クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

ブログ記事が書けない悩みを解決する方法

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

ブログ記事が書けない悩みを解決する方法

 

今日は、

「ブログ記事が書けない悩みを解決する方法」

についてお話しします。

私のところにくる相談で、多いのが、

「ブログ記事が書けません」
「ブログ記事の投稿が毎日できません」

といった悩みです。

ブログ集客をするためには、
ブログ記事を毎日更新することは、
必須です。

ある程度、検索順位が上がれば、
メンテナンス程度の投稿になりますが、

検索順位が上がるまでは、
毎日投稿で、
1000文字以上は書きたいところです。

それが出なければ、
なかなかブログ集客は難しいでしょう。

なぜ難しいのかというと、
グーグルの判断基準です。

グーグルは、

「最新の情報」

「有益なコンテンツ」

という判断基準があります。

この判断基準を満たすために、

毎日更新、1000文字以上

という基準になるのです。

まずは、そのあたりから説明していきます。

 

最新の情報とは

 

最新の情報とはどういうことでしょうか?

最新の情報とは、
現時点での情報かどうかです。

例えば、
1ヶ月前のブログ記事は、
1ヶ月も古い情報となります。

つまり、

1ヶ月前にまとめて投稿した30記事よりも、
毎日記事を投稿するほうが、
現時点での情報なので、
グーグルの評価は、高くなります。

この理由を理解すると、
ブログは毎日投稿しなければならないことは、
理解できるでしょう。

なので、クライアントには、
どんなに短い記事でも、
毎日投稿してください、
とお願いしています。

毎日投稿することで、
グーグルが
「このブログは毎日更新している」
と、評価してくれます。

1週間に1回しか更新しないブログだと、

グーグルが1週間に1度しか更新しない
と認識するので、

ブログの情報を
1週間に1回しか取りに来なくなります。

するとどうなるかというと、
すぐに記事が登録されずに、
1週間新しい記事にアクセスが来ない
ということになってしまいます。

それをさけるために、
毎日投稿することで、
グーグルが毎日記事を取りに来て、
登録することで、

最新の記事に
アクセスを集めることができるのです。

更新頻度が開けば開くほど、
グーグルがやってこなくなるので、

たまに記事を書いても、
なかなかその記事にアクセスがきてくれない
ということです。

なので、
短い記事でもいいので、

「毎日更新してますよ」と
グーグルにアピールすることで、

毎日、記事を登録してくれるようになるので、
SEO対策ができるようになります。

 

1記事1000文字以上書く理由

 

では、
なぜ、1000文字以上書く必要があるのでしょうか?

1000文字以上書く理由は、
「有益なコンテンツ」を書くためです。

有益なコンテンツとは、
どんな基準なのでしょうか?

まず、
あなたは、グーグルが
「有益なコンテンツ」をどのように
判定していると思いますか?

グーグルは、
滞在時間を測定して、

「滞在時間が長いほど有益なコンテンツ」

と判定しています。

例えば、
1000文字の記事と
200文字の記事、

どちらが、読むのに長くかかりますか?

ちゃんと読めば、
1000文字の方ですよね。

グーグルが滞在時間を測定しているので、
長くページにとどまってくれる方が、
評価が高くなります。

滞在時間を長くする目的で
1000文字以上書いてほしいということになります。

もちろん、
だらだら長い文字を書けばいいわけでは
ありません。

しっかりと

「見込み客に役に立つ内容」

で記事を書く必要があります。

最初は難しいかもしれませんが、
がんばって1000文字書くようにしていけば、
次第に、グーグルには認められるようになります。

有益な記事をかけているか、
書けていないのかは、

アクセス解析で測定して、
判断します。

次に
アクセス解析の使い方について
書いていきます。

 

アクセス解析で測定する

 

アクセス解析は、
グーグル アナリティクスが有名です。

ここでは、
アナリティクスの使い方を説明していきます。

アナリティクスで、
解析結果を見ていきますが、

滞在時間を見ることができます。

アクセスがあったページごとに、
「平均滞在時間」ということで、
平均値で表示されています。

その他「直帰率」もわかるようになっています。

「直帰」とは、
あなたのサイトに見に来ても
そのページだけ読んで、移動してしまったと
いうことを表しています。

「直帰率」とはそれを比率にしたものです。

「直帰率100%」とは、
来てくれた全員がそのページを開いただけで
去っていったこと言うことです。

コンテンツSEOでは、
ページ循環を目標とするので、

直帰されるのであれば、
どんどん改善していかなければなりません。

「直帰率100%」でかつ
「平均滞在時間」が0秒の場合、

検索結果で上位表示され、
開いた瞬間に閉じられている

つまり、
検索キーワードと
ページの内容が一致していないということが
わかります。

もし、
検索キーワードと
ページの内容が一致していれば、

最後まで読んでくれるので、
「平均滞在時間」が長くなります。

検索キーワードと
ページの内容が一致することで、
滞在時間が長くなるということは、

有益なコンテンツだと
グーグルが判断するのです。

グーグルに有益なコンテンツと判断されれば、
検索結果に上位表示され、
アクセスが集まりやすくなります。

これが、
「コンテンツSEO」です。

コンテンツSEOは
検索されたキーワードと
ページの内容が一致し、
滞在時間が長くなること
でうまくいきます。

そのためには、
アクセスされるキーワードを
把握することと、

キーワードとページの内容を一致させること、

そして、
最後は、滞在時間を伸ばすことです。

それが、
コンテンツSEOの目的です。

 

ブログ記事が書けない悩みを解決するために

 

では、
ブログ記事が書けない悩みを解決するためには、
どうしたらいいのでしょうか?

コンテンツSEOが理解できると
「なぜ、ブログ記事を書くのか」
がわかると思います。

ブログ記事を書く理由は、
コンテンツSEOを完成させることです。

コンテンツSEOが完成すれば、
ブログ集客が完成します。

もし、あなたがビジネスを成功させたいとすれば、
コンテンツSEOは完成したほうがいいです。

ブログを書くことが目的ではなく、
コンテンツSEOを完成することが
目的です。

そしてその先の目的は、

「見込み客を集める」ことです。

「見込み客を集めること」ができれば

ビジネスは安定します。

つまり、

ビジネスを安定させるために、

「ブログ記事を書く」のです。

ブログ記事を書けないということは、

「ビジネスを安定できない」ということになります。

本当にそれでいいのかという話です。

ビジネスをするためには、
しっかりと稼ぐことが必要です。

稼ぐために、ブログ集客をやるのです。

もし、
ブログ記事を書かないとすれば、

「ビジネスで稼ぐことをしない」

といっているようなものです。

本当にそれでいいのなら、
仕方ないですが、

稼ぎたいとしたら、
ブログ記事を書くことは、
「ビジネスの一部」です。

「ビジネスの一部である以上
やらない選択はありません。

誰もブログ記事を
代わりに書いてくれないからです。

あなたのビジネスは、

あなたが仕組みを完成させなければなりません。

そのために、
ブログ記事を書かなければならないとしたら、
書けるようにならなければなりません。

この部分を避けて通ろうとしても、
ビジネスが完成することはありません。

ブログ記事を書けないイコール
ビジネスで成功したくない

ということになります。

もし、あなたが
ブログ記事を書けないのであれば、

一度ビジネスを考え直す必要があります。

ぜひ、一度、
「なぜ、ブログ記事を書くのか」
考えてみてくださいね。

いかがでしょうか?

ブログ記事を書く意味が
わかれば、
書かないといけない理由も理解できます。

ブログ記事を書くことがゴールではなく、

見込み客を集めることや

ビジネスを安定させることがゴールです。

ゴールを間違えると、
ビジネスを安定させることができません。

しっかりと理解してくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP