クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

集客ができない本当の理由

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

集客ができない本当の理由

 

集客ができない本当の理由

 

今日は

集客ができない本当の理由

というテーマでお話します。

ビジネスが安定するポイントの一つに
集客があります。

集客ができない人は
稼ぐことはできません。

なので、
私のところに来る人の悩みの多くは
集客にあります。

しかし、
なかなか稼げない人は、
集客の本質を理解できていません。

集客の本質を理解せずに
小手先だけの集客のスキルを学んでも
集客できるようにはなりません。

ビジネスは利益を出さなければなりませんが、

自分だけが儲かればいい、

と思っていると集客もうまくいきません。

この感覚を理解しなければ、
ビジネスがうまくいくことはないわけです。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

誰にために集客するのか?

 

まず、

「誰のために集客するのか?」

ということです。

稼げない人の多くは

「自分のために集客」

しています。

自分の売上を伸ばしたい、
自分のビジネスを安定させたい、

つまり、
自分のことしか考えていないとしたら、
集客はうまくいきません。

もちろん、
何度も言うように、

ビジネスは利益がなければ
うまくいきません。

だからといって
自分のことばかり考えていたら、
集客がうまくいかないわけです。

まずは、

「お客さまのために集客すること」

を考えなければいけません。

その結果、
お客さまが幸せになり、

その対価としてお金をいただき、
ビジネスとして利益になることを
考えるべきです。

多くの稼げない人は、

お客さまのために

ということをすっ飛ばして、

どうやったら稼げるだろうか、
どうやったら買ってくれるだろうか、

ばかり考えています。

それでは、
自分のためにビジネスをしているだけで、
お客さまのためではありません。

まずは、
この部分をしっかり理解することです。

 

お客さまのために値段を下げるのも間違い

 

そして、
次に多いのが、

買ってもらうために値段を下げる

ということです。

これも自分のビジネスのために

どうにか買って貰う方法

の一つとしてよくあります。

しかし、
それでは、
利益が少ない、もしくは出ないですし、

そもそも、
お客さまが価値を受け取れないので、
値段を安くすることも間違いです。

商品の値段というのは、

「覚悟の値段」

です。

100円と100万円なら、
どちらが覚悟を持って仕事をしますか?

100万円を頂いて仕事をするなら
100円よりも
必死に仕事をしなければなりませんよね。

1万円しか商品単価を付けられない人は、
10万円の商品単価を付けている人よりも
仕事としての覚悟が足りません。

安い値段をつけるということは
自分の仕事に対して

いつでも
「逃げられる状況を作っている」
ということです。

無料だったら、
失敗してもいいと思ってしまいますよね。

100円なら許してくれるかな?

5000円なら、
まあ、納得してくれるよね、

1万円なら
これぐらいでいいかな?

そんな感じです。

お客さまが払ってくれて、
価値を受け取れなくても納得できるような
金額を付けているだけの話です。

それでは、
お客さまが幸せになることはありません。

それが価格です。

値段を下げて
お客さまが払える価格にしたところで、

あなたが商品を買ってもらいたいから、

払える金額にしているだけです。

もし、本当にお客さまが
高いお金を払ってでも買いたいと思う値段まで、
価値を上げることをしていないだけの話です。

商品価値がなくても、
安ければ買ってくれるかもと
思ってしまっているだけです。

そんな商品は、
ゴミと同じなので、
安くても買ってもらえません。

運良くゴミを買ってくれる人を
集めているだけのビジネスなんて
うまく回るはずはないですよね。

値段を下げる、安いということは
そういうことです。

自分のことしか考えず、
お客さまが買っても文句を言わない値段に
しているとしたら、
どうでしょうか?

それは
お客さまのためにはなりません。

それでは、
ビジネスがうまくいくことはありません。

 

お客さまのために商品を考える

 

ビジネスというのは、

「お客さまがどうしてほしいのか?」

を考えることです。

お客さまがどうしてほしいのかを考えて、
してほしいことを見つけたら
利益を最大化できるように
ビジネスモデルを考えるわけです。

稼げない人のほとんどは、

自分ができることを商品にしよう

とします。

自分ができることと
お客さまがしてほしいことが
ずれているので、
商品が売れないのです。

まずは、

お客さまのために

ということが大前提です。

お客さまがほしい商品や、
サービスを作ることが
ビジネスをするために
重要なことです。

 

面倒でも、メルマガをしなければならない理由

 

お客さまがほしい商品やサービスを作っても
メルマガをしなければ、
商品やサービスを提供することができません。

なぜなら、
お客さまが

「あなた自身を信用していないから」

です。

あなた自身を信用してもらうためには、
接触頻度を上げる必要があります。

接触頻度をあげるために適しているのが
メルマガです。

もし、
お客さまのために何かを提供したいのに、

「自分の理由でメルマガをしない」

としたら、

お客さまに
ビジネスを提供しているとは言えません。

お客さまに対して
お客さまが望む商品を作っただけでは、

お客さまの信用を
勝ち取ることができないのです。

そのためには、
メルマガをすることが
お客さまのためなのです。

それを
めんどくさいとか、
やりかたがわからないといった、

自分の理由でやらないとしたら、
お客さまのために
全力でサポートしていることにはなりません。

それが、
集客できない理由に繋がります。

すべてが
お客さまのために何をするのか

を考えることが重要です。

 

お客さまがしてほしいことを発信する

 

集客というのは、

「見込み客を集めること」

です。

見込み客とは、

「あなたの商品に興味がある人」

のことなので、

集客とは、

「あなたの商品に興味がある人を集めること」

となります。

あなたの商品に興味がある人は、
あなたの商品の中身には興味がなく、

その商品によって、
その人自信が、
理想の未来を手に入れることができるかどうか、
ということに興味があるだけです。

つまり、

お客さまがしてほしいことが
できる商品に興味があります。

あなたがもし
集客がうまく行っていないとしたら、

自分のために商品を売ろうとしているはずです。

そうではなくて、

お客さまが

どんなことをしてほしいのか、
どんな理想の未来を手に入れたいのか、

を理解し、
情報発信していくことが、

「集客に繋がる」

ことになります。

その中には、

ブログ記事の書き方や
ソーシャルメディアを使った集客の方法は、
全く必要ありません。

お客さまがしてほしいことさえ
情報発信していけば、

お客さまがいずれ、
あなたの存在を知り、
興味を持つわけです。

そこで、
受け皿であるメルマガがあれば
登録して帰ってもらえることで
集客ができるようになります。

お客さまのことを考えず、
自分のためにビジネスをしているうちは、
うまくいきません。

そのことを理解して、
ビジネスを進める必要があります。

それが
ほんとうの意味での
集客ができない理由です。

小手先だけのスキルやテクニックで
集客できるようになったところで、
すぐにビジネスが回らなくなります。

それでは、
ビジネスをする意味がありません。

ビジネスをするからには
ずっとクライアントを
サポートすることが必要です。

自分のビジネスが上手く回らないからといって
途中でビジネスをやめてしまうと、

せっかく信頼してくれたクライアントを
裏切ることになるわけです。

そうではなくて、
しっかりと最後まで面倒を見ることが
全力でサポートすることに繋がります。

このことをしっかり理解して、
集客に繋がてくださいね。

いかがでしょうか?

集客ができないのは、
小手先のスキルではありません。

あなたが想像していることとは
別のところに集客できない理由があります。

そのことに
気が付かなければ、
いつまでもお金を払い続け、

いつまでたっても
稼ぐことができないでしょう。

そうならないためにも
ビジネスの本質を理解して、

集客の本質的に

「なぜ集客できないのか?」

を理解することです。

そうしなければ、
いつまでも集客できないスキルに
お金を払い続けることになりますよ。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP