クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

集客が苦手な人は、ネット集客は無理

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

集客が苦手な人は、ネット集客は無理

 

今日は、

「集客が苦手な人は、ネット集客は無理」

というテーマでお話します。

私のところに相談に来る人はよく
「集客が苦手です」
といいます。

もちろん、
集客が苦手なので、
うまくビジネスが回らないのは
よくわかります。

しかし、
集客が苦手だから
ネット集客に期待するのは
難しいです。

なぜなら、
ネット集客もリアル集客も
本質は同じだからです。

集客の本質を理解しないと、
リアル集客が難しいからといって、
ネット集客で成功したいと思うのは、
無理があります。

今日はそんな話をしていきます。

 

そもそも集客を間違えている

 

実は、
「集客が苦手」という人は
「集客」を間違えて捉えています。

あなたにとって
「集客」とはどんなイメージでしょうか?

ほとんどの人は
「人を集めることだ」と
思っています。

しかしこれは、間違いです。

人をたくさん集めたところで
あなたの商品を買ってくれるかというと
買ってくれないでしょう。

それは何故かと言うと

「あなたの商品に興味がないから」です。

あなた自身も
「興味がない商品」は
買わないと思います。

それと同じで、
大量に人を集めたところで、
商品は売れません。

ネットを使って
大量に人を集めても
商品は売れないのです。

それはなぜかというと、

「あなたの商品に興味がないから」

です。

この本質は
リアル集客もネット集客も同じです。

なので、
集客が苦手だからといって、
ネットに頼ること自体が
間違いなのです。

 

集客とは見込み客を集めること

 

では、集客はどうするかというと

集客は「見込み客を集めること」です。

「見込み客」を集めることができれば、
あなたの商品も売れます。

このときの「見込み客」とは

「あなたの商品を必要としている人」

のことなので、

集客とは、

「あなたの商品を必要としている人を
集めること」

です。

これができなければ、
いくら大量に人を集めたところで、
商品は売れません。

逆に、
「あなたの商品を必要としている人」だけを
集めることができれば、
あなたの商品は爆発的に売れるでしょう。

つまり、
「あなたの商品を必要としている人」を
たった3人集めるだけで、

30万円の商品を3人が契約し、
1ヶ月90万円の売上になる

ということがはじめて可能になります。

私の場合も、
メルマガリストを
平均で月に30リスト程度しか取っていません。

この30リストが、
ふるい落とされて、

約5人程度が体験セッションを受けてくれて、
4人程度が契約してくれています。

平均単価が約80万円で、
成約率が80%以上です。

こんな数字をキープできるのも、
「私の商品を必要な人」
だけを集めているからです。

もし、
私の単価と同じものを売るとしたら、

メルマガリストが15リストで
約2人が契約し、
160万円の売上になる

ということになります。

たった15リスト集めるだけで
160万円の売上なら、
嬉しくないですか?

それが可能になるのも
集客の考えを間違えていないからです。

私の商品に興味が無いのであれば、
毎月30リストを集めたところで、
全く売れないでしょう。

ビジネスはそんなに甘くありません。

しかし、
しっかりと集客のコツさえ掴めば、

30リスト程度でも
200万円を超える売上が
作れるのです。

次に、
どうしたら30リストで
200万円を超える売上が作れるのか
お話していきます。

 

30リストで200万円以上売り上げる理由

 

では、どうやって
たった30リストで200万円以上を
売り上げることができるのか?

それは、
ステップメールです。

ステップメールをしっかりと作ることで、
200万円の売上を作ることができます。

では、
その仕組みを話していきます。

まずは、ステップメールを作ります。

ステップメールは
何度も話をしていますが、

登録したら1話目から配信される
メールのことです。

通常のメルマガは
登録した時点以降のメールしか読めませんが、

ステップメールは必ず1話目から
読者に届きます。

必ず1話目から届くので、
話を順番に理解してもらうことに
適しています。

私は
「コーチングで稼ぐ方法」を
メールでお話しているので、

順番に理解してもらいたい内容を
ステップメールで配信しているわけです。

1ヶ月で30リスト程度なので、
毎日1件、登録される程度の登録率を、
PPC広告を使って集めています。

PPC広告を使って
メルマガ登録用のランディングページに
アクセスしてもらい、
誰かが毎日登録してくれます。

そして、
ここからがキモの部分ですが、
途中で「課題」を設置しています。

この課題がとても重要です。

私は、無料で
「稼げるコーチ」の情報を提供していますが、

「無料」といえども、
「本気の人だけ」に情報を提供したいのです。

では、この
「本気の人だけ」にどうやったら絞れるのか?

それが「課題」です。

私がお願いした「課題」さえ出せない人は
私からしてみれば
「本気でビジネスを成功させたい」と
思っているとは到底思えません。

課題は10分もあればできる内容です。

この課題さえも出せないのであれば、
ビジネスは成功しないでしょう。

なぜなら、
もっと大きな壁がでてくるからです。

やればいいだけの課題さえできないのに、
コーチングで成功するなんて、
ビジネスを甘く見すぎています。

なので、
「課題」を出した人だけが
次のメールに進めるように
細工しているのです。

この課題は2箇所あり、
この2箇所を通り抜けた人だけが
「稼げるコーチ」の本質である内容を
知ることができるのです。

だいたい課題の提出率は
50%です。

つまり、
30人が登録したメルマガリストは
課題を提出して先に進めるのが
15人ということになります。

そして、もう一つ。

最後まで進んだ人だけが申し込める
「体験セッション」です。

「体験セッション」では、
ステップメールで

わからないこと、
できないこと、
むずかしいこと、

をすべて解決するまで
無料でセッションをします。

つまり、
「体験セッションでは
すべての疑問が解決する状態」
まで連れて行きます。

すべての疑問が解決するということは、

「コーチングで稼げる状態になる」

ということです。

そこからは、
自分一人で成功まで行くのか、

それとも

私のサポートを受けながら
成功まで行くのか、

見込み客自身に選んでもらいます。

だいたい
体験セッションに申し込む確率が
50%ぐらいなので、

15人が先に進むと、
体験セッションには、7.5人が
申し込む計算です。

そして、そのうちの80%が
私のクライアントになるので、
だいたい5人から6人という計算です。

私の商品を見た人はわかると思うのですが、
私とマンツーマンセッションを
毎週するので、
たくさんのクライアントとは
契約できません。

なので、いまは、
メルマガリストが15人を超えたあたりから
PPC広告の出稿を少なくし、
クライアントの数を制限しています。

私は月3名以上のクライアントを取らないので
PPC広告の出稿を調整することで
コントロールしています。

そういうからくりがあるので、
いつでもステップメールに登録できるか
というものでもないのです。

つまり、
私のメルマガに登録できたということは、
かなりの偶然を引き寄せなければ、
登録できないのです。

このステップメールの流れを
しっかり作ることこそ、
安定した売上を獲得できる理由です。

私がもし、ボロ雑巾のように
もっともっと働けば、
もう少しクライアントを
取ることができるでしょう。

しかし、
セッション時間を詰め込むと
クライアントの結果を出す確率が
落ちていきます。

一人ひとり全力でサポートできないからです。

なので、
私はクライアントのセッションを
1日2名までと決めています。

それが、
登録を制限している理由です。

 

しっかりと集客の仕組みを作れないので、集客できない

 

ココまで話してきましたが、

「集客が苦手」という人に限って、

「ステップメールが作れません」とか

「ブログを毎日かけません」

といいます。

実は、
「集客が苦手」というのではなく、

「しなければならないことができていない」

だけなのです。

毎日ブログを書いても、
アクセスが集まるのに、
早くて1ヶ月、

ふつうにしていたら
3ヶ月かかってしまいます。

その後に、
ステップメールの登録率をチェックして、
課題の提出率や
体験セッションの申し込み率をチェックします。

最後に
体験セッションでの
成約率をチェックするわけです。

これだけのチェックが必要な
集客システムですが、

「集客が苦手」な人が、
ココまでの作業を続けることが
果たしてできるでしょうか?

ネット集客で成功している人を見ると
簡単そうにやっているようですが、

しっかりと計画的に売上を立てるとなると、
細かい計画が必要になります。

そのことを
本当に理解しているかどうか、
とても疑問です。

もちろん、
自動で集客できる仕組みがあれば
稼ぐことは簡単です。

しかし、
この仕組みを作ることは、
いろいろなことを組み立てながら
作っていくのです。

「集客が苦手」といっている人は、
これだけの仕組みを作るのは難しいです。

ましてや
一人で作り上げるのは不可能でしょう。

何をやったら、いいのか
わからないはずです。

なので、
集客ができず、
ビジネスが上手くいかないのです。

集客が苦手な人が
ビジネスがうまくいかない根本原因は、

「ビジネスを甘く見ているから」ですが、

その部分を差し引いても、
ネット集客の仕組みを手に入れることは
無理でしょう。

もし、
それでも、ネット集客の仕組みを
手に入れたいとしたら、

私でなくていいいですが、

「ネット集客の専門家」に頼むことです。

「ネット集客の専門家」の
サポートを受けながらなら、
少しずつは仕組みができていくでしょう。

それ以外の方法はありません。

もちろん、
「クライアントにしてくれるかどうか」
という問題が残りますけど。

私なら、
「完成できない仕組みを完成したい」
といわれても、ほとんどは断ります。

理想の未来を手に入れてもらうことが
できないからです。

私は
クライアントを
「理想の未来に連れて行くこと」
が役目です。

最初から
連れて行くことができないと
わかっているのなら
契約はしないでしょう。

他のコンサルを探してもらったほうが
いいと思います。

私のクライアントになる人は、
すべて本気の人だけです。

「成功したらいいなぁ~」という人は
一人もいません。

なぜなら、
すべての課題を提出し、
体験セッションを受けた人だけが
クライアントになれるからです。

いわば、
私のセッションを受けるための
「試験」なのです。

そういう理由で、
私はステップメールを配信し、

終了した人には
このメールマガジンを読んでもらっています。

このメールマガジンを読んでいる人は、

クライアントになった人、

もしくは、

自分自身で成功することを選んだ人

です。

クライアントになった人は、
近い将来成功できますが、

自分自身で成功することを選んだ人にも
できれば成功してほしいと思って
毎日メールマガジンを配信しています。

ぜひ、
あなたも
メールマガジンを参考にして、
成功へと進んでくださいね。

いかがでしょうか?

「集客が苦手」というのは、
「必要なことをすべてしていない」ことです。

必要なことをすべてすれば、
「集客が苦手」ということはありません。

必ず、クライアントが現れます。

「集客が苦手」というと、
サポートしてもらえると思っているかもしれませんが、

うまくいっている人に「集客が苦手」といっても
逆効果です。

「まだまだ成功できそうにないね」

と思われているだけです。

このメールで
集客が苦手な人が
「最低限、やるべきこと」
を書きました。

ぜひ、実践してください。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP