クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

他人の人生を歩む癖をやめる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

他人の人生を歩む癖をやめる

 

今日は

「他人の人生を歩む癖を止める」

というテーマでお話します。

子供の頃からの教育により、
ほとんどの方が、
「両親の価値観」で生活しています。

つまり、
「親の人生」を歩んでいるのです。

小学生以降は、
学校の先生からも
価値観を刷り込まれます。

価値観が刷り込まれると、
あなたが子供のときにやりたいと
思っていたことが、

両親や先生の価値観で、
「やってはいけない」ことに
なってしまいます。

「お金」や「世間体」を
気にする両親ならなおさら、
労働者の思考を
刷り込まれているはずです。

価値観を刷り込まれることで、
どんな影響があるかというと

「他人の人生を歩んでいる」

にもかかわらず、

「自分の人生を歩んでいる」

と勘違いしてしまいます。

私の体験セッションに来る人の中に
ごくたまに

「他人に教えられたことを
すべてやってみたけれど、
うまくいかなかった」

という人がいます。

もちろん、私は
「やると決めたのは、あなたですよ」

と念押しした上で、

「すべてやってきたと
思い込んでいるだけですね」

と付け加えます。

もし、
本当にすべてのことが出来たとしたら、
うまく行ったはずです。

でも、
結果はうまくいかなかったとしたら

これは「自己責任」ということになります。

この自己責任は、
「自己啓発」でいっている
「自己責任」のことです。

稼げないコンサルや
うまく結果が出せないコンサルには、

この「自己責任」という使い方を
勘違いしている方がいます。

「私はしっかりと教えたのに、
結果が出ないのはクライアントのせいだ」

「結果が出ないのは
クライアントの自己責任だ」

というわけです。

しかし、
クライアントは、
「結果を出すため」に
コンサルを選んでいます。

セールスレターやランディングページを
ある意味信じているから
そのコンサルを選んだわけです。

うまくいかないコンサルの中には

「自分は自己責任でやっている」

という人もいるでしょう。

しかし、
本当は「結果が出るように」するのは、

コンサル側にも半分は責任があります。

どちらが悪いわけではなく、
コンサルが50%、
クライアントが50%であるべきです。

クライアントの結果が出ないとしたら、
コンサルがしっかりと見極めて、

「クライアントにしない」

という選択もできるからです。

クライアントにしたということは、
責任を持って

「結果が出る所」まで連れて行けなければ、
いずれコンサルとしては、
クライアントがいなくなるでしょう。

うわさがあっという間に広がるからです。

 

自分の人生を歩むということ

 

では、

「自分の人生を歩む」ということは、

どういうことでしょうか?

しっかりと自分で目標を決めて、
期限も決めて、
目標に向かうということです。

そのためには、
両親や先生から教えられた価値観を
書き換える必要があります。

価値観を書き換えることは、
「メンタルブロックをはずす」
という表現もありますね。

しかし、
メンタルブロックを外すことは、
実はそう簡単ではありません。

よく世の中で
「◯◯ブロックを外します」という
セラピストやカウンセラーがいます。

単価は
3000円や5000円でやっていたりしますね。

そんな低価格の
セラピストやカウンセラーが
メンタルブロックを外せるかと言うと

ほとんどの人が
「外した」と
思いこんでいるだけにすぎません。

なぜならば、
大抵の場合は、
外してもらったクライアントが、

1週間もすれば
同じ悩みを抱えているからです。

つまり、
ブロックに気付かせ、
楽にしただけで、

根本原因を外したわけではないからです。

根本原因から改善できなければ、
スッキリはするけど、
また同じ悩みが発生してしまいます。

なので、
根本原因から改善せず、
リピーター戦略をとって稼いでいる
セラピストやカウンセラーが多いわけです。

そうなると、
悩みを抱えている人は、
「いつまでたっても改善しない」
ということになります。

本当に効果があるかどうかは、
セラピストやカウンセラーが
「本当に稼げているかどうか」
を見ればいいと思います。

ビジネスで稼げているのであれば、
必ず「法人成り」しています。

「法人成り」とは、
株式会社にしているという意味で、

株式会社か個人事業主かどうかで
稼げているかどうかを判断すれば、
いいでしょう。

間違っても「アメブロ読者」
今はフォロワーという名前になっていますが、
フォロワーが多くても稼げているとは限りません。

個人のホームページを持てないぐらい
生活しているだけで精一杯な人も
数多くいるからです。

見分け方を知らない人が
そのようなセッションを
受けている可能性もあるので、

もし、あなたがそういう人に
セッションを受けているとしたら、
別の人を探したほうがいいでしょう。

マイナスからゼロにつれていくだけで
すぐにマイナスの領域に戻ってしまうからです。

 

稼げない思考を捨てること

 

自分の人生を歩むためには、

まずは、
「正しい思考に上書きすること」

が必要です。

もちろん、
「稼げない思考」だったり
「親の価値観」だったりを
捨てなければなりません。

この
「今まで正しい」と思ってきた思考を
ポイポイ捨てられるかと言うと
そう簡単ではありません。

簡単に捨てられるなら
とっくに成功しているからです。

捨てる方法のひとつとしては、
すでに成功している人から
思考を学ぶことです。

私も
大成功している人に、
思考を上書きしてもらいました。

思考を上書きすることで、
成功者側つまり、
労働者の反対側から
物事を判断することができます。

そうなると、
相手が考えていることが
手に取るようにわかります。

ということは、
相手が次に口にだすことを
先にこちらが言うことで

「なんでわかるの」

という感情を相手が持つようになります。

それが正しければなおさらですよね。

このようなセッションを繰り返すことで、

クライアントの思考を
「成功者思考」に書き換えていくのです。

いずれ、
私の考え方がすべて理解できるようになると
同じようにセッションで使うことができるので、

クライアントが契約したクライアントも
結果が出るのです。

このしっかりとした
リレーションができるからこそ、
私のクライアントに結果が出る理由です。

そのためには、
まずは、「自分の人生を歩む」
ということを自分で決めなければなりません。

それが、
自分の人生を歩む始まりとなります。

 

2つの道を選ぶことができる

 

多くの人が
「他人の人生を歩んでいる」こと
さえ知りません。

それは
富裕層が作り出した仕組みだからです。

富裕層はこの仕組みの
中身を知っていますが、
労働者は知りません。

知らないことは気が付かないので、
気にもなりませんよね。

しかし、
今、この記事を読んだ人は、
その仕組みを
知ってしまったことになります。

ということは、
このまま他人の人生を歩むのか、
それともこの時点から
自分の人生を歩むのか

決められるということです。

もし、
このまま「他人の人生を歩んでいる」
ことさえ知らないとしたら
普通に人生を終わらせていたでしょう。

しかし、
今は、どちらかの人生を
選択することができます。

あなたは、
「他人の人生を歩む」のか

それとも
「自分の人生を歩む」のか

どちらを選びますか?

「他人の人生」を歩んで
成功することは、できません。

なぜなら、
「他人の人生」
つまり、労働者の人生だからです。

労働者の人生を歩み続けても、
成功にはたどり着けません。

なので、本気で成功したければ、

「自分の人生を歩む」必要があります。

ここまで読み進めてみて
どうですか?

他人の人生を歩み続けますか?

もちろん、

自分の人生を歩みたいですよね。

なら
あなたがすべきことは

自分の価値観の間違いに気づき
その「他人の人生」を捨てる

ということです。

あなたが、

「自分が間違っていたので、
正しい方法を教えてください」

と素直に認めた時、

成功への扉が開くでしょう。

いかがでしょうか?

あなたが成功できない理由は

「他人の人生を歩んでいるから」です。

「他人の人生を歩んでいる限り」

成功はありません。

一日も早く、
自分の人生を歩めるように
なってくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP