クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

ビジネスをする覚悟がありますか?

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

ビジネスをする覚悟がありますか?

 

非常事態宣言が延長されます。

 

今日はまず、

非常事態宣言についてです。

今日、非常事態宣言が延長されます。

相変わらず、政府の対応が遅く、
延長は専門家に聞いて、

あくまで政府の判断ではない、

という態度です。

更に延長はするけど、
支援策はない、

そんな状態では、
経済がどんどん悪い方向になります。

このままでは、
おそらく、
3割以上の会社が潰れ、
飲食店は、チェーン店以外は
存続がかなり難しいでしょう。

飲食店の場合は、
経営しているというよりは
自転車操業状態で、

その日暮らしのお金を稼いで
生活しているので、

このような状況になると、
なかなか支援してもらえません。

売上をごまかし、
申告もせず、
税金も払わない、

そうなると、
支援してほしいと願い出ても、

政府としても
日頃からしっかりと納税している人から
助けるに決まっているのです。

政府はすべての人を
助ける気はありません。

支援するというのはあくまで
税金をしっかり払っている人だけを
対象にしています。

日頃、税金を払っていないのに
今はピンチだから
助けてくれといったって、
誰も助けてくれません。

なので、
税金を払わないのなら

自分の身は自分で守ると
決めなければ、

今回のような予想もしない有事になると、
どうしようもなくなるわけです。

議員さんは、
お金に困っていないので、
別にどうってことはありません。

しかし、
労働者はそうはいきません。

非常事態宣言も
きっと5月末では解除されないでしょう。

そこに期待をするよりも、
しっかりと自分自身を自分で守ること
をしっかりやっていきましょう。

 

ビジネスをする覚悟がありますか?

 

今日は、

ビジネスをする覚悟がありますか?

というテーマでお話します。

あなたは、
ビジネスをするということが
どういうことだか理解していますか?

ビジネスをするには
それなりの覚悟が必要です。

お金を受け取るということは、

相手に価値を与えなければ
ならないからです。

この価値を与えなければならないという部分で

「スキルが足らないからできない」

というコーチがいます。

しかし、
正直な話、最初から
しっかりと価値を提供できるコーチは
いません。

いつもいうように、
最初の何人かのお客さまは

ある意味、実験台です。

実験台を通して、
問題点を見つけ出し、
改善することも必要なのです。

それも覚悟が必要です。

お金を受け取る気持ちが、

「これぐらいだったら受け取ってもいいな」

ぐらいな安易な気持ちなら、

ビジネスはしないほうが幸せです。

そんな安易な気持ちでビジネスを始めても、
稼げるようにはならないからです。

ビジネスで稼ぐには、

高い価値を提供して、
しっかりとお客さまのニーズに応えること、

お客さまの悩みを解決し、
理想の未来につれていくこと、

このことを理解しなければ、
ビジネスで稼ぐことはできません。

相手が払ってくれるお金を受け取ることが
ビジネスではないのです。

今日は、
そんな話をしてきます。

 

お金を受け取るということ

 

あなたは、

「お金を受け取ること」

がどういうことか理解していますか?

あなたの商品が売れるということは、

あなたがお客さまからお金を受け取るということです。

あなたがお金を受け取ることは、

あなたが、受け取ったお金以上の価値を

お客さまに渡すということです。

しかし、
ここで重要なのは、

お客さまが思っている価値と
あなたが思っている価値が
違うということです。

例えば、
あなたの商品が30万円だったとしましょう。

あなたがやるべきことは、
買ってくれたお客さまに

「全力でサポートする」

ということです。

相手が満足すれば、
それでいいのです。

昔、私の法人のクライアントで、
月に30万円の契約をしてくれている人がいました。

その人のセッションは
毎月やりましたが、
所要時間はたったの10分です。

セッションを開始すると、

「今回はこういうことをやりたいんだけど、
先生はどう思いますか」

という質問だけで終わります。

私はたいてい、

「それでいいと思います」

と答えると、

帰っていくわけです。

つまり、
この法人オーナーは、

背中を押してほしいために、
私に30万円を毎月払ってくれていました。

当時の私は、
罪悪感でいっぱいでしたが、

メンターに相談したら、

「それでいいんだよ。
その人は他に時間を使いたいんだよ」

と言ってくれました。

このクライアントから学んだことは、

「セッションに時間をかければいいわけではない」

ということです。

私は、
セッション時間を無制限にしています。

セッションのときに抱えている問題を
すべて解決してほしいからです。

しかし、
現状そんなに問題を抱えていない人は、
30分程度で終わります。

30分で終わる人もいれば、
4時間かかる人もいます。

問題点を解決しなければ
前に進まないことを
私が知っているからそうしています。

しかし、
ここで気をつけなければならないことは、

相手の時間を奪っているかもしれない、

ということです。

私はセッション時間は、
考慮して、あまり詰め込まないようにしています。

それは
問題点をすべて解決したいからですが、

相手の時間を奪っているかもしれないことを
少しは気にしています。

私が終わりますと言うまで、
帰らない人もいるからです。

私が時間を使っているので
申し訳ないと思わせては
意味がありません。

私が、
クライアントが結果を出すために
全力でサポートしているだけだからです。

それは、
お金を頂いた時点で、

この人を絶対に理想の未来に連れて行く

と私も覚悟を決めています。

覚悟が決められない場合は、
契約しません。

もし、少しでも、

「この人は無理そうだ」

と思った場合は、

クロージングはしません。

私のクロージングは、
理想の未来が確信に変わるので、
ほとんどの人が、
契約してしまうからです。

なので、
私はビジネスとして契約しますが、

お金を払っていただいたら、
私もしっかりと覚悟を決めなければ、
結果が出ないわけです。

これが
覚悟の話です。

物販なら、
ほんとうの意味での物々交換なので、
交換し終われば、
覚悟はあまり必要ないかもしれません。

しかし、
コーチングは形のないものと
お金を交換するので、

覚悟が足らないと、
相手もお金を払ってくれないでしょう。

痩せる商品を扱っている
有名な会社は

「結果にコミットする」

と宣伝していますよね。

あれと同じで、
コーチングも
結果にコミットできなければ
お金を払ってもらえないのです。

私も
月収100万円を稼がせると
結果にコミットしているからこそ、

クライアントが100万円以上を
投資してくれます。

信用してもらえないお客さまには、
当然ですが、
私に投資はしてもらえません。

お客さまが投資するという覚悟とともに、
私も覚悟を決めなければ

コーチングというビジネスは
成り立たないのです。

このことを理解してなければ、

「コーチングやりますよ」
「いい気付きが得られますよ」

といったゆるいコーチングになってしまいます。

実際に、
そんなコーチングに30万円も50万円も
払う人はいません。

だから
稼ぐことが難しいのです。

お客さまが
あなたに高額を払うと決める覚悟と、

あなたが高額を受け取る覚悟が
同等でなければ、

契約が成立しないのです。

このことを
理解していない人が
とても多いです。

会社に行くのが嫌だから
ビジネスをはじめるとか、

自由な時間を手に入れて
稼げそうだから
ビジネスをはじめるといった

安易な気持ちではじめると、
ほとんどの場合は稼げません。

そんなに甘いものではないからです。

あなたがお金を受け取ることは、
相手の覚悟も受け取ることです。

そのことを理解して、
あなたはお客さまが結果が出るように
全力でサポートする必要があります。

ぜひ、
このことを理解して、
お金を受け取れるようになってくださねい。

いかがでしょうか?

ビジネスをする覚悟の意味が
少しは理解できましたか?

ビジネスを続ける覚悟も必要ですが、
お金を受け取る覚悟も必要です。

お客さまがどういう心境で
あなたに投資するのかを
理解できなければ、

なかなかうまくいきません。

このことを理解して、
しっかりとお金を受け取ってあげてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP