クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

独自ドメインの評価を上げる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

独自ドメインの評価を上げる

 

今日は、

「独自ドメインの評価を上げる」

というテーマでお話します。

ブログ集客は、
「独自ドメインの評価を上げる」ことから
始まります。

「独自ドメインの評価を上げる」には、
Googleが
評価をしてくれなければなりません。

Googleに評価をしてもらうには、
どのようにしていけばいいのでしょうか?

今日は、独自ドメインの評価について
お話していきます。

 

SEO対策とは

 

まず、最初に
SEO対策のお話をしていきます。

SEO対策とは、
「Search Engine Optimization」の略で
「検索エンジン最適化」のことになります。

ホームページやブログに対して、
SEO対策することにより、

Googleが検索結果を上位表示してくれて、
アクセスが集まるという流れです。

もちろん、
ビジネスをしている人すべてが
SEO対策を少なからず意識して、
ホームページやブログを運営んしているので、
簡単なことではありません。

ホームページやブログを運営することで、
世の中に知ってもらい、
商品を買ってもらうことが、
ネット集客の本質だからです。

しかし、
すぐにできるものではなく、
コツコツと作業を積み上げないと、
SEO対策はなかなか実を結びません。

今日は、
SEO対策の流れについてお話していきます。

 

独自ドメインの評価を上げていくためには

 

SEO対策をするためには、

まず、
「独自ドメインの評価を上げる」ことを
していきます。

「独自ドメインの評価を上げる」には、

どうしたらいいのかというと、

「記事をどんどん投稿すること」です。

記事をどんどん投稿することで、
ホームページやブログに
情報が蓄積されていきます。

この情報の蓄積により、
Googleがユーザーに対して
「有益なサイト」と認めてくれれば、
その独自ドメインが評価されます。

「有益なサイト」とさえ認めてもらえれば、
すべてのページが評価され
結果的にSEO対策となります。

「有益なサイト」と評価されるには、
どうしたらいいでしょうか?

次に
「有益なサイト」の条件をお話していきます。

 

Googleに評価される「有益なサイト」の条件

 

Googleに評価される
「有益なサイトの条件」とは
どんなサイトなのでしょうか?

「有益なサイト」というのは、
「ユーザーにとって」有益なサイトです。

では、
「ユーザーに有益なサイト」というのは
どんなサイトのことでしょうか?

条件はいろいろありますが、

まずは、

「表示スピードが早いこと」です。

あなたも、
検索してクリックしたページが
なかなか開かないとしたら、
どう思いますか?

イライラして、
ページを閉じたりしませんか?

表示スピードが遅いということは、
検索したユーザーにとって
あまり良い状態ではありません。

なので、
Googleは、
表示スピードを測定しています。

2秒で表示するサイトと
10秒かかるサイトでは
2秒で表示するサイトを
上位表示にします。

あまり安いレンタルサーバーを借りると、
ユーザーを詰め込むために、
表示速度が遅くなります。

表示速度が遅くなるということは、
Googleの評価が落ちるということになるので、

あまり安いレンタルサーバーを借りることは、
SEO対策にはなりません。

また、
無料ブログも広告が表示されるために
表示速度が極端に遅くなります。

無料で使えるというメリットはありますが、
SEO対策には使えないので、

本気でビジネスをしたいのであれば、
ワードプレスに乗り換えて、
早いレンタルサーバーを借りてください。

次に注意したいのが
「滞在時間」です。

「滞在時間」とは、
ページからページへ移る時間のことで、
滞在時間もGoogleは測定しています。

アナリティクスを設置していると、
そのページの平均滞在時間が
わかります。

「滞在時間が長い」ということは
どういうことでしょうか?

「滞在時間が長い」ということは、

ユーザーが
そのページにいい情報があり、
長くとどまっていること

を意味しています。

つまり、
「滞在時間が長い」ほうが

ユーザーにとって
有益な情報が書いているページ

と評価されるのです。

私はいつも
「1記事あたり、
1000文字以上書いてください」と
言っていますね。

これは、
「滞在時間を長くするため」です。

1000文字の情報を真剣に読むと、
数分かかります。

つまり、
数分間、滞在してくれる
ということになります。

なので、
1000文字以上は書いてもらうと

長ければ長いほど、
滞在時間が伸びる可能性があります。

滞在時間が伸びることにより、
結果的にSEO対策になるのです。

そういう理由から
私のクライアントには、
1000文字以上の投稿をお願いしています。

最後に
「投稿頻度」です。

私はクライアントには
「毎日更新」とお願いしています。

それはなぜかというと
毎日更新していると
Googleが毎日情報を
取りに来るようになるからです。

「情報を取りに来る」というのは、
毎日更新することで、
更新した情報をGoogleが持って返ります。

Googleは「Googlebot」という
自動収集装置を使って
世界中にあるサイトの情報を自動で集めます。

更新した情報をGoogleが持って返ることで、
Googleのデータベースに登録されて、
検索エンジンにも登録されます。

日々書いていることが、
検索結果に表示されるのも、
Googleが情報を持って返るからです。

では、
なぜ毎日Googleが来てくれるようなるのか
というと、

毎日更新しているサイトだから
とGoogleが勝手に判断してくれるのです。

しかし、
1週間ぐらい毎日更新したからといって
Googleが毎日来てくれるのかというと
そう甘くはなく、

最低1ヶ月は毎日更新を続ける必要があります。

「1ヶ月間毎日更新してますよ」
という実績を示すと

少しずつGoogleが評価してくれて
「このサイトは毎日更新しているから
毎日情報を取りに行こう」
となるわけです。

Googleが毎日来てくれるとどうなるかというと、
ブログを更新したら、その日のうちに
検索エンジンに登録されて

検索結果に表示される可能性がある
ということです。

もし、
1週間に1回しか
Googleが来てくれないとしたら

1週間分まとめてしか
検索エンジンに登録されない
ということになってしまいます。

そうなると、なかなか
アクセスを集めることができなくなるので、
「毎日更新、1000文字以上書いてください」
とお願いしているわけです。

 

記事を投稿するとアクセスが集まりはじめる

 

これまでは、
Googleが評価している
「有益なサイト」について
お話しました。

では、
「有益なサイト」とは
どのように作っていくのでしょうか?

まずは、
毎日更新で1000文字以上の記事を
投稿し続けます。

1ヶ月で30記事、
3ヶ月で90記事が投稿されるころには
だんだんアクセスが集まりはじめます。

アクセスが集まりはじめると、
データを解析することができるようになります。

「どんなキーワードでアクセスされたのか?」
「どのページにアクセスが集まっているのか?」

を検証します。

このときに
「キーワードは、狙ったキーワードか?」
が、とても重要です。

コーチングビジネスをしている場合、

「コーチングに関するキーワード」で
アクセスが集まっていれば順調ですが、

ランチの記事を書いてしまったばっかりに
ランチに関するキーワードでしか
アクセスが集まらないといったことは
よくあることです。

なので、
もし、狙ったキーワードで
アクセスが来ていない場合は、
そのページをリライトしていきます。

そのままアクセスを集めても、
「あなたの商品が売れてしまうこと」は
ないからです。

必ず
「関連しているキーワード」で
アクセスが集まっていることが
大前提です。

ここを外すと、
ネット集客自体ができなくなるので、
特に重要な項目です。

関連しているキーワードで
アクセスが集まっている場合は、
そのまま投稿を続けてください。

アクセスが集まるということは、
独自ドメインの評価が上がっている
ということにもなります。

独自ドメインの評価が上がれば、
独自ドメイン全体の評価も上がり、
全体的なアクセスも伸び始めます。

そうすると、
ネット集客は
順調に進んでいるということになります。

この頃になると、
メルマガの登録もあるでしょうし、
もしかしたら、
問い合わせのメールもあるかもしれません。

しかし、
まだまだ気を抜かず、
記事の投稿は続けてください。

メルマガの登録が1ヶ月の目標の登録数になれば、
契約がとれているということなので、
徐々にPPCなどの広告を使って自動化していきます。

最終的なゴールは、
PPC広告を使って
自動的に安定したクライアントを獲得すること
です。

そのためには、
SEO対策をして、
検索エンジンに上位表示され、
1ヶ月に必要なアクセスを集め、
メールマガジンに登録してもらうことです。

メールマガジンに一定数登録してもらうことで、
体験セッションに申し込みがあり、
契約に繋がります。

この流れが
すべて順調に流れるようになったとき、
その利益でPPC広告を出して、
徐々に自動化に切り替えていくのです。

ここまでくれば、
もうクライアント獲得に困ることはないでしょう。

この仕組みを手に入れることが、

「自動で安定的にクライアントを獲得すること」

に繋がります。

そうすれば、
売上をコントロールできて、
自由な時間を手に入れることが
できるようになるのです。

 

なぜ、独自ドメインの評価を上げることができないのでしょうか?

 

では、
なぜ、独自ドメインの評価を
上げることができないのでしょうか?

それは、
アクセスが集まり出すまでに、
投稿を諦めてしまうからです。

この手順をいくら説明しても、
アクセスが集まるまでには、
1ヶ月から3ヶ月はかかります。

なぜ、1ヶ月から3ヶ月という
期間の開きがあるのかというと、

ライバルの多い少ないだったり、
更新頻度の差だったり、
投稿文字数の多い少ないだったり
といった複数の要因が絡み合うからです。

私が
「毎日更新、1000文字以上」と
言っているのは「最低限」の話です。

もし、ライバルが
1日3記事、3000文字
投稿しているのであれば、

それ以上の投稿をしなければ、
逆転できないことになります。

つまり、
毎日更新1000文字以上やっても
上位表示できない場合があるということです。

このように、
自分だけの「ものさし」で、
ビジネスは回せるわけではありません。

もちろん、仮にあなたが
検索順位1位を取ったとしても、

それまで1位だった人が、
そのまま放置するわけでもなく、
なんらかの対策をしてくる可能性が高いです。

なので、
自分だけが
自分の「がんばっている量」で続けても
結果が出るかどうかわからない世界です。

しかし、
安心してほしいのは、

毎日更新、1000文字以上の記事を
3ヶ月も続ける人が
ほとんどいない、というのが実情です。

もし、
あなたが1日1時間、
確実に1000文字以上の記事を書くために、
使って記事を書き続けることができれば、
いつか、上位表示されるようになります。

そのためには、確実に
「この時間だけはブログを書くために使う」と
決めることです。

そうすれば、
習慣化し、
毎日書かないと気持ち悪くなるでしょう。

歯磨きを毎日するのが当たり前のように
習慣化させしてしまえば、
今は書くことが苦手でも、
毎日書くことが当たり前になれば、
書かないほうが気持ち悪くなります。

それが
ビジネスとして成果が出るとすれば、
なおさらです。

稼げない人は、
途中で辞めるのですから、

続けた人だけが
ネット集客という稼げる仕組みを
手に入れることができるのです。

この最強の稼げる仕組みを手に入れるには、
毎日コツコツと書き続けること
だけなのです。

もし、
キーワードがずれていたとしたら、
解析結果に現れるので、
PDCAサイクルを使って
改善するだけです。

何も難しいことはありません。

難しいことは、
「毎日コツコツ書き続けること」だと
思います。

この難しいと思われる
「毎日コツコツ書き続けること」を
習慣化してしまえば、

いずれGoogleが
独自ドメイン全体を評価し、
検索結果の上位に表示されるのです。

もし、
あなたが本気でビジネスを成功させたいとしたら、
チャレンジする価値は十分にあります。

ぜひ、
毎日コツコツ記事を投稿し続けてくださいね。

そうすれば、
必ず結果は出ます。

あなたが、
自動集客システムを手に入れることを
願っています。

いかがでしょうか?

独自ドメインの評価を上げるコツを
お話してきました。

結局は、
「記事を書き続けること」が
答えです。

記事を書き続け、
解析結果を分析して、
改善を加えていく

そうすることで、
検索順位は上がります。

もちろん、
私も解析結果を見て、
アドバイスをしていくので、

自分でやるよりは、
結果がもっと早く出るでしょう。

さっさと結果を出して、
次のステージに進みませんか?

悩んでいても
前には進みません。

もうそろそろ
「稼げない悩みを解決して理想の未来」
を手に入れてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP