クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

稼がなければならない理由

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

稼がなければならない理由

 

稼がなければならない理由

 

今日は

稼がなければならない理由

というテーマでお話します。

あなたには、

「稼がなければならない理由」

がありますか?

もし、明確に
「稼がなければならない理由」があれば、
稼げるようになります。

しかし、
なんとくなく、

「お金が欲しい」とか
「稼げればいいな」

というような理由なら
稼げるようにはなりません。

別に
稼げなくてもいいからです。

お金が欲しいと思うのは、

毎回言っているように、

「お金がないからお金が欲しい」

と思うわけです。

空気を欲しいと思わないように、

もし、お金があれば、
お金が欲しいとは言いません。

つまり、
お金がない状態を認めていることになります。

これが、
お金がない状態を引き寄せている理由です。

同じように
稼げたらいいなというのは、

稼げていないことを認めているので
物事が稼げないように動いていきます。

なので、
稼ぐためには

「稼ぐ」とまず決めることです。

そして、
稼げなければならない理由が、
大きければ大きいほど、
稼げる可能性が高くなります。

今日はそんな話をしていきます。

 

そもそも稼ぐ必要があるのか

 

まず最初に、

「そもそも稼ぐ必要があるのか」

ということです。

コーチングやコンサルティング、
カウンセリングでもいいのですが、

プロとして、稼げていなければ、
他になにか収入源があるはずです。

主婦の場合なら、
旦那さんが稼いでくれているかもしれません。

本業はサラリーマンなのかもしれません。

どちらにしても、

今のビジネスで
絶対に稼がなければならない理由がなければ、
稼げるようにはなりません。

別に稼げなくても
生活していけるからです。

もう来月から食べるものもない、
住むところもない、
着る服もないとしたら、

1ヶ月でどうやって稼ぐのか
真剣に考えますよね。

ビジネスで稼ぐのか、
それとも
一旦、ビジネスを諦めて、
就職するのか、
考えますよね。

しかし、
稼げなくても別にいい場合は、

稼げても、稼げなくても
どっちでも良いわけです。

それが
稼がなくてもいい理由になります。

稼げなくても良ければ、
稼げるようになるはずがありません。

もし、
あなたに子供がいて、
子供が重い病気にかかり、
手術が必要になったとしましょう。

その手術代が
1000万円だったとしたら、
どうしますか?

なんとか、
1000万円を作ろうとするでしょう。

別に
稼げなくてもいいとは考えないと思います。

借金したり、
寄付をお願いしたり、
稼ごうとすると思います。

このときに、
スキル不足だとか
経験不足だとか
考えないですよね。

必死になんとかしようとしますよね。

それがなければ、
実際にビジネスで稼ぐことができないのです。

稼げない人のほとんどが、
この必死さがありません。

やれることだけやって、
だらだら作業しているだけ、

このままいつか稼げるようになるといいな
と思っている、

そんなことでは、
稼げるようにはなりません。

必死にやっている人には
勝つことができないのです。

それが、
稼ぐ必要があるかどうか
ということです。

あなたは
本当に稼ぐ必要はありますか?

一度、
自分に問いかけてみてください。

 

稼がなければならない理由があるのか

 

次に、
「なぜ、稼がなければならないのか」

明確な理由があるかどうかです。

あなたがビジネスを成功させたときに、

稼いだお金で何をしますか?

何をするのか、明確な理由がなければ
稼げるようにはなりません。

先程の子供の例でいくと、
子供をなんとか助けてあげたいということで
必死になるわけです。

あなたが、
ビジネスで必死になるためには、

「稼がなければならない理由」

がなければなりません。

生活するのも
なんとかなっている、

ビジネスも別に
それほど、切羽詰まっていない、

としたら、
「稼がなければならない理由」が見当たりません。

「稼がなければならない理由」が
見当たらないと
必死になることはありません。

必死にならないとすると、

別に、
なんとかして、ビジネスで稼ぐといったことを
する必要がないわけです。

それが、

ビジネスでなかなか成功できない理由です。

「稼がなければならない理由」があり、
その目的を達成するために、
成功したいと思うわけです。

「稼がなければならない理由」がなく、
なんとなくビジネスをしているのであれば、
なかなか稼ぐことができません。

今の職場環境がしんどいから
ビジネスを成功させたいという理由であれば、

ビジネスを成功させなくても
転職すればいいわけです。

なぜ、
今のビジネスを成功させる必要があるのか、

あなたの中で明確な理由がなければ、
成功させることができないのです。

 

「稼がなければならない理由」がはっきりすれば、必死になる

 

では、
どうするかというと、

「稼がなければならない理由をはっきりさせること」

です。

あなたの
ビジネスで稼がなければならない理由は何なのか、

はっきりさせることです。

コーチングで人助けをしたいだけなら、
お金儲けは必要ありません。

コーチングをして欲しい人だけを集めて
セッションをすればいいわけです。

しかし、
それでは、
プロとしてコーチングでやっていくことができません。

プロとしてコーチングをしていくためには、
しっかりとセッションフィーを頂いて、
コーチングだけで
最低限の生活ができるようになることです。

そのためには、
稼がなければならない理由が必要になります。

あなたが
生活するためにコーチングをしている

なんてことを言ったところで
あなたにセッションを頼む人はいませんよね。

「稼がなければならない理由」を
「理念」として、明確にしなければ、

あなたにセッションを頼みたいという人も
現れません。

しかし、その理念が、
生活のためだけではなくて、
ベンツに乗りたいだったり、
旅行に行きたいなどの
個人的な理由だったとしても、
誰もあなたにセッションを頼まないでしょう。

だから、
理念には

「ビジネスをしている理由」を書くわけです。

私の場合は、

「稼げるコーチをたくさん作り、
社会貢献する」

という理念で活動しています。

私一人が
コーチングをしても
助けられる人は限られています。

だから、
私と同じことができる人を
10人作れば、
10倍の人を助けることができるわけです。

10人の人がさらに10人を
稼げるようにしていけば、

100倍の人を助けることができます。

このリレーションを起こすために、
まずは、
私と同じことをできるように
クライアントを育成しているわけです。

私と同じようなことができるようになれば、

稼ぐことができ、
たくさんの人を助けることもできます。

コーチングで稼げない人をたくさん見てきました。

コーチングのスキルはあるのに、
稼げないコーチがたくさんいます。

そんな稼げないコーチは、
ちょっとした思考の勘違いで、
「自分は稼げない」と思っているだけなのです。

そんな勘違いの思考を
私が直していくことで、

徐々に稼げるコーチが誕生していきます。

稼げるコーチになれば、
プロとしてコーチングをすることができ、
コーチングを本業として、
活動することができます。

稼げるようになれば、
たくさん税金を払えばいいわけです。

それが、
社会貢献になるわけです。

しかし、
ほとんどのコーチが

「どうやったら稼げるようになるのか」

が理解できていません。

ちょっとした考え方の違いで
稼げるようなるのに、

スキル不足や経験不足に
思考が行ってしまいます。

そんなところに
稼げる秘訣はありません。

稼げるようになるためには、

自分が稼ぐと決めることだけです。

自分は稼げないと思っているから
いつまでたっても稼げないわけです。

そして、
自分が稼げない理由を
スキル不足や経験不足にするから
ノウハウコレクターになるわけです。

私も、稼げなかった頃は、
ノウハウコレクターでした。

十分稼げるスキルがありながら

「まだまだスキルが足らないから稼げない」

と自分で思い込んでいました。

だから、
なかなか安定して稼げるようにならなかったのです。

私が稼げるようになったのは、

自分自身に

「稼いでもいい」と許可を出せたからです。

別に今のスキルでも
稼いでもいいんだよ、

と自分自身に許可を出したときから
稼げるようになりました。

たったこれだけのことです。

これだけのことをするだけで
稼げるようになるわけです。

そのためには、
まずは、

「稼がなければならない理由」

を一度考えてみてください。

自分自身がその理由を明確にして、

稼いでもいいと許可を出すことができれば
いつでも稼げるようになります。

ほとんどの人は、
稼がなければならない理由もなく、

ただ、

ビジネスがうまくいったらいいなとか
稼げたらいいな

とか思っているだけです。

それでは、
何をしたらいいのか、
どうやったらいいのかは
わかりません。

適当に
自分ができることをしながら
ビジネスの真似事をしているだけです。

この状態に、

「必死さ」はありません。

本当に必死になるのは、

切羽詰まったときです。

普通に生活できていて、
食べるものにも着るものにも不自由していなければ
切羽詰まっていませんよね。

そんな、

「いつか稼げたらいいな」

ぐらいにしか思っていない状態で
ビジネスをしても、

いつまでたっても稼げるようにはならないのです。

本当に稼ぎたければ、

「稼がなければならない理由」を明確にして
いつまでに稼ぐのかを
しっかりゴール設定することです。

ほとんどの人が
「いつまでに」というゴールを決めません。

達成できないのが怖いからです。

しかし、
「いつまでに」を決めなければ
いつまでも達成できないのです。

これが
いつまでたっても
ゴールに到達しない理由です。

事業計画というのは、
1年間でどれぐらいの目標にするかを
決めるものです。

これも
「いつまでに」という目標を決めるから
達成できるわけです。

「いつまでに」という目標がなければ
いつまでも達成できないのです。

なぜなら、
別に
達成しなくてもいい目標だからです。

「いつまでに」を決めることができれば、
必死になります。

必死になると、
方法や行動も必死になります。

そうすることで
徐々に目標に近づくのです。

「稼がなければならない理由」がなければ、
必死になることはないでしょう。

だから、
1年後も3年後も5年後も
稼げていないわけです。

あなたには、
「稼がなければならない理由」がありますか?

「稼がなければならない理由」がなければ
まずは、その理由を考えてみてください。

そうすることで、
ビジネスが成功へ向かいます。

ぜひ、
「稼がなければならない理由」
を明確にしてくださいね。

いかがでしょうか?

「稼がなければならない理由」を明確にしなければ、
ビジネスはうまくいきません。

その理由がないと、
行動しないからです。

「稼がなければならない理由」がなければ、
今のままでもいいわけです。

つまり、
コンフォートゾーンの外に出ようとはしません。

それが、
「稼げない理由」です。

あなたも
しっかりと「稼がなければならない理由」を
明確にして
ビジネスで稼いでくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP