クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

セールスに必要なセールスファネルとは

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

セールスに必要なセールスファネルとは

 

セールスに必要なセールスファネルとは

 

今日は

セールスに必要なセールスファネルとは

というテーマでお話します。

セールスファネルという言葉を
知っていますか?

セールスファネルとは、
見込み客を顧客にする仕組みのことです。

ファネルとは
ロート(じょうご)のことで、
顧客、つまりお客さまになるまで
見込み客の状態から、
絞り込んでいくという意味になります。

セールスファネルがしっかりと出来上がることで、
売上が安定します。

稼げないコーチはこの
セールスファネルが
しっかりとできていないことが多いです。

今日は、
セールスファネルをどのように作っていくのか
お話していきます。

 

セールスファネルはどんなもの

 

では、具体的に

「セールスファネル」

とはどんなものなのでしょうか?

セールスファネルは
クロージングの前に、

商品に興味がある人を連れてくるために
作ります。

マーケティングは集客のことで、

集客は

「あなたの商品に興味がある人」や
「あなたの商品が必要な人」

を集めることです。

集客で集めた人を
今度は、お客さまにするために、

セールスしなければなりません。

セールスは、

集客によって集めた人に
商品を提案し、
契約してもらうこと

です。

このマーケティングとセールスを
うまく融合させ、スムーズに
契約に結びつけることが出来る仕組みを

セールスファネルと読んでいます。

例えば私の場合は

私の存在を知ってもらう
私の商品に興味を持ってもらう
私と信頼関係を築いてもらう
私の商品が必要となり体験セッションに来てもらう
契約

という流れがセールスファネルです。

セールスファネルの他の形としては

体験セッションの前に
セミナーに参加してもらったり、

体験セッションの後に
3000円程度のフロントエンド商品を
買ってもらったり、

する場合もあります。

あくまで、ゴールは
契約してもらうことなので、

契約してもらいやすい仕組みを作ることが
重要です。

私は信頼関係を築いてもらうために、

メルマガを用意したり、
特典を用意したりしています。

私がどんな考えでビジネスをしていて
どのような内容を提供しているのかを
知ってもらうためにです。

このように
信頼関係を作るためには
メルマガ特典はとても有効です。

私はメルマガ特典をたくさんつけるようになり、
登録率があがりました。

登録率が上がるということは、
売上が増えるということです。

私の売上が増えるということは
よりたくさんの人を
助けることができるということです。

なので、
登録率が増えることは、
私が社会貢献できることになります。

今のセールスファネルになるまでは
試行錯誤しましたが、

今の所、私が思ってるビジネスモデルに
かなり近いものが出来上がっています。

私のセールスファネルを
クライアントに教えることで
クライアントも契約が取れやすくなります。

セールスファネルのテストが
終了しているからです。

セールスファネルがないと
なかなかセールスがうまくいきません。

私の商品を必要としていない人が
体験セッションに来ても
契約してもらえないからです。

そういう意味でも
セールスファネルは重要なのです。

 

セールスファネルがどういう仕組みになっているのか

 

では、もう少しセールスファネルの仕組みを
お話していきます。

コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、
占い師などは、

形のない商品を扱っています。

形のない商品を扱う場合は、

お客さまの

「本当に効果があるのか?」

という疑問を解消しなければなりません。

いくら、あなたの商品に興味を持っても

「本当に効果があるのか?」

といいう疑問を解消しない限り、

契約には至りません。

では、この

「本当に効果があるのか?」

という疑問を解消するためには

どうしたらいいのでしょうか?

まずは、
ステップメールを使って

「理想の未来への行き方」

をイメージしてもらいます。

本当に効果があるのかどうかは

「理想の未来に行けるかどうか」

がイメージできることで、
効果のほうが実感できます。

逆に
ステップメールで
理想の未来がイメージできない場合は、

「効果を感じることができない」

ので、
きっと商品を選んでもらえないでしょう。

なので、
まずは、理想の未来に行けるイメージを
作ることができるかどうかです。

イメージができてくると、
今度は

「実際にセッションを受けてみて決めたい」

ということになります。

なので、
体験セッションの申し込みを
してもらうわけです。

この時に、
体験セッションに申し込んでくれる人は

「あなたの商品が必要な人」であり、かつ
「本気の人」
「覚悟がある人」
が望ましいです。

「あなたの商品が必要な人」でも

本気ではない人や
覚悟が足らない人は、

契約後、途中で諦める可能性が高いからです。

セールスファネルで

「本気の人」や「覚悟がある人」
だけが体験セッションに来る仕組みに
しておかないと、

「体験セッションでの成約率」が
圧倒的に下がります。

下手をすると
体験セッションだけ受けて

「いい話が聞けました」
「自分でやってみます」

という人が続出し、

いわゆる

「無料セッション貧乏状態」

に陥ってしまいます。

無料セッションばかりを受けている人は、
本気ではない人や
覚悟が足らない人が多く、
人から時間を奪っている感覚がありません。

もし、
本当にコーチングで稼ぎたいのであれば、

できるだけ貴重な時間を

「お金を払っていただけるお客さま」

に使うことです。

この意識がないと、

無料体験セッションの申込みがなくなることが
怖くなり、

なかなか有料セッションの契約が取れないこと
になります。

セールスファネルがしっかりできあがると、
無料体験セッションの申込みは
極端に少なくなります。

しかし、
その分成約率は
100%に近づくので、
大丈夫です。

重要なのは
体験セッションの申し込みではなく
契約してもらえることです。

契約してもらえなければ
見込み客を助けることができないし、
ビジネスを続けていくことができません。

ビジネスを続けていくことが
できないということは

既存のクライアントに
迷惑をかけるということにも
繋がります。

ビジネスを始めて
クライアントを取り始めると
最後までクライアントの面倒を見なければ
なりません。

ビジネスを途中で諦めてしまうということは
信頼してくれたクライアントを
裏切る形になります。

ビジネスを続けていくことで
クライアントとの信頼関係が
継続していくわけです。

売上だけしか考えていない
コーチは、

その時に売り上げればいいと考えています。

それではリピーターも生まれないし、
いつまでも新規のクライアントを
取り続けなければなりません。

それでは、
ビジネスが安定することはありません。

しっかりとビジネスを安定させるためにも
無料体験セッション貧乏からは
いち早く抜け出してください。

一度
無料体験セッション貧乏に
はまってしまうと

なかなか抜け出すことができなくなるので、
注意が必要です。

セールスファネルは
無料体験セッション貧乏にならないために
重要な仕組みになります。

 

理想のクライアントはどんな人なのか?

 

では、
セールスファネルを作るには
どうすればいいのかと言うと

「理想のクライアント」

を決める必要があります。

あなたの理想のクライアントは
どんな人でしょうか?

私の理想のクライアントは

お客さまが望む結果を出した場合にしか、
お金を請求できないとしたら

どんなお客さまだけを相手にしたいのか?

という定義にあてはまった
クライアントです。

基本的に
稼げるコーチを育成しているとはいえ、

コーチングで稼げるようならなければ、

「対価としてお金をいただくこと」

ができません。

なので、私は
完全返金保証をつけ、

もし、
私が見込んだクライアントでなければ
返金する覚悟をもって
ビジネスをしています。

コーチングで稼ぎたくて
私を信頼し、契約してくれたのに、
結果が出ないとしたら

「返金して欲しい」

と言われても仕方がないことです。

それだけ
真剣にクライアントに向き合わないと
なかなか稼げるようにはなりません。

コーチングやコンサルティングが

「形のない商品」

だからこそ、
結果が全てなのです。

そのかわり、
私が覚悟を持って
ビジネスをしている以上は、

相手に
覚悟がなかったり、
本気でない人は
クライアントにはしません。

それは、
体験セッションで少し話せば
わかるからです。

そんな人が
間違って体験セッションに来た場合は、
クロージングせず、
体験セッションを終えます。

それだけ
ビジネスは厳しいと
感じてほしいわけです。

今の時代は、
ネットがあるので
誰でも簡単にビジネスを始めることができます。

しかし、
ビジネスごっこをしている間は
稼げるようにはなりません。

理想のコーチングを追いかけても
稼げるようにはならないわけです。

理想のコーチングとは
その人の自己満足でしかありません。

そして
お客さまが望んでいない解決方法を
提案したところで

気付きを与えることさえもできないのです。

そのことに気が付かなければ
ビジネスはできません。

そのためには、

「理想のクライアント像」

はとても重要です。

これが決まらないと

セールスファネルを作ることはできません。

 

どうやって信頼関係を構築するのか

 

では、
どうやって
信頼関係を構築するのでしょうか?

信頼関係を言い方を変えれば

熱心なファンを作る

ということです。

あなたのファンができれば
商品は簡単に売れます。

あなたのファンを作る作業が
信頼関係を作る作業です。

信頼関係は、
ステップメールで作ると説明しましたね。

お客さまが理想の未来を
手に入れるイメージができれば
信頼関係は構築できます。

なので
ステップメールはとても重要です。

しかし、
稼げないコーチは
ステップメールを使いません。

できないのか、
やらないのか、
わからないのか、

は、別にして
稼げないコーチは
ステップメールを使っていません。

逆に
稼いでいるコーチで
ステップメールを使っていないコーチは
今まで見たことがありません。

ということは
ステップメールを使わない時点で、
かなりの確率で
稼げないということになります。

それはなぜかというと

ステップメールを使って
信頼関係を作るからです。

信頼関係ができていないと
商品が売れません。

Facebookでいきなり体験セッションを告知して
仮に体験セッションにきたとしても

信頼関係がないので、

売れません。

SNSで集客しても
商品が売れないのは

信頼関係の構築ができないからです。

なので、
SNSで集客しても
メルマガに登録してもらうことが
大前提です。

SNSは情報がどんどん流れていくので
SNSで集客せずに
ブログを使って情報をストックしながら
メルマガリストを集めることが
ビジネスを安定させる秘訣でもあります。

ブログを作り
アクセスを集め、
メルマガに登録してもらい
信頼関係を作って
体験セッションに来てもらい
契約してもらう

この流れが
セールスファネルそのものなのです。

この仕組みを手に入れた人が
ビジネスで稼げるようになります。

セールスファネルは
とても重要な仕組みです。

ぜひ、
あなたもこの仕組みを理解して
安定してクライアントを獲得して
たくさんの人を助けてあげてくださいね。

いかがでしょうか?

セールスファネルは少しは理解してもらえましたか?

理想のクライアントや
信頼関係はとても重要です。

この部分をしっかり理解して
セールスファネルを作れば
売れる仕組みとして機能してくれます。

あなたも
セールスファネルを作ってみてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP