クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

稼ぐためにはマインドを整えること

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

稼ぐためにはマインドを整えること

 

稼ぐためにはマインドを整えること

 

今日は

稼ぐためにはマインドを整えること

というテーマでお話します。

稼げないコーチは、
稼げない理由を
スキルのせいにします。

しかし、
ほとんどの場合、

稼げない理由は

「マインド」

にあります。

大きなマインドとしては、

「お金の考え方」

です。

多くの稼げないコーチは、
お金に対して、
悪いイメージを持っています。

たくさんお金をもらうと悪いとか、
一生懸命働かないとお金はもらえないとか
悪いことをしないと稼げないとか、

こんな悪いイメージを持っています。

悪いイメージを持っていると
悪いことをしてまで
稼ぎたいとは思わないので、

コーチングで稼ぐためには、
まず、お金に対して
良いイメージを持つことです。

これが
できないと、
いくらスキルを学んでも
お金を受け取ることができません。

お金を受け取れないということは、
稼げないということになります。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

いくらまでなら受け取れるのか

 

まず、
お金のイメージとして、

いくらまでなら、もらってもいい

と思っていますか?

この、
いくらまでなら、もらってもいい

という金額が
稼げる金額に比例しています。

もし、
あなたが、
何もしなくても
10万円受け取れるなら、
稼げる金額が10万円まででしょう。

100万円受け取れるなら、
100万円まで稼げます。

多くの稼げないコーチは、
セッションをしたときに、

相手が受け取る価値を
お金で受け取ろうとします。

先程、書いたように、
あまり高い金額をもらってしまうと
相手に悪いと思っているとすると、

高いお金を受け取ることができません。

これが
いくらまでなら
受け取れるかということになるわけです。

あなたのコーチングセッションが、
1万円以下なら、

あなたは、
1万円以下の価値しか
与えることができないと
思っているわけです。

この価値を上げるためには
どうしたらいいのかというと、

労働者の頭では、

「スキルを上げることで価値が上がる」

と考えてしまいます。

なので、
スキルに投資することになります。

しかし、
スキルに投資している人はわかると思いますが、

いくら投資しても、
セッションフィーが上がることはありません。

今まで
1万円以下しか受け取っていなかった人が、

「3万円です」
というと、

「いらないです」

と言われるからです。

つまり、
スキルを上げても
セッションフィーを上げるのは
難しいのです。

なので、
スキルを上げるまでに
マインドを整えることが
必要になります。

 

お金を受け取る罪悪感を捨てる

 

では、
マインドを整えるためには
どうしたらいいのかというと、

「お金を受け取る罪悪感を捨てる」

ということです。

多くの稼げないコーチが
考えることというのは、

稼ぎたいけれど、
商品が高いと売れなくなる

ということです。

まず、
理解しなければならないのは、

商品が高くても、
欲しいものであれば、お客さまは買う

ということです。

高級ブランドのバックは、

お客さまがほしいから買うわけです。

ルイ・ヴィトンのバッグとか
よく買いますが、

私が欲しいから、
妻が欲しいから

買うわけです。

別に
ルイ・ヴィトンのトランクが有名だから
といって、
必要ないものまでは買いません。

トランクは、
RIMOWAを使っています。

つまり、
欲しいから、
買うわけです。

コーチングの商品も同じで、

お客さまが欲しくなれば、
高くても買うわけです。

この理屈を理解しなければ、

「高いから売れない」

と思ってしまいます。

そうではなくて、

いらないから買わないだけ

なのです。

なので、
まずは、

高い商品であっても、
お客様が必要になれば買う

ということを理解することです。

その上で、

罪悪感を捨てる

ということが必要です。

お客さまは
欲しいから高くても買うわけです。

なので、
値段が高いからといって、

あなたが高い商品を買ってもらうことに
関しては、

あなた自身は、

「何も悪いことをしていない」

ということです。

高い値段で売ることが
悪いことをしていると感じているうちは、

高い値段で商品を売ることが
できません。

このときの

「高い値段」というのは、

あなたが思っている高い金額

のことです。

あなたの商品が
1セッション100万円だとしても

買いたいという人がいれば、
悪いことではありません。

買いたいと思っている人に
値段を提示して、

必要ならば買う、

必要なければ買わない、

とお客様が決めているだけで、

高いか安いかは、
関係ありません。

「値段が安ければ買うのに」

という人がいたら、

安くするということは

あなたの商品価値が低いと思っている
だけの話なのです。

あなたのことを理解してくれて、
あなたの商品価値をしっかり評価してくれる人にだけ
セッションをすることです。

これが
できなければ、
いつまでたっても
稼ぐことができません。

稼げないきっかけというのは、

「高いから売れない」

と思うことです。

そして、

「たくさんお金をもらうことは悪いこと」

という罪悪感を捨てることです。

これが
できなければ、
ビジネスが成り立たないのです。

 

ルイ・ヴィトンは、アウトレットがない

 

ルイ・ヴィトンは
アウトレットにありません。

つまり、
全く安売りはしていない

ということです。

シャネルやエルメスも
アウトレットはありませんね。

これらの商品は、

言い値でビジネスをしています。

ビジネスにおいて、
利益を最大化することが
必要です。

つまり、
言い値でも売れるビジネスにしなければ
ビジネスが成り立たないのです。

ビジネスというのは
罪悪感があるうちは、
うまくいきません。

高い値段で売ることが
できないからです。

もし、
あなたが、
100万円の商品を買ったことがあるとしたら、

あなたの商品に
100万円以上の値段をつけて
売ることは悪いことではありません。

お寿司屋さんが
ネタを仕入れて、
寿司を握って売ります。

そのときに、
材料費や人件費、家賃などを
上乗せして、
お寿司の値段を決めていますよね。

お寿司を食べたときに、

「高いからまけて」

とは言わないと思います。

それとコーチングは何ら変わらないのです。

100万円を出して、
スキルを仕入れたら、

そのスキルに利益を載せて、
経費を載せて売ればいいのです。

そこに罪悪感があると、
ビジネスが成り立ちません。

逆に言うと
お金を受け取ることに対して
罪悪感がある人は、
ビジネスをするべきではないのです。

このことに気が付かずに
コーチングをビジネスにしようとする人は
たくさんいます。

罪悪感を持ったままだと、
稼ぐことができず、
ビジネスがうまくいきません。

だから、
スキルよりも
マインドを整えることが
先になるわけです。

このことに気が付かずに、
スキルを上げれば稼げると思っても、

お金を受け取ることが悪いことと
思っているなら、

利益を最大化できませんよね。

お客さまが払える金額にしたりします。

それでは、
稼げるようにはならないのです。

コーチングで稼ぎたければ
マインドから整えなければなりません。

ビジネスマインドを先に手に入れなければ、
コーチングビジネスはうまく行かないのです。

このことを理解して、
しっかりとコーチングビジネスで稼げるように
なってくださいね。

いかがでしょうか?

コーチングで稼ぐために、
マインドを整えなければなりません。

罪悪感があるうちは
稼げるようにはなりません。

だから、
スキルよりもマインドが先になります。

私がやっているセッションでも
まずは、稼ぐためにマインドセットから
セッションをしていきます。

稼げるようにマインドが整わないと
稼げるはずがないからです。

あなたも
しっかりと理解して、
稼げるようになってくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP