クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

体験セッションに申し込まれるステップメールの作り方

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

体験セッションに申し込まれるステップメールの作り方

 

今日は、

「体験セッションに申し込まれる
ステップメールの作り方」

についてお話します。

ステップメールは、
「体験セッションに申し込んでもらうため」
に、作ります。

それ以外だと、
セミナーやお茶会への誘導なのにも使えます。

しかし、
ステップメールの作り方を失敗すると、
「体験セッションには全く申し込まれない」
ということになります。

体験セッションに申し込まれないということは、
ステップメールを書き直さなければなりません。

そうならないためにも、
どうしたら

ステップメールをしっかり読んでもらい、
体験セッションに申し込んでもらえるのか

という内容でお話します。

 

まずはゴールを設定する

 

では
どのようにステップメールを作るのでしょうか?

まずは、ゴールを設定します。

ゴールは
「体験セッションに申し込んでもらう」
ということです。

体験セッションでは、

ステップメールを読んで

難しいこと
わからないこと
できないこと

を解決することと

バックエンドをオファーすることです。

クロージングの前に、
サポートが必要かどうか確認し、
必要ならばオファーをします。

必要なければ、
体験セッションだけで終わります。

体験セッションに参加した人が
クロージングを必要としていないのに、
クロージングすると
「売り込まれた」と思われてしまいます。

なので、
体験セッションでは、

サポートが必要か
それとも必要ではないのか、

確認することで、
クロージングが必要かどうかわかります。

しかし、
必要かどうか以前に、
ステップメールがしっかりできていると、
私の場合は、
体験セッションで80%以上の人が
契約してくれます。

つまり、
成約率80%です。

成約率が高いのは、
体験セッションのトークに秘密がありますが、
それは、また別の機会にして、

今日はステップメールの作り方について
お話していきます。

 

相手からお願いされるクロージング

 

では、
ステップメールをどのように作っていけば
体験セッションに
申し込んでもらえると思いますか?

それは、
ステップメールを読んだ人に、
「理想の未来に行けそうだ」と
イメージさせることです。

ステップメールを読んで
理想の未来に行けそうだと思えば、

ある程度の方が、
体験セッションに申し込んでくれます。

ステップメールを読んだだけで
理想の未来を手に入れる人は、ごく僅かですが、

理想の未来が手に入りそうと思う人が
半分以上いれば、

それで体験セッションに申し込んでくれます。

なぜなら、
理想の未来に行けそうだけれど、

「ここがわからない」
「ここができない」
「ここが難しい」

と言ったところが必ずあるからです。

その部分を解決するために、
体験セッションに申し込んでくれます。

そしてその大部分の人が、

「理想の未来は手に入りそうだけれど、
サポートが必要だ」

と思っているのです。

サポートが必要だと思っているとすれば、
体験セッションに申し込み、
不安を取り除けば、サポートを受ける、

つまり、
「契約する」ということです。

私の場合は、
出し惜しみ無く、すべてをステップメールで
書いています。

なので、
自分でできそうと思う人と
絶対サポートがいる人
に分かれます。

約半分が体験セッションに申し込んでくれて、
8割が私のクライアントを選ぶわけです。

この仕組みが出来上がれば、

ネットから勝手に私を見つけてくれて、
メルマガに登録し、
ステップメールから体験セッションに申し込んでくれて
体験セッションまでは全自動です。

体験セッションは流石に、
私のセッションが必要なので、自動とはいきませんが、

それでも目の前に来てくれた
見込み客の悩みを解決することで、
「サポートして欲しい」
と言ってくれるわけです。

これが、
「相手にお願いされるクロージング」
ということになります。

そのためには、
体験セッションに
申し込まれるステップメールを作ることが
とても重要だということがわかると思います。

体験セッションに申し込んでもらえる
ステップメールの作り方が分かれば、

誰にでも自動で
クライアントを獲得する仕組みは作れます。

ただ、なんでもいいので、
ステップメールを作ればいいというものでは
ありません。

なんでもいいのであれば簡単ですが、
ステップメールは、コツがあります。

 

正しいステップメールの作り方

 

では、ここでは、
正しいステップメールの作り方を
お話していきます。

正しいステップメールの作り方は
何種類かあるのですが、
一番簡単な作り方を紹介していきます。

一番簡単な方法は、

「商品パッケージの順番にステップメールを作る」

ということです。

商品パッケージは
ステップメールで紹介しているので、
それを読んでくださいね。

商品パッケージを作ると
5つから6つのステップになります。

この5つから6つのステップを
言語化し、

1通目から順番に作ります。

私の場合は
おおざっぱに言うとこの順番です。

1.マインドセット
2.ポジショニング
3.ビジネスモデル
4.マーケティング
5.セールス

ですから、
この順番に、
ステップメールを作っただけです。

そして、
ステップメールを順番に読むだけで、
できそうな気持ちになります。

しかし、
なかなかできそうですが、
できないと思います。

できても、
2,3年はかかるのではないでしょうか?

なので、
半年後に安定してい月収100万円稼ぎたい人が、
私の体験セッションを受け、
クライアントになります。

私は別に、
自分でやると決めている人にまで、
クロージングはしません。

それこそ売り込みです。

しかし、
さっさと月収100万円を稼ぎたい、
けれども、自分ではできそうにない、
私のサポートが必要だ

という人だけに商品を説明し、
契約してもらっています。

なぜそうなるかというと、
ステップメールで
ほとんどのやり方は書いてあるからです。

やり方が書いてあると、
そのまま、忠実にできれば、
成功できます。

しかし、
ほぼすべての人が
どこか途中でつまづきます。

それが、
2年も、3年もかかる理由です。

コーチングで稼げない人は、
商品パッケージすら作れません。

コーチングをするという商品だけで、
商品の値段をつけているからです。

そんな商品を買う人は、いません。

理想の未来に行くイメージができないからです。

コーチングにお金を払う人は、

人生を変えたくて、
理想の未来を手に入れたいと
思っている人です。

しかし、
理想の未来に行くイメージができなければ、
「どうやって連れて行ってもらえるのか」
わかりません。

そんな、コーチングにお金を払う人は
いないのです。

コーチはすぐに
肩書きをつけたがります。

ライフコーチです
婚活コーチです
エグゼクティブコーチです

と肩書をつけるのは勝手ですが、

どのようにしたらゴールに辿り着くのか
説明できる人はいません。

1回目のセッションは、こうで、
2回目のセッションは、こうで、

といった
明確なセッションの内容を説明できなければ、

6回のセッションで
たどり着くことができないのです。

しかし、
稼げないコーチは
毎回のセッションを、
質問と傾聴でなんとかしようとします。

それだと、
いつまでたってもゴールに近づきません。

1回の成果が確認できないからです。

しかし、
6回分のメニューが決まっていると、
1回目で、ここまで行っていなければ、
2回目は、はじめられない場合があります。

そうすると、
1時間では終わらない可能性もあります。

しかし、
コーチングスクールでは、
「時間内に終われるような訓練」
もするようなので、

そんなルールを持っていると、
クライアントは、不安になるだけです。

なので、
コーチングスクールで資格をとっても
稼げないわけです。

もしろ、
そんな資格は、ないほうが、
早く稼げるようになります。

「商品パッケージを作り、
言葉で説明できること」

これができなければ、
コーチングで稼げるようにはならないのです。

言葉で説明することイコール
「ステップメール」ということになります。

あなたの商品パッケージが
言葉で説明できるのであれば、
そのまま、言語化するだけです。

それが一番簡単な
ステップメールの作り方です。

 

商品パッケージの内容を言語化するだけ

 

商品パッケージの内容が言語化できれば、
ステップメールは出来上がります。

そして、
ステップメールをすべて読んだ人は、
「商品パッケージ」の内容を理解している
ということになります。

そうすれば、
体験セッションで、
イチから説明する必要はありません。

ステップメールの内容をサポートしてほしくて
体験セッションを受けるので、
私の成約率は80%を超えているわけです。

つまり、
ステップメールの内容が本当に手に入るのか、
体験セッションで確認しているだけなのです。

ステップメールの内容が
本当に手に入ると分かれば、

理想の未来が手に入るということなので、

サポートして欲しい、
契約したい

となるのは当たり前ですよね。

逆に、
商品パッケージの内容と
手に入れたい理想の未来が違う場合は、

課題を出さない、
体験セッションに申し込まない

ということになるので、
「自分で成功する」と
決めた人だということになります。

この仕組みを作れば、

サポートが欲しい人は、
体験セッションに申し込み、

サポートが必要ない人は、
体験セッションに申し込まない

という振り分けが自動でできてしまう、
ということになります。

それが、
80%という高い成約率を作り出し、

全自動で体験セッションに
クライアントを集める仕組み
になるということです。

ここまで作り込める人は、
あまりいないと思います。

逆に
本当に安定してクライアントを獲得したければ、
ステップメールをしっかりと作ることが必要です。

PPC広告でアクセスを買うことができるので、
別にブログ集客ができなくても、
お金を使えば仕組みは完成します。

ブログを毎日書く必要もありません。

しかし、
稼げていないときは
「お金」というツールは使えないので、

時間を使ってブログ記事を作り、
アクセスを集めて、
ランディングページに流し、
メルマガに登録してもらう

というステップメールの前段階が必要になります。

この前段階の作業が、
ビジネスをしたことがない人や、
ビジネスが上手く回せない人には
とても難しいわけです。

ブログ集客も難しい、
ステップメールも難しい、
体験セッションも難しい、
クロージングも難しい、

これだけの難しいことを自分一人で
正しく作ることはかなりの難易度です。

たぶん、どこかで間違うので、
ひょっとしたら
永久にできない可能性もあります。

この仕組みを

自分で作ることが難しいと理解する人は、

私のサポートが必要だと思うのです。

仕組みを作るためには、

正しい思考を身に着けていなければなりません。

「ビジネスが成功するからお金が手に入る」
「価値と価値を交換する」
「成功者と仲良くなる」

といった思考を理解できなければ、

「全て自分でする」
「お金がないからビジネスをする」
「お金を払いたくない」

という労働者の思考で
行動してしまいます。

そうすると、
いつまでたっても成功できません。

気がついたら
3年も、5年も同じ年収で、
つらいだけということになります。

つらいことは、
半年ほどで済ませませんか?

そうすれば、
半年後には、
月収100万円が安定収入として
手に入っています。

そこに
早く気がついてくださいね。

いかがでしょうか?

私がなぜ、
成約率が80%以上なのか、
理解できましたか?

成功するイメージを
ステップメールで再現しているのです。

欲しい未来がステップメールで理解できれば、
欲しいと思うはずです。

もし、
ステップメールを読んでも
「何か違う」と思う人は、
体験セッションにも申し込みません。

それはそれで正しいからです。

私は、
ステップメールに書いたことを教えることで、
クライアントも
確実に契約が取れるようになります。

だた、
私は、私を信じて、
クライアントになってくれた人だけを
助けていくので、

「何か違う」と思う人までは
助けることはできないのです。

しかし、
嬉しいことに、
体験セッションに申し込まなかった人も
このメールマガジンを読んでくれています。

ということは、
いつか、私もあなたを助ける日が来るかもしれない
ということです。

悩んでいても解決せず、
どんどん時間が経つだけですよ。

解決するなら早いほうがいいと思います。

私も、いつまで扉を開けているかは
保証できません。

もし、ここまでメールを運良く読んで、
サポートが欲しいと感じたら、

いつでも相談フォームから連絡をください。

あなたからの連絡をお待ちしています。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP