クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

自分が間違っていることを受け入れる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

自分が間違っていることを受け入れる

 

自分が間違っていることを受け入れる

 

今日は

自分が間違っていることを受け入れる

というテーマでお話します。

人間は常に
「選択して行動する」
の連続です。

朝ごはんを食べるにしても

何を食べるのか、
どのような順番で食べるのか

自分で選択し、
行動しています。

ビジネスも同じです。

自分で何をするのかを選択し、
行動しています。

選択する中で、
「間違っている」と確信して
行動することはありません。

すべて、
自分が正しいであろう方を選び
行動しています。

その結果、
現状で成功していないとしたら、

正しいと思っていることを
どこかで、
間違っているかもしれないという方を
選ぶ必要があるということです。

普通、ビジネスをしていると
半年もあれば、
売上が上がります。

1年経っても
稼げていないとしたら、
なにかが間違っているということです。

そこに気が付かないと
いつまでたっても
成功できないということになります。

今日は
そんな話をしていきます。

 

なぜ、売れないのか受け入れる

 

まず、最初に

「なぜ売れないのか」

を受け入れることです。

私はよくクライアントに

「買うは買わないかは相手が決める」

と話します。

しかし、それは
「売れる商品がある場合」
です。

売れる商品がありながら
相手が買わないのは、

それは
相手が価値を受け取れないからです。

しかし、
多くのコーチが稼げないのは、

売れない商品を売ろうとしていることです。

売れない商品を
集客やセールス、
マーケティングやプロダクトローンチ等を使って
売ろうとしても売れません。

逆に
売れない商品を売ってしまうと、

結果が出なかったり、
クレームになったりするので、
余計大変になるでしょう。

そうではなくて、
「なぜ、売れないのか?」

を受け入れることです。

そのためには、

お客さまに
「どうしたら買ってくれるのか」

を聞くということです。

買わない理由を
聞くことは、

「自分の間違いを受け入れること」

になります。

自分自身は
「良い商品、相手に役立つ商品」
と思っているわけです。

しかし、
なぜか買ってもらえない、
としたら、

しっかりと商品を直していかないと
なかなか売れるようにはなりません。

自分が間違っていないと考えていると
なかなか相手に聞くことができません。

コーチングでも
相手からフィードバックをもらうことは
とても大事ですが、

商品に対しても
フィードバックをもらうことは
とても重要です。

 

自分で間違いを判断しない

 

ここで重要なのは、

「自分で間違いを判断しないこと」
です。

自分でジャッジすると、
正しく判断できません。

もし、
その判断が正しいとしたら、
成功できますが、

ほとんどの場合は、
ミスジャッジをします。

だから成功できない人が
これだけ多いわけです。

では、どうするかというと

「相手に聞く」ということになります。

ほとんどの場合、
相手の考えていることは
コーチ側の想像とは違います。

この想像の違いが
ボタンを掛けかえることになってしまいます。

しかし、
稼げない時は
いろいろな想像をしてしまうので、

どんどんと真実とは
かけ離れていってしまうのです。

最悪の場合は、
自分を責めたり、
スキル不足を感じたりしてしまいます。

それではなかなか
うまくいきません。

自分自身で判断してしまうと、
なかなかうまくいきません。

しっかりと
自分が間違っているということを
受け入れることはとても重要です。

 

周りには同じような人が集まる

 

もう一つ重要なのは、
「自分の周りには、同じような人が集まる」
ということです。

稼げないコーチの周りには
稼げないコーチが集まります。

稼げないコーチが周りに集まるので、
アドバイスも稼げないアドバイスになります。

自分が間違っていると受け入れても
稼げない者同士で
アドバイスしても、
稼げるようにはなりません。

根本的な話をすると
コーチングスクールで
コーチングを学んでも
稼げるようにならないのは、

「稼ぎ方を知らないから」

です。

稼ぎ方を知らないので、
教えようがありません。

稼いだことがない人が
正しいアドバイスはできません。

それが、
稼げるようにならない理由です。

正しいと思っているアドバイスはできますが、
経験がないので、すべて当て勘です。

それでは、
正しい結果にはなりません。

もう一つ、同じような人が集まるという
内容があります。

それは、
稼げていない人には

「お金がない人」が集まりやすい
ということです。

お金がない人が集まると、
高額商品が売れません。

たとえ、
売れる商品を持っていたとしても

お金がない人が集まれば、
買ってもらえないのです。

稼げていないということは
現状お金がないので、

「お金がない人が集まりやすい」

ということになります。

お金がないということは、

ビジネスの経費にも投資できないし、
自己投資もできません。

そうなってくると
ライバルのお金をツールで使う人達には
勝てないということになります。

それでは、
なかなかビジネスとして
うまくいかないのです。

それがなかなかうまくいかない理由です。

 

自分が正しいと思っているとうまくいかない

 

そして、
自分が正しいと思っていると、
なかなかうまくいきません。

なぜなら、
アドバイスを貰っても

「それ知ってます」
「わかっています」
「やってますよ」

と聞きません。

もし、聞かないとしたら、
成功していればいる人ほど、
もう、アドバイスをしてくれなくなります。

そして、
周りに成功者がいない状態を作ってしまう
わけです。

せっかく、
「ここを直せばいいのにな」
というところをアドバイスしても

相手が「自分が正しい」と思い込んでるとしたら、
いくらアドバイスしても直しません。

ひょっとしたら
同じようにやっているかもしれませんが、
自分流でやっていることも多いです。

自分のプライドを捨ててでも、
直さないといけないこともありますが、

そうなってくると、
なかなか自分を直そうとしないのです。

自分が正しいと思うアドバイスは聞くけれど、
自分が取り入れたくないアドバイスは
やらないことが多いわけです。

しかし、
自分が正しいことをやり続けても
成功はできません。

自分がやりたくないことや
自分ができないことをしなければ、
成功はないのです。

それを上手く進めるためには、
「信頼できる人のアドバイス」は
聞かなければなりません。

周りにいる稼いでいない人のアドバイスは
無視しても大丈夫ですが、

成功しているとか
稼いでいる人のアドバイスは
素直に聞いたほうがいいわけです。

アドバイスの内容よりは
アドバイスをくれる人を選ぶことが
とても重要です。

正しいか間違っているかと言うよりも

「誰がアドバイスをしてくれているのか?」

が、とても大事です。

その事に気が付かないと、
折角のアドバイスも台無しになります。

すべてが自分が正しいと思うのは

成功してからです。

稼げるようになれば、
いくらでも自分の正しいことができます。

しかし、
稼げるようになれば、
自分の好きなことをすれば良いわけです。

稼げるようになる前に、
自分の好きなことをするのは
時期尚早です。

そのあたりをしっかり理解して
ビジネスを進めてくださいね。

いかがでしょうか?

自分が間違っていることを受け入れることは
とても大事です。

間違いを受け入れることで、
正しい方向に向かい始めます。

ぜひ、
お客さまのフィードバックや
成功者のアドバイスはしっかりと
受け入れてくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP