クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

セミナーには2種類ある

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

セミナーには2種類ある

 

セミナーには2種類ある

今日は

セミナーには2種類ある

というテーマでお話します。

あなたは、
セミナーをしたりしますか?

セミナーをする場合

「セミナーの意図」を
理解していますか?

もし、
セミナーの意図を
考えずにセミナーをしているとしたら
今日の内容はとても参考になると思います。

セミナーには2種類あります。

この2種類を理解していないと、
漠然とセミナーを作ってしまい、

契約が取れなかったり、
参加者が満足しなかったりします。

セミナーをするために、
準備をすると思います。

この準備が
ぜんぜん違うわけです。

今日は、
そんな話をしてきます。

 

集客のためのセミナーとコンテンツのためのセミナー

 

セミナーには、
2種類あるのですが、

ひとつめは、
集客のためのセミナー、

もうひとつは、
コンテンツを提供するためのセミナーです。

まずは「集客のためのセミナー」ですが、

あなたの商品を売るための
セミナーになります。

あなたの商品を説明するためのセミナーなので、

まずは

「あなたの商品に興味がある人」を
集めます。

そして、
あなたが解決できる悩みを
気づかせるための内容をセミナーで
提供します。

この時に重要なのは、

セミナーでは、
「問題解決までやらない」
ということです。

問題解決までしてしまうと、
あなたの商品を有料で買ってまで
解決したいとは思わなくなります。

実際はセミナーという短時間で
問題解決してしまうことはありませんが、

本人は

「解決できた」

と思い込んでしまうのです。

そうすると商品が売れません。

集客のためのセミナーは

「問題解決してはいけない」

ということです。

このことを理解せず、
セミナーを作ると、
ぎっしりコンテンツを詰め込んで、
しまいます。

参加者は満足するかもしれませんが、
商品は売れないセミナーになります。

それでは、
あなたの本命商品が売れないのです。

もうひとつは、
「コンテンツを提供するためのセミナー」です。

コンテンツを提供するためのセミナーなので
しっかりと中身を作り込みます。

そうすることで、
参加者は満足するので、
次のセミナーも受けてみたいということになります。

この違いを明確にしておく必要があります。

 

集客のためのセミナーの作り方

 

では、
集客のためのセミナーの作り方とは
どんな作り方をするのでしょうか?

基本的に
あなたの商品に興味がある人が

「どんなことを悩んでいるのか?」
「なぜ、理想の未来に行けないのか?」

を気づかせるセミナーになります。

私の場合だと
稼げないコーチが

「なぜ、稼げないのか?」
「なぜ、集客やセールスを学んでも
稼げないのか?」

という内容でセミナーを作ります。

その時に、
解決する方法は本商品でやるので、

あくまで、なぜ稼げないのかという
根本原因に気づく内容のセミナーをするわけです。

そうすると、
解決したくなった人が、
商品を購入するわけです。

そして
もう一つ実は重要なことがあります。

それは、
「毎回同じ内容のセミナーいい」
ということです。

集客のためのセミナーは
あくまで、バックエンドと言われる
高額商品を売るためのセミナーです。

一度、セミナーの内容を聞いた人は
2回目、受けたいという人はいません。

根本原因にきがつくだけで
解決できるわけではないからです。

すると
このセミナーの参加者は

商品を買うか、
買わないか、

ということになります。

いずれにせよ、
参加者は次のセミナーには参加しないので、
セミナーに参加する人は、
必ず初めて聞く参加者になります。

なので、
毎回同じことを喋っても
問題ないのです。

重要なのは、
根本原因に気づかせて
本商品を買ってもらうことです。

そういうことを考えると
セミナーの内容はそんなになくても
大丈夫だということです。

集客のためのセミナーは、
単価3000円ぐらいなのが多いのは、

「内容がないから」

です。

ただ、
無料にするとお金がない人が集まってしまい、

バックエンド商品が売れなくなるので
有料にします。

3000円さえも投資しない人は
バックエンド商品を買うことは、
難しいからです。

内容がないとは言え、
しっかりお金を支払う人だけを
集めることも重要です。

 

コンテンツのためのセミナーとは

 

では、
コンテンツのためのセミナーとは
どんなセミナーでしょうか?

あなたの商品に興味を持っている人が
悩み解決できたり、
理想の未来を手に入れたりすることが
出来る内容のセミナーです。

そうすることで
参加者は内容に満足します。

そして、
こちらのタイプのセミナーは
しっかりと中身を作り込みます。

さらに
結果を出せる内容を提供するので
セミナー代金も高く設定します。

セミナーで稼ぐ人は
定価を高くし、

人数を集めることで
売上を作ります。

定価は1万円から10万円。

塾形式になると
6ヶ月で100万円とかいう
商品もあります。

コンテンツのためのセミナーは
受講生がしっかり満足できる内容にし、
結果も出るようにする必要があります。

このタイプのセミナーは、
毎回コンテンツの内容を変えることで
毎回同じ人が来ても大丈夫です。

つまり、
リピーター戦略が使えるということです。

リピーター戦略が使えることで
毎月、いろいろな内容のセミナーを開催し、
売上を作ることができるようになるのです。

 

セミナーの作り方

 

では、
これら2つのセミナーの作り方を
お話します。

セミナーを作る場合、
まずはテーマを決めます。

例えば私の場合は

「コーチングで稼げる商品の作り方」

というテーマで
セミナーを作るとしましょう。

次に、
集客のためのセミナーなら
問題点を気づかせる内容、

コンテンツのためのセミナーなら
問題解決する内容を
作っていきます。

集客のためのセミナーなら

「なぜ、稼げないのか」
「集客やセールスを学んでも稼げない理由」
「稼げないコーチが考えていること」
「どうやったら稼げるようになるのか」

といった
小見出しとなる内容で組み立てます。

あくまで
問題解決はできない内容にします。

コンテンツのためのセミナーなら

「なぜ、稼げないのか?」
「どうやったら稼げるようになるのか?」
「稼げる商品の作り方」
「売れる仕組みの作り方」

といった小見出しとなる内容で
セミナーを作ります。

このように
目的のセミナーによって
内容を分けて作ることが重要です。

内容が決まったら、
パワーポイントで
内容を作ります。

タイトルから小見出しを作り
セミナーの骨格を作ります。

その後で、
セミナーが2時間だとしたら
2時間しっかりと喋れるかどうか
実際にしゃべってみます。

ほとんど場合は、
最初から2時間喋れることはないので、
時間が短くなる時は
内容を増やします。

そして何度か練習すれば、
2時間喋れるようになると思います。

実際は、

内容が飛んだり、
早口になったりするので、

時間が短くなります。

その時は、
最後に質疑応答などを入れることで
カバーできるます。

まずは、
しっかりと2時間分喋れるか
確認することが重要です。

それを繰り返すことで、
2時間、3時間、1日と
内容を作ることができるようになります。

いきなり、準備無しで
たとえ2時間分でもしゃべることは
難しいことです。

最初は練習することで、
なれますので、
安心してください。

誰でも初心者の時はあります。

私もセミナーでは
緊張してしゃべれないときもあります。

重要なのは、
どんな目的で
セミナーをするのかが
とても大事です。

セミナーは2種類あることを
理解して、使い分けてくださいね。

いかがでしょうか?

「セミナーはどうしたら良いのか」

という質問があったので、
折角の機会なので、
メルマガでもシェアしました。

もし、
セミナーで悩んでいる人がいれば
参考にしてください。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP