上の努力が必要なのです。

今日はかなり厳しいことを書きましたが、
それが現実です。

もし、
集客ができていないとしたら
スキルではなく行動量です。

今の状態の行動量で
集客できなていないとしたら
行動量を倍にしてみる必要があります。

しっかりとアクセス解析をし、
サーチコンソールを使いながら
キーワード選定をしていき
戦略を立てることができるなら別ですが、
そんなことはできていないはずです。

だったら記事数で
勝負するしかありません。

それが
あなたの商品に興味がある人に
あなたの存在を知ってもらう方法です。

あなたの存在を知ってもらうことができれば、
後は信頼関係を作り
体験セッションに申し込んでもらうだけです。

ほとんどの人が
存在を知ってもらうことができていないから、
集客ができないと
勘違いしているだけの話なのです。

それをしっかり理解して、
集客につなげてくださいね。

いかがでしょうか?

集客の仕組みを作るには、
まずは、
あなたの存在を知ってもらうことからはじめます。

あなたの存在を知ってもらう仕組みさえも
持っていないコーチがたくさんいます。

それでは
集客できなくて当たり前です。

稼げないコーチができないことを
できるようにしなければ、
稼げるようにはなりません。

それだけの話です。

多くの稼げないコーチがやっている方法は
間違っているので、

正しい方法をやり続ければ
稼げるようになるわけです。

正しい方法は
「誰から手に入れるか」
だけの話になります。

「誰から手に入れるのか」というと

「成功しているコーチから」しか方法はありません。

成功しているコーチではなく

コンサルコーチの商品を買ってしまうと
稼げない商品を掴んでしまう
という結果になります。

あなたも
そんなことにならないように
しっかりと理解して
ビジネスを進めてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP