クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

セルフイメージの低い人を相手にしない

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

こんにちは、

稼げるプロコーチ育成の専門家

株式会社マインドコーチの安達です。

いつも
YouTubeを見ていただいて、
ありがとうございます。

今日は

セルフイメージの低い人を相手にしない

というテーマでお話します。

コーチングビジネスでは、

「セルフイメージの低い人を相手にしない」

というのが基本です。

なぜなら、
セルフイメージの低い人は、

自分を変えたり、
自分の環境を変えたりすることが
嫌いだからです。

セルフイメージの低い人は、

「今のままで成功したい」

と思っています。

自分の考え方が正しいとも
思っています。

なので、
自分の判断が正しくて、
結果もでると勘違いしています。

しかも、
お金を出すことに
とても抵抗を感じていることが多いです。

そうなってくると
いくら優秀なコーチが
セッションをしたところで、

結果は何も変わりません。

自分はやっていることは正しい,

周りが間違っているというわけです。

このような人が
私の体験セッションに来たとしても、
丁重にクロージングをせずに
お断りさせていただいています。

なぜなら、
成功させるには
とてもやっかいだし、
時間がかかるからです。

なので
セルフイメージの低い人は

セルフイメージの低い
なんちゃってコーチングのコーチに
行けば幸せになるかなと思ってます。

セルフイメージが低い人は、
自分のやっていることは
正しいと思っているので、
何かと他人の行動を批判したり、
ジャッジしたりします。

ひどい人になると、
私の商品の値段が高いとか、
もっと安く売ってくれといった
無理難題を言う人もいます。

私が経営している会社で
私がいくらの商品を売ろうと勝手です。

私が好きに値段をつけて、
それでも買いたいという人にだけ
商品を売っているわけです。

値段がどうのこうのという人にまで
商品を売るつもりはありません。

ここまでくると
相手にすること自体が無駄なので、
さっさとセッションを終わらせる方向にいくわけです。

さらに
セルフイメージが低い人は、
金払いも悪いので、
稼げていないときは
相手にしないことです。

重要なのは、
お客さまがいかに理想の未来に行けるのか
ということです。

稼げていないときは、
お金をもらってセッションすることも
それほどしていないのに、
セルフイメージの低い人を
お客さまにしてしまうと、
ますます、結果が出ません。

なので、
できれば、リリースが一番です。

それぐらい、
セッションが難しいのです。

稼げていないときはわかりませんが、
稼げていない原因というのは
難しいお客さまを相手にしていることが
とても多いです。

このことに気をつけて、
お客さまを選ぶことも大事です。

ぜひ、
参考にしてください。

最後まで見ていただいて
ありがとうございました。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP