クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

ビジネスに一発逆転はない

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

ビジネスに一発逆転はない

 

今日は、

「ビジネスに一発逆転はない」

というテーマでお話します。

私のところに相談に来る方の中には、

「最短距離で成功する方法はないですか?」

といった内容を相談する人がいます。

答えを先にいうと、

そんな方法はありません。

確かに、

簡単に、
今すぐに
確実に

できる方法を知りたいのはよくわかります。

これらのワードに反応するから、
情報商材が売れ、

うまくいかない人を
量産しているのも事実です。

しかし、
ビジネスは、1週間でとか
1ヶ月でうまくいくという方法はありません。

そんなに誰でも簡単に成功するのであれば、
あっというまに食べられなくなるからです。

なので、
ビジネスで成功するためには、

ある程度、難しく、
時間がかかるものでなければ、
なりません。

ライバルが簡単に真似ができると、
価格競争になり、稼げなくなります。

ビジネスは、ある程度の難易度が必要です。

もちろん、
難しいことでも、

しっかりと内容を理解すれば、
ほとんどのビジネスはうまくいきます。

まずは、
ビジネスの仕組みを説明していきます。

 

なぜ、ビジネスがうまくいかないのか

 

なぜ、うまくいかないかというと、
肝心なところは有料で情報提供していることが
ほとんどだからです。

概要を説明して、
できそうなところまで話をすると

興味がある人は

「できそうな気がします」

そして、やる気がある人なら

実際にやってみます。

しかし、
肝心な部分の説明は、
ないので、結果的に成功できません。

なので、
無料商品、もしくはセミナーで
方法を説明しても、
それだけでは成功できないので、

その後に
「バックエンド」と言われる商品が
登場するのが普通です。

この時の
無料商品、セミナーを
「フロントエンド商品」と呼んでいます。

無料、もしくは低価格で
商品の良さを知ってもらうためです。

そして、
商品の良さを知ってもらった後に

本当に売りたい商品が
「バックエンド商品」です。

今のビジネスで稼げる商品は、

この
「フロントエンド商品」
「バックエンド商品」

で構成されていることがほとんどです。

「フロントエンド商品」と
「バックエンド商品」の間に

「ミドルエンド商品」
がある場合もありますね。

なぜ、
「フロントエンド商品」と
「バックエンド商品」に

わけているかというと、
「安心してもらうため」です。

ネット上ではいろいろな情報が溢れています。

見込み客はいろいろな情報を探していますよね。

その中で、偶然、あなたの商品を見つけました。

商品内容も良さそうですが、
良さそうな商品ほど、
見込み客は警戒します。

 

「ほんとかな?」
「だまされるんじゃないか?」

といった不安が感情にあります。

ネット上の情報では、
言い方が悪いですが、
「好き勝手に書くこと」ができます。

つまり、
結果も出ないのに、
出たように見せかけたり、

スキルもないのに、
あるように書いてみたり

することができるわけです。

なので、
見込み客は、

ネットで情報商材を買うことが
少なくなりました。

私がやっているコンサルティングや
あなたがやっているコーチングは

いわゆる、
「形のないもの」を売っている商品です。

なので、
はっきりいって
「どんなものが出てくるのか」は
買ってみないとわかりません。

そういう理由で、
「販売者と実際に会って」ということが
必要になります。

実際に販売者と会って、
不安を取り除かないと
「バックエンド商品」はなかなか売れません。

こんな理由で
「フロントエンド商品」が必要になります。

なぜ、あなたのビジネスが
うまくいかないかというと、
「バックエンド商品」を買わないからです。

稼いでいる人は、スキルを売って
稼いでいます。

スキルは「バックエンド商品」でしか
説明していないので、

「バックエンド商品」を買わなければ、
成功できないのです。

ビジネスは無料の情報だけで
成功することはありません。

肝心なところは、
有料で提供しているからです。

では、
ビジネスで成功する方法を
説明していきます。

 

ビジネスで成功する方法

 

ビジネスで成功する方法は、

計画、
行動、
結果、
検証、
改善、

のこの繰り返しです。

まずは、
考えたビジネスモデルをやってみて、

どんな「結果」が出るのか、
測定します。

その測定した「結果」に基づいて、
「検証」し、
「改善」する方法を検討します。

改善した結果を「計画」に落とし込んで、
もう一度「行動」します。

この繰り返しで、
ビジネスが成功へと近づいていきます。

これを一般的に
「PDCAサイクル」といいます。

Pが計画
Dが行動
Cがチェック
Aが改善

という意味です。

計画が「ビジネスモデル」という
ことになります。

この「PDCAサイクル」が
ビジネスを成功させる秘訣です。

ビジネスで成功しない人は、
検証と改善をせずに、
いきなり成功しようと考えています。

同じビジネスをしていても、
つまずくところが違います。

同じ人生を歩んでいることがないからです。

なので、
インターネットが弱い人もいれば、
文章を書くことが苦手な人もいます。

もちろん、両方の人もいますよね。

そういうことから、
私のクライアントにも
一度は自分でやってもらって、

「どこができなかったのか?」
「どこがわからなかったのか?」
「どこが難しいのか?」

をクライアント自身に知ってもらって、
私にフィードバックすることで、
その壁を超えてもらいます。

私がいくらやり方を教えても、
どこでつまずくかわからない限り、
その先を教えようが無いのです。

お金を使わずになんとかしようとすると、

誰にも教えてもらえないので、

ネットでヒントを探そうとします。

ヒントが見つかったとしても

本当に正しいかどうかわからないので、

やってみてもうまくいきません。

そんな行動を繰り返しているうちに
あっという間に1年、3年、5年と
時間だけ過ぎていき、

結局年収が変わらない
ということになります。

ビジネスがうまくいかないのは、
「正しいやり方」を知らないからです。

「正しいやり方」というのは、
ネット上にはありません。

「正しいやり方のように」
見せているだけです。

しかし、成功体験がない人は、

「これはすごい情報だ」と
すぐに飛びついてしまいます。

「正しいやり方」が
ネット上にはないことを知っていれば、

「ネットで探して手に入れる」
といった行動をしなくても済みます。

「ネット上に正しい情報があるのではないか」

という期待から、
ネットで探しますが、
それこそ、時間の無駄です。

本気で成功したのであれば、

お金を作って
教えてもらうことが確実です。

このときに重要なのが
「本気でビジネスで成功したいのか」

ということです。

もし、本気なら
夜のバイトでもダブルワークでもして
お金を用意するでしょう。

お金を用意しないと
成功しないのがわかっているのに

「お金がないから、ビジネスをする」

というのはただの甘えです。

ラーメン屋をしたいのに、

「お金がない」のでは、

はじめられないでしょう。

それと同じで、
コーチングビジネスと言えども、

「お金がない」という理由ではじめるのは、
時期尚早です。

どうせ途中でうまくいかなくなります。

なので、
今、稼げていないとしたら、
「正しい稼ぎ方」を知ることが先決です。

 

ビジネスはいきなり成功しない

 

ここまで説明してきましたが、

ビジネスは
「いきなり成功する方法はない」ということが
少しでも分かってもらえたでしょうか。

少しビジネスをしてみて、
うまくいかないから
「ネットワークビジネス」に手を出してみたり
するのは最悪です。

今まで続けていたビジネスを捨てて、
1からビジネスをするのと同じです。

そんな考えでは、
ネットワークビジネスも
途中でやめてしまいます。

私は
「ネットワークビジネス」を
否定しているわけではありません。

私のメンターには、
ネットワークビジネスの
トップリーダーもいますし、

「ネットワークビジネス」は
ビジネスで成功する要素を
すべて持っていると思っています。

しかし、
ネットワークビジネスを1からやるのは、
今のビジネスが成功してからにしてください。

間違っても
「ネットワークビジネスで一発逆転」
なんて思わないでくださいね。

仮想通貨やFXも同じです。

そんなことしても
成功することはありません。

ビジネスで成功したいのであれば、

「正しい稼ぎ方を身につけること」

を優先してくださいね。

いかがでしょうか?

ビジネスに一発逆転はありません。

一発逆転を期待するのはわかるのですが、
そんな甘いことはありません。

「正しい稼ぎ方を身に着けて」
ひとつずつ積み上げることが必要です。

ひとつずつ積み上げた人だけが
成功できます。

いきなり頂上を目指しても無理です。

ぜひ、
あなたも理解して、
ビジネスを成功してくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP