クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

メルマガをしていればプロダクトローンチもできる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

メルマガをしていればプロダクトローンチもできる

 

今日は、

メルマガをしていればプロダクトローンチもできる

というテーマでお話します。

あなたは、
「プロダクトローンチ」という言葉を
聞いたことはありますか?

「プロダクトローンチ」は、
動画を使ったセールスです。

「ランディングページ」はご存知ですか?

ランディングページとは、
縦長の商品紹介ページのことを言います。

商品の紹介やお客様の声、
プロフィールや実績などを
1枚のページに書くので、
縦長のページになります。

ランディングページの弱点は、
見込み客が内容を読まずに、
さっさと値段を見てしまうことです。

コーチングやコンサルなど、
形のない商品は、

どうしても「値段」の高い低いで

買うか買わないかを
決められてしまいます。

なので、
見込み客としても、

「先に値段を確認」し、

「値段が妥当なら見る」
「値段が高ければ見ない」

という選択をします。

すると、
見込み客には必要な商品であっても、

内容は読んでもらえないので、
成約率が低いのです。

プロダクトローンチは、
成約率が低い弱点を補う形で登場した
セールスの形です。

今日は、
プロダクトローンチについて、
少しお話していきます。

 

プロダクトローンチとは

 

では、
プロダクトローンチとは、
どんなものなのでしょうか?

ランディングページは、
縦長になると説明しました。

値段が先にわかるのも説明しましたね。

プロダクトローンチは、
動画で順番に説明するので、

値段は、最後まで見ないとわかりません。

商品の良さを先に説明することで、
成約率を上げる目的で作ります。

プロダクトローンチは、
メルマガリストがあれば、
誰にでもできます。

以前は、
リストフォルダーにお願いして、
登録してもらったリストの数に応じて
フィーを支払うこともありました。

リストに対するフィーは、
プロダクトローンチが終わったあとに
支払うので、

セールスが終わり、
入金が終わったあとで、
支払うことで、大きな売上になるのです。

例えば、
何十万もリストを持っている人に
リスト1件に対して1000円払いますと
約束します。

何十万もリストを持っている人が
宣伝すると、
何百、何千と登録されます。

仮に1000件登録されたとすると、
その人に対して100万円支払う
ということになります。

今は、PPC広告でも
リスト1件あたり、1000円以上するので、
リストフォルダーに頼めば、
そんなことも可能です。

あとは、
100万円以上の売上を立てれば、
その売上でリストフォルダーに
支払うという流れです。

しかし、
プロダクトローンチが登場した当初は、
それこそ何億円の売上を
一瞬で作る人がいました。

今は、その手法が当たり前になったことや、
煽り過ぎで、プロダクトローンチ自体を
見てくれなくなったので、

大きな売上を作ることが
難しくなりました。

なので、
リストは手に入るけど、

リスト代金を払えなくて、
ビジネスをやめる人も続出しました。

そういう理由から
スモールビジネスの状態では、
あまりプロダクトローンチは、
使われなくなりました。

しかし、
プロダクトローンチを知っておくことで、
似たようなセールスはできます。

引き続き、
プロダクトローンチについて
説明を続けていきます。

 

プロダクトローンチは、どのようになっているのか?

 

では、もう少しプロダクトローンチについて
説明していきます。

先程、ランディンページの弱点である
「値段を先に見れる」
ということをお話しました。

では、プロダクトローンチは、
どのようになっているのでしょうか?

プロダクトローンチは、
ランディンページを分割した形で
作られます。

通常、ランディンページは、

1.見込み客の悩みや願望
2.理念
3.プロフィールや実績
4.商品の概要
5.お客様の声
6.商品の提案

という形になっています。

これをプロダクトローンチでは、
ひとつひとつの動画にして、
見込み客に配信します。

つまり、
最後の商品の提案まで動画を見なければ、

商品の値段も内容も
わからないわけです。

商品の概要のところで、

「悩みを解決する方法やノウハウ」だったり、
「理想の未来に行ける方法やノウハウ」を

動画で提供することで、
見込み客に「できるかも」と思ってもらいます。

そして、
「お客様の声」の動画を見ることで、

見込み客の不安は安心に変わり、
最後の「商品の提案」の動画を
楽しみに待つ

という流れになります。

興味がない人や
この商品が必要でない人は、
途中で離脱していくので、
残った人はかなり興味がある人になります。

塾をする場合は、
このような手法を使って
塾生を集め、

3ヶ月から半年の塾を開催し、
まとまった売上を作り出すのです。

この手法は、
別にリストフォルダーに頼まなくても
メルマガをしていれば、できるのです。

自分のメルマガリストを
「ハウスリスト」といいますが、
「ハウスリスト」を使って、
小さい規模ですることが可能になります。

 

メルマガもプロダクトローンチの流れで作る

 

実は、
私のステップメールも
プロダクトローンチの流れで作っています。

もちろん、
クライアントに作ってもらっている
ステップメールもこの流れです。

この流れで作ることで、
お客様は「信用」します。

つまり、
「信頼関係を構築する」ことが
できるのです。

ステップメールを適当に作っても
信頼関係はできません。

私のステップメールは
ふるい落としもしていますが、
「信頼関係を作る」ために
配信しています。

プロダクトローンチで
説明した流れが一番効果的だからです。

メルマガを配信している人が

「誰なのか?」
「どんなことを思っているのか?」
「どんなノウハウや方法をしっているのか?」
「他にどんな人が実践したのか?」
「どんな未来が手に入るのか?」

と順番に説明するからこそ、効果があります。

すべては
「見込み客が安心する内容」だということです。

この「見込み客が安心する」というのは、

すべてを

「包み隠さず出す」

ことが必要です。

嘘はだめですし、
大げさに表現することもだめです。

なので、正々堂々と
ステップメールを作ることが
「見込み客が安心すること」になります。

現在のプロダクトローンチは、
「見込み客を安心させること」が
難しいです。

嘘の実績を出したり、
大げさに表現をしたりするので、

悩みを解決できたり、
理想の未来を手に入れることが
できなくなっています。

なので、
大掛かりのプロダクトローンチは
だんだん減っているのです。

しかし、
私が説明したように
ステップメールでも
同じようなことはできます。

「見込み客が安心すること」で
「信頼関係が構築」できるのです。

私の商品である
「稼げるコーチ育成コンサルティング」でも、

月収100万円を達成することが目標です。

しかし、
自分が体験したことのないこと
コンフォートゾーンの外側のことを言われると
不安になります。

月収100万円は達成したいけれど、

「変なことをしないといけない」
「とてもしんどいことをしないといけない」
「悪いことをしないといけない」

といった不安が浮かびます。

その不安を体験セッションで、
安心に変えているのです。

この不安を安心に変えることで、

たくさんの人が
「コーチングで稼げない」という悩みを解決し、
「コーチングで豊かさを手にいれること」

ができています。

私の今の役目は、

「稼げるコーチをたくさん作ること」です。

稼げるコーチをたくさん作ることで、
豊かな人をたくさん作ることができます。

それが社会貢献につながるのです。

私がクライアントを成功させることで、

クライアントがクライアントを
成功させることができる。

この環境を作れば、
どんどん豊かな人が増えていきます。

私はそんな活動をしているのです。

 

プロダクトローンチの流れが分かれそれでいい

 

別にプロダクトローンチのような
大掛かりな仕組みは必要ありません。

あなたの持っているハウスリストの中で、
小さいプロダクトローンチをすればいいのです。

動画は、
ズームの画面共有で撮ることができるので、

10分ほどの動画を作成し、
ユーチューブにアップして、

限定視聴のURLを
メールに貼り付けるだけでできます。

動画も難しいのであれば、
メールだけでも大丈夫です。

重要なのは、
「見込み客が安心するかどうか?」
なので、

見込み客が安心できるような内容を
配信する仕組みを作ればいいのです。

そのためには、
プロダクトローンチの手法を知ることは
とても重要です。

プロダクトローンチがどんな目的で
どのように運営されているのかを
知ることができれば、

ステップメールで再現することで、
十分セールスにつなげることができます。

ぜひ、一度
プロダクトローンチを勉強してみてください。

きっと
あなたの成約率が上がりますよ。

いかがでしょうか?

プロダクトローンチは
準備がとても時間がかかります。

しっかりシナリオを作り、
動画を撮影し、
リストを集め、
セールスをします。

今は、
セールスの前に説明会を用意することが
ほとんどですが、

それも東京、大阪、名古屋、福岡
あたりは必須です。

福岡でテストをして、
名古屋、大阪、東京とすることが
一般的ですね。

予想しない問題が起こるからです。

なので、
都市の規模が小さいところでテストして、

東京では完成しているという
流れです。

しかし、
稼げないときはそこまでやらなくても、

ハウスリストで
グループセッションの募集をしたり、
セミナーの募集をするのは、
できると思います。

プロダクトローンチが
なぜ、成功したのか、
理解できれば、
使えるところだけ使えばいいわけです。

ぜひ、
プロダクトローンチを理解して、
あなたのビジネスに取り入れてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP