クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

内容のない商品を売る罪悪感を捨てる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

内容のない商品を売る罪悪感を捨てる

 

内容のない商品を売る罪悪感を捨てる

 

今日は

内容のない商品を売る罪悪感を捨てる

というテーマでお話します。

私のところに相談に来るコーチの中には、

「商品がまだまだなんで稼げません」

というコーチがいます。

結論を言うと、
商品の内容は、
別になんでも構いません。

いつもゴミは売れないと
言っているのは、

お客さまに、
選ばれない商品のことです。

選ばれない商品は
売れません。

しかし、
勘違いしてはいけないのが、

商品の内容が
すごいから売れるかというと
そうではありません。

なぜなら、
商品を買うのは

お客さまだからです。

あなたが、
商品がいまいちと思っても

お客さまがいいと思ったら
売れる商品だし、

いくらあなた自身が、
いい商品だと思っても
売れなければゴミ商品だということです。

稼げないコーチの場合、
この後者の

自分ではいい商品だと思っている商品が
ほとんどだということです。

いつも私の記事で書いている、

いい商品だと思っても売れない

ということはそういうことです。

このことを勘違いすると、
もっといい商品が必要だと
なってしまいます。

しかし、
重要なのは、

どんな商品でも

買うのはお客さまだ

ということを理解することです。

このことを理解すれば、
商品が売れるか売れないかが
重要であり、

商品の内容の
いい、悪いは関係ありません。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

売れるか売れないかは、内容は関係ない

 

まずは、

売れるか売れないかは、
商品の内容は関係ない

ということです。

買うか買わないかは、
お客さまが決めるので、

商品の内容がいいか悪いかではありません。

コーチングの場合は、
商品の内容がいいか悪いかではなく、

お客さまの理想の未来に
いけるかどうか、

です。

お客さまが、
理想の未来に行ければ、

商品の内容は、
ぶっちゃけ、どうでもいいです。

稼げない理由が
商品のよし悪しではないのです。

そして、
いい商品とは、
内容が充実すれば
いいわけでもないのです。

正直、
内容がなくても
商品が売れれば
いいのです。

内容がなくて
商品を売ることが悪いと
感じてしまうと、
ビジネスが成り立ちません。

買うと決めるのは
お客さまです。

お客さまに欲しいと思ってもらえれば、
粗悪品でもいいのです。

内容がない商品を売ることが
悪いことだと思ってしまうと
なかなかうまくいきません。

お客さまに
いかに気持ちよく商品を買ってもらえるかを
心がけるほうが、
いいわけです。

お客さまが欲しい商品を
目の前に差し出せば、
商品は売れます。

このときに
稼げないコーチは
いい商品でなければ
買ってもらえないと勘違いします。

そうではなくて、
お客さまが欲しい商品である必要があるのです。

このことに気が付かなければ、
商品は売れません。

 

いい商品とはどんな商品なのか

 

では、
いい商品とはどんな商品なのでしょうか?

あなたがいい商品と思うのは、
あくまで、

「あなたの価値観の中でのいい商品」

ということです。

あなたの価値観の中で
いかにいい商品だとしても、

お客さまが必要ない商品だとしたら
売れることはありません。

例えば、
コーチングで稼げる内容の商品があるとします。

あなたが、
その商品を買ったときに、

動画が500本ほどあったとしたら、
全部見ますか?

たぶん、
途中で諦めてしまうと思います。

いくら
内容が充実しているからと言って
お客さまがそんな商品を買うかというと
あまり買わないでしょう。

ということは、
コンテンツが充実しているということが
いい商品ではないということが
わかります。

あくまで、
お客さまが

「どんな商品が欲しいのか」

「どんな内容だったら、喜ぶのか」

のほうが重要なのです。

そのためには、
あなたの商品に興味を持ってもらうこと
のほうが、重要です。

あなたがいい商品と思う商品を作るより、

お客さまが興味を持つ商品を作ること
のほうが重要なのです。

私がいつも

「売れる商品」

というのは、

あなたが思ういい商品でなく、

お客さまが欲しい商品のことです。

先程書いたように、
いくら商品の内容を充実させても、

お客さまが興味がないとしたら
商品は売れません。

内容が薄っぺらくても
お客さまが欲しいと思ったら
商品は売れるわけです。

あなた自身も、
美味しいと思って入ったレストランが、
口に合わなかった経験は
あると思います。

すべてのお客さまの口に合う料理を作ることが
難しいのと同じで、

あなたの商品を

買った人すべてが満足することはありません。

お客さまを満足させる努力は必要ですが、
すべての人が満足する商品を作ることは
無理なのです。

いかに
お客さまが
商品に興味を持ってくれるのかを
考えるほうが、
商品は売れるのです。

このことを理解して、
商品を作る必要があります。

いい商品が売れるのではなく、

売れた商品が良い商品だということを
理解してください。

ここを間違えると
いつまでたっても、
いい商品を作ろう、作ろうとします。

それでは、
いつまでたっても
稼げるようになりません。

このことをしっかり理解してください。

 

物事はマーケットに聞く

 

最後に、
商品を売るときに重要なことを書きます。

商品を売るときには、

「マーケットに聞く」

ということです。

先程も書いたように、

あなたがいい商品だと思っても
売れるかどうかわかりません。

買うかどうかは、
お客さまが決めるのです。

お客さまが決めるということは、

「マーケットが決めている」

わけです。

まずは、
買ってくれるかどうか
お客さまに聞いてください。

ひとりではなく、
複数のお客さまに聞いてください。

それが
「マーケットに聞く」

ということです。

マーケットに聞いてみて

売れなかったとしたら、

それは、
ゴミ同然だということになります。

売れない商品を、
集客でなんとかしようとか
セールスでどうにか売ろうとしても、
売れません。

売れる商品とは、

お客さまが欲しいと思う商品です。

売れない商品だとしたら
お客さまに必要ない商品

というだけのことです。

このことに気が付かなければ、
いつまでたっても
商品が売れるようにはなりません。

あなたが、
粗悪品だと思っても、
商品が売れれば、
ビジネスは成り立ちます。

あなたが
内容がないと思っても、
売れるなら
ビジネスができるのです。

重要なのは、
内容ではなく、
売れるか売れないかです。

売れないから
内容を作り込むのではなく、

売れないなら、
売れるように、
お客さまに

「どうしたら買ってもらえますか」

と聞いて、
商品を改善していくことです。

このマーケットに聞くことを
しない限り、
売れる商品は出来上がりません。

このことを理解して、
まずは、商品を売れるようにしてくださいね。

いかがでしょうか?

内容のない商品は

悪い商品だと思っている人も
多いと思います。

しかし、
内容のない商品でも
売れるとしたら、

お客さまのニーズに合っている

ということになります。

お客さまのニーズに合っていない商品を
なんとかしようとするよりも

お客さまのニーズに合っている商品のほうが、

ビジネスとしては、
正解です。

ビジネスは
利益を最大化することであり、
長く続けることが必要です。

このことに気が付かなければ、
ビジネスを続けることができません。

ビジネスを続けるためには
売上を作れなければ
続けていくことができないのです。

売上を作るためには、
お客さまが買ってくれる商品を作ることです。

お客さまが買ってくれる商品は、

いい商品ではなく、

お客さまが欲しい商品です。

このことを理解しなければ、
いつまでたっても
商品が売れません。

あなたが
このことをしっかり理解して
コーチングで稼げるようになることを
祈っています。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP