クロージングやセールスが苦手なコーチの方へ/安定してクライアントを獲得し月収100万円以上コーチングで稼ぐ方法

集客の目的は何ですか?

ban1 稼げる仕組みの詳細を見る

 

集客の目的は何ですか?

 

集客の目的は何ですか?

 

今日は

集客の目的は何ですか?

というテーマでお話します。

あなたの

「集客の目的」は

何ですか?

この質問をすると
稼げないコーチのほとんどは

「契約するため」とか
「売上につなげるため」

と答えます。

しかし、
それでは契約はもちろん、
集客にもつながらないでしょう。

なぜなら

「自分のことしか考えていない」

からです。

私は日頃から

「ビジネスでは利益を出すべき」

と言っています。

そのために
集客は契約に繋げること

と考えがちですが、
少しニュアンスが違います。

ビジネスでは

「利益を出すこと」

は大前提です。

しかし、
利益を出したり、
売上になるのは

「お客さまに満足してもらう」

からです。

お客さまが満足できないのに
ビジネスで利益が出るはずがないわけです。

なぜ、集客をするのかという質問には

「契約に繋げること」
はもちろんですが、

「お客さまに満足してもらうため」に
集客をするわけです。

集客の目的を聞かれれば、

「お客さまに満足してもらうため」

と答えられなければ、

集客は自分のために行っているということになります。

あなたがもし、
相手の商品が、

「自分の利益のため」

と言われれば、
あまり買いたくないですよね。

あなたがもし、
自分の利益のために
集客をしているとしたら、

その態度が集客やセールスに
でてしまいます。

その結果、
売り込んだり、
説得したりすることになります。

それが
稼げない原因になります。

今日はそんな話をしていきます。

 

集客は何のためにするのか?

 

では、
あなたにとって
集客は何のためにするのか、

ということです。

集客は何のためにするのでしょうか?

先ほど、書いたように
集客は、「お客さまのため」
にするわけです。

お客さまのためにというのは、
どういう意味なのかと言うと、

お客さまが

「してほしいこと」
「喜ぶこと」
「悩みを解決できること」
「痛みをとること」

ができれば、いいわけです。

お客さまが望んでいることが
できれば、
あなたの商品が必要になります。

あなたの商品が必要だとしても
あなたのことを知らなければ、
頼むことも商品を買うこともできません。

集客の定義は

「見込み客を集めること」

です。

見込み客の定義は

「あなたの商品を必要としている人」

のことなので、

集客とは

「あなたの商品を必要としている人を集めること」

になります。

あなたの商品を必要としている人を集めるには、

まず、

「あなたの存在を知ってもらうこと」

が必要になります。

なので、
ネットやソーシャルメディア、紹介を使って

「あなたの存在を知ってもらうこと」

から始めるわけです。

集客の目的は、

あなたの商品を必要にな人を集めること
になりますが、

その大前提として

「お客さまのために」

ということがあります。

ビジネスをはじめたばかりの人や
稼げない人は、どうしても

「売上がない」
「稼げない」
「契約が取れない」

という状態になってしまい、

集客が「自分のため」
になりがちです。

「どうやったら売れるのか?」
「どうやったら契約が取れるのか?」
「どうやったら集客できるのか?」

を考えたときに

すべて「自分のため」

になっています。

それでは
なかなか集客が上手くいきません。

まずは
「お客さまのために何ができるのか」

から考えていくことがとても重要なのです。

 

自分のためだけで考えているとうまくいかない

 

ビジネスは
「自分のため」だけを考えていても
うまくいきません。

ビジネスでうまくいくためには
利益を出すことはとても大事です。

しかし、
利益を出すためには
お客さまに

「喜んでもらったり」
「楽しんでもらったり」
「悩みを解決してもらったり」

してもらえないと
売上には繋がりません。

売上の対価としては、

「お客様が価値を受取る」から

売上につながります。

お客さまが価値を受け取ること

が大前提なのです。

お客様が
価値を受け取れるような商品ではないのに、

集客のことがとか
セールスのことが
と考えていても、
売上につながることはありません。

まずは
「売れる商品」を作ることが
とても重要なのです。

「売れる商品」を作ってから

集客やセールスを
考えていけば良いのです。

しかし、
稼げないコーチは

「売れない」から

集客のスキルを上げたり
セールスのスキルを上げたり

するわけです。

売れない商品を売ろうとするのは
自分のためしか
考えていないことになります。

拾ってきたゴミが売れないのは
みなさん、理解していますが、
自分の商品がゴミだとは思っていません。

しかし、
売れない商品である限り
ゴミ同然だということです。

ゴミ同然の商品を
集客やセールスでなんとか売ろうとするのは
自分のためとしか思えません。

そんなことをしているうちは、
最初は上手く言っても

いずれ、
ビジネスがうまくいかないくなります。

自分のことしか考えていないビジネスは
長続きしないからです。

お客さまのことを
いかに考えているかが、
ビジネスでは重要なのです。

 

理念を掲げる

 

お客さまをどのように考えているかというのは

「理念」でわかります。

なぜ、このビジネスをしているのかを
表現するのが理念です。

私の場合、

「稼げるコーチをたくさん作り、
チームで社会貢献すること」

です。

私の一人の力では、
少ししか社会貢献できません。

しかし、
私の同じことが出来るコーチがたくさんいれば、
もっと社会貢献できるはずです。

そんな
「コーチングでたくさんの人を助けたい」

と思っている人を集めて、
稼げるようにし、

チームで活動することで
社会貢献を目指してビジネスをしています。

この理念に共感してくれる人が
私のところに相談に来るわけです。

ただ、
コーチングでお金儲けをしたい人は、
私のところには来ないでしょう。

あくまで、
社会貢献をしたい、
多くの人をコーチングで救いたい

という人が私のところに集まるから
理念に近づいていくのです。

私は
コーチングで稼げるコーチを
たくさん作りたいというのはもちろん、

稼げるコーチになったクライアントが
その先の人達を助けられるようになることが目的で
ビジネスをしています。

お金を稼ぐのはビジネスとしては当たり前ですが、
より多くの人を助けるために、
ビジネスをしてるからこそ、
私の商品が売れるわけです。

集客の目的も

「たくさんの人を助けたい」

から集客をしています。

ネットを使ったり
広告を使ったりするのも
ビジネスで利益を出すこと以上に

「たくさんの人を助けたいから」

です。

私がお金儲けのためだけに
活動していれば、

いずれ、誰も私の周りには
集まらなくなるでしょう。

スキルを売っている多くの
コーチ、コンサルは

お客さまのための理念では
ビジネスをしていません。

そんなコーチ、コンサルの商品を買ってしまうと

「稼げない」
のは当たり前だし、

「お客さまのため」
にもなりません。

それ以前に

「不幸を作る商品を扱っている」
時点で、ビジネスは長く続かないでしょう。

お客さまのためを考えるなら
お客さまが不幸になる商品を作ることは
絶対にやってはいけないことです。

商品の中身が無いのに
キャッチコピーだけで高い商品を売ったりする人が
たくさんいます。

ネットやセールスレターを使えば
中身のない商品でも売れてしまいます。

買った人は、
結果を楽しみにしているのに
中身がなく、

「結果が出ないのは自己責任」

という言葉だけで、
何もしないコーチ、コンサルがたくさんいます。

「自分のこと」しか考えていない
コーチ、コンサルの商品を買ってしまうと、

「商品が売れた時点」で

何もしてくれなくなります。

自分がお金を手に入れた時点で
ビジネスが終わりなのです。

そんなコーチ、コンサルにあたってしまうと、
まず、成功できません。

しかし、
それではいずれ、
ビジネスが上手く行かなくなります。

悪い噂はどんどんネットで広がるからです。

ビジネスで重要な要素の一つに
「リピーター戦略」があります。

お金を払った時点で、
サポートがなくなれば

リピートしませんよね。

つまり、
そんなコーチ、コンサルは

常に新規の集客が必要になります。

それでは
いつまでたっても
ビジネスは、軌道に乗らないでしょう。

私が言っている
「全力でサポートする」というのは

契約してもらったところがスタートラインです。

スタートラインに立った時点で
終了のコーチ、コンサルは
リピーター戦略ができていないということです。

つまり、
商品を契約した時点で終わるようなら
不幸な商品を売っているということになるわけです。

そんな不幸な商品を
集客やセールスの力で、
売り続けても長続きしません。

だから、
まずはゴミを売るのではなく
売れる商品を作ってから
ビジネスを始めることがとても重要なのです。

商品が売れないのは
集客やセールスのスキルが足らないわけではなく、
売れない商品だからです。

売れない商品を売れる商品にするには
お客さまに

「なぜ、買ってくれないのか?」
「なぜ、契約してくれないのか?」

を聞くしかありません。

私のクライアントには
私が「売れる商品」を一緒に作ってから始めるので、
お客さまからのフィードバックは必要ありませんが、

独りで頑張っているコーチは
商品のフィードバックをもらいながら、
「売れる商品」にしていかなければなりません。

そこを逃げ回り
集客やセールスで売ろうとしても
売れないわけです。

こんなことを
契約した時点で終わりの
コーチ、コンサルは教えてくれません。

「ブログを書き続ければ」

と言い続けるだけです。

それでは、
全力でサポートしていることにはなりませんよね。

全力でサポートしないということは

クライアントのこと、つまり、

「お客さまのこと」

を本気で考えていないということです。

それでは
ビジネス自体がなりたっていないということです。

もし、
あなたが今、現状稼げていないとしても

集客やセールスのスキルを
上げようとしないことです。

そんなことで
ビジネスが安定するはずがないのです。

そのことを理解していなければ、
いつまでたっても
集客やセールスのスキルを求めてしまい、

お客さまの事を考えていない
コーチ、コンサルの商品を買ってしまいます。

その商品を選んでしまったことは
確かに自己責任です。

しかし、
少しでも
結果が出る商品を選んでほしいから
私はこのメッセージを書いています。

ぜひ、
一人でも多くの人が、
結果が出る商品を購入し、
人生が変わることを祈っています。

いかがでしょうか?

集客の目的は

「お客さまの人生を変えること」

です。

「お客さまのために」
集客をしないと、

自分のためだけを考えていれば、
なかなか難しいです。

あなたには
しっかりとお客さまのために
ビジネスをしてもらいたいので
今日はこんなメッセージを書きました。

ぜひ、
参考にしてください。

株式会社マインドコーチ 代表取締役 安達慎一

集客やセールスが苦手な稼げないコーチの方向けに、コーチングビジネスの稼ぎ方を教えています。稼げないコーチを稼げるコーチに育成しています。


コメントは受け付けていません。

PAGE TOP