クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

ビジネスが成り立つように考える

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

ビジネスが成り立つように考える

 

ビジネスが成り立つように考える

 

今日は、

ビジネスが成り立つように考える

というテーマでお話します。

多くの稼げないコーチは

成り立っていないビジネスを
頑張り続けています。

いつも書いている通り、

セッション単価1万円では、
稼げるようにはなりません。

収入-支出=プラス

にならなければ、
ビジネスは成り立ちません。

もし、
セッション単価1万円だとしたら、
生活費を稼ぐには
何人と契約しなければ
ならないでしょうか?

小学生の算数の世界ですよね。

生活費が20万円だとしたら
20人と契約が必要です。

だったら、
20人と契約できる
ビジネスモデルを作る必要があります。

しかし、
稼げないコーチは、

残念ながら
毎月20人と契約できるほど、
集客出来ないでしょう。

だから、
セッション単価1万円の
ビジネスモデルは
完成することはなく、
最初から破綻していることに
気がつくことがとても重要です。

多くの稼げないコーチは、
ビジネスが成り立つことよりも、
目先の一つの契約にしか
考えが及んでいません。

単価1万円のセッションを
いかに買ってもらえるのか

しか考えていないのです。

そうなると
ビジネスがうまくいくはずがないわけです。

今日は、
こんな話をしていきます。

 

何人に買ってもらわないといけないのか

 

では、
まず、基本的なところからです。

あなたがもし、
コーチングで食べていきたいとしたら、
1ヶ月いくら必要でしょうか?

10万円でしょうか?
20万円でしょうか?

それとも
30万円でしょうか?

まずは、
生活できる金額を
算出するところから
始めなければなりません。

生活できる金額を
毎月稼ぐことができなければ、
ビジネスは破綻しているわけです。

会社で言う、
倒産している状態だということです。

この、
赤字垂れ流しのビジネスを
どうやって黒字に変えていくのかが
とても重要です。

では、
あなたのコーチングビジネスを
どうやって黒字に変えていくのでしょうか?

仮に
生活費が20万円だったとしたら
20万円を毎月稼がなければ、
赤字なわけです。

この赤字をどうやって解消していけば
いいのでしょうか?

一番簡単なのは、

20万円の商品を
1人に買ってもらうことです。

これが
一番簡単な
赤字を解消する方法です。

逆に
20万円の商品を売ることができないならば、
ビジネスが成り立っていないので、
時間の無駄ということになります。

つまり、

20万円の商品なんて
高すぎて買ってもらえない

と考えること自体が

ビジネスを成功させられない思考だということに
気づくことです。

だとしたら、
まずは、
20万円の商品が売れるように
思考を変えていく必要があります。

このことを理解すると、
コーチングで稼ぐためには、
集客やセールス以前に
思考を変えなければならないことが
わかるはずです。

ここで、
思考を変えたくない人は、
ビジネスでは成功できないのです。

ルイ・ヴィトンは、ぼったくりなのか

 

では、

ルイ・ヴィトンは、ぼったくりなのか

ということです。

ルイ・ヴィトンが、
ぼったくりと言う人は、
ルイ・ヴィトンを買いませんよね。

ぼったくりと言う人にまで、
商品を売らないわけです。

ビジネスと言うのは

「利益を最大化すること」

が、重要です。

このことを
理解できなければ、
ビジネスは、うまくいきません。

あなたの商品が20万円だとして、

あなたの商品を

「ぼったくり」

と言う人にまで
売る必要はありません。

あなたの商品を価値を
理解してくれる人にだけ、
商品を売ればいいだけの話なのです。

商品を買うかどうかは、
お客さまが決めています。

あなたの商品が売れないのは

あなたが思っている

「商品が高いから売れない」

わけではなく、

「お客さまにとって必要ない」

だけの話です。

もし、
このときに、あなた自身が

「ルイ・ヴィトンだから高く売れる」

と思うのであれば、

あなた自身の商品が

「高くても売れる」

ようにしなければなりません。

そうしないと
利益は最大化できないし、

ビジネスが成り立たないわけです。

あなたの価値を下げることで、
あなた自身が生活できないとしたら、

なんのために、
ビジネスをするのでしょうか?

ビジネスをする意味が
なくなってしまうのです。

そのためには、
あなたの商品を
できるだけ高い値段に設定し、

売れるようにしていかなければ
ビジネスは成り立ちません。

あなたが
ビジネスをするのであれば、
ビジネスを成り立たせると決めなければ
ビジネス自体が成り立たないのです。

 

本当にビジネスをしたいのか

 

ここまで読んでみて
それでも高い値段をつけられないとしたら、

本当にビジネスをしたいのかどうか、
疑問です。

ひょっとしたら、
あなたは、
ビジネスをしたいと勘違いしているだけで

本当は、

コーチングがしたいだけ

の可能性があります。

コーチングをしたいだけなら

無料でも、低単価でも
いいと思います。

ソーシャルメディアで
セッションを募集すれば、
いくらでも
集まってくるでしょう。

思う存分、セッションをしてください。

しかし、
ビジネスとして
コーチングをしたいのであれば、

利益を最大化することを
心がけなければなりません。

ビジネスを続けていけることを
考えなければならないからです。

その最初のハードルが

生活費分だけ
毎月稼ぐこと

になるわけです。

このことを理解しなければ
いつまでたっても
破綻しているビジネスを
頑張り続けることになります。

破綻しているビジネスを続けていても
稼げるようには一生なりません。

それこそ、
時間の無駄です。

そうではなくて、
しっかりと売上を作り、
毎月生活できるところまで
行かなければ、

プロコーチと名乗るのは
恥ずかしいです。

プロとして
お金をもらうのは当たり前ですが、
本業でコーチングをしていない限り、
プロというのは、
恥ずかしいわけです。

逆に
本業でもないのに
プロコーチと名乗ることで、
コーチング業界の質を
下げていることにもなります。

「コーチングってそんなモノ」

なんて思われるのは、
コーチングで食べている人には
とても失礼なのです。

そうならないためにも、
しっかりと
プロとして稼げるようになり、

ビジネスが成り立つように考えることが
とても重要です。

そのことを理解して、
ビジネスとしてコーチングを
考えてみてくださいね。

いかがでしょうか?

稼げないコーチは
コーチングをビジネスとして
考えていません。

生活するために
必要な金額を稼がなければならない
なんて思っていないはずです。

だから
稼ぐことができないわけです。

サラリーマンなら
決められた時間だけ勤務すれば、
決められた金額がもらえます。

しかし、
コーチングをビジネスとして
考えた場合は、

利益を最大化することを考えなければ
お金をもらうことができないのです。

このことをしっかり理解して、
コーチングビジネスが成り立つように
してくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP