クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

集客という負のスパイラル

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

集客という負のスパイラル

 

マインドコーチの商標登録

 

本題に入る前に、まずは、
この記事を読まれている皆さんにご報告です。

ようやく「マインドコーチ」が
商標登録されました。

これからは
マインドコーチという名称は、
私と私が許可した人しか
使えなくなります。

そして、
私が書いている文章や
コンテンツを含めたものに著作権があり、
無断で使うこともできなくなります。

今後は、
マインドコーチとして、
協会を作り、

コーチングで稼げないコーチを
稼げるコーチに育てるビジネスをしていきます。

これからも応援よろしくお願いします。

 

集客という負のスパイラル

 

さて、本題です。

今日は、

集客という負のスパイラル

というテーマでお話します。

「集客」という魔の言葉があります。

多くの人が

「集客」という文字に特別なものを感じ、

「集客」ができなければ
ビジネスが上手くいかないと感じています。

しかし、
ビジネスの本質として、

「集客」はそれほど重要ではありません。

たった1人の人に対して
セールスすることで
1人から契約することが可能だからです。

多くの稼げないコーチは、

「たくさん集客すれば、稼げるようになる」

と大きな勘違いをしています。

本来、コーチがするべき仕事は、

「コーチング」

です。

集客ではありません。

コーチングをしっかりやることで、
クライアントの人生が変わります。

しかし、
コーチングの資格を取ってから
一定期間稼げないと

「集客を頑張らないと」

と思い始めます。

そうすると、

コーチングをしっかりやるべきなのに、

集客が仕事になっていたりします。

それでは、
「コーチングビジネスをしている」
ということにはなりません。

あくまで、
プロコーチとして
コーチングビジネスをしなければならないわけです。

ということは、
ビジネスの時間配分の中で

「集客の時間を一番多く使っている」

のは、おかしいことです。

この事実に気が付かないと
いつまでたっても、

「集客」という呪縛からは抜け出すことができません。

今日は、
そんな話をしていきます。

 

コーチングの本当の仕事は何?

 

あなたにとって、

「コーチングとはどんな仕事」

でしょうか?

お客さまの

悩みを解決したり
理想の未来に連れて行ったり
することですよね。

しかし、
稼げないコーチの多くは、

「集客」が仕事だったりします。

あなたは、
コーチングのセッションの時間を
たくさん取れているでしょうか?

毎日毎日
集客のことばかりに
時間を使っていませんか?

集客のことばかり
やっていても
稼げるようにはなりません。

ビジネスを組み立てる順番としては、

売れる商品を作る、
売れる仕組みを作る、
契約を安定させる、

という順番です。

しかし、
稼げないコーチは

まず、集客からやり始めます。

しかし、
実際に集客から始めても

いざ、体験セッションに見込み客が来たときに

「いらない商品だった」

としたら、契約が取れると思いますか?

あなたが、
誰かに誘われて、いらない商品を

「買ってほしい」と言われたときに

「買う」といえますか?

その商品が100円とかならともかく

何万円とか、何十万円だったとしたら、

「買う」といえますか?

たぶん、

「いらない」というと思います。

あなたがもし稼げないコーチだとしたら、
同じことをやっています。

体験セッションであなたの商品を提案したときに

「いらない」といわれているから
稼げないわけです。

私も、
稼げないときはそうでした。

相手が欲しい商品ではないのに、
商品を提案して、断られ続けていました。

さすがに、
断れ続けると凹みますよね。

私も今では
コーチングの稼ぎ方を教えていますが、
最初からできたわけではないですよ。

私も
あなたと同じように、

「稼げない時があったから」こそ

今、稼げるようになっているのです。

しっかりと正しいことをやり続ければ、
必ず、稼げるようになるので、
安心してくださいね。

では、
どうやったら集客の呪縛から
抜け出すことができるのでしょうか?

 

集客の呪縛から抜け出す方法

 

なぜ、集客の呪縛から抜け出せないのでしょうか?

なぜ、集客の呪縛から抜け出せないかというと
先程書いたように、

「集客ができれば、稼げるようになる」と
思い込んでいるからです。

まずは、この価値観をしっかりと理解することです。

もちろん、
売れる商品があれば、
集客ができれば稼げるようになります。

しかし、
大きな間違いというのは、

「売れる商品がない状態」で

集客を頑張るから稼げないわけです。

まずは、
売れる商品を作りましょう。

そうすれば、
それほど、集客できなくても
毎月30万円ぐらいの契約を取ることは
簡単です。

集客の負のスパイラルに
はまり込んでしまう理由としては、

契約が取れない
人をたくさん集めれば、1人ぐらい契約してくれるかもと思う
集客を頑張る
でも、やっぱり契約が取れない
他の集客も併用してみる
でも、契約が取れない

という流れになっています。

アメブロを始めたけれど、契約が取れない、
今度は、Facebookで集客してみよう、

でも難しい、

今度は
インスタグラムが良さそうだからやってみよう、

続く

という感じになってしまいます。

この流れで一つでもあたりがあれば、
ビジネスは続けられますが、
なかなかあたりに巡り合わないでしょう。

それはなぜかというと、

「先に売れる商品を作らないから」

です。

売れる商品があって、
その後、集客をしっかりやれば、
だんだんビジネスが安定していきます。

この売れる商品をしっかり作り込んでいないので、
集客を頑張っても売れないわけです。

集客の呪縛から抜け出すためには、

まず、
「売れる商品を作る」

そして、

「集客しても稼げないことを理解する」

というこの2つをしっかり理解することです。

 

売れる商品の作り方

 

では、次に

「売れる商品の作り方」

です。

どんな売れる商品だと思いますか?

「売れる商品」イコール「いい商品」だと
思っていませんか?

実は、
いくら良い商品だったとしても

お客さまは

「良い商品」には興味がありません。

お客さまが興味があるのは、

「商品の内容」ではなく、

悩みが解決できるのか、
理想の未来に行けるのか、

ということです。

いくら良いい商品でも

お客さまの欲求に応えられない商品は
売れません。

なので、
お客さまの欲求に応えられる商品を
提案することがとても大事です。

では、
お客さまの欲求に応えられる商品とは、
どんな商品なのでしょうか?

それは、

「ライバルがすでに提案している商品」

です。

ライバルが提案している商品で
売れている商品なら、

お客さまの欲求に
応えているということになります。

なので、
一番早い方法は

「ライバルの商品を真似する」

ということです。

例えば、婚活コーチだとしたら、

商品単価、30万円ぐらいで、
うまくいってそうな婚活コーチの商品を
真似してみるということです。

「婚活コーチ」でリサーチして、
上位に出てくるコーチの商品を
研究していきます。

そして、
全く同じ商品を作ってみます。

ただし、
全く同じ商品を作ったところで、
検索上位に出てきているライバルには、
勝てません。

なぜなら、
あなたを見つける前に、
ライバルのページに行き着くからです。

では、
どうしたらいいかというと、

ライバルの商品で

あなたがもっと
良い商品にできると思うところを見つけて、
改善することです。

全く同じ商品を作っても、
ライバルの商品を選ばれてしまいます。

だとしたら、
ライバルの商品で、

「ここを直したらもっといい商品になる」

というところをみつけ、
改善することです。

そうすると、
ライバルの商品より
もっと良い商品になるはずです。

そうすると、
ライバルの商品でも決めきれなかった人が

あなたの商品を見つけ場合、
あなたの商品を選んでくれるというわけです。

多くの人が、
ライバルの商品を研究しますが、

稼げないコーチのほとんどが

「同じ商品」

にしてしまいます。

それでは、
稼げるようにはなりません。

あなたが検索して研究したということは、
他の人が検索しても、
上位表示されるということです。

ライバルのほうが上位表示されていて、
後から出てくるあなたの商品は

「ライバルと同じね」

と思われて、
ライバルの商品を選ばれてしまうからです。

しかし、
ライバルの商品を研究し、
ライバルの商品を改善して、
差別化ができれば、

あなたの商品を選ぶ人もいる
ということになります。

稼げないコーチが、
ここまで商品を作り込んでいる人がいるかというと
いません。

だから
稼げないわけです。

周りのコーチと同じ商品を並べても
あなたを選んでもらえるようにはなりません。

また、
お客さまの欲求を叶えるためには
全力でサポートすることです。

全力でサポートするためには、
ライバルがやっていないサービスを付けたり、
回数を増やしたりすることで
差別化できます。

私の商品がなぜ、高額でも売れるかというと、

ライバルに同じような商品がないからです。

私のライバルは

高額塾では同じようなことをしています。

しかし、
マンツーマンセッションとなると
私と同じポジションのライバルはいません。

高額塾でも100万円以上するのに、
マンツーマンセッションで100万円程度で受けられるのは
私しかいないので、
私の商品が売れるわけです。

私の商品が売れるのは、
高額塾でも100万円、
私の商品でも100万円だったら
私を選ぶ人がいるということです。

もちろん、
100万円を出せない人は、
別の方に申し込みますが、
それでは、結果が出ないでしょう。

安い値段には安い価値しか無いからです。

ライバルが同じ値段で、
高額塾でやっていることを

私は、マンツーマンセッションでやっているから
売れるわけです。

この差別化ができれば、
売れる商品ができあがります。

売れる商品ができてから
集客をすればいいわけです。

 

売れる仕組みを作る

 

最後に、
売れる仕組みが出来上がれば、
契約が安定して取れます。

売れる商品を作った後に、
売れる仕組みを作ります。

メルマガがないのに、
集客を頑張っても
商品は売れません。

見込み客リストがなければ、
こちらのタイミングで
商品の提案ができないからです。

こちらのタイミングで
商品の提案ができないということは、
売上の見込みを計算できないことになります。

それでは、
ビジネスが、安定しません。

見込み客リストができれば、
ビジネスは完成したのも同然なのです。

なので、
見込み客リストを作るために
集客をするのです。

稼げない人は、
契約を取るために集客をします。

しかし、
それでは、
ビジネスは安定しません。

ブログ集客を頑張ったところで、
誰が見に来ているのかわかりません。

ということは、
商品の提案ができないということです。

ブログ記事にいくら

「来月セミナーします」

と書いたところで、

記事を見てくれないと
来てくれないわけです。

見込み客リストがあれば、
見込み客に対して

「来月セミナーをします」

と情報発信すれば、

あなたの商品に興味がある人が
見込み客リストにいるはずなので、
反応があるでしょう。

もし、
反応がないとしたら
それは
「見込み客リストではない」ということがわかり、

リストを再構築すればいいだけのことです。

このように、
どんどん問題点を見つけ、
改善していくことでビジネスが出来上がります。

「集客すれば、契約が取れる」

なんて、簡単ではないのです。

そのことを理解して

「集客しても、稼げないこと」

をしっかり理解し、
本当にやるべきことをしてくださいね。

そうすれば、
コーチングで稼げるようになりますよ。

いかがでしょうか?

集客は「魔法の箱」と思っていませんか?

これは
クレジットカードがあれば、
何でも買い物ができて
借金まみれになる思考と同じです。

集客できれば稼げると勘違いしている人向けに

「集客」を教えて儲けている人がいるだけの話です。

集客できても稼げなければ、
返金保証がついてあるなら
頑張ってみてもいいでしょう。

しかし、
ほとんどの人は、
集客ができても稼げないことを知っているので
返金保証を付けません。

集客の方法を教えているだけで
稼げる方法を教えているわけではないからです。

この間違いが発生するのは
最初に書いてあるとおり

集客できても稼げるわけではないわけです。

売れる商品がないと、
集客できても買ってもらえないからです。

そのことを理解すれば

「なぜ、集客のスキルを売っているのか?」

が理解できるでしょう。

集客のスキルを教えている人も
売れる商品を持っていても
売れる商品の作り方を知らないからです。

集客のスキルも
売れる商品の作り方も教えることができれば
自信を持って返金保証をつけることができます。

しかし、
集客のスキルを教えて、
たとえできるようになっても
稼げるようにはならないことがわかっているから
返金保証が付けられないだけなのです。

そのことを理解すれば、
なぜ、集客のスキルがこれだけたくさんあるかが
わかると思います。

そのこともしっかり理解して、
ビジネスに取り込んでくださいね。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP