クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

リアル集客ができない人はコーチングで成功できない

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

リアル集客ができない人はコーチングで成功できない

 

リアル集客ができない人はコーチングで成功できない

 

今日は、

リアル集客ができない人は
コーチングで成功できない

というテーマでお話します。

リアル集客ができない人は、
コーチングでは成功できません。

なぜかというと、
コミュニケーション力が足りないからです。

コーチングは
コミュニケーションスキルがなければ
セッションはうまくいきません。

リアル集客ができない人は
明らかに
コミュニケーション不足です。

私のところに来る人で、

「リアル集客がうまくいきません」

という人も多いです。

セッションでは、

「何人ぐらいの人に声をかけましたか?」

と聞くと

2,3人とか

多くて10人ぐらいとか
言うわけです。

それで
集客できると思っているめでたい人が
たくさんいます。

自分を芸能人と勘違いしているのでしょうか?

リアル集客がうまくいかないというのではあれば

せめて、100人ぐらいに声をかけて
断られ続けたのなら
アドバイスもできますが、

2,3人で

「集客できない」

と言われても、

そんな楽して集客したいだけか、

と思ってしまいます。

自分が楽して稼ぎたいから、

2,3人声をかけたものの、

断られたから

「集客できない」

というわけです。

それはただの、
楽してビジネスをしたいという

「自分のことしか考えていないコーチ」

というしかありません。

そんなコーチに
もし、依頼しても、
きっとうまくいかないでしょう。

クライアントが可愛そうです。

今日はそんな話をしていきます。

 

リアル集客は100人断られてから

 

まず、
リアル集客がうまくいかないという人は、

100人に断られてみてください。

それぐらいやらないと
できないと言われても、

「そうりゃそうでしょう」

と私は思います。

もし、あなたが、
リアルで集客してこないと殺されるとしたら、

そこら中の人に
声をかけると思います。

2,3人でやめてしまうのは、

コーチングビジネスを

本気でやろうとしていないからです。

覚悟が足らないので、
やれることだけやって終わりになります。

私も
昔は、もちろんリアル集客が苦手でした。

ネットワークビジネスのメンターについていた頃、
こんなことを言われたことがあります。

メンター「電話出して」

私「はい」

メンター
「連絡帳にある上から順番に
電話をかけて、アポ取っていって。
3人取れるまで帰れないよ。
僕が取れるまで待ってるから」

そんなことを言われたことがあります。

「できない」と言うと

「本気で稼ぐ気あるの?」

と言われました。

ネットワークビジネスで成功する人は、
こんな人です。

流石に、
「できない」というと、
諦めたのか、

違う方法を教えてくれたので、
今があります。

しかし、
この人自身が本気になると
もっとすごいらしく、

スターバックスのカウンターの
隣りに座った人に、必ず、
ネットワークビジネスの勧誘をするそうです。

カウンターだと入れ代わり立ち代わり
人が変わるので、
3人ぐらいアポ取るのは簡単だそうです。

そこまでとは言いませんが、
100人ぐらいに声をかけて
断られたのであれば、

覚悟もあるので、
ビジネスを教えますが、

2,3人、断られたぐらいで、
リアル集客の方法を教えて下さい、
といわれても、難しいです。

覚悟が足らないし、
やる気も見えません。

私のクライアントならともかく、
相談してきたぐらいなら、

「100人ぐらいに断られてから来て」

というしかありません。

リアル集客ができないから
ネット集客に、

という人もたくさんいますが、
リアル集客よりも
数倍ネット集客のほうが難しいです。

ネット集客といえども
最後はどこかで
対面セッションをするわけです。

ズームとはいえども
面と向かって話すので

リアル集客ができないと、
結局ネット集客でも
うまくいかないのです。

リアル集客ができない人は、
今の時点で
コーチングビジネスを諦めたほうが
幸せです。

会社員やパートの方が
時間を差し出すだけで
お金がもらえるからです。

自分でビジネスをすると
時間を差し出しても
お金をもらえるのは
ごくわずかの人です。

しかも、
稼げる方法を教えてもらった人しか
稼ぐことができません。

自分で稼ぐ方法を見つけることは
不可能です。

だから、
ほとんどのコーチが稼げないわけです。

まずは、
リアル集客から始めることです。

 

知り合いに声をかけられない

 

次に、リアル集客をすすめると必ず、

「知り合いに声をかけられない」

という人がいます。

知り合いに、
自分の商品を売るのが嫌だというわけです。

しかし、
知り合いに言うのが嫌な商品を

知らない人に売るのはいいことでしょうか?

本来、
お客さまが幸せになる商品であれば、
知り合いならなおさら、
幸せになる方がいいのではないでしょうか。

知り合いや親友のほうが
あなたのビジネスを応援してくれるのが
普通です。

にもかかわらず、
買ってくれないとか、
やめたほうがいいという人は、
友達や親友だと思わないことです。

あなたは
友達や親友だと思っているかもしれませんが、

あなたの商品を応援してくれなかったり、
やめろという人と付き合いを続けたところで、

もし、あなたが成功してしまったら
縁がなくなってしまいます。

ほとんどの場合は、
ねたまれたり、たかられたりするだけです。

そんな人間関係を続けたところで、
うまくいくはずはありません。

もし、
あなたが、
知り合いに声をかけられないとしたら、

知り合いに売るのは良くないけれど、
知らない人なら売ってもいい

と思っているはずです。

知り合いに売るのは後ろめたいけれど、
知らない人が買ってくれるなら
売ってもいいと思っているわけです。

それだと、
自分のことしか考えてませんよね。

そんなことでは、
コーチングビジネスは成功できません。

しっかりと
お客さまのためを思っている商品なら、

友達でも、赤の他人でも同じです。

しっかりとお客さまのための商品を
作ることがとても重要です。

 

そんなに知り合いがたくさんいません

 

次に多いのが、

「そんなに知り合いがたくさんいません」

という人です。

このタイプの人のほうが
コーチングでは成功できません。

なぜなら、
コミュニケーション能力が不足しているからです。

携帯の電話帳の
人数が少ないとしたら、
あきらかにコミュニケーション能力が不足しています。

たくさんいるなら、
上から順番に声をかけていくこともできますが、

コミュニケーション能力不足の場合は、
それができません。

しかし、
問題はそれではなく、

コーチングは
コミュニケーション能力が
成功を左右します。

もし、
友達があまりいないような
コミュニケーション能力が不足している場合、
セッション自体がうまくいきません。

コーチングをビジネスにする以前の話です。

あなたがもし、
セッションを受けるとしたときに、

コミュニケーションが取れないコーチと
セッションがうまくいくイメージがありますか?

意思疎通ができないのに、
セッションがうまくいくはずがないのです。

コーチングをビジネスにする前に、
自分自身のコミュニケーション能力を高めるほうが
コーチングビジネスが成功する可能性が
高くなります。

リアル集客をすすめたときに、

「友だちが少ない」

という人には、

まずは、コミュニケーション能力を磨いてもらう
セッションをします。

そうしなければ、
コーチング以前の話だからです。

もし、
リアル集客が難しいから
ネット集客をしたいと考えるなら、

まずは、
コミュニケーション能力を磨くことも
大切です。

コーチングという商品自体、
コミュニケーション能力が左右するからです。

コミュニケーション能力が低いのに
いくらコーチングのスキルを磨いても
コーチングビジネスで成功するのは不可能です。

それぐらい
コミュニケーションはとても重要です。

もし、
リアル集客が難しいと考えたときに
友達も少ないとしたら
コーチングビジネスには向いていません。

そんな人に
セッションを頼む人はいないからです。

魚のいない池で釣りをしても釣れませんよね。

頼む人がいないビジネスをしても
稼げるはずがないのです。

だったら、
まずは、
コミュニケーション能力を磨いてください。

コミュニケーション能力を磨く方法として
いい方法が一つあります。

それは、
相手の価値観をしっかり聞くことです。

例えば、

「集客ができないんです」

と言われたとしたら、

「なぜ、集客できないんですか?」

と聞いてみることです。

集客ができない理由を
聞くことができれば、

それを直すだけで
うまくいく場合がほとんどです。

コミュニケーションは
言葉のキャッチボールなので、

コミュニケーション能力が低い人は、
自分でボールを持っている時間が長いはずです。

そうではなくて、
できるだけ相手に考えてもらう時間を作る
練習をすることで、
コミュニケーションがうまくなります。

それだけでも
コーチングセッションが成り立つわけです。

コミュニケーション能力を
高める練習をしていけば、

いずれ、コーチングの商品として
出来上がります。

それを提供すればいいわけです。

コミュニケーションは
コーチングでは必須の項目です。

友達がいない人が
コーチングを始めてしまうと、

必ず、コミュニケーション不足で
失敗します。

それが
リアル集客ができない理由にもなります。

このことをしっかり理解して、
リアル集客から
できるようにしていってくださいね。

いかがでしょうか?

リアル集客ができない理由から、
いくつかのパターンを説明しました。

本気で成功したいのなら、
電車で隣になった人に
声をかけていくことで、
クライアントにできるわけです。

私の昔のメンターは、
それで本気度を図り、
本気の人だけを
育てていました。

もちろん、
私は脱落しましたが、
ビジネスでの成功法則は
教えてもらえたので、
今があります。

私も
コーチングで本気で成功したい人しか
クライアントにしません。

お金だけ稼いで終わりの人は、
もっと他の人がたくさん教えているので、
そちらで学んだほうが幸せです。

私は、
助けたい人が明確で、
ビジネスとしてしっかり続けていきたい人しか
クライアントにはしていません。

本気でコーチングで
成功したい人だけを
これからも助けていきます。

あなたも
本気で成功したいのなら
私の体験セッションを受けてみてください。

本気なら、
絶対に稼げるようにしますよ。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP