クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

子供の頃、おもちゃは高いと思いましたか?

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

こんにちは、
稼げるプロコーチ育成の専門家

株式会社マインドコーチの安達です。

いつも
You Tubeを見ていただいて、
ありがとうございます。

今日は

子供の頃、おもちゃは高いと思いましたか?

というテーマで、お話します。

あなたは、
子供の頃、
おもちゃが欲しいときに、

「このおもちゃ高いなぁ〜」

と思いましたか?

たぶん、
思わなかったですよね。

欲しいおもちゃを
両親にねだったはずです。

ということは、
少なくとも
子供のときには、

ものを買うときに、
値段が高いか
安いかという感覚は
なかったはずです。

今はと言うと、
お金のブロックがあるなら、
ものを買うときに、

高いか安いかを
判断しています。

これはなぜかと言うと、

子供から大人になる過程で

両親に

「お金の価値観を刷り込まれた」

ということです。

このお金の価値観の刷り込みが
あるから、

コーチングをするときに

「高い値段をもらえない」

ということになっているのです。

子供の頃は、
高い、安いを考えずに

これが欲しい!

とお願いしたはずです。

これが、
商品を売るときの感情と
同じになる必要があります。

つまり、
お客さまが欲しいと思えば、

値段は関係がなくなるのです。

多くの稼げないコーチは
お客さまのニーズと一致した商品を
扱っていないので、

お客さまが欲しいと思うよりも、

値段で買うか買わないかを
決められてしまっています。

稼げているコーチは
商品の値段の判断基準を

お客さまのニーズに合わせているので、

値段が高いか安いかではなく、

買うか買わないかを
お客さまに決めてもらっています。

言い方が悪いかもしれませんが

どんな商品でも

「欲しければ買う」

わけです。

車や家を買うときに、
ローンを組んででも
買う人は買いますよね。

欲しい物があれば、
商品が高くても
買うのです。

あなたのコーチングの商品が売れないのは
決して値段が高いわけではありません。

お客さまが欲しいと思うものを
商品にしていないだけなのです。

あなたの商品が高いから売れないと
思い込んでしまうと、
ビジネスが回らなくなります。

お金の価値観は、
両親の価値観であり、
あなた自身の価値観ではありません。

あなたは、
あなた自身の人生を歩むべきであり、
親の人生を歩むべきではないのです。

この事に気が付かなければ、
いつまでたっても
お金の価値観は
親の価値観のままです。

本当にビジネスで成功したければ、
親から刷り込まれた
お金の価値観を手放して、

しっかりとお客さまが欲しい物を
提供することです。

そうすれば、
あなたの商品がいくら高くても
売れていくのです。

このことをしっかり理解して、
ビジネスで稼げるようになってくださいね。

最後まで見ていただいて
ありがとうございました。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP