クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

自分で問題を作る癖をやめる

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

自分で問題を作る癖をやめる

 

今日は、

「自分で問題を作る癖をやめる」

というテーマでお話します。

成功するためには、
いろいろな問題が発生します。

しかし、
ほとんどが、
自分自身で作り出した問題です。

根本的な問題ではありません。

例えば、ほとんどの人が

お金がない
時間がない、
自信がない、
人脈がない

といいます。

お金がなければ成功しないのかというと、

あったほうが成功しやすい
と思うのであれば、

お金を作ればいいわけです。

時間がなければ成功しない
と言うのであれば、

時間を作ればいいわけです。

自信がないと成功しないのであれば、

行動して作ればいいし、

人脈がなければ成功しないのなら、

1日10人と会って作ればいいわけです。

つまり、
ほとんどが

「自分自身で作り出している言い訳」です。

成功したければ、

最終的には、

「やる」か「やらないか」

しか残りません。

成功しない理由を
作り出している時点で、

自分に言い訳をしているだけなのです。

その状態を早くでなければ、
いつまでたっても
成功できません。

今日はそんな話です。

 

なぜ、問題を作り出すのか

 

まずは、

なぜ、問題を作り出しのでしょうか?

それは、

「先に正解を知ってから行動したい」

と思っているからです。

正解を知ることで、

「失敗しない」
「最短ルートで成功できる」
「ムダがない」

と思い込んでいます。

しかし、それは間違いです。

例えば
「お金があると成功する」
と考えたとしましょう。

では、
いくらあったら成功すると思いますか?

100万円でしょうか?

500万円でしょうか?

1000万円でしょうか?

それさえもわからないですよね。

私が
「そうだな、1000万円ぐらい必要だな」
といったしたら、

1000万円を用意するのでしょうか?

多分しないと思います。

つまり、

「お金があったら成功する」

という妄想でしかありません。

時間があったら成功するというのも
同じですよね。

私が
「1000時間、ビジネスに使ったら
成功するんじゃないかな?」

といったところで、
問題解決できません。

つまり、
答えを知ったからと言って
解決できない問題を作り出して、
成功できない言い訳をしているだけなのです。

「自分はしっかりとやっている」

しかし、

「お金がないから」
「時間がないから」
「自信がないから」
「人脈がないから」

「成功できないんだ」

ということを

認めてほしいだけなのです。

実際はというと
認めたからと言って

何も結果は変わりませんよね。

そんな言い訳を続けたところで
成功できないことを
成功している人は知っているからです。

なので、
ほとんどの場合は
「相手にしてもらえない」
ということになります。

 

問題を作ることが楽しいだけ

 

実は、ほとんどの場合

「問題を作ることが楽しい」

だけなのです。

問題を作り出していると、

「その問題を避けて成功したい」

思っています。

「お金はないけど、成功したい」

「時間がないけど、成功したい」

「自身がないけど、成功したい」

「人脈がないけど、成功したい」

と、思っているのです。

そして、それでは成功できないので、

その問題を避けて、
どうにか成功したいと思っているわけです。

しかし、
残念ながら
その問題を避けて成功する方法は
ありません。

そして、
ほとんどの場合は、

成功していない思考で考えている時点で
間違っています。

お金がなくても成功する方法はありますが、
お金を作ってからのほうが
圧倒的に成功しやすいです。

時間がなくても成功する方法もありますが、
時間を優先するほうが成功しやすいわけです。

つまり、
自分自身が「ない」と思っているものを

自分で作り出さなければ、
問題は解決しません。

このことに気がつくことが
まずは、成功への第一歩になります。

「ない」と思っているものを作り出せれば、

「無い」とは思わなくなるので、
少しは前に進むでしょう。

それよりも
「解決しない問題を作り出すことが楽しい」
ということに気がついてください。

そうすれば、
「問題を作り出すこと自体が無駄」
ということに気がつくと思います。

そうすることで
だんだんと成功者に向かって
進み始めるのです。

 

問題を作る思考を手放すこと

 

次に大事なのは、

問題を作り出す思考を手放すことです。

成功していない状態で、
「自分自身に不足していること」を
見つけ出すことはとても簡単です。

しかし、
ほとんどの場合、
「不足していること」を見つけ出しても
成功できることはありません。

「不足していること」を克服しても
成功するわけではないからです。

例えば、
「集客さえできれば成功できる」
と思っていても成功しません。

集客ができたからと言って
商品が飛ぶように売れることがないからです。

ということは、
「集客さえできれば成功できる」
という考え自体が間違っていることになります。

もちろん、
ビジネスで集客はとても大事です。

しかし、
集客だけなんとかなったところで、
成功するかというと
ほとんどの場合は成功しません。

成功できない理由が
一つではないからです。

つまり、
問題をいくら作り出しても、

次に
「どの順番で解決するのか」

という問題が出てきます。

順番を間違えると、
成功することはありません。

ということは、
成功していない思考で
順番を考えても
順番を間違うか

それとも
別の気が付かない問題を
先に解決する必要があるわけです。

もし、
その気が付いていない問題を
先に解決する必要があれば、

いくら、目の前の問題を解決しても
成功することはないでしょう。

ほとんどの場合は、
成功していない頭で考えても
何が問題なのかさえ間違います。

それが
なんちゃってコーチングでは
解決できないところです。

なんちゃってコーチングでは、
クライアントの引き出しの中にあることしか
解決できません。

もし、
クライアントが成功したことがなければ
成功させることができないわけです。

また、
コーチ自身が成功体験がない場合も
クライアントを成功させることができません。

月収100万円を稼いたことがないコーチが
クライアントを100万円稼がせることは
できないのです。

このメカニズムが
たくさんの成功者がうまれない理由です。

成功するためにはまず

「問題を作り出す思考を手放すこと」

からはじめる必要があります。

「なぜ、できないのか?」

を考えるより

「どうやったらできるのか」

ということを考えないといけません。

「なぜ、できないのか?」
を考えると

「お金がないから」
「時間がないから」
「自信がないから」
「人脈がないから」

とすぐに答えが出てきます。

これが、先程から書いている
自分への言い訳です。

それでは成功することはありません。

そうではなくて、

お金がないから成功でないのなら

どうやったらお金を作ることができるのか

を考えるほうが

成功に近づいていくわけです。

なので私は、

ダブルワークでも夜のバイトでもやって
お金を作ってからビジネスをしたら
というわけです。

しかし、ほとんどの人は

「楽して成功したい」と思っているので、

今の状態のまま、成功したいわけです。

それでは無理だという話ですよね。

本当に成功したいのなら、
何かを変えていかなければいけません。

今のままなら
お金の考え方も労働者のままだし、
時間の使い方も労働者のままです。

労働者のお金の使い方では、
利益を出して自己投資するとか
ビジネスに使うといった考え方はありません。

利益が出たら、
贅沢して終わりでしょう。

そうすると
稼げなくなったときに、
ビジネスを続けていけなくなります。

成功者は
できるだけビジネスを続けていけるように
お金をツールとして使うわけです。

10万円利益が出たら、
10万円をぱっと使うのではなく、
広告費に回したり、
ホームページに手を加えたりするわけです。

そうすることで
次の月も利益がでるように
ビジネスを組み立てます。

労働者の
働いた時間の分だけお金をもらう
という考え方をしていると

お金を投資するという
考え方にはなりません。

お金の勉強をしないと
いつまでたっても
楽して稼ぐことができないのです。

金持ち父さん、貧乏父さんの本に出てくる
「右側の人」になれなければ、
楽に稼ぐことができません。

右側の人というのは、

「オーナー」か「投資家」です。

オーナーというのは、
中小企業の社長さんのイメージではありません。

中小企業の社長さんも
自分が働かなければ、
給料がもらえないなら
右側の人ではありません。

そういう意味では、
いくら高額な給料をもらっている
プロ野球選手も右側の人ではありません。

自分が働かなければ
お金が入ってこないからです。

オーナーというのは、
例えば1ヶ月間海外旅行に行っても
収入が変わらない人のことです。

別に社長がいて、
会社を回してくれて、
利益をもらうようにすれば、

自分がいなくても
収入がもらえますね。

そういう意味では私も
まだ右側の人ではありません。

毎日メルマガを書き、
クライアントとセッションをしているから
労働収入ですよね。

これが、
誰かを社長で雇って
その社長がメルマガを発行し、
セッションをしてくれて、

エーゼットコンサルや
マインドコーチの会社から
報酬だけいただくようになると、
右側の人になれます。

私は近い将来
それを目指しているわけです。

ついでに投資家の話もしておきましょう。

投資家というのは、

「自分で投資して、自分で稼ぐ人」

のことではありません。

ある会社の株に投資し、
配当で生活できる人や、

お金がお金を稼いでくれる仕組みを
持っている人のことです。

私のクライアントにも、
すでに成功している人や
ある程度の資産がある人には、

安心安全で、
「お金がお金を稼ぐ仕組み」を
紹介しています。

海外には、
安心安全に、年利30%で運営してくれる商品が
いっぱいあります。

しかし、
残念ながら日本は
「金融後進国」なので、
そんな情報はまず、入ってきません。

当然、労働者の人には、
そんな情報は入ってくることはありません。

入ってきても
詐欺の情報か、

ネットワークビジネスのように
末端で紹介される情報ぐらいです。

成功者になればなるほど
儲かる情報が入ってくる仕組みになっています。

その仕組みが手に入るような
グループに入らないと
なかなか美味しい情報は
入ってきません。

私のメンターは成功者なので、
私のメンターから情報をもらって

クライアントにはタイミングを見て
紹介したり、

クライアントから
「教えてください」と言われたときに
教えたりしているのです。

私のクライアントには、
金持ち父さん、貧乏父さんの
右側の人になってもらえるように
私がサポートしているわけです。

そのためには、
問題を作る癖を手放すことを
しなければなりません。

私のセッションでは、
メンタルブロックを一つづつ外し、

問題を作る癖を
手放していってもらいます。

そうしなければ、
自分ひとりのときに
「問題を作り出す思考」で
物事を考えてしまうからです。

それが、
セッションが終わった後に
思考がもとに戻ってしまう原因です。

そうならないように、
今は、間隔を詰めて
毎週セッションを行うようにしています。

そうすることで、
問題を作り出す思考を手放せるように
なるわけです。

問題を作り出す思考を手放すと

どんどん成功できる思考に変わっていきます。

そうすれば、
あっという間に成功できるはずです。

あなたも、早く
問題を作り出す思考を手放して、
成功へ向かって進んでくださいね。

いかがでしょうか?

問題を作り出す思考は、

解決できないことばかり考えます。

お金がないと成功できないのであれば、

いくらあったら成功できるのか

考えてみてください。

そして、もし、例えば

500万円という答えが出てきたら、

500万円を作ってからのほうが
いいと思います。

しかし、
ほとんどは答えが出ず、

お金がないという問題を避けて
成功しようとします。

それでは、
成功できません。

お金がないということを
正当化して、

「お金がない」を引き寄せ続けるからです。

あなたもお金がない状態が続いたら
成功しそうなイメージはないですよね。

しかし、
無意識で「お金がない」と
思っているわけです。

私のメルマガを読んでいるあなたには、
そんなことがないように、
しっかりと理解してくださいね

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP