クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

圧倒的にアウトプットを増やす

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

圧倒的にアウトプットを増やす

 

圧倒的にアウトプットを増やす

 

今日は

圧倒的にアウトプットを増やす

というテーマでお話します。

収入はアウトプット量に
比例します。

スキルを学んでいる時は
アウトプットがゼロで
インプットが100なので
お金を支払うばかりです。

ビジネスでは
「存在を知ってもらう」
というステージがあるので、

インプット量を減らし、
アウトプット量を増やしていく必要が
あります。

アウトプット量がインプット量を
上回った時点から
ようやく稼げる可能性がでてくるわけです。

しかし、
多くの稼げないコーチは

「アウトプットできない」

というわけです。

私のクライアントでさえ、
なかなかアウトプットできない人がいるので、
一人でビジネスをしている人なら
なおさらだと思います。

アウトプットできない理由は、

「誰かと比べて劣っている」

と感じるからです。

クライアントであれば、

「安達先生のような文章は書けない」

というわけです。

私もこの業界に8年ほどいます。

普通に考えたら、
8年かけて身につけたスキルを

半年、1年ぐらいの起業家に
追いつかれるとしたら、
私のビジネスは廃業です。

多くの起業家に抜かれないから
ビジネスを続けていけるわけです。

早く私のような文章を書けると
稼げると思うかもしれませんが、

それ以前に、

「他人と比べることをやめる」

ことです。

私とあなたの人生は違います。

歩んできた道のりも違います。

なので、
比べたところで
全く一緒にはなれないわけです。

私はこれだけの文章は書けますが、
それだけで
稼げるようになったわけではありません。

なので、
稼げるようにようになるためには
アウトプット量を増やすことです。

稼げないときには、
なにか他に方法があるのではと考えるのは
当たり前です。

しかし、
自分の知識をアウトプットすることで
役に立つ人が必ずいます。

役に立った人を助けることが
できるわけです。

そこからビジネスが始まります。

今日はそんな話をしていきます。

 

書きなれること

 

アウトプット量を増やすにはまず、

「書きなれること」

です。

私も
ビジネスをはじめた頃は
1時間で500文字を書けませんでした。

それこそ
1000文字書くのに
3時間も4時間もかかっていました。

それが
だんだん早く書けるようになり、

コピーライティングも勉強して
今のように1時間で5000文字ほど
書けるようになりました。

なぜ、
書けるようになったのかと言うと、

ビジネスで必要だからです。

ビジネスではアウトプット量に比例して
収入が増えることを知ってから
文章を書けるようにしました。

では、
なぜ、文章がかけるアフリエイターが
稼げないかと言うと

「他人の商品を売っているから」

です。

他人の商品を売るということは、
利益が一番多いのは商品の販売元です。

出てきた一部の利益から
報酬をもらうので、
アフィリエイターがめちゃくちゃ稼ぐには
とてもハードルが高いです。

だったら、
文章を書けるようになって、
自分の商品を売るほうが
ビジネスは簡単なのです。

私のクライアントの中にも
アフィリエイトの経験者がたくさんいます。

アフィリエイトで30万円を稼ぐよりも
アフィリエイトのスキルを
起業家に教えることで、
30万円を稼ぐほうが遥かに簡単なのです。

私はスキルをお金に変える方法を知っているので、
クライアントにはそれを教えて、
稼げるようになってもらっています。

アフィリエイトで稼げるようになるよりも
アフィリエイトのスキルを自分の商品として
稼ぐほうが数十倍簡単なのです。

しかし、そういう事を話しても
アフィリエイトにはものすごく魅力があるらしく

なかなかアフィリエイトを
やめようとはしません。

これは
集客を学べば稼げるという
勘違いと同じで、

アフィリエイトには
権利収入的な要素があるので、
アフィリエイトで稼ぎたいという人が
多いのです。

しかし、
アフィリエイトで
稼げるようになったからといって
放置したままで稼げることはありません。

ずっとメンテの作業が必要です。

子育てで忙しい主婦が
空いている時間に
アフィリエイトで稼ごうとしますが、

それだったら、
自分の商品を作り、
1日1時間セッション時間に使うほうが
稼ぐことは簡単です。

稼ぎ方を知っているか知らないかで
これだけ大きな差が出てきます。

アウトプットも同じです。

書きなれることで
文章量は増えます。

自分が好きなことを
発信しているだけで
書きなれるわけです。

もちろん、
それでは最初は集客できません。

しかし、
1時間で1000文字書けるようになってから
集客するようになっても
遅くないわけです。

いくら
書き方を教えても、
書くのに3時間もかかれば、
続けることができません。

だったら1000文字を
1時間で書けるようになってから
書き方を勉強するほうが
ビジネスを成功させるためには
短い時間になります。

まずは、
書きなれることです。

 

自分が思っていることを書く

 

次にやることは、

「自分が思っていることを書く」

ことです。

他人が書いてあることを
真似しても書いても
さほど、集客には繋がりません。

私のクライアントには
私の記事の使用を認めているので、

「私の記事を読んで
思ったことを書いて下さい」

とお願いしています。

コピーラインティグの塾に行くと
必ずやらされるのが

「写経」というワークです。

反応の良かったランディングページを
一言一句逃さず、紙に書くワークです。

反応の良いランディングページは
何万字もあるのですが、
そんな長いレターを書き写すと、

「なぜ、ここでこんなフレーズになるのか?」
「なぜ、ここでこのワードが出てくるのか」

が理解できるようになります。

理解できるようになると
レターを書けるようになるわけです。

私のクライアントには
セールスレターを書く仕事を
させるわけではないので、

私のメルマガの記事を
真似して書くことで、

「どこまで理解しているのか」

がわかります。

理解している部分だけ抜き出して
記事にしていくわけです。

なれてくると
思っていることを書けるようになります。

私も別に
記事タイトルを決めているわけではなく、

書く瞬間に思ったタイトルで
書き始めます。

中身が違うところに着地しても
全く気にしません。

それでも
毎日開けてくれるメルマガファンがいるだけで
十分なのです。

私のメルマガを読んでくれて
将来、成功してくれればいいわけです。

私がメルマガ読者を全て
助けられるわけではありません。

私のクライアントになってくれれば、
できないところをできるようにして、

わからないところは
分かるようにしていくことで
ビジネスが完成します。

ビジネスが完成すること言うことは
稼げているということです。

誰でもクライアントになれるわけでは
ありませんし、
タイミングもあります。

枠が空いているときしか
今はクライアントになれません。

私のクライアントになれるのも
すべてが必然なのです。

本気で稼ぎたいと見込み客が思った時に
私がクライアントを受け入れるタイミングと
ぴったり合えば、稼げるようになります。

しかし、
まだまだだと思ったり、
もう少し先と思っている時点で
それは難しいでしょう。

人生を大きく変えるチャンスは
そんなに数多くないからです。

その数少ないチャンスを活かした人だけが
成功していく世界です。

だから
コーチングで稼げるコーチが
10人に1人ぐらいしかいないわけです。

そのためには、
まずは、
ビジネスの本質を理解することです。

今回は
アウトプット量を増やす話をしています。

文章の内容は
どちらかというと、どうでもいいです。

後からなんとでもなるからです。

なので、
まずはとにかく
アウトプット量を増やすことです。

そのためには
文章を書きなれること、
好きなことを書くことです。

好きなことを書いていけば
共感する人が現れてファンができます。

ファンができれば、
何でも商品を買ってくれるようになるわけです。

ほとんどの稼げないコーチが
ファンを作るところまで行くことができません。

それだけの話しです。

ファンを作ることができれば、
誰でも稼げるようになります。

そのためには
アウトプット量をできるだけ増やすことです。

それが
できなければ、
ビジネスで稼ぐことはまだまだです。

あなたが本気で稼ぎたいのなら
インプットは、やめて
アウトプット量を増やして下さい。

本を読んだり、
メルマガを読んだり、
ユーチューブを見たりしてませんか?

そんな時間があったら
1文字でも多くアウトプットすることです。

稼げないほとんどのコーチが

「アウトプットする内容がない」

といいます。

アウトプットする内容がないのに、
どうやって稼ぐことができるのでしょうか?

インプットしたものを
アウトプットしていたら

いつまでたっても
アウトプット量がインプット量を
超えることはありません。

だから
好きなことを書けばいいわけです。

書きなれてから
内容を変えていけば
集客なんてあっという間です。

そのことを理解して
アウトプット量を増やしてくださいね。

いかがでしょうか?

稼げていない時は
必ずインプット量のほうが多いです。

なぜなら、
何か劣っていると感じているから
稼げないのです。

「誰よりも劣っていることはない」

と思えると稼げるようになります。

ほとんどの人が、
学んでいるうちに劣等感を抱えてしまい

アウトプット量が減ってしまうから
稼げなくなるわけです。

劣等感を感じるのは
誰かと比べるからです。

まずは、
誰かと比べるクセをなくすことです。

その後で書きなれて、
好きなことを発信するようになれば
稼ぐことは簡単です。

ぜひ、
あなたも
アウトプット量を増やして
稼げるようになってくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP