クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

価格を値切る人は器が小さい

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

価格を値切る人は器が小さい

 

今日は、

「価格を値切る人は器が小さい」

というテーマでお話します。

よく、
「どこどこでこんなに安く買えた」
と自慢する人がいます。

本当に安く買えたのならいいのですが、

「値切り倒して安く買えた」と
「値切ったこと」を自慢する人がいます。

「値切ったことを自慢する」のは、
「相手より優位に立ちたい」という
「劣等感」から来ています。

「劣等感」は
相手より劣っている感情なので、

少しでも優位に立って、
「劣等感」を打ち消したい
という行動です。

しかし、
そもそも値切る前の価格は

「払えない」
「払いたくない」

つまり、
相手の提示した価値を
受け取れないということなので、

「器が小さい」

ということになります。

「器が小さい」と

受け取る器も小さいので、
「稼げない」ということにもなります。

なので、
本当に稼ごうと思えば、

「支払う器を大きくする」
とともに

「受け取る器も大きくする」

この両方を同時にすることがとても大事です。

今日はそんな話をします。

 

「お金のブロック」がある

 

まず、値切る人の特徴として

「お金のブロック」があります。

商品を買う時に
「そんなにお金を払いたくない」

と思っています。

欲しい商品であれば、
価値を支払うのは当たり前ですが、

「より高いものを手に入れたい」と
思っているのです。

この行動をし続けていると、
自分に対しても
値切られたり、
安い給料で働かされたりします。

相手にしていることが
全て自分に返ってくるからです。

なので、
「私はしっかりとお金を払える」

「支払ったお金は何倍にもなって返ってくる」

という価値観を持つことが重要です。

もし、

「支払ったお金は何倍にもなって返ってくる」

と知っていれば、

「値切ること」によって、
返ってくるお金も少なくなることも
わかるはずです。

しかし、
「お金は支払ったら無くなる」
と思っている限り、

「お金が無い」を引き寄せ続けます。

それが、
労働者が

「お金が流れてこない」

原因です。

なので、
もし、

稼ぎたい、
お金を手に入れたい

としたら、

「支払ったお金は何倍にもなって返ってくる」

を理解することが必要です。

そうすることで、
徐々に「お金のブロック」が

外れていくのです。

 

「支払う器を大きくする」

 

「支払ったお金は何倍にもなって返ってくる」

ことがわかると、

支払う器が大きくなっていきます。

支払う器が大きくなると

受け取る器も大きくなっていきます。

お金を受け取る器が大きいのに
値切るという人は、

「お金に執着」しているので、
いずれ、お金が流れてこなくなります。

「お金がいつかなくなる」と
思っているからです。

「お金は向こうから勝手に流れてくるもの」
なので、

川の水がなくならないように、
「お金が流れてくること」も

なくならないのです。

それが理解できないと、

お金は頑張って稼ぐしか無い、
お金は使ったら無くなる

と思ってしまうので、
なかなかお金が流れてこないのです。

つまり、
自分自身で
「お金が流れてくることを止めている」
からお金持ちにはなれないのです。

そのためには、
しっかりとお金の流れを作ることが
必要です。

上流からお金が流れてきたら、
下流にお金を流す

スピードを早くして、
量も多くすることで、

お金はどんどん流れてくるようになります。

これが
成功者がしていることです。

しかし、労働者は
「お金を大事に抱え込みます」

「お金は空いたところに入ってくる」ので

貯め込むと懐には入らず、
脇に流れてしまいます。

コップの水が満タンになった状態では、
それ以上水が入らずに、
コップの外に出てしまいますよね。

それと同じで
貯めてしまうと、
その人の器以上入らなくなります。

なので、
コップを大きくすることが必要です。

それが、
受け取る器ということになります。

受け取る器を大きくし、
支払える器も大きくすることで、
お金はたくさん流れてくるのです。

 

値切ることで相手を馬鹿にしている

 

そしてもう一つ重要なのが、

「値切ることで相手を馬鹿にしている」

ということです。

コーチングでもよくある話です。

「セッション料金の30万円が高いので安くして」

という話です。

私のコンサル料金も割と高いと思いますが、
受け取る内容を価格から考えると、
そんなに高くはありません。

しかし、
値切ってまで受け取ろうとする人がたまにいます。

そんな人には、丁寧に契約をお断りしています。

価値を受け取る器が小さいからです。

私が判断し、
価値を受け取って欲しいと思った時に
契約がスムーズに進むように、
私から「値引きする」ことはあります。

それは、私が納得した価格を提案しているだけで
「値切られている」わけではありません。

しかし、
見込み客から「値切る」ということは、
「相手のつけた価格が高すぎる」と
思っているわけです。

つまり、
価格の価値を認めていないことにもなります。

そうすると、
結果的に
「相手がつけた価格を馬鹿にしている」
というわけです。

稼げてもいない状態で、
教えてもらえう立場にありながら

「相手を馬鹿にしている」としたら
この人は成功しそうでしょうか?

多分成功できないでしょう。

自分ができていると思いながら、
成功する方法を探しているわけですから、

そんな状態なら誰も真剣に向き合いません。

自分のしたい方法、
自分の望んでいる結果

で成功したいと考えているだけなのです。

そんなことでは
成功するはずがありません。

いつも言っているように、

「あなたはなぜ、今成功していないのですか?」

ということです。

今、成功していないとしたら、

「なにかが間違っている」から

成功していないのです。

なのに、

「いずれ成功できる」と

思っている残念な人が多いです。

今、成功していないとしたら、

「嫌なことをする」か

「できないことをする」か

「わからないことをする」か

このいずれかをしなければ、

成功できません。

「嫌なこと」
「できないこと」
「わからないこと」

をしないから、間違っているのです。

この部分を避けて通ろうとしても
もし、目標を達成したければ、
必ず、間違っている部分を引き寄せ続けます。

間違っている部分を引き寄せ続けているから
成功できないのです。

「相手を馬鹿にする」
という行動も同じです。

「相手を馬鹿にする」ということは、
「相手に馬鹿にされている」ということです。

「相手に馬鹿にされている」ので
「劣等感」をかかえ、

勝てる立場の時に仕返しをしているだけなのです。

「劣等感」は自分で勝手に抱いている感情です。

誰もそんなに劣っているとは思っていないのに、
自分で自分を劣っていると
思い込んでいるだけなのです。

そこを直さなければ、
いつまでたっても、成功できません。

値切ることで相手を馬鹿にし続けても
成功できないということなのです。

 

気持ちよく支払いをする

 

そのためには、
気持ちよく支払いをすることは
とても重要です。

あなたが商品の価値を理解し、

「気持ちよく支払う」ことで

支払う器が大きくなっていきます。

あなたがお金を払うことで
相手の給料が出たり、
ビジネスが回ったり、
生活ができたりします。

つまり、
社会貢献になっています。

あなたがもし、
たくさんのお金を稼ぎ、
たくさんの支払いができるようなれば、
立派な社会貢献ですよね。

そして、
どんどん支払うことで、
どんどんお金が流れ込んでくるのです。

給料が少ないから
できるだけ値切って買う

ということをしている限り、
いつまで経っても給料は上がりません。

自分で、自分の首を絞めているだけです。

それなのに、
値切ったことを自慢して、
そんな話を聞いてくれる人も、
同じような人ですから、
いつまでたっても裕福にはなれません。

自分で
裕福にはなれない引き寄せをしているからです。

今の状態はすべて、
自分が一番と思って選択した結果です。

自分で選んだ結果です。

パートナーも
職場も
友達も

すべて自分がいいと思って選んでいます。

結婚するのに
「この人だけはない」
という人とは結婚していないはずです。

しかし、
結婚したら
「こんなはずじゃなかった」
と愚痴ばかり言います。

それは
「自分が見る目がなかった」
だけの話です。

別に相手が悪いわけではありません。

しかし、
あたかも相手が悪いように
周りに言いふらします。

言いふらす時点で
「私は見る目がなかったのよ」
と言いふらしているわけです。

そんな人と
友だちになりたくないですよね。

見る目がない人と友達になる人は、
見る目がない人です。

そんな人が集まり、
愚痴の言い合いをして
スッキリしたということで帰っていきます。

そんなことをしていて
お金が流れてくるはずがないのです。

このメールマガジンを読んでいる人には、
「見る目がない人」はあまりいないと思います。

しかし、
気持ちよく支払いをしていない人は
いるかもしれません。

「あまり払いたくないよな」

と思うのであれば、
気持ちよく支払うようにしてください。

そうすれば、
受け取った相手も喜びます。

それを続けていくことで
お金が流れてくるのです。

あなたもしっかりと
お金が流れてくる環境を
作っていってくださいね。

いかがでしょうか?

昨日、妻が、Facebookで
「値切る人は・・・・」
という記事を読んで、私に質問してきました。

「あなたは値切らないよね、どうして?」

「スーパーでたまに割引されたものを
買うけど、それはいいの?」

という質問です。

値切らないのは、ここまで話したとおりです。

スーパーで割引されたものを買うのは、
値切ったわけではなく、

相手から「この値段でいいですよ」と言われ、
納得するから買うわけです。

私が買うことによって、
相手は、少しでもお金を受け取れるので、
私が価値を納得して買っています。

「これ、賞味期限短いから安くして」

なんて言いません。

「これ、賞味期限短いから安くします」

と相手に言われた時に、買うこともあります。

もちろん、買わないこともあります。

昨日はそんな話になったので、

今日は、値切る人について書いてみました。

参考にして下さい。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP