クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

他人ができることをしない

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

他人ができることをしない

 

今日は

他人ができることをしない

というテーマでお話します。

私のところに相談に来る人は、

「コーチングで稼げない人」

がほとんどです。

現状を把握するために、
話を聞くと、だいたい

「誰かと同じことをしている」

ことが多いです。

特に、
有名な人や、稼いでいる人の
真似ごとをして、

ビジネスしようとします。

これだと、
すでにビジネスモデルが出来上がっている人の
後からビジネスをすることになるので、

お金も投資できない状態では
成功することは難しいです。

かといって、

稼いでいない人の頭で
「稼いでそうな人」の
真似をしても、

稼ぐことは難しいです。

稼いでそうと思うだけで

稼げていない人の真似を
していることが

ほとんどだからです。

では、
どうするかというと

「他人ができることをしない」

ということです。

他人がすでにやっているビジネスは
他人に任せておけばいいのです。

自分がやろうとしているビジネスを検索し、
できるだけ少ないビジネスをしていくことが
ビジネス成功への秘訣です。

検索して、すでに
たくさんの人がやっているビジネスなら、

後から追い抜くことが
難しいからです。

リサーチすることで、

たくさんの人がやっているビジネスを
避けることができるので、

まずは、思いついたビジネスを
検索することからはじめてください。

 

あなただけしかできないビジネス

 

では、
ネットで検索して、

やっている人が少ないビジネスが
見つかったとします。

それを
ビジネスとして組み立てていけば良いのです。

やっている人が少ない、

つまり、
参入しているライバルが少ない理由は
2つあります。

1つは、
もうすでに儲からないと分かっている場合

もう一つは
ビジネスにしにくくて、参入できない場合

です。

儲からないと分かっている場合は、
参入しても難しいです。

すでに、
数多くの起業家が挑戦して、

形にならなかったものですから、

素人の人が挑戦しても
ビジネスにすることは難しいでしょう。

もう一つは、
参入できない場合ですが、

こちらは逆に
あなただけのビジネスになる可能性があります。

この場合は、
ぜひ、挑戦してください。

参入できない場合は、

「あなただけしかできない」

可能性も高いです。

あなただけしかできないビジネスは、

全国からネットで
あなたを見つけ、依頼が殺到します。

ビジネスの隙間を見つけるのは、
ビジネスの基本ですので、
ぜひ、やってみてください。

では、
具体的にどのようにしていくのか
次で説明していきます

 

あなただけしかできないビジネスを作る

 

あなただけしかできないビジネスを作るには
どうしたらいいでしょうか?

先程、検索して、

「同じようなビジネスをしている人を探す」

ことをしてもらいました。

その時に、

「同じビジネスをしている人が少ない」

という結果が出たとしたら、

これはどういうことだと思いますか?

2つの理由を書きましたね。

儲からないビジネスなのか

それとも

誰もできないビジネスなのか

しかし、
これは
ビジネスを組み立てる時点では分かりません。

というか
分かる必要はありません。

ビジネスは
結果が出るか、出ないかだけだからです。

結果が出れば、続ければいいし、

結果が出なければ、
出るまで改善するか、撤退するか

だけです。

ここで重要なのが

「やっている人が少ない」

ということです。

やっている人が少ないということは、

ネット集客が楽にできる

ということになります。

全国で10人目までにはいれば、
1ページ目に表示されるわけです。

SEO対策が「超簡単」ですよね。

例えば、

健康系のブログで1位になろうと思えば、

何万ページ、ひょっとしたら
何十万ページや何百万ページ必要なのか
見当も付きません。

単価の安いライターをたくさん雇って
記事を自動で集めるツールを使って

ページを作ったりしている人に
対抗していくのはとても難しいです。

しかし、
全国で、たった数人しか
同じビジネスをしていないとしたら、

数ページのブログでも
検索上位に表示されます。

SEO対策は
1ページ目に表示されることが
必要です。

特に
3位までに表示されたページに
8割以上のアクセスが集中すると言われています。

つまり、
3位までを目指すことが重要です。

ライバルが少ないということは、
しっかりSEO対策すれば、
1位を取る取ることは可能です。

そして、ここからが重要な話です。

上位表示をしてみて

「結果が出れば、続ける」

「結果が出なければ、撤退する」

という判断がすばやくできる

ということです。

他のビジネスの場合は、

SEO対策に2ヶ月はかかります。

この場合は、
結果が2ヶ月後にようやく出るということです。

ライバルが少なく
例えば1週間で上位表示できたとしたら、

1ヶ月もあれば、
十分解析結果を得ることができます。

すると、
うまくいけば、
1ヶ月で、契約が取れるということです。

契約が取れれば、

「ビジネス参入が難しかった」

と判断し、独壇場になります。

そのまま天狗にならずに
しっかりとSEO対策を続けていけば、

ずっと1位を確保し、
どんどんクライアントが増えていくことでしょう。

そのためには、

「他人ができることをしない」

ということを徹底することが
一番の早道になります。

 

他人ができることをしない理由

 

では、
ほんとうの意味での

他人ができることをしない理由を
説明します。

「他人のできることをしない理由」は

あなたを
「選んでもらう理由を作る」

ことにあります。

他人ができることであれば、

あなたを選ぶ必要はありません。

あなたができる人のうちの
ひとりでしかないからです。

しかし、
あなただけしかできないことであれば、

「あなたを選ぶ」しか選択肢はありません。

そうなると、

「あなたに依頼が来る」

ということになります。

それはわかるけど、
どうしていいのかわからない

という声が聞こえてきそうなので、

ここで少しヒントを書きますね。

私がよく言っている
「ポジショニング」の話です。

あなたのビジネスが
他人と差別化できれば、

「あなたを選ぶ理由」になります

ポジショニングは
1日講座になるので、

ここでは一部分だけ紹介しますね。

例えば、

コーチングでも、

恋愛コーチもいれば、
ライフコーチもいるし、
マネーコーチもいますよね。

では、
地域限定にしてみるとどうでしょうか?

大阪で一番依頼が多い恋愛コーチとか
大阪で一番依頼の多いライフコーチとか

肩書を作れば、

「大阪 恋愛コーチ」で検索した時に、
ライバルが少なく、
SEO対策で1位になれば、
依頼が最も多くなります。

私が住んでいるのが大阪だからで、

あなたが住んでいる地域にしてみて、
検索してみてくださいね。

大阪でライバルが多いならば、

「箕面市で一番依頼が多い」

でも構わないわけです。

コーチングというカテゴリーは

「対面セッション」が好まれます。

なので、

見込み客が住んでいる地域に近いほうが
いいわけです。

大都市よりも
地方都市のほうが、
見込み客も減りますが、
ライバルも減ります。

ライバルがSEO対策できていないのであれば、

地域を絞って
肩書を見つけるのはありですよ。

次は、年齢性別で分ける手もあります。

恋愛コーチでも

「30代女性専門、恋愛コーチ」でも
いいですし、

恋愛ではなく「婚活コーチ」にしたほうが
ニーズは多そうですよね。

「30代独身女性専門 婚活コーチ」

という肩書にすれば、
かなり、ライバルが減ると思います。

婚活コーチだけ名乗っても
すでにやっている人がたくさんいるので、

それは、「他人ができること」です。

あなただけしかできないことを
見つけていくことが、
ビジネスを作る重要なことです。

「これができれば儲かるのになぁ〜」

という妄想は、

あなたが単に思っているだけのことです。

「見込み客が悩んでいることを解決すること」

そのためには、

「あなたはどうやって解決できるのか」

ということになります。

このどうやって解決できるのかの内容が

「あなたしかできないこと」

になれば、

「あなたを選ぶしかなくなる」わけです。

これが

「選ばれる理由」の作り方です。

何度か話をしていますが、

「ポジションをずらす」

という考え方です。

婚活コーチのポジションをずらして、

「大阪で一番依頼の多い、婚活コーチ」

もしくは

年齢性別でポジションをずらして

「30代独身女性専門 婚活コーチ」

でもいいでしょう。

もちろん、2つ組み合わせて

「大阪で一番依頼の多い
30代独身女性専門 婚活コーチ」

という肩書でもいいと思います。

後は、

大阪に住んでいる30代独身女性で
結婚したいと思っている人向けに
情報発信し、

あなたを見つけてもらうわけです。

もちろん、

ライバルは少ないので、
すぐに見つけてもらえますよね。

後は、
信頼関係を作り、

体験セッションを経て、
契約という流れになります。

この
「他人ができることをしない」ことで

ビジネスの隙間を見つけることができます。

この手間を惜しむと、
ビジネスが上手くまわりません。

リサーチしても
たくさんの人がやっていることを
真似する方向にいってしまうからです。

それだと、

いつまで経っても
「あなたの見込み客」には
見つけてもらえません。

検索結果100位に表示されても、
ブログにさえ来てもらえることはなく、
メールマガジンにも登録されないからです。

ビジネスで
「うまくいっている方法を真似すること」

は確かにビジネスでは基本です。

しかし、
いざ、そのビジネスに参入した時に、
あなたが稼げるようになるかどうか

は全く別お話です。

ライバルも

「あなたがどんどん稼いでね」

と見込み客を譲ってくれるわけでもなければ、
手を抜いてくれるわけでもありません。

ライバルは
どんどんあなたの見込み客を
集めていきます。

そんな市場に参入したところで、
あまりビジネスの知識がない状態では、
成功するはずがありません。

なので、
ポジションをずらし、

「選ばれる理由」を作り出す必要があるのです。

 

選ばれる理由がないと、成功できない

 

最終的に、
数多くのライバルの中から

あなたに
「お願いします」と言われるためには

「選ばれる理由」が必要です。

選ばれるためには

「圧倒的な内容を提供する」か

「ライバルの数を減らす」か

どちらかです。

稼げていない状態で

「圧倒的な内容を提供する」ことは
とても難しいことです。

なので、

ポジションをずらし、
「ライバルの数を減らす」ことで

選ばれる理由を増やします。

もし、
ライバルが2人しかいない場合は
50%の確率で
あなたが選ばれます。

スキルが上がれば、
あなたが選ばれるようになるので、
100%あなたが選ばれるのです。

そのためには、
できるだけ「小さな池」を作る必要があります。

「あなた専用の小さな池」を作ることで
魚がつれます。

太平洋の真ん中で勝負しても
すでに稼いでいる人がたくさんいます。

「どこに魚がいるのかわからない」
「どうやって魚が釣れるのかわからない」

状態でビジネスをしているのです。

だったら、
自分専用の「小さな池」を作り、
小さな池の中の魚を釣る練習をしたほうが、
いいわけです。

小さな池とは

地域や年齢性別で差別化することで
作ることができます。

この小さな池に

「必要な人に、必要なタイミングで
必要なものを差し出す」

だけで

商品が売れていきます。

稼げないときは
どうしても

大きな池に行って魚を釣ろうとします。

この思考が稼げない人の特徴です。

大きな池に行っても、
魚が1匹しかいてなければ、
なかなか釣れません。

なので、
できるだけ小さな池を作ることが
ビジネスの最初はとても重要です。

小さな池で釣れるようになれば、
大きな池でも釣れます。

つまり、

「大阪で一番」が

「全国で一番」になってもいいわけです。

最初から「全国」で勝負しても
すでに稼いでいる人がいます。

稼いでいる人に
勝負を臨んでも
負けるのは目に見えています。

なので、
小さな池を作るのです。

「他人ができることは他人に任せる」

「自分しかできないことを探して、
ビジネスにする」

これが、
ビジネスが成功できるコツです。

ぜひ、一度
「自分専用の小さな池」

を見つけてみてくださいね。

いかがでしょうか?

どうしても
稼げないときは

大きなポジションに目を向けがちです。

しかし、
大きなポジションをとっても、
すでに稼いでいる人には勝てません。

勝つためには、
小さなポジションでビジネスを組み立てて、

ビジネスが回るようになってから、
大きなポジションに移る、

そうしないと
いつまで経っても
稼げるようにはなりません。

その考えが間違っていることに
早く気がついてくださいね。

 

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP